人も物も集まる都会へ出た人と田舎に残った人の人生格差が酷い

人も物も集まる都会へ出た人と田舎に残った人の人生格差が酷い

inakatokaikakusa2

東京を筆頭にした都会への人口集中と、それにともなう地方の過疎化で、互いの質の差がはっきりとしたものになっています。そして、都会民と田舎民の生活の質・人生の質の差も歴然としたものへとなりつつあります。都会に出て行った者と、田舎に残った者の人生の格差を調べてまとめました。

スポンサーリンク

田舎暮らしの問題点

夏イラスト絵

  • 雇用の選択肢は少ない。賃金も低い傾向がある。
  • モータリゼーションの負の面。交通弱者、買い物難民、医療難民も参照。
    • 公共交通機関(バス、鉄道)の本数が多くて1時間1往復、田舎の中でもへんぴな地域では1日2-3往復程度と少なく、運賃も高いため、自動車を運転しない(できない)者はかなりの負担を強いられる。
    • 店舗の密度が低い。日々の買い物でかなりの距離移動することになる。
    • また近年モータリゼーションの要となるガソリンスタンドの廃業が相次ぎ、「ガソリン版買い物難民」の存在が指摘される。一部ではこれを(自宅で充電できる)電気自動車への追い風とする向きもあるようである。
  • 放送・通信において情報格差が発生することがままある。
    • 放送に関しては(道府県および市町村単位において)地上波民放のチャンネル数が少ない場所がある。起伏の激しい山村では地形の影響で地上デジタル放送(地デジ)や衛星放送(衛星波)が受信できない場合がある。ただし、地デジが受信できなくてもケーブルテレビによる代替で受信できる場合はある。
    • FTTHやADSLのサービスをあまねく全市・町・村へ提供する、単一の事業者が存在しないことと、採算性の問題からインターネットへの高速接続のサービスが十分に受けられない。




都会暮らしと田舎暮らしの差で生じる格差

inakatokaikakusa1

田舎と都会の違いというのは「選択肢の数」だ
例えば田舎は飯食うのも買い物するのも映画見るのも選択肢が限られている
しかし東京なら映画館だけでも400館近くある
服を買うのも、電化製品を買うのも、お茶するのも、博物館に行くのも
その選択肢の数の差がそのまま都会と田舎の違いになる

地元で仕事してる人が大半でびっくりした
当時かわいかった子はシンママなってた
色々カオスで成人式以降なんか地元帰るの億劫なった

煩わしい風習があるかないかだよ

よく「田舎はこんな魅力的やで」言うてるけどほんまに魅力的なら
最初から人が集まるんだよなぁ

上京した後に都会に留まる者と夢破れて田舎に帰る者の境界線
華の都会へと上っても、その後に都会に留まり続ける者と、力及ばずに田舎に帰る者の2タイプに分かれていきます。田舎に帰る=夢破れ...

田舎:電車が単線で一時間に一本、鈍行しか止まらない
都会:電車が複線で10分に一本、特急や急行があって止まる




スポンサーリンク




学歴分布みりゃ一発。大都市ほど高学歴比率が高く、高所得者が多い。
貧乏で教育水準も低いDQNばっかの地域なんて民度が高いわけない。

summerillust99

都会高学歴親「この科目はこのやり方でやりなさい。この教材はいいぞ。この塾は良い講師が多い」
田舎高卒親「勉強しなさい!勉強!×3!ゲームなんかやるな!近所の個別塾に行きなさい!」

大学進学率も 都会70% 田舎35%やで
どんな劣悪な環境でも高学歴になるのが不可能ってわけやないが
都会住みの奴と比べたら圧倒的不利になるんや

田舎は大手メーカーの下請け工場が主な就職先だからな
この不景気じゃ採用なんて少ないだろな

岩手や山形の最低賃金と平均給与見てみな
昔東北に居た頃正社員の女と付き合っててマジでヘルパーの仕事してたが正社員なのに月給手取り10万切ってたぞ
ちなみに夜勤もあってこれだ

30歳でこれまでの道筋&経験差から人生の勝敗がほぼ決する現象
突然の幸運・不運のようなモノに多少は影響されるとはいえ、長期的な視点では、やはり人生はその人の器なりの結果へと収束するのが自...

利便性を追求するなら都会
利便性に魅力を感じないなら都会は苦痛

ここは同じ日本なのか?というほど酷い。
特に大都会とド田舎の景観格差が酷すぎる。

よくイオンは田舎の商店街つぶすって言うけど
ガチ田舎はイオンすらつぶれるしな

地方の20代の娯楽外出
・スシロー(休日最大の娯楽)
・ジャスコ(こちらも最大の娯楽)
・コロナワールド(1ヶ月に1度くらいの娯楽)
・竜泉寺の湯(3ヶ月に1度くらいの娯楽)
・1泊2日の温泉旅行(半年に1度くらいの娯楽)
・彼氏彼女とディズニーランド(ハワイ旅行ばりの大行事)

大人になって友達と経済力&人生の格差のせいで疎遠になる現象
昔は似たような状況だった友達同士でも、社会に出て何年も経つと、信じられない程の大きな格差が生じてしまうことがあります。その結...

大半の男は嫁彼女なしで趣味はパチ、仕事は農業か工場
女は元ヤンと結婚、もしくは実家で引きこもりのフリーター
地元はこんな感じだった

夏イラスト絵



スポンサーリンク



田舎のヤバい部分は経済活動と不動産価値、田舎にもある製造業の世界的潮流というビジネス的視点が全く無い所だな。

親兄弟の情に流されて田舎すんだら怨念しか残らんぞ

そんなおまえらは「ここは退屈迎えにきて」という小説を読もう
都会に憧れ上京し夢破れUターンししかし地元には馴染めず鬱々とした日々を過ごし…的な田舎者の心をえぐるすばらしい小説
女性向け感が強いけど男でも十分楽しめるよ

Q. 『都会の人間関係の煩わしさから逃げ出して田舎で穏やかに暮らしたいです。何かアドバイスをお願いします』
A. 『田舎の人間関係の煩わしさは都会の100兆倍です。
初期ミッション【留守中に玄関先に置かれた野菜の送り主の当日中の特定及びお礼の電話】が出来ないと村八分フラグです』

物はネットで買えるけれど、大都市のインフラを前提とした文化は都会でしか体験出来ない
煽り抜きに、周りが田んぼなのに格好付けてクラブミュージック聞いて、ストリートファッション身に付けても何の意味も無い
海パンに浮き輪持って雪山に行くようなもん

友情って人生って何だろう…同窓会で世の真理が伝わるコピペ
苦楽を共にした同級生達と語り合う同窓会は、思い出話や近況報告などが主な目的ですが、職業や収入で内心で勝ち負けを競ったり、同窓...

ある放送作家が言うには、次のうち5つ以上近所にあったらそこは「田舎」らしいです。ニトリ、ケーズデンキ、しまむら、東京靴流通センター、洋服の青山、ラウンドワン、かっぱ寿司、びっくりドンキー、丸亀製麺、ツルハドラッグ。

田舎の人でも田舎にずっといるならそれなりに幸せかもと思う
ただ一旦都会に出て、経済力や文明の差を目の当たりにして、
同じ日本人なのに差があり、同じじゃないということに現代の日本人の大半は
苦しむのだと思う。
どうしても優遇される人間がいて、そうなってくると、不平等だ。

見下しと嫉妬が激突する同窓会にありがちな全現象が悲しすぎる
社会人になってからの同窓会は、元クラスメイト同士で互いに内心で現状を競い合う、一種の戦場。元は同じ場所にいたのに、時が流れて...

100個の中のひとつを選べるのが都会
3個の中のひとつしか選べないのが田舎

inakatokaikakusa4

総括すると、都会暮らしと田舎暮らしの人生格差は

  1. 職業の選択の幅がまったく違う
  2. 年収と最低賃金も違う
  3. 都会は仕事の無い者や経済的弱者は残れない場所なので、都会で暮らし続ける事自体が淘汰の圧力と戦い続ける事となり、自分を日々成長させる事になる。しかし、田舎にはその成長環境がほとんど無い
  4. 都会には人・物・金・文化が集まるので、人生の幅が広がりやすい。しかし、田舎では人生がこじんまりとしたもので終わってしまいがちになる

田舎で暮らしたい若者は全体の4割。しかし現実は厳しい

inakatokaikakusa3

田舎暮らしに憧れる若者は半数近く20~30代の575人を対象に行った調査によると、地方暮らしに憧れる若者は半数近くもいるようです。
「プライベートを充実させたい」「自給自足で暮らしたい」「ご近所付き合いで助け合いたい」などといった理由があげられました。

なかでも、もっとも多かったのは「田舎での住宅環境に憧れる」といった声。
都会よりも安い価格で自然に囲まれながら一戸建てに住む。
そんな生活スタイルに憧れるようです。

次いで多いのは「通勤ラッシュと無縁だから!」という理由。
約8割の人が都会での通勤から解放されたいと願っているようですね。
若者が田舎暮らしで耐えられないと感じることベスト3とはいえ、田舎への移住願望がある人のうち「すぐにでも移住したい」と回答しているのはわずか3.4%。

彼らを留めるものはいったい何なのでしょうか?

3位:地域行事に月1回参加約4割の人が「ご近所付き合いが面倒くさそう…」と思っている様子。
たしかに田舎暮らしにはご近所付き合いは欠かせない要素のひとつ。
定期的に行事やイベントに参加しないと、人間関係も危ぶまれます。
一方で良好な関係を築いておけば、収穫の季節には「畑でジャガイモがとれたからお裾分け…」なんてこともあるでしょう。

2位:電車やバスが1時間に1本
田舎暮らしで耐えられそうにないこと2位にランクインしたのは、電車やバスの本数の少なさです。
たしかに都会と比べると交通の便は悪いでしょう。
というのも、ほとんどの田舎は車社会。
自宅からコンビニや病院までの移動も車を使うため、電車やバスの必要性をほとんど感じません。
逆に考えると、車がなければ生活できない環境とも言えます。
都会の通勤ラッシュを耐えるか、車社会に飛び込むかのどちらかになるでしょう。

1位:水洗トイレがないそして9割近くの若者が「田舎暮らしで耐えられない!」と感じているのは、水洗トイレがないこと。
とはいえ、最近では地方でも水洗トイレは主流になっています。
一般家庭のほとんどが水洗トイレを使用しているもの。
「水洗トイレがないから田舎で暮らせない」という考えは早合点かもしれません。
田舎での生活に憧れる一方で、具体的に考えてみるとなかなか不便であり「素敵なスローライフ」とは違った現実も見えてきますね。
都会も田舎も一長一短といったところでしょうか。

田舎暮らしが若者に避けられる、仕事や娯楽無しなど3つの問題点
田舎から次々と若者が出て行き、田舎の過疎化が進んでいます。 現代で、どうして田舎は若者に人気が無いのか?「田舎が若者に...




都会に出た者と田舎に残った者のそれぞれの人生

会社辞める理由伝える

★公立中学の同窓会にありがちなこと★
・学歴はFラン、高卒、専門卒が主流。ニッコマは勝ち組扱いで地底、早慶はもはや神。
・医者や官僚、中小や小売、ニート、フリーターまでのカオス状態でまさに社会の縮図。
・当時DQNだった奴の異常なまでの高校中退率。定時や通信卒も珍しくない。
・大学なんて全然知らない。一橋とか東工とかどこそれ?状態。下手すればマーチも知らない。
・大学進学が当たり前だと思っていた為に、「4大」という単語を初めて知る。
・理系であっても大学院進学者は親のすねかじりとして非難される。下手すれば大学院そのものを知らない。
・職業は底辺職が基本。男は零細かとび職、小売。女は水.商売、介護、看護。地銀や地方公務員は勝ち組。
・フリーター、ニートはザラ。中には前科持ちも。東証一部企業就職者はブラックでも現人神。
・しかし、碌に企業名を知らない奴が殆どの為、余程の有名企業でない限りは「?」という反応である。
・高卒、中卒、専門卒の大卒に対するコンプは異常だと実感する。
・「良い会社や大学なんか行っても意味がないw」という妬み丸出しの発言が頻発。
・「俺、トヨタに内定した!」と言う奴は99%の確率でディーラー、あるいはライン工。
・そして殆どの奴が販売店とトヨタ本社は別であると言う事を知らない。
・結婚してる奴の多さに驚く。主にデキ婚。子供の写真を持参してくる奴がちらほら。
・女は変わりすぎていて判別がつかない。逆に男は大して変わらない。
・成長したな、という印象よりも、むしろ老けたな、という印象を抱く。
・基本的に地元志向。県内から出る奴は1割、2割。そんな狭い世界にいるからか精神年齢が中学生で停止。
・都会に出た奴と地元に残った奴は話が合わない。下手すれば都会進出者は裏切り者扱い。
・あらゆる面において、TVの絶大な影響力というものを実感する。主な話題はテレビ、パチンコ、女、車、酒。
・驚くほど社会、政治、経済に対する知識がない。自分がある意味2ch脳になっていたことに気づく。
・スクールカースト上位のヤンキーが未だに威張り散らすが、その表情にはどこか哀愁が漂い始める。
・その虚勢すらも20代前半まで。大学生の就職活動が終わったのを境にかつてのカーストが崩壊し始める。
・地元では車持ちが一種のステータス。当然DQN車がデフォ。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ