金儲けは賢さと勇気が問われる!お金を稼ぐ能力のヒントと特徴

moneyhunter2

「お金を稼ぐ能力」は、学校の勉強ができるとか、友達を作るのが上手いとかいった日常的能力とは一線を画す特殊な能力で、「狙った獲物を上手く仕留める」という狩りの能力に似ていると思われます。お金を稼ぐ能力をつかむための重大ヒントと、稼ぐ能力を持つ人の特徴を調べてまとめました。

スポンサーリンク

お金を稼ぐ能力についての有力ヒント集

年収自慢

金を稼ぐ為に必要な能力は学力でも頭の回転でもなく、発想力、独自の着眼点。

本当に頭の良い人は稼ぎもいい。

金を稼ぐってことは能力を売ること
やりたいことってのはほとんどの場合他者と被るから競合しやすく価値が低くなる
特にやりたくもなく本人にとって出来て当然のことにこそ能力の価値が有ったりする

基本的に自分の好きなことやって稼ごうという考えが大間違い
報酬を払う側だって受け取る側と同じように金は惜しいのに、どうして払ってくれると思う?
払う側にとって期待通りの仕事をしてくれたからだよ

好きなことに対して頑張ってるから倍率が高くなるし、稼げない。
大抵の人は嫌いなことに時間を使う代わりに収入を得てる。

会社勤めは絶対に金持ちにはなれない。
これだけは覚えておいた方がいい。
起業なりフリーなりが板についてきたら稼げるようになっている。

俺の場合脱サラして社畜マインド変わるのに5年かかった。
変わるまではまったく稼げなかったが変わった瞬間から
仕事が来るようになった。今は起業7年目だが、個人の貯金通帳が1億超えている。
自分で会社やったら社畜時代と同じ仕事量なら3倍以上は確実に稼げる。
社畜マインドを脱すれば絶対に金持ちにはなる。これは100%約束できる。
(社畜マインドを脱するとは、会社勤めというだけでなく、起業してどこかの会社の下請けをやり続けるのも同じマインドなので、自分のサービスや商品に自信を持てるようになるという意味)もちろん、その間、嫌なことや辛いこともたくさんあるが、そういったことがあっても気にせず進める人が成功する。

お金汚い危険

貧乏人が金持ちになるには
1、物凄く努力する。
2、物凄く才能がある。
3、物凄く運がいい。
4、物凄く悪いことをする。
のうちの最低どれか1つは当てはまってないと駄目。
貧乏人が普通の仕事を普通に一生懸命やっている程度では生涯貧乏は確定。

お金の法則1…お金の様々な性質とお金持ちのお金の利用法編
人生において成功の象徴の代表格である「お金」。私たちの誰もがお金とは切っても切れない関係にあります。 お金にはどのような性...
お金の法則2…お金持ちと貧乏人の違いやお金に伴うルール編
前回に続き、お金にまつわる法則を調べたものを一覧にしました。 より豊かな生活を送るために参考にしたり、貧乏から脱出する...

世の中に出て最も大切なのは
「金を稼ぐ能力」
性格の良さなど一円にもならない。

ネット以前はやる気ある奴と有能な奴が日本を引っ張っていたのに
ネットのせいでやる気ない無能な奴の発言機会が増えまくって
しかもそいつらのほうが圧倒的に多いから
世の中おかしくなってる
金稼いでる奴が羨ましいなら
お前も真似すれば良いだけなんだよ無能

受験勉強して大学行って就職するのは
何の才能もない奴が一番効率よく稼ぐ方法

今までの経験上、
「上から言われたことをそのとおりにやる」
ってだけじゃ絶対に稼げないよ。
誰にでも出来る仕事って稼げないんだよなあ。悲しいけど。
あと、稼ぐのに別にそこまで学歴は必要ないと思う。
学歴は必要ないが、頭は良くないとだめだけどね。




スポンサーリンク




サラリーマン以外の仕事は難しい。
話を聞いている時は簡単に自分にでも出来そうな気がする。
でもそれをやって大金を稼いでいる人は
元々センスもありその上で年中無休で何年も
取り組んだりしてメチャクチャ努力も出来る選ばれた人。
だから真似してやっている99%の人は失敗しています。
中途半端にやるくらいならやらない方がいい。
簡単に儲/かるビジネスなんてこの世にありません。
サラリーマン時代より労働時間も短くなりそうだから
そのビジネスをやるって人は100%失敗します。
大好きで得意でやっている人に勝てる訳がないのです。

お金を稼ぐには効率よく人を動かすことがすべて

稼ごうと思ったら営業のない仕事なんかないぞ
必ず人との接触は必要や

頑張って働けば人並みに稼ぐことは出来るだろう(いやそれも最近の日本だと怪しくなってはいるが…)。
だが日本で「金持ち」になるには、働くんじゃなくて働かせるのが基本。
人に働かせて、努力させて、責任を持たせて、その成果をごっそり頂く。
その代わりにリスクは自分で背負う。
でないとリスクまで背負わせたらヤ○ザになっちゃうw

高学歴学生生活特徴

歴史が始まってからずっと金と女は争って勝ち取るものだぞ
与えられるものじゃない
若い人はなにか勘違いしている

自分がほしいものは自分の力で勝ち取るんだよ
自分の力で奪い取るものなんだよ
ゆとりって世の中なめてんだろ

趣味の意欲や知識があるやつは、それやりたいから働いて金稼ぐ
ニートしてるのは趣味すらない無気力なやつってイメージ

ワイもやけどニートってガキの頃から金に困ったことがないやろ?
要は金に執着がないんや
金を稼ぐより働く苦痛の方が大きいから何もできない

最近物欲がない
ほんとに欲しいものがない
目的も上昇志向もない
昔から他人との交流に苦痛を感じる
起きるのも辛い
やっぱ人間なにかしら欲は持った方がいいと思う
欲しいものないのに金稼いでも仕方ないよなぁと考えてしまうわ

何の取り柄もない努力したくない女の唯一の一発逆転方法が結婚

高齢ニート特徴末路

男は、頑張れば頑張っただけ上に行ける、稼げるんだから
次、生まれ変わっても男がいい。
女は見てるだけで十分。なりたいとは思わない。
ウチのカミさん見てても、活躍どころは子育てと、冠婚葬祭くらいで
あとはヒマそうにしてるわ

資産の保持と運用と節約が鍵!なぜお金持ちはお金持ちなのか?
「お金持ちになりたい」というのは多くの人が願う、人類の普遍的な願いの1種。では、どうやったらお金持ちになれるのか?お金持ちは...

本当に頭の良い人は真面目に働くのが馬鹿らしくなり、
個人事業で一人分の生活が賄えるだけを稼ぎ、
社会とも必要最低限しか関わらず、子孫を残さず人生を全うする。

雇われの身なんだから会社の奴隷として働くしかねーだろ余計なこと考えんなや
俺はこれが嫌でサッサと独立して事業立てたよ
今社会人6年目だがとりあえず三菱商事全社員の平均年収は超えたとこだわ
自分が経営者になれば本当にストレスフリーだよ そりゃ思考停止して会社にしがみついてりゃ給料出るリーマンと違って明日から食ってけるのか不安で不安でしゃーない夜もたくさんあったけどな
1つ言えることは、会社で出世競争に打ち勝って上り詰めてこの額稼ぐよりもはるかに、独立してちゃちゃっと1人分の給料1000万2000万稼ぐほうが楽ってことだな これだけは断言できる
やるかやらないかの問題でしかない
働きたいときに働いて休みたいときは休日にする、こういう生き方もあるよってこと提案しときます

好きな事や図抜けた才能が無い人って大変なんだな。
私は一般企業じゃ一切続かないけど、得意な事で稼げるし、嫌いな奴と同じ空間にいる必要も無いし、ほんと幸せだ。
ただ、フリーランスでいけるってなるまでは、バイトすら続かなかったのだけは辛かったけど、そこで頑張ろうとも思わなかった。
そこで頑張るよりも、貧乏な事よりも、好きな事だけやる事の方が大切だった。
だから、企業に属して、その1箇所で働き続ける人は、我慢する才能があるんだと思うよ。

時代遅れの常識を疑え!堀江貴文の金と仕事の名言が素晴らしい
起業して大成功を収め、粉飾決済容疑で刑務所送り、出所後はまたまたビジネスで大成功と、天国と地獄の間を自由に渡り歩くホリエモン...

battlelife4



スポンサーリンク



なんかの本に書いてたけど、
お金を稼ぐための労働で受けたストレスをお金で解決するっていうのは、ただ経済を回すだけの行為らしいよ。
マッサージ行くとか、酒飲んで忘れるとか
金で解決するのやめるだけで嘘みたいに金貯まるって

馬鹿から搾取する以上に稼げる仕事ってないからな

ユダヤ人の教え
若い時は体を使って稼げ
中年になったら頭を使って稼げ
老人になったら、金を使って金を稼げ

凡人=勇気が欠如した人間のことね。
ちびちび稼いで貯めるしかないだろうな。

金は金を呼ぶ…!お金持ちが利用しているお金の6つの裏ルール
お金持ちと、そうでない人達を分ける大きな違いの一つが「お金に対する知識と感覚」です。お金持ちが熟知していて、一般人はあまり知...

公務員なった友達は学生時代「ガッツリ働いて稼ぐより、まったりそこそこ稼げればいい」って言って公務員なったけど
7年経って「誰でもやれる仕事を毎日やって気が狂いそう」「自分の存在価値がわからない」って嘆いてた
何十年も働くからこそ考えて仕事選べば良かったって2時間ぐらい愚痴られたな

みんなが人生で学んで得た教訓と哲学の深さと役立ち度がすごい
長年生きてきていろいろと気付いたこと・わかったことの中でも、「これは一生の教訓にしよう…」と選び抜かれた人生の法則は、まさに...

一度きりの人生やりたいことやらずに奴隷として働いて尊敬されるくらいなら、稼いで自分のやりたいこと謳歌したほうがいいにきまってる

世の中には星の数ほどの職種と会社がある
どれかひとつぐらい、これやりたいな~って職業ないのか?
仕事は金を稼ぐために我慢してやるもの、楽な仕事なんてない
っていう間違った考えだから、働きたくないんじゃないの?




会社員では稼げない、という経営者の話

tadainfo1

経営者は、こう教えてくれた。

「なぜ会社員が稼げないか、教えてあげよう。それは勝負しているマーケットが小さいからだよ。」

「どういうことですか?」

「つまり、会社員が稼ごうとすると選択肢は「給料を上げる」しかない。」

「そりゃそうです。」

「でも、給料を上げようとする時、君が勝負しているマーケットは、「社内」だろう?要するに、「他の社員より使えるやつ」であれば、給料を上げてもらえる。」

「否定はしません」

「ま、そうすると小さい世界での競争ってわけだ。でも、そんな小さな世界で勝ったところで、得られるものはわずか。わかるでしょ?」

「会社同士の競争で勝てば、給料が上る可能性があります」

「ちがうね、会社同士の競争に晒されているのは、経営者だけだ。だって、会社員の給料は業績連動じゃないだろう?せいぜいボーナスに色がつくかどうか、って言う程度じゃないかな。

「そうですね。」

多く欲しければ、大きなマーケットで勝負するしかない。結局のところ、会社も、経営者も、会社員も、稼げる額はマーケットサイズに依存するんだよ。大きいマーケットに出なさい。給料で満足せずに。

「それは、転職しろということでしょうか?」

「そうじゃない。それは自分自身を「転職市場」に売ってるだけだ。競争が激しいから、社内と同じでたいして稼げないよ。」

「どうすれば……」

売るのは、自分ではなく「商品」だよ。そうすればマーケットのサイズは飛躍的に大きくなる。自分を売るためにスキルや能力を磨くのでは、さほど稼げない。稼ぎたければ商品をつくって売るしかない。

「商品なんて、持ってないですよ。起業しろということですか?」

「それも間違っている。起業は目的じゃないだろう?」

「……」

「なぜ、起業しないとダメだと思うんだい?会社員を続けながらでも商品は売れる。ソフトを売る人、小物を売る人、本を売る人、音楽を売る人、情,報を売る人、実際には「売る」にチャレンジしている人は想像するよりも遥かにたくさんいる。皆言わないだけだよ。売ってみて、うまく行ったら起業でもすれば良い。」

「……」

「会社員もやりながら、売って稼いでいる人、それほど少なくはないよ。私も最初、そうだった。自分以外のモノを売っているどうか、それが「経営者」と「会社員」の稼ぎの違いの根本なんだよ。」

「…すると、商品って、どうやって作るんでしょうか?」

「それを考えているのが経営者。それを考えないのが会社員。」

資産が無きゃダメなのさ。金持ちは土地や株式によって勝ち組に
結局、なぜお金持ちはお金持ちでいられるのか?お金持ちになるにはどうしたらいいのか?この問いを突き詰めると、おのずと「資産」と...




大金を稼ぐ能力をもつ、少数の人達の特徴

非凡な才覚に恵まれている

頭良い賢いタイプ

多くの普通の人達にとってはがっかりする事実かも知れないが、大金を稼ぐ人は持って生まれた非凡な才覚や、特殊な人生ルートで培ってきた珍しい技能によって成功を収めている。成功者の間だけで共有されている「誰でもできる、魔法のようなお金の稼ぎ方」のような秘密の方法などは存在しないし、仮にあったとしたら情報化社会の現代ではあっと言う間にネットで情報が拡散されて、誰でもその方法を知っているはず(現状、社会がそうなっていない事が、そんな方法がこの世に存在しないことの証拠)。

さらに、非凡な人はリスクや孤独を受けて入れて前へと進む勇気ももっているため、以下に解説する各種の項目も実現可能となっている。

多くの場合、会社勤めではなく、独立している

人生一発逆転方法

たとえ東大、京大のような名門大学を卒業して大企業に就職しても、会社勤めでは構造上どうしても月給が頭打ちになるので、会社員では年収1000万円の壁を超えることはほぼ無理ということになる。稼ぐ能力が優れた人は、自営業や、会社勤めでノウハウを蓄えた後に起業するなどして、頑張れば頑張っただけ年収が正比例する世界に身を置く。もちろん、特殊な才能が無くて勉強が得意な人は、良い大学を卒業して大企業へ入るのが稼ぐための最適解ということになる。

世の中の需要が読める

moneyhunter1

「サービスや物を必要としている人達に、そのサービスや物を提供する事でお金が得られる」という原理が稼ぐということ。会社勤めならば、上層部が需要を読んでくれるので自分は上からの指示通りにルーチンワークをしているだけで良いが、自分の頭で考えて稼ごうという人は自分の洞察力と嗅覚で世間の需要が読めなくてはならない。そして、稼げる人は世間の需要や時世の流れを読むことができて成功している。

自身の長所と個性を把握したうえで、自分が勝てる土俵で戦っている

人と違う自分自身ならではの独自ルートに踏み出すことが才能を作るんだろう
独自ルートに踏み出すことによってその人ならではの経験値や変わったアイテムやイベントに出会う
この世界は自分自身の独自ルートに踏み出さなければ本当の経験値はたまらない

自分の性格傾向かつ、好みかつ、特殊技能かつ、歩んできた人生の道などなど、条件を重ね合わせる分だけ、「その人にしかできず、他の人には真似できない」という稀少な能力が見つかる。そして、そういうとがった能力は歯車的人材が求められる会社組織には全く向かないので勇気をもって独立して、自分の能力を活用できる仕事を見つけて成功を収めている。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ