他人の不幸は蜜の味!というメシウマ状態が心に起こる3つの原因

他人の不幸は蜜の味

他人が大きく失敗したり、不幸に見舞われたりすると、心の奥底からじわじわとわき上がってくる暗い快感は「他人の不幸は蜜の味」と名付けられています。間違いなく悪い感情とは知りつつも、その蜜の味に酔いしれてしまう人もまた大勢います。

「他人の不幸は蜜の味」の正体は何なのか?みんなはこのメシウマ状態をどう考えているのかを調べてまとめました。

スポンサーリンク

脳は、妬ましい人に不幸が起こると喜ぶように出来ている

生きる人生向いていない特徴

独立行政法人 放射線医学総合研究所と東京医科歯科大学、日本医科大学、慶應義塾大学は共同で人が「妬み」を持つ感情と他人の不幸を喜ぶ感情に関する脳内のメカニズムを明らかにしたそうです。

これは被験者である健康な大学生19人を学業成績や経済状況などにおいて平均的である主人公として、他に3人の登場人物が存在するシナリオを読んでもらった上で、3人の登場人物に対する脳活動を計測するというもの。なお、登場人物は以下のA、B、Cとなっています。

A:被験者と同性で、進路や人生の目標や趣味が共通。被験者より上級ないし優れた物や特性 (学業成績、所有する自動車、異性からの人気など) を多く所有している。

B: 被験者と異性で、進路や人生の目標や趣味は全く異なる。被験者より上級であったり優れた物や特性 (学業成績、所有する自動車、異性からの人気など) を多く所有している。

C: 被験者と異性で、進路や人生の目標や趣味は全く異なる。被験者と同様に平均的な物や特性 (学業成績、所有する自動車、異性からの人気など) を所有している。

実験の結果、被験者による妬みの評定は学生A、B、Cの順に高くなりましたが、同時に学生Aに不幸が起きた時の喜びも大きかったそうです。

そして実験中の脳の活動を機能的核磁気共鳴画像法を用いて画像化したところ、妬みの感情には大脳皮質の一部で「前部帯状回」と呼ばれる葛藤や身体的な痛みを処理する脳内部位が関連していることや、妬みの対象の人物に不幸が起こると、心地よい感情や意志決定などにも関わると考えられている「線条体」と呼ばれる部位が活動することが明らかになったそうです。また、妬みに関連する「前部帯状回」の活動が高い人ほど、他人の不幸に対して線条体が強く反応するとのこと。

つまり不謹慎であるとはいえ「他人の不幸は蜜の味」であることが脳科学的に明らかになったということのようですが、はたして心に痛みを抱える人をケアできる手法などは登場するのでしょうか。

みんなは他人の不幸は蜜の味をどう思う?

他人の不幸は蜜の味

心底嫌いな奴が不幸に陥ったらこの上なく幸せ




スポンサーリンク




もっとも幸せを感じるのは、自分が幸せな時に決まってるだろ。
他人の不幸など所詮野次馬的な面白さでしかない。

自分が幸福だと感じるには自分より幸福でない人間の存在は必須だからな
それだけってやつは少ないだろうが、
同情的か嘲笑的かはともかくみんな気にしてると思うよ

キリギリスみたいに愚かな行いの結果不幸になったのは喜び
理不尽な不幸は同情するよ

これは人間の本能だと、
心理学の本で読んだことがあります。

成功している知人の不幸ネタを聞いたら、脳の報酬系が活発化した、という実験が有るとかちなみに「その知人は出世した美人と結婚」などを聞くと、脳の不安部位が活発化、したそうだ本に有った

悲しいというか「ああ…」というか。なんともいえない無常観を感じる。

努力できない人生特徴

その”不幸”が自分にも起こりうることならただゾッとするだけだよ。
幸せなんて感じない(感じてるどころの騒ぎじゃない)。
人の不幸で幸せを感じる人は自分が見えてないんじゃないかな。

自分が認識できる範囲の不幸って大抵自分にも
何らかの形で降りかかってくるから嫌い
それがわからず人の不幸を楽しんでる奴は
優しいとか酷い以前にそもそも馬鹿

蜜の味だとは思うけど、だからって他人を不幸にしようなんて思わない。
もちろん人の死が関わってる不幸とかは蜜の味とは思いません。
不倫して相手の妻から慰謝料請求されてる系の話は自業自得だしざまぁみろと微笑んでしまいます。

他人の不幸を見ると自分もそうなるんじゃないかって不安になる
蜜かもしれないけど胸焼けが酷い

無意識のうちに、相対的な自分の幸せを感じるときは誰にでもある。
友達が彼氏と別れて、独り身仲間が増えたら、心のどこかでちょっと安心するよね。
そんな意識が誰にでもあると思う。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ「人間も 本当に低劣になってくると、
他人の不幸を喜ぶ以外にはもはや何らの興味も持たなくなる」



スポンサーリンク



底辺は他人の不幸でしか自身の幸福を実感できないからな

優秀な人間ほど他人の不幸を喜ぶというのはその通りだと思う
自分の幸せが他人の不幸の上に成り立っているということを理解しているから
かと言って無能な人間ほど他人の幸福を喜べるかと言うとそうではなくて
他人の幸・不幸に興味を持てないのが無能な人間

周りが幸せな方が自分に返って来る可能性高いしええやん

嫌いな奴の不幸はメシウマ。
好きな奴の幸福は、自分に関係なくても「よかったね!」って素直に祝福。
タイガーウッズとかホンマに意識高くて実力のある奴は、
ライバルの成功でさえも本気で喜べるらしい。
俺はそこまで意識高くない。

自分が負け組だとそうなるよ
性格ひん曲がる

他人の不幸が幸せって本当にあったら便利だよな
コストゼロの幸せ製造機みたいなもんじゃん
金出してでも他人の不幸を見ようとしてくれるなら、失敗した人間のセーフティネットとしても使えそう

追証で借金数千万!FXで人生終了した断末魔コピペまとめ
ハイリスクハイリターンの代名詞ともされている「FX」。いち個人の力ではどうにもならない為替の値動きのうねりに翻弄され、大損ど...

非リア、底辺ほど下を見て満足する、レ.イシストが多いってデータ出てる。優秀な奴はいい人生築いて、心に余裕があるからそういう思考にはなりにくいよ。

幸せの感じ方は相対的だからな
周りが幸せだとこちらの幸せの価値が下がる
貧しい考え方だとは思うが真理だと思う

他人の不幸が蜜の味の時と
他人の不幸が悲しい時がある。
蜜の味の時は自分も不幸な時。
自分が不幸だと卑屈になるし、友達失うし、いいことないね。

俺は笑われてばかりだからだれかがしくじったら大爆笑する権利あると思う

SNSアカウントやブログ焼滅の危機!炎上の原因と防止方法まとめ
ネット上で不用意なコメントや記事公開をしてしまったために、ネットのあらゆるコミュニティーから人々が大挙して押し寄せ、通報や誹...
人気もアクセス数も広告収入も凄すぎ!炎上歓迎の芸能人ブログ
趣味や交流目的でブログを運営している方は多いと思われますが、テレビ番組やドラマで活躍し知名度が抜群の芸能人のブログは、一般人...

他人の不幸が蜜の味に変わるとき

自分が追い詰められた状況にあるとき

neetmental2

人生が上手くいっていないとか、不運続きで、常に気分が沈んでいるとき、他人の不幸が喜ばしく感じるようになるようだ。

これとは逆に、人生が順調で仕事や趣味に打ち込んでいる人は気持ちに余裕があるし、世界中の正も負もあるがままを受け入れる心理状態になるので、他人の幸せも不幸も自分には関係しないのでどうでも良いようになる。

ニートや無職が暇さと負のエネルギーで精神がゆがむ現象が恐い
家に閉じこもり、自身の能力を発揮する機会も無く、どんよりとした停滞感に苦しみながら鬱々と過ごすことの多いニート・無職ですが、...

安全という名の愉悦

他人の不幸は蜜の味

あんなもの(ギャンブル)は・・・貧乏人のすること・・・!
賭けずとも・・・十分楽しめる・・・!
人が恐れおののきながら 不安定な橋を渡っていく・・・・・なきながら渡っていくんだ その様を・・・
こうした安定した場所で見ていると もうそれだけで・・・しみじみ幸せを感じられる・・・
普段感じることのできぬ「セーフティ」という名の悦楽・・・
「安全」であることの愉悦・・・・!
・・・これが思いもかけず美味でな・・・・・・だから賭ける必要などないのさ・・・

他人が不幸になって危険な目に遭うことを確認することで、自分の安全と優位を認識して安心感を得ることが出来る。この場合の他人の不幸は蜜の味は性格の良し悪しというよりも、心の生理的反応に近い。「馬鹿なことをやって馬鹿な末路をたどる」という自業自得状態も、本能的にその不幸を喜ばしく感じるように心が反応するようだ。

経験上これだけはやめとけ!人間を破滅させる危険な行動まとめ
身を持ち崩すことにつながるダメな行為や、単純に生命の存続に関わるほどの最高に危険な行為まで「やるべきでない行為」というのはあ...
勝たなきゃ悲惨がむしろ当たり前…!カイジの超名言まとめ
生命を賭けた極限のギャンブル勝負に挑むカイジの死闘を描いた「カイジシリーズ」。特徴的な語調で人生の教訓や社会の冷酷な本質を語...

単にその人の性格が悪い

他人の不幸は蜜の味

他人が苦しむのを眺めるのが好きという、その人個人の性格がねじくれている場合。他人との勝負に勝つこと(=相手にダメージを与えて負かすこと)に長けている成功者には、こういう性格型は珍しくない。しかし、こういう不健全な嗜好は自身のメンタルが少しずつ病んでいくので、やめておこう(綺麗事ではなく、本当にメンヘラ化の大きな要因の1つです)。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ