教育意識も教育資金も足りず子に格差が連鎖する貧困家庭の教育

edupoorproblem2

子どもはまだ世の中の事が右も左も分からない状態なので、その子どもを正しく指導できる大人や優れた教育環境の有無が、その子どもの人生の成否を大きく左右します。貧困家庭では、親に教育意識が根付いていない事や教育資金が不十分な場合が多々あるため、親の世代から貧困が連鎖する悲劇が極めて起こりやすいと言わざるを得ません。貧困家庭の教育方法の問題点を調べてまとめました。

スポンサーリンク

貧乏がずっと連鎖する「貧困の悪循環」

edupoorproblem1

貧困の悪循環は経済学の用語で、一度入ってしまうと外部からの介入がない限り継続する貧困の要因・事象のことである。

貧困の悪循環は、貧しい家族は少なくとも3世代以上の貧困状態の罠に陥るという事で定義された。そういった家族には貧困脱出の助けとなる知的・社会的・文化資本をもつ祖先がいなくなっているため、貧困から脱出するのには長い時間がかかる。

このケースの家族は持ち合わせる資源が限られているか、まったくない。多くのディスアドバンテージがあるため循環プロセスに乗るのは困難であり、個人がこの悪循環を脱するのは事実上不可能である。 これは、貧困層は貧困から脱出するための金融資本・教育・コネクションを持っていないために起こる。言い換えるならば、貧困にあえぐ人々はその貧困の結果によりディスアドバンテージが発生するため、貧困が更に貧困を引き起こす。これは貧しい人々は生涯に渡って貧しいままであろうということを意味している。

日本においては、所得移動の観点から全国調査データを用いた分析によると、現実に生じているのは 「貧困の連鎖」よりも「富裕の連鎖」とも言うべき現象だとの指摘もある。教育水準と親の年収の関係も深く、2007年の東京大学の学生調査によると、東京大学生の親の年収950万円以上の割合は52.3%を占めている。

教育格差…親の教育理解度と資金力差で子どもが富裕・貧困へ
裕福な親が子に高品質な教育を与え、貧乏な親は子どもにろくな教育をほどこせないので、それぞれの親の教育の質に大きな差が生まれる...




親の経済力と子供の学力は比例する

教育失敗パターン

なぜ、親の収入が子供の学力を左右してしまうのだろうか。子供の貧困問題や教育格差の解決を目指して、貧困家庭の子供たちに塾や習い事で利用できる学校外教育バウチャーを提供する事業を展開している公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」の代表理事を務める今井悠介氏に話を聞いた。

教育格差が歴然と現れるのは、主に大学進学時だ。2015年に日本労働組合総連合会が行った「大学生・院生の保護者の教育費負担に関する調査」によると、3人に1人が「金銭的負担がネックになり子供の進学希望を、十分に叶えてあげられなかった」と回答している。




スポンサーリンク




この回答率は、世帯年収が下がるにつれて高くなり、500万~600万円未満で50.6%、200万~400万円未満の世帯では61.6%におよぶ。

また、「子供を大学で学ばせるための費用は高いと思う」という質問には90.3%が「そう思う」と回答している。親の経済力によって大学進学率に差がつく理由について、今井氏は「問題なのは、公的な教育投資が少ないことです」と語る。

日本はOECD(経済協力開発機構)加盟国の中でも、GDPに占める公的な教育費の割合が最低ランクで、国や社会が教育費用を負担しない分は家庭からの私費で賄われています。そのため、所得格差が教育格差に直結しやすいのです。日本の学力は世界的に見ても高水準ですが、それは国民が多大な私費負担をしているからだといえます」(今井氏)

教育格差が引き起こす「貧困の連鎖」

教育格差問題解説まとめ

しかし、「親の収入が少なくても、個人の意欲と努力さえあれば、高い学力を得られるはず」と考える人もいるかもしれない。実際、貧しい家庭で育ちながら社会で成功している人物も存在する。しかし、今井氏は「そういった子供たちばかりではありません」と語る。

「厳しい環境でも、ハングリー精神を持って学力を高めようと努力する子供がいるのは確かですが、それは一部の子供たちです。格差の底辺に置かれた子供の中には、学習や進学に対する意欲を失ってしまっているケースが多く存在します」(同)

その結果、引き起こされるのが「貧困の連鎖」だ。親の収入と子供の学力が比例する「教育格差」によって、貧困は解消されることなく連鎖する。それが、一番の問題だという。

貧困の連鎖は、子供の将来の選択肢を絶ってしまい、低学力や低学歴となります。その場合、例えば就職では非正規雇用になりやすいなどの弊害を生んでしまいます。こうした連鎖を断ち切るには、やはり教育しかありません。

教育格差の是正が、貧困解消の鍵になると思います。子供が持っているポテンシャルを埋没させないためには、環境が非常に大切です。家庭が経済的に恵まれなかったとしても、能力の開花につながる場や人に出会える仕組みが必要です」(同)

貧乏は遺伝する病気!非正規や人生レベルが親と似る貧困の連鎖
「貧乏は親から遺伝する病気」といった趣旨の言葉・考え方が、貧困の連鎖問題を語るうえで節々で引用されます。 スタート地点...
親の格差が反映され裕福な子供と貧困の子供の二極化時代へ
正社員と非正規の間で収入や待遇の格差が生まれるのに従って、正規と非正規それぞれの家庭でも「子どもの格差」が生まれつつあります...
安全で安心な質の高い中学校で子どもを学ばせる中学受験の魅力
まだ心身共に幼い小学生に受験競争を強いることや、私立中学校の学費の高さなど、たしかにリスクはあるものの、劣悪な学習環境の「公...

貧困家庭の教育の問題点が伝わる有用コメント

子ども教育重要

親が学力に興味ないから子供も興味なくなるからやぞ

そもそも親が低学歴でもなんだかんだ生きていけてるってのが分かってしまうからな
そら努力しようなんて気が起こらんわ

勉強することに興味ないと結構キツイからな
それに興味もたせるには産まれてから10歳くらいまでにちゃんとやっとかなあかん

教育とは即ち環境である
医者の子供は医者になるしヤンキーの子供はヤンキーになる
仮に両者の子供を赤ん坊のときに取り替えても結果は同じ
賢いは作れる、というよりもむしろ作るものなんだから当たり前の事だ
余程の無能でない限りは親の器量が子の能力に直結する

貧乏人の中には底辺ライフに変な誇りを感じてる人が居たりするじゃん
そういう人が親になったら子供にエリートを目指す教育をするとは思えない

身近に感じる4種類の格差と格差社会がもたらす3つの破滅的末路
日本は世界的に見て格差が小さい、と言われつつも、最近では日本国内で格差社会が問題視されていることから、世界全体に広がる格差の...

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/21(水) 17:21:25.398 ID:YrkHCQS50.net
都会高学歴親「この科目はこのやり方でやりなさい。この教材はいいぞ。この塾は良い講師が多い」
田舎高卒親「勉強しなさい!勉強!×3!ゲームなんかやるな!近所の個別塾に行きなさい!」
46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/21(水) 17:22:59.986 ID:/U2re8+r0.net
>>40
これはある
ガムシャラにやるんじゃなくノウハウや戦略は大事

貧困と学力が比例するといわれるのは、子供の周囲に論理性や合理性を養う環境が少ないためだと聞いたことがある。



スポンサーリンク



noteffortyoung1

努力がたりない、甘えてるとかいうク/ソ理論いいかげんやめたら?
貧困層が貧困層を産む現象は現に起きてるんだから

子供の性格って見事に親の性格を反映してるよね
わめきまくって気分次第で怒ったり可愛がったりする親に育てられると
人の顔色を伺ってその場さえ誤魔化せればそれでいい根本的な努力や改善なんて考えない
って子供が出来上がる

子供の教育に関心あるかどうかがすごい大事だと思うわ
DQNなんかはほっとけばデカくなると思ってほったらかしだし
とりあえず赤点じゃなきゃいいだろぐらいにしか思ってない
勉強よりも人間関係を大切にして欲しいって言葉を
文字通り受け取って勉強については何もしないとかかな
あと親がダラけてたら子供もダラけるし

1%超富裕層と99%貧困層の格差社会アメリカは日本の未来像
世界最先端の科学技術開発と、世界一の国力を誇る「アメリカ」は、日本の数十年先を行く未来の社会モデルとして、何かと日本と比較対...

親ってのは人生ってゲームのコツを教える義務があるのに、
親がそのゲームをクリアしてないんだから教えようがないってパターンはよくある

中学の教師やが、親の年収は子供の学歴に比例するで。
県内でも金持ちが多い地域と公営団地ばっかの地域両方で教えたことあるが、団地の子らは勉強云々の前に家が荒れてる。親が帰ってこないなんて当たり前。
塾にいれればどうにかなると思ってる金持ちのバカ親もいるけど、結局は親が子供に対してどれだけ時間を割けるかってことが大事。
親が高卒でもしっかり子育てしてればいい学校入ることもできる。
ただ総合的にみると金持ちの方が進学率は良いよ。

不良やいじめなど公立中学の4大問題点と私立中学のススメ
単刀直入に言って、公立中学の教育環境には大きな問題があります。入学の敷居の低さから低レベルの学力や品性が劣った子どもが大量に...

192: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 13:12:15.84 ID:wBpcn5Cv0.net
貧乏人は塾をスマホ課金(※お金を使うだけで簡単にキャラクターがパワーアップする仕組み)か何かと勘違いしてるところあるよな
塾行っても自分が頑張らないと何の意味もないんやで
200: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 13:13:20.12 ID:9/xvbKzeM.net
>>192
これはある
塾に行く金をかけることにステータスを感じてるんだよな

大学受験浪人ありがち

幾ら金かけてても親の教養で露骨に差が出る。
親が本を読まずに子供に本を読めと言ってる限り金をいくらかけようが無意味。
親が読めば子供も読む。
知識を得たい→本を読む、という流れが出来ればほぼ勝ち

塾講師バイトやってた経験から言うと、金の有無はあんまり関係ないと思う。
塾に金だけかけても勉強の面白さを伝えられないで強制してるだけの親の子はバカばっかだぞ。
親に知的好奇心があるかどうかがいちばんでかいと思う。
貧乏・低学歴の親は相対的に知的好奇心が低い人間が多いからな。

親の教育意識が高いかどうかでほとんど決まるやろ
貧乏でも高けりゃワンチャンで高学歴になれるやろうし

資本主義が進行すると超えられない貧富の格差の形成へ収束!
「富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなる」といった趣旨の言葉が新約聖書に記されていますが、資本主義社会ではまさ...

家が狭くて勉強机とか自分のスペースがないのも原因だと思う
貧乏ほどガキが多いしな

遺伝だよ。スポーツとか病気も遺伝するのに何で学力だけ、努力や教育だって言うんだろ。

遺伝的要素も重要だけど、育った環境は超重要。「努力できる才能」とか「他者と協力する才能」とかは家庭環境の方が重要だし。
身体能力や知能、容姿などは素質が大きいけど、それを活かせるもしくはハンデをカバーできる能力は環境。というか、ようは性格は家庭環境がものを言う。厳しいか甘いか、金持ちか貧乏かは問題じゃなくて、子供の承認欲求を満たしてやっているかどうか?親もしくは周囲の大人が子供とコミュニケーションとれているか?が重要。それができていれば、貧乏で勉強はできなくても社会をうまく渡っていける。

現実の社会状況に合わせて子供を強く育てる為の6つの重要な教育
結婚して子どもが生まれても、親となった人の誰もが子育ての素人で、毎日ぶっつけ本番で教育をするしか方法がないため、どうしても他...

貧乏になると心まで貧しくなるからな
余裕が無くてイライラして最悪犯罪に走ったりもする
人間幸せにいきるためには最低限の余裕を持つことが大事
「うちは貧乏だけど幸せね~」なんて家族で話してるくだりをドラマで見るけどあれは幻想
現実はDQN片親が夜遅くまで仕事or遊び、子供はひとり留守番で会話なんてない

まず感情を安定させてやらないと子供は勉強どころじゃない
夫婦がケンカするのは主に金と子供のこと
貧乏家庭では金でもめるから子供の情緒が落ち着かん
次に家族や周囲に勉強した結果の成功例がいるかどうか
貧乏家庭はこれもないから不利

親や環境のせいにするな!とか言ってても、学歴は親の年収に比例するデータがあるしなあ
努力が足りない奴の僻みだ!と言うのは勝手だが、世の中、努力じゃどうにもならんことも多いしな。

義務教育の段階でもうちょっと大卒と中卒高卒の生涯収入の格差とか、そもそも働けるフィールドが違う事とか、そういう現実を教えるべきかもな
貧困家庭の親はそういう事を教える事すらしなさそうだから
そういう事をしっかり教えた上で勉強しないんだったら本人の責任ということで

貧乏は遺伝する病気言うてたな




大事なわが子に家庭教師をつけてより良い学習環境を

prestige1

やはり、現代の学歴社会では子どもを良い学校に入学させてあげるのが将来の幸せを大きく左右する事は確実です。ブログ管理人が調べた中でおすすめの家庭教師グループ「プロ家庭教師のプレステージ」を利用してみてはいかがでしょうか?カウンセリング(学習相談)・資料請求ともに無料で気軽にできます。資料の中身を読むことで「より良い教育」を知るきっかけにするだけでも有意義でしょう。

「プロ家庭教師のプレステージ」の特徴

  1. 難関進学校の合格実績が同業他社よりも優れている
  2. 指導実績や経験はもちろんのこと、社会的モラルなどの厳しいチェック項目をクリアしたプロの教師陣
  3. カウンセリング・資料請求ともに無料で気軽にできる

プロ家庭教師のプレステージ公式サイト↓




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ