社会不適合者ってなんで社会になじめないの?生きづらい原因

社会不適合者原因

社会について行けずに脱落してしまう「社会不適合者」は性格や能力にちょっとした問題を抱えているから社会に適合できないのですが、その問題とは具体的になんなのか?

社会の性質と社会不適合者の特徴を見比べてみると、社会不適合者が社会不適合者である原因が見えてきます。

スポンサーリンク

社会になじめない人達を知るためのヒント

ニートになるきっかけ

単純に、無能だから社会に適応できずに社会不適合者になっている。
ニートとかその典型例。

引きこもりとかニートになっている人達は、
高確率で、うつ病とかパニック障害のような「精神疾患」を抱えていたり、
「発達障害」を抱えているせいで、社会人として会社でやっていけない。

まず、性格的に「集団行動が嫌い」という感覚を強く持っている。
集団の中のわきあいあいといった空気に拒絶反応を示してしまうので、
自分から孤立し、誰からも相手にされなくなり、「社会性の欠如のせいで、社会不適合者になる」。

一般的な得意不得意と同じで、
「生きていくこと」に向いていない人は一定数存在する。
生きぬく意思が乏しいとか、社会性が低すぎるといった特徴をもつせいで「生きていくこと」が不得意。

起業自営業言葉

生命力が低くて生きるのに向いていない人の3つの原因と改善策
「やってやる!」という意欲と反骨精神が根本的に欠けていて、生命力にとぼしい「生きるのに向いていない人」は現代の競争社会で脱落...

日本は「同調圧力」が強い社会だから
個性の強い人や個人主義者は、異端と見なされて社会不適合者へ追い込まれやすい。




スポンサーリンク




「みんなと同じ」って事が
思っている以上に社会では重要視される。

みんなと違う人達は、ただそれだけで社会でハンデを負っている。

「学校を卒業して、間を置かずに会社就職する」
っていう世間が用意してくれた社会生活用レールから外れると、特別な才覚の無い人は人生が困難になる。
社会不適合者になる人は、「才覚が無くて、しかもレールへの執着心が薄い」という特徴がある。

仕事とは「利他的行為」であって、
他人の役に立つこと・他人の嫌がることを引き受けて、初めてお金がもらえるし信頼も得られる。
自分のやりたいことだけをやっている「利己的行為」に終始する人はお金を得られないし信用されない。

社会人がみんな「紳士・淑女の大人」だと思ったら大間違い。
会社では、職場いじめ・同僚潰し・パワハラ・セクハラ・キ○ガイだらけ。
社会の本質は弱肉強食だから、競争に敗れたり、社会の実態に拒絶反応を起こす人は社会不適合者になってしまう。

勝つこと本質どういうことか

社会不適合者やADHDにおすすめの楽なアルバイトと仕事
コミュ障だったり、長く働いていないニートだったり、人と会うのを恐いと感じる引きこもりだったり、あるいは発達障害者だったりで、...

「平気で嘘がつけて、口が上手い」
というのは、実は社会人には必要な能力。

他社との交渉なんかで、その能力は必須となる。
就職活動の面接では、その能力の有無を計っている側面がある。

本人の価値観や感覚とは無関係に、
「学歴」が社会での成否を分ける側面は大いにある。
社会人のほとんどが「中卒」を見下しているせいで、
中卒の人はスタートラインにすら立たせてもらえずに社会不適合者になりやすい。

「競争して、他人に勝とうとする意思」「お金が好き」「生活をより豊かにしたい」
これらの特徴をもっていない人は、競争社会に適合できずに社会不適合者になりやすい。

aboutdream7

集団や会社に溶け込めず働けない、社会不適合者達のなげきの声
性格が独特だったり、集団行動が嫌いなせいで、社会になじめない人を指す「社会不適合者」の方は、社会に対して不満や敵意を抱いてい...

戦後のお見合いブームで、
本来ならばとても結婚できない性格・経済状況の男女も無理に結婚し、
結果として、変な性格や、人格障害・発達障害を抱えた子どもが急増した。
現代は結婚が社会的義務ではなくなりつつあり、お見合いもすたれた。
今は、戦後に生まれた変な人間達が、社会について行けずに子孫を残せずに淘汰されていく段階にある。



スポンサーリンク






ニートの実態調査で判明した、社会不適合者の意外な事実

shinsotsuworkend2

ネット掲示板上に投稿された「ニートの実態調査の結果」で、文章の書き手はニートを対象にした課金制コンテンツを成功させるために、心療内科の医師や学校の教師などの協力をあおいで、ニートになった原因を調べたようです。

ニートになった原因は大きく分けて2つ

  1. 「働くのが嫌で嫌で仕方がない」(このパターンの人達は、犯罪を行って暮らしているような裏社会の人間になっていることが多い)
  2. 「真面目すぎ・優しすぎなどの性格のせいで、社会でやっていけない」

「真面目すぎ・優しすぎなどの性格のせいで、社会でやっていけない」の詳細解説

  • 他人の言葉を真に受けすぎてバランス感覚を失ってしまう人
  • 真面目な性格かつプレッシャーに弱い人
  • バカ正直な性格なのでビジネスに不向き
  • 「逃げること」を嫌う性格のせいでプレッシャーによって疲れ果ててしまう人
  • 何かを犠牲にしたり切り捨てて前へ進むことに強い罪悪感を感じる人
絶対に働きたくない!会社も社会も無理な社会不適合者の特徴
あと1年で卒業を迎える大学生は就活に励み、就活を終えて卒業をした方は4月からの入社が控えている時期です。 しかし、学生...

このような特徴をもつせいで、ニートになっていることが多いと判明したそうです。

普通に社会人生活を送っている人達ができている、「基本的に真面目にはやるけれど、その中で適当に息を抜いたりごまかしたりする」ことができないせいで、ニートになっています。

社会の仕組みに合わせられない人が社会から脱落する

大人ワクワク方法

日本社会はおおまかに、次のようなルールで回っている。

  1. 学校や職場のメンバーと協調・同調することが強く求められる
  2. 競争社会なので、能力のない者・他者からの悪意&攻撃に対抗できない者は集団から蹴落とされたり集団の下位へと押しのけられる
  3. 新卒採用主義があるために「学校卒業→即就職のレール」から外れると立ち直りにくい
  4. 時間やスケジュールに几帳面な風土がある

以上の日本的社会に適合できない人は、社会から脱落することがかなり多くなる。1から4のルールになじめない社会不適合者はそれぞれ、

  1. 個性が強すぎてどうしても自分を曲げられずに、集団行動が取れないタイプ
  2. 努力が全くできないニートタイプ、真面目すぎて責任感やプレッシャーで自滅する良い人タイプ、うつ病やパニック障害のような精神疾患を抱えているタイプ、人格障害を抱えているメンヘラタイプ、仕事の能力が低すぎる発達障害者タイプ
  3. 就活で失敗して無い内定のまま卒業してしまったり、新卒入社した会社を即辞めして再就職が不可能になったタイプ
  4. ルーズすぎる性格で会社のスケジュールや規則通りの行動が取れずに怠けてしまうタイプ




社会不適合者を社会に戻してくれる専門サービス

japanrail3

いくら社会になじめない性格でも、やっぱり集団に属して稼がないと人生が立ち行かなくなってしまいます。お金が無い生活や、他人から白い目で見られ続けるのは嫌ですよね。社会になじめない人を就職させてくれる、専門の無料サービスを利用してみましょう。

「若者正社員チャレンジ」は、無い内定のまま卒業した人や、ニート、第二新卒、派遣社員やフリーターを無償で正社員就職させてくれる、ブログ管理人推奨の公的支援サービスです。

実務経験が全く無いような、ちょっと職歴に問題がある人を専門的に支援する機関なので心強いです。普通の転職サイトが就業経験アリを前提としているのに対し、このサイトは珍しく就業経験無しの既卒を専門に支援するところなので無い内定で卒業した既卒者はここが一番です。

「若者正社員チャレンジ」はカウンセリング、セミナー、企業紹介、実習、奨励金制度などで支援し、正社員として働く道を切り開くために生まれた、支援事業です。これまでに、500名以上が就職決定しています。

◆特徴◆
・無料で利用者登録とサービス利用が可能
・プロの資格を持った担当が就職支援をサポート
・企業内実習に参加する事で就労のミスマッチを防ぐ
・実習期間中は最大10万円の支援金支給あり

若者正社員チャレンジ公式サイト↓



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ