上京した後に都会に留まる者と夢破れて田舎に帰る者の境界線

backtolocal4

華の都会へと上っても、その後に都会に留まり続ける者と、力及ばずに田舎に帰る者の2タイプに分かれていきます。田舎に帰る=夢破れる、という意味があるほどに、都会は力の無い者には厳しいようです。上京後に、都会で生活できる人と田舎に帰る人の違いを調べてまとめました。

スポンサーリンク

上京後に、都会に残る者と田舎に帰る者の境界線

backtolocal2

上京して上手くいくタイプの人は、東京の大学や専門学校を卒業後に、間を置かずに東京で仕事が見つかった人であることが多い。就活が上手くいかないと働き場所が無くて生計が立てられないため、フリーター生活も長くは持たずに、いずれ実家に帰らざるを得ない。

芸能人やミュージシャンを目指して、プロダクションが多数有る東京へ上ってくる者も多いが成功する確率は極めて低く、ほぼ全ての人が夢破れて実家へ帰る事になる。

田舎の親が病気で倒れたりすると帰らざるを得ない事が多いため、そういう不幸を回避できる強運も必要となる。強運の代わりに、田舎の親を見捨てる冷たさと強さと覚悟も必要となる。

総じて言って、上京後に東京に残れる者は「ある程度以上の経済的強者や、運や意志が強い人に限られる」。




上京した後に田舎に帰った人達の有用コメント

backtolocal1

まだ東京に住んで2年だけど、ある程度自由になるお金がないと楽しめないね
実際収入の少ない友達はみんな地元戻ったよ

夢破れて実家に帰るけど辛い
都会に出たくて、田舎から出てきたが、仕事も続かず金もつき、祖母も帰ってくることを勧められ
実家に帰ることになった
なんの為に、都会に出てきたのかと
なにも成し遂げられなかった
弱いし、我慢強くない俺の責任
俺の責任だからこそ辛い

上京して、仕事してたけど、やめたから地元に戻りました
でも戻らなきゃよかったなって思ってる

地元は何だが閉塞感と閉じ込められてる感が半端なくて精神的にきつい

大人になって友達と経済力&人生の格差のせいで疎遠になる現象
昔は似たような状況だった友達同士でも、社会に出て何年も経つと、信じられない程の大きな格差が生じてしまうことがあります。その結...

東京に8年いて鬱で実家に…。やりたいことの途中だったから仕方ないけど戻ってきて後悔しかない。結婚とかじゃない限り出戻りは地獄でしかないです。
友達と遊んでもいつも「何する?どこいく?」っていいながらドライブして結局何もせず解散。
やりたいことも遊びも行きたい店も近くにないというのは無人島に放り出された感じです。
絶対東京に戻ってやる!

田舎暮らしが若者に避けられる3つの問題点…仕事&娯楽無し等
都会は人が集まりますます活気や商業施設が充実し、反対に田舎は人が都会へ移ってしまいますます活気や商業施設が減少する、といった...

大学から東京だけど、あまりにも友人らが離散しすぎてぼっちになって実家に戻った




スポンサーリンク




俺東京のFラン卒業して、都内に就職するけど4年後にやめて地元北海道に帰って公務員になったわ
俺の居た大学なんて地方の小さな企業に就職するか公務員になるかしか選択肢無かった

フリーター理由原因

Uターン者だけどこれはわかる。
どうせ自分がいくらがんばっても生きているうちに地元は活発にならないし、
なんのために地元にいるんだろうって思う。
ファミレス、リサショ、ブックオフ、メガネ屋、中古車屋のズラっと並ぶ県道を通るたび
本当に自分が今、希望もたのしみもない町にいるんだと痛感する。

30歳でこれまでの道筋&経験差から人生の勝敗がほぼ決する現象
突然の幸運・不運のようなモノに多少は影響されるとはいえ、長期的な視点では、やはり人生はその人の器なりの結果へと収束するのが自...

地元が嫌で嫌で都会に出てったけど本っ当に正解だった
地元にずっといる人は地元にずっといたいと思えること自体が羨ましいし良し悪し言えないと思う
でも単純に地元が好きじゃない人は我慢せずにとっとと出て行くべきだよ

ストレスでハゲた人や年収格差がついたり人生の差が出る同窓会
同窓会に参加すると、同窓生とあり得ないほどの差がついていることに驚愕することも珍しくはありません。経済的な差や、容姿の差や、...

高校卒業後、上京して15年仕事をしてきましたが昨年地元に戻りました。
やはり東京に比べて仕事が少ないですね・・・
お給料も安いですし

私は戻って後悔した。
一度都会の快適さに慣れてしまったら、田舎で暮らすのは本当に辛かった。
日々の生活は良いのですが、本当につまらないんです。
遊ぶ所もほとんどないし、テレビ一つでもテレ東がないだけでちょっとつまらなかったり。

諦めて欲を捨てた清貧生活の若者がのちのち地獄を見る3つの理由
「若者の○○離れ」のバリエーションがどんどん増えている事からもうかがえるように、現代の若者はもろもろの物欲から離れ、清貧を志...

やっぱり地元に残って昔の友達といつまでもつるんでる奴って進化しない底辺なんだな。
普通は大人になるにつれて趣味や仕事や考え方が変わってくるから、交遊関係も変わってくるはずなんだが、底辺はいつまでも変わらないようだな。

地方に帰って久しいがもう上京する元気がない。
上京するなら若い内だけ
でも上京したから今後は地元でいいや-って
得心してるからいっぺんは上京してて良かった

冬イラスト絵画像



スポンサーリンク



俺も派遣切りされて仕事探しつつホテルで暮らしてたらどんどんお金なくなって貯金20万切って
やばいと思って実家帰ってよかった
最低2ヶ月分の生活費と家賃4ヶ月分(敷金礼金1・1で仲介1と前払い1)がないとホー/ムレスフラグだと思う

東京生まれ東京育ちだけど二十歳で一人暮らし始めた
数年経って地元で友達が実家継いで飲み屋始めたから行ったけど、誰と誰が結婚したとか誰んちがどうとかってハイパーローカルな話題ばっか
まともな仕事の話なんて聞けやしない
あいつら厨房のまんま新しい刺激なにも受けずに痴/呆症まっしぐらだわ
気の毒っていうか可哀想

見下しと嫉妬が激突する同窓会にありがちな全現象が悲しすぎる
社会人になってからの同窓会は、元クラスメイト同士で互いに内心で現状を競い合う、一種の戦場。元は同じ場所にいたのに、時が流れて...

実家に帰る前に大家に事情を話したら
「親御さんが温かく迎えてくれるのは最初だけで、そのうち険悪になるぞ」って忠告された
その通りだったが
とりあえず仕事探しの面接には何十回も出掛けたら親は「不景気だから仕方ない」とあまりガミガミ言わなくなった
仕事探しを諦めちゃまずいぞ
ニュースでよくあるような
事件になる
努力を見せないと

まあ新しい土地で自分の地盤を築くってのは中々骨が折れるよ
今の時代なんか特に
おれも一旦地元離れて就職して、やっぱ地元がいいわと思って戻ってきた口だわ

田舎というのは人間層が固まってるから人生のコースも決まってるのよ。
特殊な仕事してる奴を除くと
地元の県でも特に優秀な奴→県外に進学して、県外で大手に就職
地元の県でそこそこ→地元の国立に進学or県外に進学して、地元の役所や地銀に就職
地元で…→地元で高卒就職or地元に進学して、地元で就職
あくまで大体の話だけどね。

上京後にいろいろな道をたどる人達

womanfallstage7

「もー、ウチの親ったら、“いつまでも結婚しないんなら、田舎に帰ってきてお見合いでもしなさい”ってうるさいんですよ!」と、頬を膨らませてこう言うのは、今年で30才になる美奈子さん。地元・静岡の大学を卒業し、就職を機に上京。一人暮らしをはじめて8年になる。

ずっと田舎がキライでいつか東京に行きたいと思っていました。本当は大学も東京が良かったけど、私には兄と妹がいて年も近いので学費だけでも大変かなあと思って。だから我慢して地元の大学に進学したんです」
東京での生活は快適だった。夜中まで街が明るく人が溢れていて、欲しいものがいつでも手に入る。親や近所の目が気になる田舎と違って、好きな服を着て好きな時間まで遊んでも誰にも干渉されない自由な空間が新鮮だった。そんな生活ペースが美奈子さんの“普通”になった。

「自分の生まれ育った場所は確かにホッとしますよ。でも、その反面何日もいるとのんびりしすぎて、もう東京での生活には戻れないんじゃないかなって不安になるんです。親が帰って来いって言っているけど、私はもう自立したつもりなので、戻る気はありませんっ!」

実はまだ結婚する気はないが、とりあえず彼を実家に連れて行くことにしたという。これでご両親も安心し、彼女は実家に帰らずにすみそうだ。

一方で、「たまに実家に帰っているものの、実家に住むのはちょっと…」という文子さん(31才)の話も興味深い。

「うちの田舎は新宿から約100分。ギリギリ首都圏の通勤圏内です。私は現在、都心でひとり暮らしをしていますが、週末や祝日など特に予定がないときは実家で過ごしています。やっぱり実家は落ち着きますよ。それに、安心できるし」

現在、ご実家は祖母と両親の3人暮らし。子どもはみんな家を出て自立していて、寂しいだろうから様子を見に帰るというのも理由のひとつらしい。
「友達から“それじゃいつまでも親が子離れできないよ”って言われたんです。案の定、親から結婚したら同居まではしなくていいけど、少しでも自分たちのそばに住んで欲しいというようなことを言われました。東京は好きだけど、ずっといると疲れちゃうのでそれも悪くないなあと思っています。まあ、それも結婚相手次第ですね。ちょっと重い話なんで、今の彼にはまだ話してません」

無理をせず、自分のペースを守りながら上手に親と付き合っている文子さん。実家に戻ってもいいのでは?と尋ねると「それでは自立できないんです」と言う。そういう考え方が上手な付き合い方につながっているのだなと感じた。

最後に、「実家に帰るしかない」という決断をした玲奈さん(35才)の話を聞こう。

「大学卒業を機に上京したものの就職できず、派遣社員としていろいろな会社を転々としながら10年間順調に働いていました。32才のとき、これまでのキャリアを認められ、ある会社の正社員として採用されることになりました。バリバリやるぞと張り切っていたのに、異例の採用だったため派遣仲間には妬まれ、社員には差/別を受けるようなこともあり……。1年後には心身共に疲れてしまって退社することになりました

収入もなくなり、人間不信になってしまった玲奈さんは東京で一人暮らしを続けていくことができなくなった。そして、いろいろ考えた結果、実家に帰ることにした。

「若気の至りで半ば強引に東京に出てきちゃったので、最初は30過ぎて今さら実家に帰れるか! って。 親はすごく怒るだろうなと思ったので限界まで黙ってたんですけど、父は何も詮索せず“すぐ帰ってきなさい”と言ってくれました。あれから約2年が経って考えた結果、私に東京は向いてなかったんだなって思ったんですよ(笑)。今は実家近くの工場でパートをしています。派遣時代に身につけたスキルはまったくいらない仕事ですが、私には向いているみたいです」

上手く節約すれば実現可能!派遣やフリーターの非正規一人暮らし
親から離れて自立している事の証明の1つが「一人暮らし」をしていること。低収入の非正規雇用になることが決して珍しくない現代では...




上京後に地元に帰りたくなる理由

backtolocal3

①:孤独で寂しい

地方から都会へ上京したばかりの頃は知り合いも少なく、孤独な毎日を過ごしがち。地元にいた頃は仲の良い友達ばかりと遊んでいたけど、都会では独りぼっちな日々。そんな孤独で寂しい時間を過ごしていると、「地元だったらすぐ友達に会いに行けるのに…」なんて、地元に帰りたい気持ちが芽生えることもあるようです。

②:両親に会いたい

都会で働いていると、忙しい毎日を過ごすあまり、なかなか実家に帰省することができません。お盆休みや年末年始くらいしか帰れない人がほとんどではないでしょうか。
そうなると両親に会えるのは年に1~2回。すぐに会いに行ける距離ならまだしも、飛行機での往復になるとなかなか難しい現実があります。すると地元に帰って、両親に会いに行ける距離に住んだ方が良いと思うケースも。

③:住み慣れた土地で暮らしたい

実際に、地元に帰りたいと考える人に話を聞いてみました。

Q:なぜ地元に帰りたいと考えるのでしょうか?
A:高校卒業するまでの18年間住んでたし、住み慣れた土地で暮らせるっていう気持ちが強いですね。

慣れない土地での仕事はストレスを感じやすく「いっそのこと地元に帰りたい」と思うのかもしれません。都会で働いていたとしても、やっぱり落ち着くのは地元のようですね。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ