独身女性と結婚した女性の道が分かれて人生格差が拡大する現象

独身女性既婚者女性人生差

結婚できるか否かは、女性の命運を左右する最大の要素といっても過言ではないかもしれません。結婚によって女性の人生はがらりと変わり、独身女性と既婚者女性で明確な人生の差が出るのはもちろん、数々の格差も生まれてきます。独身、既婚の差によって、女性同士の間で人生格差が生まれている現象を調べてまとめました。

スポンサーリンク

既婚者女性に人生の差をつけられてしまった独女達

独身女性既婚者女性人生差

女性に生まれてきたんだから、愛する人の子供を産みたい。

本当はものすごく専業主婦が羨ましい

まわりの既婚の旦那さんたちを見ると・・・例に漏れず、こんなダサクて不/細工な男は無理!!って思ってる。
だから私は結婚できないんだと自覚してる。

「独身は責任がないから気が楽」
「既婚者は家庭を持った責任があるから一人前」
そんなこと言われてもねっていつも思う。
無意識だろうけれど、上から目線すぎて、本当はイライラしてる。

独身だったころ、既婚の友だちの上から目線の恋愛アドバイスにイライラした

独身女性…年と焦りと既婚者女性との差で負の感情を抱きがち
独身女性あるあるネタを取り扱った独身女性専門漫画や雑誌コラムが増えたなーー……とつくづく思う今日このごろ。 若者の恋愛...

男の30と女の30はヤバさ違うよな
男はまだ遊べるけど女はもうアウトだろ

プロポーズされたい。
求愛されるくらい好きになってもらいたい。
でもこのサバサバな性格がゆえ
付き合っても長続きしない。
付き合った男はたいてい
柔らかい家庭的そうな女と結婚していく。
でも、いつか私も出来る!と
信じて数年。
いろいろ考えちゃうな。

求めるばかりで自ら恋愛関係を壊すわがままダメ女の特徴と原因
女性はよほどの事がない限り、恋愛に不自由しない性別です。しかし、容姿や性格や生活態度にいちじるしい問題を抱えている「ダメ女」...

womanbadp1

ほんの少しでも、子供が欲しい気持ちがあるなら、産むべきだと思ってる。
結婚はいつでも出来るけど、妊/娠はタイムリミットあるし。
仕事ばっかりしてたらあっという間にアラフォー。

命短し恋せよ乙女ですよ
昔の人は良いこと言いましたよ
30の女が20の女に勝っとるとこなんてなにひとつないからな

今すぐ脱出を!女性の派遣社員は35歳を越えると将来が終わる
女性で派遣社員、という生き方は、のちのち派遣先が急激に減って仕事を失ったり、年をとってしまったせいで結婚できなくなったりと、...

結婚指輪してぇぇぇぇぇ

バツイチと一回も結婚経験ない人の独身は違うと思う
一回は結婚したい
これが本音です

既婚者によく言われる『時間もお金も全部自分のだからいいよね』という言葉。確かにそうだけど、逆に言えば頼れるのは自分だけということ。お気楽だと思われるのは心外です

大人になって友達と経済力&人生の格差のせいで疎遠になる現象
昔は似たような状況だった友達同士でも、社会に出て何年も経つと、信じられない程の大きな格差が生じてしまうことがあります。その結...

私も老後が不安でたまりません。
30代後半だし、結婚したいです!!!!
周りの人は、みんな既婚者なので本当に焦ってます。




スポンサーリンク




結婚したいーーー!!!
友人で公務員の奥さんになって働かずに暮らしてる子いるけど本当に幸せそう。
相手が13歳上で、結婚するって聞いたときビックリしたけど、
結婚しても変わらずで、嫌味も言わないし適度な距離を保ったままでいてくれる。
余裕があるってやっぱり心身ともに大きいんだなーとおもうこの頃。

無意識に恋から逃げてない?モテない女性の特徴&恋を始める方法
女性は、男性とは比較にならないほどモテるので、恋愛難易度は非常に低いです。にもかかわらず、中にはモテない女性も出てきてしまい...

コミュ障社会不適合者恋愛

男は30過ぎると収入上がる
女は要求レベルだけが上がる

30歳でこれまでの道筋&経験差から人生の勝敗がほぼ決する現象
突然の幸運・不運のようなモノに多少は影響されるとはいえ、長期的な視点では、やはり人生はその人の器なりの結果へと収束するのが自...

怒り新党でマツコが少子化を語ってた
1.男と女は決定的に違う (女の35歳は手遅れ、 男は余裕)
2.女の30歳はギリギリ (出会って、付き合い、結婚、妊/娠、出産までに時間がかかる、育児の体力なども)
29歳の夏目アナが涙目  そして関係ない有吉にキレてたw
なにも言い返せない夏目が、同世代の女を如実に示していたわ。
夏目よりも年上の有吉(40)は笑っていて、30目前の夏目が泣く・・・
これが男女の年齢に対する正直な感覚なのに、マスコミに洗脳されたネット引きこもりオバサンたちは
この現実を受け入れないで「男もー!」とわめくだけ・・・w

努力が嫌いな人大歓迎!なるべく努力せず楽に恋愛を始める方法
現代は、とにかく恋愛のハードルが高くて恋愛をするのが難しい時代。しかし、それでも恋をしたいと思うのが男女です。なるべく低負担...

旦那さんが夜帰ってくるので、『早く帰らなければいけない』と言いながら、家庭がある感を出してるのが嫌

『独身はいいよね』という、既婚者からの言動。こっちから言わせれば、『既婚者は気楽でいいよね』と言いたい。だって専業主婦だし

backtolocal1

幸せそうな結婚生活してる人を見ると、やっぱりどこか悔しくて、何かマイナスがあるんじゃないかと探りを入れたくなる。
逆に結婚してもあまり幸せじゃなさそうな人には、どんだけしんどいのか聞きたくなる。
…性格悪いのは自覚しています。

短期決戦がコツ!婚活で高望みを防止して結婚成功する3つの方法
早く結婚を決めないとどんどん年齢的に厳しくなっていくのは頭では分かっていても、「もっと良い条件の相手を!もっと頑張ればもっと...

先日、花束をもらったので一人暮らしの部屋に飾りました。帰宅すると美しい花が出迎えてくれて嬉しくなりました。
でも、花は枯れていくんですね。私の部屋でひっそりと。なんだか、仕事ばかりで誰にも愛でられることのない、自分と重なって涙が出ました。
若くてチヤホヤされている時に勘違いして地方から上京。地元で子育てしかすることのない友人をバカにしていたけど、今となっては羨ましい。そんなこと言えないけど。地元へは帰れないよ。
派遣の仕事はつまらないし、これから更年期で体調不良になって休みをたくさん取るようになったら、私は家賃払えるのかな…。
お洒落したいけどそんなお金もないし、美しくも若くもない自分に、理想の相手が現れて求婚される訳もない。
どうして?
いつからこんな風になったんだろう。

dokujoexh




独身と既婚で女性の人生の道が大きく別れる

独身女性既婚者女性人生差

学生時代は毎日のように会っていたのに、社会人になってからは疎遠になってしまった友人。久しぶりに会ってはみたものの、会話がかみあわず、何となく居心地の悪い思いを感じたことはありませんか? そんな友人との温度差を感じたエピソードと、その友人とのその後の付き合いについて、働く女性たちに聞いてみました。

■既婚・子持ちの友人と、話が合わない

・「結婚して子どもがいることが多く、話題にずれが多少あると感じた。その後は会うことはなく、メールなどで連絡を取っているだけ」(31歳/情報・IT/技術職)

・「社会人の私と主婦の友人との間では、会話が全然ちがっていた。幼稚園の夕涼み会の話やママ友とのトラブルの話を聞いてもまったくおもしろくなく、それ以降会わないようにした」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「相手は結婚してすでに二児の母なのですが、会話の中の力点やメインとなる話題にずれを感じました。その後はあまり会っていません」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

独女と既婚者・子持ちでは、共通の話題が少なくなるのは当然ですよね。こちらがついていけないママ友や幼稚園の話題を延々と話されても、退屈なだけ……。その後、連絡が途絶えがちになるのも仕方のないことかもしれません。

■相手の交友関係や趣味が激変していた

・「友人が学生に戻っていた。交友関係や趣味や関心が変わっていた。今でも友人だけれど、連絡は途絶えがち」(28歳/その他/その他)

社会人でもなく主婦でもない環境で生活している友人とは、時間も話題も合わなさそうですね。交友関係の変化で友人自身が変わってしまっていたら、どう付き合っていけばよいのか戸惑ってしまいそう。



スポンサーリンク



■人生のステージが変わらなさすぎる自分に気づいた

・「結婚したり、子供を産んだ相手は人生のステップアップをしており、まずそこから聞くことができるので、話のネタはいくらでもある。しかし、自分にはほとんどそれからのことが仕事のこと以外でないため、話を盛り上げるネタがないことに気づく」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

結婚、出産など人生にいろいろな変化がある友人と、仕事だけをしてまるで変化のない生活をしている自分との差に気づいて、ちょっと憂鬱な気分に。結婚していなくても、一生懸命生きている自分に自信を持ちたいですね。

なんとなく働き続けた女性が婚期を逃し高確率で不幸になる現象
仕事に生きた女性の結果である「お局」が職場で嫌われ者と化す事が多かったり、大した志も覚悟も無くだらだらと仕事を続けていて気が...
おひとりさま上等!独身女性という生き方が意外と魅力的だった
非婚化し続けている現代社会では「おひとりさま」がもはや主流になりつつあります。独身女性としての生き方も、良い面がたくさんあっ...

女性が独身でいて辛い時

noreadair6

■こんなときつらい
・「1人の時、ふと寂しいなぁと思う」(25歳/学校・教育関連/専門職)
・「イベントで1人のとき」(34歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「イベントの時は特にさみしく感じる」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

■弱っている時
・「疲れて帰ってきた時に自分でご飯を作らないと、と思うとき」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「つらいときに誰もそばにいない」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「落ち込んだ時に話す相手がいない」(27歳/情報・IT/事務系専門職)
・「病気になって、頼れる人がいないとき」(26歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「一人暮らしなのでなおさら思う……仕事で失敗して一人の部屋に帰った時『誰かいてくれたらもっとがんばれそう』と思う」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)

■結婚・出産の話題で
・「友達がどんどん結婚していっているので」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「結婚式の招待状が届いたとき、取り残された気がして」(27歳/その他/その他)
・「SNSで『結婚しました』とか『子供ができた』という投稿を見るとつらいな~と思う」(24歳/情報・IT/事務系専門職)
・「周りに子どもが生まれて幸せそうなとき」(26歳/電機/事務系専門職)
・「友達が子供の話をするとき」(28歳/生保・損保/事務系専門職)




スポンサーリンク




■周囲からの圧力
・「まだ結婚しないのと周りから言われるから」(28歳/電機/技術職)
・「そろそろ結婚してもおかしくない年だよね、と話を振られた時」(25歳/医療・福祉/専門職)
・「周囲に結婚しろしろうるさく言われる事」(31歳/不動産/専門職)
・「周りが結婚してる人ばかりであなたも結婚したらという事を言われる時」(37歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)
・「親からのプレッシャー」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「つらいというか、肩身が狭い」(33歳/学校・教育関連/専門職)

■この先を想像すると
・「このまま一生孤独かと思うと不安」(24歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「将来を考えたときに『お先真っ暗』を想像して……」(37歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)
・「老後が心配」(43歳/電機/事務系専門職)
・「このまま一人なんじゃないかと最近ふと思うことが多くつらい……誕生日も仕事だけで終わったし」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「孤独死したらどうしよう…と思うので、親や上司に、3日連絡取れなかったら探しに来てください…とお願いしている(笑)」(30歳/不動産/営業職)

恋愛強者だった女性が30歳付近で人生が落ち目に変わる残酷現象
若いうちは完全に恋愛強者だった女性も、ある年齢を境にして急に男性からのアプローチが減少し、人生が落ち目へと変わってしまいます...
行き遅れで落ち目の婚活女性が高望みをやめずに破滅する現象
結婚用の最大武器である若さも衰え、すでに人生も落ち目になっているのに、それでもなお高望みを止められずに、みずから破滅の道を突...

既婚者女性「独女よ、…まだ…そんなところを這いずり回っていたのか」

独身女性既婚者女性人生差

はっきり言って、私は独身者を見下している。

例外はあるけど、9割の独身者は見下し対象だ。

理由は、「自分がとっくにやり終わったことをまだやってるから」である。

大学の時は、そりゃもう遊んだ。

オールで飲んだり、小さなカフェを貸し切ってDJごっこしたり、彼氏がいないときは合コンも行ったり。

金はないので、飲むときは家飲みかさくら水産か公園だったけど、それはそれで楽しかった。

就職してからは、お金を使うことを覚えて遊びの質も変わった。

海外旅行も行ったし、三ツ星フレンチにも行ったし、ホテルのスイートでシャ.ンパンパーティーなんかもした。

給料日前はやっぱり金がなかったので、せんべろ立ち飲み屋で安/酒ひっかけるのも楽しかった。

でも、そんな生活も続けると飽きてくる。

飽きる理油は、単純な消費だからだと思う。

次の生産に繋げられるなら良いと思う。飲み仲間の縁で仕事をもらうとか、グルメ好きが高じて店を出しちゃうとか。

でも、私にはそういう才能なかった。

そろそろ次のステージに行きたい、と思っていたときに、当時の彼氏にプロポースされて、三十路前にめでたく駆け込み結婚。

その後長男と長女を授かり、復職し、今ではごく普通の節約ワーキングマザーである。

海外は新婚旅行以来行ってないし、フレンチは年に1回だけ(結婚式を挙げたホテルに結婚記念日に行くと半額になる)

レジャーは子供のためだけ。外で友人と飲むのは、月に1回あるかないかである。

とにかく今は子育てがすごく楽しいし、子供のためを思うと仕事も頑張れる。

で、ふと周りを見渡すと、三十路をすぎた独身の友人が、未だに「ワインを持ちよって女子会ー」とか言ってるのである。

えっ君たちまだそんなことしてるの?と驚いてしまった。

そんなの、私は27歳くらいで飽きたのに。

いや、さっきも言ったとおり、次の生産に繋げられるならいいのよ。でも、彼女たちは消費しているだけなのだ。

よく飽きないな。いや、実は飽きてるんじゃないの? 飽きてることに気づかないふりしてるだけなんじゃないの?

こんなことリアルでは絶対に言えないけれど、思っている既婚者は多いんじゃないだろうか。

高望みのまま突っ走って灰になった婚活女の末路コピペまとめ
婚活における女性の最大の武器は「若さ」なのですが、若さは時間経過とともに刻々と確実に失われていくため、婚活女性は常にその事に...




とりあえず、無料で結婚力診断してみよう

今年45才になる独身女です。

いつかは人並に恋愛をして結婚するものと思っていました。
それなのに一体どこで道に迷ったのか、ズルズルとこの年まで独り者です。(苦笑)

幸い仕事には恵まれ、老後の経済的な心配もありませんが、
妊.娠・出産・育児を経験出来なかった事は、今でも悔いが残ります。

敗因は、「身の程知らず」「傲慢」「狭量」。
理想は高くない、と言いつつ結局「身の程知らず」
若い頃、男性に媚びる(当時はそう見えていた)適齢期の友人達を蔑視し、
「ありのままの自分」を貫く事に固執。
それがいかに「傲慢」であったか、この年になってやっと分かりつつあります。

女としての魅力もない癖に、男性のちょっとした弱さが見えると
バッサリ斬り捨てる「狭量」さ。

男性優位に激しく抵抗しつつも一方で
(私の相手の)男性には全て私より優れていて欲しいと願う矛盾。

共に手を携えて生きていく伴侶、と捉えられなかったのは私の方でした。

男性達も馬鹿じゃない。
こんな私を選ぶ訳がない。

私から見れば、皆さんはまだお若いです。
どうか同じ轍を踏まれぬようお祈りします。

以上で記してきたように、女性の独身人生はなかなか…というよりもかなりキツいようです。仕事が生きがいという人も多い男性ならともかく、女性の独身は世間の目も厳しい事が多いです。

「結婚して子どもを産んで育てるのが女の幸せ」という考え方は昔から根強く残っていますがその理由は、女性の大部分が「結婚はした方が良い」とずっと考えているからなのですね。

rktnonet

無料で自分に合う異性を診断できる婚活力診断サイトがあり、ココはブログ管理人おすすめのサービスです(男性も無料で診断できます)。選択式の簡単な質問で、約2分で終わり、無料でノーリスクで試せるので、とりあえず婚活の足がかりに気軽に試してみましょう。自分に合う異性のタイプを知ることができれば、今後の婚活で確実に有利になります。ネット上で有名な大企業の「楽天市場」が提供しているしっかりしたサービスなので、安心です。

婚活力診断サイト↓



予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ