貧乏は遺伝する病気!非正規や人生レベルが親と似る貧困の連鎖

poorspiral3

「貧乏は親から遺伝する病気」といった趣旨の言葉・考え方が、貧困の連鎖問題を語るうえで節々で引用されます。スタート地点の不利は努力でいくらでもくつがえせる!というのは理想論であって、現実は、努力するための知能や人生に対する姿勢も親から強く影響を受けてしまうため、どうしても親の代の貧困が遺伝しやすくなります。親が貧乏だと子も貧乏になりやすい、貧困の連鎖問題について調べてまとめました。

スポンサーリンク

「非正規の子は非正規」という、貧と負のスパイラル

poorspiral1

総務省の労働力調査によると、非正規で雇用されている人は全国で1813万人(2012年)。
これは労働者全体の35.2%を占めている。働く人の実に3人に1人以上が、非正規の労働者だ。

このうち、学生のアルバイトや主婦のパートを除いた約450万人が、契約社員や派遣社員。その数は年々増加している。
この事実は、新たな問題を生み出しつつある。
それは「非正規の子は非正規」という、貧と負のスパイラルがどこまでも続いていく格差社会の到来だ。

夫が非正規だという女性(46才)はこう話す。

「私の育った家庭は裕福とはいえず、おもちゃやお菓子をねだっても買ってもらったことはありません。
せめて子供には私のようなつらい思いはさせたくない、と子供が欲しがる物は買い与えるようにしましたし、塾や習い事にも行かせていました。
でも、夫の収入が減り、私のパートの給料もたがが知れている。結局、塾も習い事もやめさせるしかなかったんです。 成績は下がる一方で、このままでは夫や私と同じ道をたどることになるのでは、と不安でいっぱいです

ある程度の収入があれば、子供にきちんとした教育を受けさせることができる。
質の高い教育を受けられれば、将来大学に通い、その後正社員として働ける可能性は高くなる。
しかし、その“ある程度”の収入がないと、どうなるか。
教育水準は下がり、社会に出たときにふるいにかけられ、非正規での労働を強いられる。親が非正規なら、子供も非正規。
その先の生活保護の問題もまた然り。この連なりは、確実に存在している。

大学卒業を控える息子を持つ50代の男性も、非正規雇用者として働いてきた。

「息子の就活がうまく進まなかったんです。私は、正社員にはこだわらず、とにかく一度社会に出てみるといい、と話しました。 ところが息子は『おれは親父のような惨めな人生だけは送りたくない』と言い放ったんです。
そんなふうに自分のことを見ていたのか…とわかり、堪えきれず涙が溢れてきました」




親の代から貧困が連鎖する事を説明するコメント

sirenfun9

貧乏は遺伝する

基本的に子供は親を真似るから無理だよ
失敗者の人生を真似て上手く行くわけない

親の所得の格差が教育の格差

教育格差…親の教育理解度と資金力差で子どもが富裕・貧困へ
人間はみんな平等!生まれたときの境遇の差だって、努力さえすればいくらでもひっくり返せる!…実に耳に心地良い、正義の味方的な主...

人によるけど、バカな親てのは子供の育て方を本当に知らないし
親戚関係も希薄だから誰もフォローしてやれなくて
バカ親→バカな子 への連鎖が続くんだと思うよ。

教育意識も教育資金も足りず子に格差が連鎖する貧困家庭の教育
子どもはまだ世の中の事が右も左も分からない状態なので、その子どもを正しく指導できる大人や優れた教育環境の有無が、その子どもの...

努力がたりない、甘えてるとかいうク/ソ理論いいかげんやめたら?
貧困層が貧困層を産む現象は現に起きてるんだから

貧乏な家系は貧乏のまま。
うちは仕方ないって諦めてるからいつまで経っても底辺。周りにも同類の人間しか集まらないから抜け出そう這い上がろうという考えに至らない。




スポンサーリンク




ワイが見た感じ考え無しのド底辺と経済的余裕のあるエリートばっかり結婚してる気がする
中流っぽい生活してる奴らはなかなか結婚せーへんし、したとしても年齢がいってる

性格は遺伝する事が科学的に明らか。
そして性格は学習意欲など
社会において成功するのに重要な要素も当然含んでいる。
よって親から子へ貧困の格差も遺伝すると考えるのが妥当。

低所得で貧乏な人ほど金遣いが荒くお金の使い方が致命的に下手
貧乏な人がお金を持っていない理由は、低所得である事が原因なのですが、それと同じくらいに問題なのが「お金の使い方が下手すぎる」...

冬イラスト絵画像

貧乏のやつに共通して言えるのは1つ
全てがだらしない

頑張る事から逃げまくる、努力する才能が無い人の特徴と人生
できる人にとっては生まれつき当たり前にできる「努力」、そしてそれと同様に、できない人には生まれつき当たり前にできない「努力」...

どんなに才能や素質があってもそれを伸ばして開花させるためには金がいるからな
貧乏人の子は何もやらせてもらえない

親の財力でスタート地点は異なる訳だが、
遺伝するのは貧乏では無く、能力だ。
能力が低いと貧乏になる確率が高い。
貧乏な親は能力が低い確率が高い。
能力の低い親から能力の低い子供が生まれる確率が高い。
ゆえに親が貧乏だと子供も貧乏になる確率が高い。

現実の社会状況に合わせて子供を強く育てる為の6つの重要な教育
結婚して子どもが生まれても、親となった人の誰もが子育ての素人で、毎日ぶっつけ本番で教育をするしか方法がないため、どうしても他...

親の発言の一つ一つ、それで価値観や考え方が伝わる
それが最大の環境要因だ

学歴と収入は比例するからね
低学歴で教養がないバカ親って躾も適当だし

橋下徹が大阪市で教育バウチャーで塾代クーポン制度を導入したけど全く普及してないからな
子ども手当の時はDQN共が群がって民主に投票して子供手当に夢中になったけど
教育には全くの無関心で塾代クーポンには全く興味を持たない
貧乏の最大の原因って金銭的理由ではなく学問に興味を持たず勉強しないことだわな
無知であることは搾取されなさいってことだわ

親の格差が反映され裕福な子供と貧困の子供の二極化時代へ
正社員と非正規の間で収入や待遇の格差が生まれるのに従って、正規と非正規それぞれの家庭でも「子どもの格差」が生まれつつあります...


スポンサーリンク



親がだらしないから子がだらしなくなるだけ

昔は金持ちも貧乏も同じように学校行って
一緒に遊んでたけど
今の子は金持ちの家の子は小学3年にもなると
中学受験のために塾に通って遊ばなくなるし
貧乏な家の子はゲームとテレビばっかりで
大幅に差が付いて可哀想

無職期間ありがち特徴

貧すれば鈍するだよ
光る才能を持ってても貧乏じゃ日々の生活に追われて
知性や品性も鈍るんだよ

利己的で余裕ある金持ちとゆがんだ対抗心をもつ貧乏人の性格差
物語やおとぎ話の中では、あくどい金持ちと、心清らかな貧乏人、という構図が繰り返し描かれますが、実際は貧乏人の方が単純に性格が...

自分自身を満足に養うことが出来ない(貧困)やつが子供産んだらそりゃ子供も貧困になる(連鎖)でしょ
一人でも貧困 二人でも当然貧困
それを社会問題として解決を国に求めるっておかしくない?
そもそも貧乏人が子供産んだのが原因でしょ

遺伝もそうだが環境もあるんでね?
青森みたいなど田舎だと
子供の同級生(6年生)で塾とか行ってる子が半分しかいないわ。

身近に感じる4種類の格差と格差社会がもたらす3つの破滅的末路
日本は世界的に見て格差が小さい、と言われつつも、最近では日本国内で格差社会が問題視されていることから、世界全体に広がる格差の...

社会に出て十数年まわりをみてきたけれど
底辺はしゃーない バカにしないけど
頭の作,りが悪すぎる
普通に勉強してりゃ相応の思考ができるのに
できてない致命的
頭の良し悪しがあるのはしゃーない
底辺は底辺のまま もうしゃーない
それでも努力したら報われるかも
でも努力できるならもとから底辺じゃない

世界の学者とかじゃない一般人レベルなら遺伝より教育
…と思いたいけど現実としてめっちゃ頑張ってんのに可哀想なほど頭悪い子っているし特にエリート教育もされてない公立小学校の低学年レベルすら立派に頭脳の差があるんだよなぁ

スポーツとかは遺伝的要素を当たり前のように受け入れるけど勉強になると途端に否定的になるよな
ほんまアホらしい

同じヒト科ではあるが、脳の出来が別種並みに異なるのがよく分かる
今思い返すと、底辺の子供が底辺になりやすいのって環境よりもク/ソ遺伝子の影響が強いんやろなとしみじみ感じるわ

わいもそうやけど貧乏人は負け犬根性(※挑戦する前から「どうせ俺は勝てない、負ける」と考える癖)がついてるのが問題やと思うわ

まあ、ニートは家庭環境が悪いとか学校でいじめられたとかで逃げグセ負け癖がついてるんやろな。
そして、人生の最底辺に行くと

負け組が子供作っても不幸の連鎖になるだけ
子供に勝ち組の生き方を教えられないから
スクールカーストの底辺になるだろうし

シングルマザーが貧困によって子どもの人生格差が激化する問題
代々貧乏で、自分の代の子どもも貧乏になってしまう格差社会の問題が表出してきましたが、裕福な層であったのに突然貧困層へと押し込...

たけしは、バラエティ番組「たけしのコマ大数学科」(フジテレビ系)で共演した東京大学の学生は、「その親もほとんどが東大出身、親の年収も高く、素晴らしい塾に行く」という恵まれた環境であったことを明かした。
「生まれたときから教育の格差はできちゃってて、そっからもう始まってる」のだと主張した。
さらに、学歴の関係ないスポーツの世界でも、プロゴルファーになるためのレッスンなど、費用がかさむ例を挙げ、「結局、貧乏人のせがれは、あらゆるチャンスがない」「生まれながらに逆転できないっていうシステムができたんじゃないか」と、格差社会に疑問を呈した。

知能の約7割は親から遺伝し、努力が7割方通用しない

poorspiral2

知能や学力が遺伝なのか、環境(子育て)なのかという論争は、科学的には行動遺伝学によって決着がつけられた。一卵性双生児や二卵性双生児を多数調べることで、知能や性格、精神疾患や犯罪傾向にどの程度、遺伝の影響があるのかが正確に計測できるようになったからだ。

詳しくは拙著『言ってはいけない』をお読みいただきたいが、そのなかでも知能の遺伝率はきわだって高く、論理的推論能力は68%、一般知能(IQ)は77%とされている。知能の7割から8割は、遺伝によって説明できるのだ。

この科学的知見をもとにして、政治的にきわめて不穏な主張が現われた。彼らは次のようにいう。

知識社会における経済格差は知能の格差だ。知識社会とは、定義上、知能の高いひとが経済的に成功できる社会のことだ。だからこそ、「教育によってすべての国民の知能を高める」という理想論が唱えられるのだが、いまやその前提は崩壊しかけている。

先進国で社会が二極化するのは、知識社会が、知能の高いひととそうでないひとを分断するからだ。知能のちがいは、環境ではなく遺伝によってほぼ説明できる。だからこそ、どれほど教育にちからを注いでも経済格差は拡大するのだ。




家庭環境が悪すぎると唯一の武器のやる気さえ奪われる

nohonki5

「親の収入が少なくても、個人の意欲と努力さえあれば、高い学力を得られるはず」と考える人もいるかもしれない。実際、貧しい家庭で育ちながら社会で成功している人物も存在する。しかし、今井氏(子供の貧困問題や教育格差の解決を目指して、貧困家庭の子供たちに塾や習い事で利用できる学校外教育バウチャーを提供する事業を展開している公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」の代表理事を務める今井悠介氏)は「そういった子供たちばかりではありません」と語る。

「厳しい環境でも、ハングリー精神を持って学力を高めようと努力する子供がいるのは確かですが、それは一部の子供たちです。格差の底辺に置かれた子供の中には、学習や進学に対する意欲を失ってしまっているケースが多く存在します」(同)

その結果、引き起こされるのが「貧困の連鎖」だ。親の収入と子供の学力が比例する「教育格差」によって、貧困は解消されることなく連鎖する。それが、一番の問題だという。

「貧困の連鎖は、子供の将来の選択肢を絶ってしまい、低学力や低学歴となります。その場合、例えば就職では非正規雇用になりやすいなどの弊害を生んでしまいます。こうした連鎖を断ち切るには、やはり教育しかありません。

教育格差の是正が、貧困解消の鍵になると思います。子供が持っているポテンシャルを埋没させないためには、環境が非常に大切です。家庭が経済的に恵まれなかったとしても、能力の開花につながる場や人に出会える仕組みが必要です」(同)

日本の社会全体を考える上でも、教育格差の是正は重要な課題だ。現在、日本人の6人に1人は貧困状態にあるといわれているが、超高齢化社会を迎えるにあたって、国や社会が子供の教育への投資を怠る状態が続けば、どんな影響があるだろうか。

「本来、社会を支えるべき年齢の人たちの能力と労働力が、どんどん低下していきます。大人になってから就労トレーニングをすると、より多額の投資が必要になります。『子供たちがかわいそう』『教育機会の不均衡をなんとかしよう』という一元的な議論だけではなく、日本の将来のことを考えて、教育投資に力を入れていくことが必要です」(同)

予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ