才能が無い人の悲しみの声とありがちな特徴、幸せになる2大方法

才能無い人生特徴

業界の第一線や、テレビ番組で活躍しているような人達は何らかの才能を持っている人達ばかりなわけで、そういったごく一部の才能豊かな人達以外の「才能が無い人達」は、華やかな人生を歩めない己に悔しい思いをする事も多いでしょう。才能がない人達にありがちな事と、彼らが幸せになるための人生ルートを調べてまとめました。

スポンサーリンク

これといった才能が無くて悩んでいる人達

才能無い人生特徴

部活なりで一度でも本気でやったり後輩に指導した事があるやつなら分かるだろうけど
ダメなやつって本当にダメなんだよ
努力とか成長とかそんな次元じゃないやつは確実に存在するんだよ

努力不足だろwwww
とか言ってる人は自分の性格・容姿・才能・環境・運に感謝しなよ。
とてつもない天才・秀才がいることは認めるのに、とてつもない劣才・無才がいることは認めようとしない。

来世から本気出す
つか、本気出すって結構才能いるよ?

努力で脳がキリキリ悲鳴を上げる感覚!努力できない人達の常識
男性にとってみれば女性の感情豊かな日常を実感しにくいですし、女性にとってみれば男性の感情を排した味気ない実務主義は実感しにく...

気持ちすごくわかるわ。
いつも自分を思い詰めて、ネガティブ思考になり何もできなくなる。
どうせやってもうまくいかないからやらない、努力は報われる保障はないからやらないという考えになる。
実際自分は努力してるのかと言われると全然してない自分がいて、こんな自分が嫌になる。

俺たち一般人が競い合うレベルでは、才能よりも努力の方が大切だと思う。
でも、どんな社会でも、ある高いレベルで競い合うには、ある程度の才能は最低限必要なんだよ。

才能が全てというのは万里ある
林先生も言ってるけどトップ層ほど自分が天才に勝てないことを理解している
けど才能があるやつってのは僅かで、それ以外は努力でなんとかしてきてるやつが大多数なのだから努力しないってのは間違い
ただ、生まれつき才能がないやつが努力しても報われないっていうのもまたその通りではあるんだよな…

唯一残されている努力型にさえなれない

努力家は苦痛の声に鈍感だった!脳と遺伝から見た努力の性質
人体の中の神秘の領域として、いまだに多くの謎と可能性を秘めている「脳」。科学実験の積み重ねで、神経細胞単位や遺伝子配列といっ...

才能はみんな持ってるんだよ
ただ、人生の道筋がその才能の方へ向けられてなかったんだよ
ただ、努力する才能を持ち合わせてなかったんだよ

努力でどうにか出来る部分が負けてるならいいんだけど
才能があるやつに出くわしたとき、俺は「こいつは俺にはない感覚を持ってるんだろうな…」と思った
俺の場合は音楽なんだけど、同じ曲を聴いても全然違って聴こえるんだろうなとか

才能の差ってマジで凄いよな…
才能ある奴の3ヶ月は才能ない奴の1年を超えるからな




スポンサーリンク




芸術音楽分野は才能がある人が正しい方向に努力すれば天才になれるけど
才能がない人が努力しても頑張った人上手い人どまりだな
センスないと無理

基本無能やから会社員なんやで。
わいのことや。
一部の商社マンは除くけど。

社畜は同年代の同性の芸能人を嫌いすぎ
どんだけ人生不完全燃焼やねん

習慣改善ができない
向上心はあるけど向上しようとしない
打ち込んでいるものがない
趣味が続かない
一回失敗すると投げる
羞恥心だけは人一倍

才能無い人生特徴

努力が出来る奴はすでに素質を持ってる。
何の素質もないやつは1日10時間も努力できない。
苦痛で苦痛で仕方ないんだ

金持ち!高学歴!社会へ出るとまれに遭遇して嫉妬するすごい人
社会に出ると、職場や出先でまれに遭遇する、自分の心に素直で気持ちの良い生き方をしている人や、想像を超えた能力を持っている凄い...

凡人はあきらめが肝心
研究者の夢をかなえようと同期の何人かが博士課程に進みましたがほとんどが人生壊れました
俺は劣等生だったので修士で就職し身分相応の生活をしています

そりゃボルトとか見たら結局才能ってなるだろ
日本人がどれだけ努力したってあれには勝てない

努力の適性と戦略的撤退も含めた現実的で正しい方向の努力方法
「努力は誰にでもできる!」「努力は素晴らしい!」「ほんのちょっとだけやる気を出してみよう」などと、具体性を欠いた精神論と、い...

才能がないっていうか長所がない。全てが人より劣っている

能力が無くて集団で目立てずにわき役の人生の人達の声が悲しい
みんなに注目されて、尊敬されて、ちやほやされたいという欲求は、普段目立てない人ほど強いものです。しかし、集団の中のリーダーや...

楽しめる才能が無いというのが一番辛い。
他人より優位なものが何も無く、無気力で何をやっても楽しいと思えず行動できない。
生きてる理由が無く、何時も不安で死ぬ事もできずにダラダラと過ごす。

自閉症スペクトラムの俺には才能は確実に存在すると断言できる。
つまり良い方向に特異な個体として生まれたということ。
悪い方向に特異な個体として生まれた身として実感している。

努力できねー俺は
努力し続けることができるのも才能だと思ってしまうわ。
まあ天才と言われる人種は努力を努力とも思わないで
できてる人たちなんかな。

才能…大きすぎると運命化して人生を固定してしまう諸刃の剣
レアなスキルや強力な魔法、高い戦力、人を使える権限や権力、そういう力を持つってことは、同時に孤独になっていくってことでもある...
隠れた才能を発見するための才能の見分け方を全部公開します
「自分の才能の種類が判れば、全部上手くいくのに!」と悔しい思いをしている人は多いはずです。そんな人達のために、その人が持って...
才能がある人特有の5つの人生特徴が孤独と極端な物ばかりで怖い
才能がある人は、そうでない人とは歩む人生ルートが違っています。才能がある人の人生が楽勝モードかと思いきや、孤独や他者からの不...

よく成功者がやって失敗して後悔するよりやらないで後悔するのが一番ダメみたいな事言うけど、やってウンザリするほど失敗したらやる事がバカらしくなるんですよ

人間の話しじゃないけど、競馬の馬とか見てると才能が前提だと思うぜ

でもやっぱり生まれつきの才能って有るよな。誰でも王やイチローみたいになれないし、
ボルトもそう。またいい曲なんかも作れないし・・・。努力っていうが、かえって失敗する
人もいる(自分がそうだ)食ったり、寝たり、しゃべったり、歩いたり、簡単な読み書き
や計算なら誰でも出来るが、平均以上に稼いだり大物に成れるのは天性じゃないかな?
それと若い時に駄目でも晩年に活躍する連中も稀にいる。ダーウィン、リンカーン、日本
の徳川家康や大本教の出口ナオ。だから才能のない人は気長にやればいいんじゃないか?



スポンサーリンク



他人の不幸は蜜の味

色んな才能を持ってる奴と何をやってもダメな才能を持たない奴は今までの人生でたくさん見てきた
色んな才能を持ってる奴でもダメな部分はあるが、自分の才能でカバーできる
何をやってもダメな奴も一部の才能は持ってるが、ダメな部分が足を引っ張ってそれが活かされない
何をやってもダメな奴が成功するには、ダメな部分をカバーする環境が必要だろうね

無能人とやる気無しはどんどん居場所が無くなるこれからの世界
企業経営の合理化による人員削減、正社員を非正規雇用者へと置き換え、将来的には低コストの人工知能や作業用ロボットの導入で社員の...

努力したら上手くいくなんてほんと残酷だよ
やる気を出せば出すほど何もかも失敗や空回り・・・・
要領の悪さと不器用さどうにかならないかな
嫌になるわ
才能ある人には凡人がいくら努力したって適いません
・・と愚痴る自分にまた嫌気がさす

努力できない・逃げ癖・怠け癖を脳と教育からの原因特定と対策
努力ができず、目の前の困難からすぐに逃げ出してしまう人の原因と対策を、毒にも薬にもならないような精神論には頼らずに、できる限...

才能ないほうが仕事はやりやすい
柔軟に対応してればいい
なまじっか才能があると葛藤が生じて悩むことになる
でも自分が思っているほど大したことはないし、かえって苦労することになる

漫画もドラマも努力せずに能力や才能、或いは目覚めた力でどうにかする主人公ばかりだし
努力してたとしても、そのシーンは殆ど描かれてないし
今の子はそもそも、結果を出すには努力が必要だってことすらわかってないんだろ

自分の才能のある分野を発見できる時点で超幸運なやつ。大半は才能のない分野で腐っていく。一度、進んだ道から別の道に行くのは難しいぞ。

よっぽど才能と資産に恵まれてる人間でもなきゃ
そういう現実逃避を考えずにいられないくらい
日本という国には幸せの空席は多くないと思う
非正規雇用で安月給でこき使われてる人間が腐るほどいるよこの国

最近の若者が格差と貧困化のせいで努力よりも才能を信じる現象
日本人はもともと努力を信仰する傾向が強いのですが、近年の非正規雇用枠の増大や経済格差の拡大で、若者の間で「努力よりも才能が大...

才能のある人を見るとみじめになりませんか?
長文ですがお許しください。
例えばイチロー、本当に同じ人間か?と疑ってしまいます。
イチローとまでいかなくても、一流のアーティスト、スポーツ選手、
漫画家、お笑い芸人、エンジニアなどなど、個人の才能で食べて
いる人。単にイケメンでもいいです(モデルとしてやっていける)。
自分は、見た目ダメ、学歴無し、スポーツもダメ、勉強もダメ、
仕事もダメ、彼女もいない、特技も無し、本当に何もありません。、
学生のとき、ある先生が「何も才能がないと思っている人間は、
見つける努力をしていないからだ」と言っていたので、その通り
だと思い、いろいろチャレンジしてきましたが、結局何も物にで
きずじまいでした。
それでも努力が足りない、と言えばそれまでかもしれません。
結局、環境に恵まれず、才能のない人間って、将来が見えて
ると思いませんか?そんな人生に何の意味があるのでしょう。
非正規雇用が拡大し、中間層が下流層に転落した今、生き残
れるのは才能のある個人か、環境に恵まれた上流層なのでは
ないのでしょうか。
「運命とは自分で切り開くもの」と、希望に燃えた時期もありました、
たとえ夢破れても、凡人らしく生きればそれでいいとも思いました。
しかし…、自分のちっぽけさにあまりに情けなくなります。
幸せは人と比べるものではない、と言いますが、なんだか今の自分
では気休めにしか聞こえません。
人生ってなんなんでしょう…。

才能あるやつは努力を努力と思わない

世の中の9割8分5厘は何の才能もない人間で構成されてるから問題ない

華やかで凡人には遠い世界の、才能が特に必要な8つの仕事分野
仕事の、ある特定の分野では「才能」が無いとやっていけないものがあります。そして、まず才能ありきの分野は、やはり世間の脚光を浴...

世の中は才能無い奴、環境悪い奴には厳しいからな
メディアは成功した奴ばかり取り上げる
成功した奴等は才能ですとは言わないから口を揃えて努力っていう
成功してない奴=努力が足りないという偏見が生まれる
手厳しい世の中ですな




不思議な冷たさと温かさを合わせもつ大人気声優の言葉

才能無い人生特徴

(大塚明夫「声優魂」より)

酷い言い方かもしれませんが、大体の奴は〝駄目”なのです。

にもかかわらず、声優志望者たちがまるでシンデレラのような甘い成功ストーリーを思い描いてしまうのは、それを体現している役者が実際に存在するからなのでしょう。

たとえば、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ役で有名な林原めぐみさん、そして『名探偵コナン』のコナン役でおなじみの高山みなみさん。彼女らは二人とも、二十代になるまで声優になろうなんて考えていなかったそうです。
それがあるとき突然声優を志し、あっという間にデビューしたのみならず、あれよあれよという間に一時代を築くレベルの人気声優になってしまったのだから大したものです。

言うまでもないことですが、彼女たちにあって、普通の声優志望者に欠けているものは「才能」です。

そこそこ才能のある人間が努力を重ねてやっと到達する領域に、いとも簡単に届いてしまう傑物がごく稀まれにいます。林原めぐみさんや高山みなみさんはそういう人種です。彼女たちの芝居はすごい。
実際に見ている私も心からそう思います。芝居の勉強をしたことがなかったのに何でこの領域にいるの? とぎょっとしてしまうような役者なのです。

そして、才能のない人間がどれだけ努力を重ねたところで、その領域には決して届きません。努力だけでもある程度まではいきますが、その先の一線を越えるには「才能」というパスポートがどうしても要るのです。




スポンサーリンク




才能の重要さについて語るのはとても難しいことです。なぜなら、芝居ひとつとっても「センスのある奴はほっておいてもできるし、できない奴は何を教えてもできない」の一行で済んでしまう話だからです。
声優専門学校に通おうが養成所に通おうが、できない人にはできない。センスのいい人は放っておいてもどんどんうまくなる。
理想の上では、学校などはこの「できない人」を「できる人」に育て上げる場所ということになっているのでしょうが、私の見てきた限りなかなかそうもいかないようです。

現実には努力や練習よりも“才能”がものを言うと判明

noteffortyoung1

身を削る思いで努力をすれば、いつかは目標を達成できる、なんて思っていないだろうか。そんなのはただの理想論であり、現実には努力や練習よりも“才能”がものを言うことが、新たな研究により明らかになった。

米ミシガン州立大学の心理学教授ザック・ハンブリック氏によれば、チェスなどのゲームや楽器の分野においては、どんなに練習をしても、生まれ持った才能がなければ上達には限界があるそう。チェスのプレイヤーとミュージシャンを対象にした14の調査を分析した今回の研究では、これらの人々の日々の練習量とその技量に注目したところ、練習によりスキルアップしたといえる人は全体の3分の1しかいないことが判明。残りの3分の2は、知識や天性の才能、そして何歳のときにチェスまたは楽器を始めたかが技術に反映されていたという。

これを受けハンブリック教授は、「練習により上達するのは間違いないが、中には練習をしなくても同レベルに達することができる人もいる。逆に、いくら練習をしても全く上達しない人がいるのも事実だ」とコメント。努力をすればいつかは報われる…といった考えはもろくも崩れ去ったわけだが、まだ希望を捨ててはいけない。ハンブリック教授いわく、「自分がもつ能力がどれほどなのかがわかり、目標達成できる確率を前もって知ることができれば、向いてないことに時間を費やさずに、自分に合った分野により注力できるようになるだろう」とのことだ。

ウケを取るだけで満足?才能の無駄遣いをお金にする簡単方法
ネット掲示板等で、驚くようなハイクオリティーな絵や文章やネタを提供できるのに、無職やニートに甘んじている、「才能の無駄遣い」...
正攻法じゃやはり無理…才能のある人に凡人が勝つ現実的手段
経済成長が停滞し、未来に希望が失われていくにしたがって、「努力なんて無意味、結局は才能」という才能論が若者の間で主流になりつ...




才能が無い人が楽に生きるための2つの方法

この世には「才能」が実在する事をまずは受け入れる

才能見分け方方法

人間には、「その人が偶然生まれ持った特別な能力=才能」がある場合がある、という事実をまずは受け入れることが必要。人間はそれぞれ生まれつきの身長の差や知能の差や健康・病弱という数々の生まれつきの差が有ることは公に認められているのに、「才能なんてない!才能がある人はみんなに隠れて並外れた努力をしているだけ!」と才能の存在だけはがんとして認めないのはどう考えてもおかしい。

この事実を受け入れないことには、「努力し続ければいつか才能を手に出来るんだ…」という極めて苦しい人生ルートへ突入することになってしまい、才能が無い人にとっては不幸となる結末へと進んでしまう。

上を目指す人生ではなく、自分が満足できる人生へと早く切り替える

workrule1

どの業界や分野でも、上位層は「才能があって、しかも不断の努力を何年も積み重ねている人達」で占められている。才能が無く、その物事を努力するのに苦痛がともなう事が多い人が、そういう上位層に打ち勝つ事は現実的には不可能に近い。したがって、不可能な事をどうにかしようとあがき続けるのは必ず徒労となり、不幸な人生を歩むことになる。

勝てない戦いに絶望するよりも、そんな負け戦は早く放棄して、「何をすれば自分が幸福になれるか」を知って、それを追求する人生へと切り替えていこう。オーディションへの応募や新人賞への投稿のような多大な労力を費やさなくても、例えば「食事」や「困っている人のサポート」など、その人に合った幸福の実現方法というものが見つかる。

自身の価値観を正しく知る方法は、当ブログでの特集ページ↓をご覧下さい。

何を最も重要視しているか?自分の価値観を正確に知る方法6選
「自分が何に最も重きを置くか?」という自身の価値観を正確に把握しておくことは、「こうすれば幸福な人生を送ることができる」「こ...


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ