みんなどうしてる?低収入の非正規雇用が増えた現代の生命保険

生命保険非正規貧乏

働き出すと、加入しようか迷うのが生命保険を始めとした、各種の保険。しかし、若者の多くが低収入の非正規雇用に押し込められている現代では、保険への加入は金銭的に厳しいと言わざるを得ません。みんなは保険をどう考え、どのような人が特に保険を必要としているのか?現代の生命保険事情について調べてまとめました。

スポンサーリンク

今の時代、みんなは保険はどうしてる?

お金名言格言言葉真理

独身ならいらんでしょ

全然怪我も病気も入院もしないから無駄に保険払ってるイメージ

一応安いの入ってる。受取人は妹。

貯金が苦手で、貯蓄がそれほどなければ掛け捨ての医療保険くらいは入ってもいいかもな。

基本的には働き手が死んだら生活出来へんから働く人が入る
家族がい無いなら入る意味特に無い

嫁に4つ入れられてるで

独身でも傷害保険ぐらいは安いし入っといた方が良いぞ
病気に関しては30代までは無保険で良いと思うわ
30代以降は癌とかあるから共済ぐらいには加入した方が良い

新卒やけど生保レディが職場で待ち伏せしまくっててつらいンゴ

おっさんになってから入るほど保険料ガッツリ高くなるから結婚して子供欲しいなぁって思ってるやつは若いうちに絶対入っとけ
結婚する気が毛頭ないなら入らなくていい

生命保険に入る金で積立した方がええかもしれんで

自分が死ぬことで色々破綻する人がいるんなら入ってもええけども

独身でもどうせ控除されるから
入っときゃええねん
死んだら死んだで親にビッグチャンス到来や親孝行やぞ

つうかおまえら保険はマジで入っといた方がいいぞ
病気になった時とかマジで困るぞ
健康保険適用外だったらどうすんだ




スポンサーリンク




生保の姉ちゃん可愛いから加入させられてしもたがな

医療保険入るなら貯蓄した方がまし
死亡保険は独身ならいらないでしょ
結婚して入りなはれ

がん保険とか支払条件厳しい上に
支払は最初の一回だけ再発無効っての知らせずに
無意味な保険金をその後も延々払わせたりするでな

医療保険は年間2万程度なら全額控除されるから
若いうちにやすいの入っといたほうがいいぞ
個人年金も保険控除考えると入る額によっては1.5倍くらい返ってくる

生命保険とかいう
人の命を賭けの対象にしたギャンブル
自分で貯金してるほうがはるかにマシ

生保で積み立てしとるわ
65まで解約せず払い続ければその後年金みたいに毎月何万か入ってくるやつ

つか、つい数年前にも
なんだかんだ言って払ってない案件が何百億単位で摘発されるとか
保険業界って詐欺まがいってのが、知れ渡ってるからな。

生保勤務だけどお前らガン保険は一時金出るタイプに入れよ
独身なら氏亡保証いらないと思う
ガンとかなった時に入院日額いくら、とかじゃなくて
500万程度おりるヤツとかがいいよ
あとは個人年金保険かな

ワイ公務員、強制的に団体生命保険に加入させられた模様
月1000円で半分配当で帰ってくるって言っても必要ないもんは必要ないんじゃ!

今のような予定利率が超低い時に保険に入るような人は
いろいろと勘違いして契約している人も多いからな。

医療保険は非常に助かった。
逆ギャンブルに勝った形だけど。
結局は安心を買うかどうか。
個々人の価値観だよね。

上手く節約すれば実現可能!派遣やフリーターの非正規一人暮らし
親から離れて自立している事の証明の1つが「一人暮らし」をしていること。低収入の非正規雇用になることが決して珍しくない現代では...

自由な時間が欲しければマイホーム、マイカー、生命保険のような大きな買い物はしないことだな。
金の掛からない趣味が多ければ貯金も増えるし、クソみたいな会社辞められて労働からの解放も早くなるしね。

生命保険、マイホーム、マイカーは、ほんといらない。
家計の金食い虫上位3つであるが、長い間どれも一度も買ったことはない。
上の3つを買わなかったことで、人生ゆとりと貯蓄ができた。



スポンサーリンク



人生の3大無駄遣いとは、住宅ローンによるマイホーム購入であり、
民間の生命・医療保険への加入であり、
子供にかける教育費もしくは都会でのマイカー保有のことになります。




非正規が増えた結果「若者の保険離れ」

生命保険非正規貧乏

20代の人に限ってみると、保険の加入率は男性で52.4%、女性で56.8%となっています。(2013年生命保険文化センター「生活保障に関する調査」)

この生命保険の加入率に関する調査が始まってから、ピークだったのは1989年です。ピーク時には、男性で72.1%、女性で67.5%の加入率でした。

7割程度の人が生命保険に加入していたのに、どうして今は半分ぐらいの人しか加入していないのでしょうか?その理由は、いくつか考えることができます。

【家計にゆとりがないから】
まず、平均収入というのはここ20年ほどで、減ってきています。特に若い世代では非正規雇用の人も多く、25~34歳の人のうち3割近くが非正規雇用だとうデータもあります。(厚生労働省調べ)
年収200万円程度という人も多く、「生命保険に入りたくてもお金がない」という人も一定数いることは確かです。

【勧誘されることが減ったから】
一昔前までは、就職すると保険会社のおばちゃんが職場にやってきて、保険の勧誘をされたものです。それどころかお見合いを勧められたりいろいろと世話を焼いてもらったりして、それはそれである程度のニーズがあったものです。ところが今は会社側もセキュリティの問題から部外者が社内に入りにくくなり、保険会社の営業方法もこのような義理人情によるものではなく合理的なコンサルティング営業が増えてきているので、生命保険に加入するきっかけが無い、という問題もあります。

もちろん、おばちゃんの勧誘によって必要以上に高い保険に入らされている人も多かったのですが、勧誘される機会がなくなったことで保険について考える機会自体が減ってしまった、という問題もあります。

【独身の人が多いから】
生命保険がもっとも必要なのは、結婚して子供がいる人です。子供が生まれたときがもっとも大きな保障が必要なときなんですね。ところが、20代30代の未婚率は高く、生命保険を必要としている人自体の数が減っているんです。独身のあいだもまったく生命保険が必要ないというわけではありませんが、必要性が高いわけではないのでつい後回しにして、保険に入っていない人が多いのではないでしょうか。

意外に死亡率は低い!生命保険の加入、本当に必要ですか?
生命保険の必要性についてのお話です。 人間は簡単には死にません。参考までに保険会社も活用している厚労省の「生命表」にお...
医療保険に自動車保険!重要度が高い保険を知って保険の見直し
いざという時に頼りになる各種の「保険」ですが、そのいざという時がなかなか訪れないのもまた事実。ばくぜんとした不安から、あれも...
買えない?それとも興味ない?若者の消費離れの5つの原因仮説
「若者の○○離れ」という言葉でくくられた売上低下現象が各業界で起こっています。嘆くだけでいっこうに改善できない業界と、それを...

保険が不要な人と必要な人の違い

医療保険が不要な人

努力無駄報われない理由原因

医療保険が不要(入らなくてよさそう)な人は、以下のような人になります。

貯蓄が十分にある人
所得水準にもよりますが急に10~20万円くらいの医療費が必要になったとしても困らない。そういうことが生涯で数回あっても大丈夫そうだという人には医療保険はなくてもよさそうです。
ただし、入院で個室希望の場合は、さらに多くの資金が必要なのでそれを支払える人となります。

さらにここで一点つけ加えておくと、確率は低くても難病になってしまたったり、何度も入院するようなことになってしまったりする可能性は誰にでもあります。そういうときのことを割り切って考えられる人ということも、医療保険が不要な人の条件となります。

資産家
資産がたくさんあり、現金資産だけでも何千万円、何億円とある人。先進医療で300万円くらいかかる重粒子線治療を受けても、健康保険外の自由診療を受けても、寝たきりになったとしてもぜんぜん困らないくらいのお金がある人。

医療保険が必要な人

nomorebanklife5

医療保険が必要(入ったほうがよさそう)な人は、以下のような人になります。

急な医療費などがあると日常生活に影響がある人
急に10~20万円の出費があると普段どおりの生活を送るのに支障がでて困ることになりそうな人は、医療保険があったほうがよいでしょう。

手厚い医療を受けたい人
入院したら個室に入りたい、状況によっては保険外の薬や診療もためしたい、先進医療も受けたいといった人は、医療保険で備えたほうがよいでしょう。

重い病気やけがになったときのことが不安な人
ちょっとした手術や入院はともかく、重病にかかったり、人生で何度も手術や入院をすることになったときのことが不安な人は、医療保険に入っておいたほうがよいでしょう。

保険マンモス…95%が満足!生命保険等の各保険を無料相談
いくつかの保険に加入しているけれど、いつまで経っても何も起こらないし、ムダにお金を消費している気がする…。そんなモヤモヤした...

保険に入りすぎの「保険貧乏」に要注意

生命保険非正規貧乏

保険貧乏というのは、必要以上の保険に加入してしまい全く貯金が出来なかったり、生活が苦しくなってしまう状態のことです。高級車に乗ってボロアパートに住んでいるのと同じような感覚なのですが、ムリムダムラを無くし身の丈にあった保険を選ぶということは非常に大切なことです。

必要保障額を元に保険を選ぶのも良いのですが、今の収入でいくらまでなら負担できるのかという事を計算してみる必要があります。

特に若いうちは給料が少ないでしょうから、例えば月に30万円貰っている人が、5万円の保険料を支払うのはあまりに無理があります。節約すれば可能かもしれませんが、収入の10%を超えている場合には、保障が大きすぎるものになっていないか確認した方が良いでしょう。

医療保険のTVCMを良く見かける為か、医療保険は絶対に加入した方が良いと思っている方も多いようです。しかし、日本には健康保険と高額療養費という制度がありますので、多くの場合、医療費負担は小さいもので済みます。

高学歴エリート達を食い潰す銀行証券保険の金融業界という魔境
小中高と受験戦争を勝ち抜いて有名大学へと入り、誇らしい人生を歩んでいたのに、高学歴しか採用されない「銀行・証券・保険の金融業...
ペット保険 犬と猫の突然の事故病気に備えて無料で資料請求
ペットを飼っていると、突然訪れる事故や病気に愛するペットが酷い目に遭わないか不安になるもの。 できればペット保険に加入...




無料で保険の相談と見直しをしてみよう

頭良い賢いタイプ

生命保険を始めとした、投資信託や不動産投資のような「金融商品」は、とにかく内容が複雑で素人には分かりにくいものです。

「本当に、生命保険に入るべきだろうか?」「今加入している保険プランにも、やっぱり無駄があるのだろうか?」などなど、素人には判断しにくい疑問に、保険のプロが無料で相談してくれる便利サービスがあります。

☆保険のビュッフェの特徴
1.無料であなたにピッタリの保険をアドバイスしてくれる
2.全国対応(離島をのぞく、47都道府県をほぼカバー)
3.FPの質が高い(平均経験年数7.4年、平均相談実績数1,126件、FPへのクレームゼロ)
4.相談までのオペレーションがスピーディ

保険のビュッフェ公式サイト↓



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ