いつも逃げたり無気力に斜に構えて本気が出せない人の3大原因

nohonki5

世間を見回してみたり、本気を出すための仕組みを詳しく調べてみると、どうも本気を出す事は意外と難しく、本気を出せずに人生が低迷している人がけっこう多いようです。本気になれない人達の特徴と原因を調べてまとめました。

スポンサーリンク

本気を出せない人達のコメント

nohonki2

本気でやらなくても今までなんとかなってきたしもういいや
というか体に染みついてるから今更どうにかするの無理

来世から本気出す
つか、本気出すって結構才能いるよ?

25くらいまで、限界を出すことなく生きることをモットーにしてたんだが、
まさかホー/ムレスになるとは思わなかった

逃げ癖が非正規化と無努力化を招き人間を底辺へ堕とす危険現象
ちょっとした逃げから始まり、困難と責任を回避する気楽さの味を知ってしまうと、いつしかそれは「逃げ癖」という最悪級の悪癖へと成...

明日から本気出す明日から本気出すと言い続けてます。いざそれで後悔する事があっても喉元過ぎれば熱さを忘れるのか次も同じように何もせず後悔します。本気でどうにかしたいけどできない。

がんばれるけどがんばらないってやってると、そこが自分の限界になっていく
これも自然の摂理
ニート街道一直線

今の若者はコスパ効率最重視、泥臭い努力とか根性が大嫌いな悟り世代だからな

本気で頑張って、失敗するのが怖い…
そうやって手を抜き続けてきた結果、本気の出せない大人になりました
誰か俺のやる気スイッチ押してくれ

真剣になれない人のための名言と不真面目さがもたらす害悪
「病的なまでに真剣になれない」人がこの世には存在します。それは生まれ持った性格が原因だったり、怠惰に満ちた環境で育ったことが...

やれやれ系主人公がもてはやされる時代
共感する若者が中二ゴミメンタルだってはっきりわかんだね

私もです。
努力するのも才能ですし…( ´-`)




スポンサーリンク




高校生とか大学生みたいな若い奴ほど頑張ることをダサイって思ってるやつ多いよな
自分は優秀だけどやらないだけって思ってる

54: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/14(木) 23:17:12.43 ID:y3lW5iQX0
そもそもガチれるのって立派な才能だよな
64: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/14(木) 23:18:23.54 ID:qAMlpjiC0
>>54
ダメな奴は30分ももたないからなぁ

losethink6

要するに恥をかけない奴だな
プライドと実力が絶望的なまでに反比例してる奴のことだ

頑張る事から逃げまくる、努力する才能が無い人の特徴と人生
できる人にとっては生まれつき当たり前にできる「努力」、そしてそれと同様に、できない人には生まれつき当たり前にできない「努力」...

臆病な自尊心と尊大な羞恥心

自分が才能ないこと悟って何もできなくなったが?

たまには本気を出しておかないと、手加減している状態が本気の上限に成り下がるぞ。
それでまた本気を出さなくなるという負のスパイラル。

限界知ろうとしない奴はどうあれそこが限界だよ。

本気出して努力しても自分の納得出来る結果を出せない奴がその現実を認めたくないから言い訳として言ってるだけだろ

何もかもから逃げ続けた逃げ癖病者がやがて人生で行き着く末路
気弱だったり、努力ができない体質で、課題や問題から逃げ続けてしまう人達がいます。そういう逃げ癖が骨の髄まで染みついた人達は、...

トルシエが日本代表の監督になった時に
日本人は頑張っている人間や努力している人間をバカにする風潮があるって事だった
まずそれを治さなければ強くはなれないと思ったらしい

諦めた人間は頑張っている人間を茶化したり馬鹿にしたりする人間になる。
それは自分が出来ないことをやっている人間に嫉妬しているから。
頑張ってる人間は気にもせずどんどん前に進んでいくよ
諦めた人間と一緒にはなりたくないからな。

逃げ癖…勉強仕事で追い詰められると逃げてサボる致命的性癖
面倒なことやプレッシャーに出くわすと、解決せずに逃げ出してしまう癖の「逃げ癖」。生まれつきこういう性格傾向をもつ人も多いので...

負け犬意識があるんだよ。
努力して失敗した時の恥ずかしさを避ける為に、
努力を見せたくない。
だから、努力してる奴を馬鹿にする。
とりあえず、間に合うかどうかわからない電車には、
歩いて余裕かましてないで駆け込め。



スポンサーリンク



本気の出し方も要領が必要だから、いつしか本気出したくても出せないモヤモヤが待ってるで。

生きるのも死ぬのも面倒…逃げ癖となまけ癖を極めた名言集
人間の生まれ持った性格は良くも悪くも千差万別、なかでもその人のバイタリティー(活力)は狩りを行う肉食獣型から、ひたすらじっと...

大人になるとどんなことでも真剣に打ち込めることがどれだけ素晴らしいことか分かるようになる

【1月】 初っ端から飛ばすと後でばてる。2月から本気を出す
【2月】 まだまだ寒い。これではやる気が出ない。3月から本気出す
【3月】 年度の終わりでタイミングが悪い。4月から本気を出す
【4月】 季節の変わり目は体調を崩しやすい。5月から本気を出す
【5月】 区切りの良い4月を逃してしまった。6月から本気を出す
【6月】 梅雨で気分が落ち込む。梅雨明けの7月から本気を出す
【7月】 これからどんどん気温が上昇していく。体力温存の為8月から本気を出す
【8月】 暑すぎて気力がそがれる。9月から本気を出す
【9月】 休みボケが抜けない。無理しても効果が無いので10月から本気を出す
【10月】 中途半端な時期。ここは雌伏の時。11月から本気を出す
【11月】 急に冷えてきた。こういう時こそ無理は禁物。12月から本気を出す
【12月】 もう今年は終わり。今年はチャンスが無かった。来年から本気出す




有吉弘行さん「本気を出すのも才能」

有吉弘行名言格言

2014年1月3日の『怒り新党』「お正月SP」で「私の周りには『俺は出来ないんじゃない、やらないだけ』『やればできるけどまだやらない』と言っている人が複数人います」という怒りメールが届けられた。いわゆる「俺はまだ本気出してないだけ」理論である。
それに対し有吉弘行は「多いでしょうね」と肯く。

有吉: 「それやったら売れるの分かるんですけどね」みたいな。「俺まだそっち行きたくないんですよね」とか。
マツコ: ムカつく!
有吉: (笑)。やってみろ、じゃあ!
マツコ: そんなヤツいるの?
有吉: いる、いる! いっぱいいますよ。芸人の世界以外でも音楽だろうが普通の会社だろうが。
マツコ: ま、いいんじゃない?それを言ってなきゃツラいんでしょ。カワイイなぁって思って見てればいいじゃない。言い訳するにももっと違う言い訳があるだろうにそんな言い訳しか思い浮かばないちょっと頭の足りないカワイイ子だなって思ってればいいじゃない。
有吉: それが自分にまったく関わりない、たまに(耳に)入ってくるくらいならいいんだけど、たとえば自分の親族であったりだとか、身内だとか…。
マツコ: それはまたやっかいよ。
有吉: でしょ。これはね、どうやって矯正してやろうかって思うわけ、コイツを。
マツコ: 難しいなぁ……、今直面してる、私……。
有吉: (笑)。

マツコは自分のマネージャーも同類だと嘆き、そんな時、どうすればいいのかを有吉に改めて尋ね始める。

有吉: 「本気出すのも才能なんだ」ってことなんですよ。だから「本気出してないだけ」じゃなくて「お前、本気出せないんだよ、一生」っていう話してもう辞めていく方向に僕は仕向けます。そんな生意気なこと言ってるヤツは。本気出す才能がないんだもん。
芸人とかで「まだ本気出してない」「これはやるの嫌なんですよ」っていうヤツは、「やってから言えよ」って。「やってみな、絶対できないから。才能ないから」って言います。こてんぱんに。

有吉弘行が地獄から這い上がったからこそ言える毒舌系名言集
笑いと侮辱の間の極めて危ういつなわたりを見事にこなしてみせる超人気毒舌芸能人の有吉弘行さん。歯に衣着せぬ手厳しい物言いで、番...

人間が集団になるとどうしても手抜きする人が出る

nohonki3

社会に出ると、本当にいろいろな人がいますよね。仕事がデキる人もいれば、「あの人、いつも手を抜いてない?」と思うような人も……。そこで今回は、本気で仕事をしない人にイライラしないように、知っておくべき「手抜き」の心理についてご紹介します。

■集団になると、サボる人が出てくる

人は、集団になればなるほど、「自分がやらなくても、他の人が何とかしてくれるだろう」という心理が働くそうです。心理学ではこの現象を、発見したドイツ人心理学者の名前をとって「リンゲルマン効果」と呼んでいます。

彼が実際に行なった実験によると、人が8対8で綱引きをした場合、1対1で綱引きをしたときと比べて、一人当たりの力が半分以下に減少したそうです。この「サボり」の心理行動、心当たりがある人も多いのでは?

■職場でも「社会的手抜き」が起こる

一般的に、同じ立場で共同作業を行なう場合、参加者が増えれば増えるほど責任感が分散し、個人の手抜きが見られると言います。この集団の中でサボる心理行動は、世代や文化を問わず働く人々の間でも広く見られ、「社会的手抜き」と呼ばれることも。

そして、会社の規模が大きいほど、この現象は発生しやすくなります。自分が社会の歯車の一つになっていると感じた途端、「自分一人が手を抜いたくらいでは、何も変わらないはず」という怠慢の心が生まれてしまうのかもしれません。

■どうすれば「手抜き」を防げる?

大事な仕事で手を抜かれるのは、困りますよね。では、一体どうすればサボる人を止められるのでしょうか。

その答えは、「一人ひとりの成果を明確にする」ことです。たとえチームの仕事であっても、一人の成果がきちんと測定できるようにしておけば、「社会的手抜き」は弱まると言われています。

勉強や仕事や団体行動でなぜやる気の個人差が生まれるのか?
問題解決に向けて動き出しやすいか、それともなかなか動き出せないでいるかを左右する「やる気」は個人差が大きいものです。また、チ...
逃げ癖と努力不可が特徴の回避性人格障害の治療方法まとめ
恥をかくことや失敗を異常に恐れ、そのせいで全く挑戦ができず、逃げ癖が骨の髄まで染みついてしまう「回避性人格障害」。理解のない...




その人が本気を出せない3つの原因

持って生まれたエネルギー量・熱量が低い

生きる人生向いていない特徴

生まれつきの性格や生育環境で、冷めた性格、弱々しい性格になっているので、本気になって物事に取り組む事ができない。生まれつき病弱なせいで単純に体力と活力が低い場合もある。

能力が低い

collegeknowhow3

本気を出す、とは、長期間集中力を維持する・問題の解決方法を的確に見定める・専念するためにスケジュールを調整する・熱意を抱き続けることができる、など、複数の条件を同時にクリアしないと本気を出し続けられない。そのため、本気を出すことは意外と高等テクニックといえる。能力が低くてどれかの条件が達成不可だと、本気を維持できなくなり、その人は本気を出せないようになる。

凡人ゆえに、自分の限界と向き合うための勇気が無い

nohonki4

凡人と非凡な人を分ける大きな違いが「勇気の有無」。凡人には、リスクや目を背けたい事と向き合うための勇気が欠如している事が非常に多い。凡人は、本気を出して自分の限界の程を知る恐怖や、本気になって費やした労力が無駄に終わるリスクを受け入れる勇気が無いので、したがって凡人には本気を出す事が難しい。

あのメチャクチャ奇妙な4コマ漫画がアニメ化…?




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. しまだ より:

    やったらそりゃできるし、実際できた。
    でも、毎回真剣にやらないと出来ない事が辛い。
    代替はたくさんあるから逃げるだけ。