大人のつまらない人生をわくわくしたモノへ変える3つのヒント

大人になると、どうしても経験済みの事ばかりで初めてのどきどきわくわくが減ってしまったり、会社勤めのせいで毎日の変化がとぼしいなど、人生がつまらなくなりがちです。大人になると人生がつまらなくなる事と、それを打開するヒントを調べてまとめました。

スポンサーリンク

中年男性の7割が「人生つまらない」

生きる意味とは何か。先の見えない若者にとって、悩ましい問題に違いない。しかし、実は、先が見えてしまった中高年男性にとってこそ、切実なテーマだといえる。

35~49歳の中年男性300人を対象にした調査では、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」という回答が72%にも達している。

大切な自分の人生なのに、この結果はあまりにも寂しい。目をそらしたところで事態はよくならないのだから、一度立ち止まって、人生について真剣に考える必要がある。

「普通」の男性は、学校を卒業したらすぐに正社員として就職し、1日8時間、週40時間は「最低限」で、それ以上が「当たり前」という働き方を40年間にわたって続けていく。

こんな「普通の人生」はまっぴらごめんだと言ったところで、結婚して家族を持てば「一家の大黒柱」として期待されるため、生活費、教育費、さらには家のローンが重くのしかかり、今さら道を外れることは不可能だ。

自由になるお金も時間もない。ただひたすらに働き続けて、「こんな毎日に、いったいなんの意味があるのか」と嘆きたくなるのも当然だろう。多くの中高年男性が抱える漠然とした不安の裏側には、「卒業→就職→結婚→定年」という「たった一本の道を、ひたすら歩み続けるしかない」という明確な原因が存在している。




大人の多くが日常がつまらない

青春少女少年画像イラスト

もう小学生の頃のワクワク感は味わえないんだよな…

何というか、情緒面が枯れていってる気がする
感動できなくなってるというか

あらゆる事に新鮮さを感じなくなるんだろうな
子供の頃なんか雨降るだけでテンション上がってたけど、今は雨降ってたら一日布団で寝てるもん

雪が降るのを楽しめなくなったな
今では寒いとしか思わなくなった

世の中を知らないって事が楽しみや刺激になるんだろうね。
いろいろ知り過ぎたら、世の中こんなもんか…ってつまらなく感じる。
知らない自分も、悪くなかったんだなぁ。

大人になってわくわく感が失われた!わくわくを取り戻す方法
大人になって会社勤めをすると、なんだか感情がいつも平坦で、無味乾燥とした日々を送りがちです。 大人になっても常にワクワ...

思いっきりマジレスするけど
脳内のドーパミンという物質が多ければ多いほど感受性は強くなる
子供の頃はそれがたっぷりあるけど
年を取るにつれてどんどん減っていくから
なにかに興味を持ったりテンションが上がったりしづらくなる
刺激に慣れるとか、充実してないとかそういうのもあるけど
本質的にはコレ

やる気を出す働きの神経伝達物質ドーパミンを食事で増やせ
幸福度の増大やうつ病の予防に大きく貢献する神経伝達物質のセロトニンの特集を組んできましたが、セロトニンと同じくらいに重要な、...
脳内ホルモンを支配!無気力な時にやる気を出すコツまとめ
学生時代は授業中や自宅での学習で常に必要になる「やる気」。社会人だって毎日の仕事を着々とこなしていくために「やる気」は常に必...

中高生の頃は、夜ふかしして読書したりラジオを聴くのが大好きだった。
昼とは違うどこか神聖でおごそかな空気。
真夜中は特別な時間だった。
今は夜更かしといっても、やる事があるから起きてるだけで
あの神聖さを嗅ぎ取る事が出来ない。

みんなが人生で学んで得た教訓と哲学の深さと役立ち度がすごい
長年生きてきていろいろと気付いたこと・わかったことの中でも、「これは一生の教訓にしよう…」と選び抜かれた人生の法則は、まさに...

挑戦を忘れたら人生つまらなくなる
安定を求めるのが人の性だけれど

安定は人を必ず退屈させる!人生がつまらない3つの大きな原因
起伏が無い平坦な日常を続けていると、どうにも面白く無い気持ちが発生し、ずっと胸がもやもやしたままになり、いつしか「人生がつま...

生計を意識しだした頃から一気に重苦しくなった

これから40年間働き続けなきゃいけないと考えると溜め息しか出ないわ




スポンサーリンク




仕事に楽しみを見いだせないのが辛い。
やりたい仕事でもなければ(やりたい仕事なんてなかったけど)入りたかった職場でもない。
金と世間体のために人生のほとんどを費やしている現状。
仕事に楽しみを見出してるやつってどんな思考回路してんだよ。

毎日やる仕事が自分に合わないと人生そのものが地獄と化す現象
仕事といえば、辛い・つまらない・食っていくために仕方なくする、という感想を抱く会社員が大部分のようですが、嫌な上司や人間関係...

やりたい事を仕事にしてないからだよ。
ワーク・ライフ・バランスなんて言うが、
週6で毎日12~14時間働かされるのが日本の現実。
趣味人なんて余程の勝ち組か、フリーターかニートにでもならない限り無理な話。
人生の半分近くは労働の時間である以上、
仕事が苦痛だとそりゃ人生はつまらないだろう。

自分の頭で考えない社畜と化して人生がつまらなくなる人の特徴
子ども達に「つまらない大人になりたくない」と言われてしまう、つまらない大人の代表格が「社畜」。能力不足から社畜にならざるを得...

子供の頃はゲームソフト買ってもらうだけでワクワクして嬉しかったのに今はゲーム買っても全くワクワクしないし面白くもない

ゲームはもうネットの友達とオンゲをやらないとおもしろくないな
大人になると仕事しないといけないし一人で寂しくゲームやる気がおきなくなる
大人の趣味を作ればいいって言う奴もいるけど、趣味でお金を使えるのは独身までだぜ
結婚したら子供とかマイホームの貯めの貯金とかでほとんど持ってかれるし、なんの為に仕事して生きてるんだと最近思う

RPGでわくわくするロマン漂う場所6選…古代遺跡や実験所跡
私たちが日常で接することはまずない、北欧のように美しく幻想的な自然風景や不気味な洞窟を探検することができるゲームジャンルの「...

「だから何?」に行き着くんだよなあ
何をやっても冷めてるし、まず気力を使うからやろうとも滅多に思わない
ガキの頃は毎日が新しい発見だったのにな。嫌な歳の取り方をしたもんだ…

例えばさかなくんさんみたいに生涯かけて取り組みたい打ち込みたい!ってものがあれば
きっと大人になっても新たな発見はあるわ好奇心は尽きないわで少年の心のままでいられると思うよ

人間の一生の経験を先取り!これまで生きてきてわかった事まとめ
人間、長年生きていれば自分の人生や他人の人生から何かしらの教訓を得るものですが、それぞれの主観のせいでバラバラになりがちな教...

目標がないからでは?
何かに向かって打ち込むと楽しいぞ

なぜ世界全てが敵?こじらせて人生が面白くない人の特徴と原因
世の中や人生をひねくれた見方しかできず、あらゆるモノをただただ呪い続けることしかできない「こじらせた人」。彼らがそのようにな...

青春少女少年画像イラスト

人生って基本的につまらないものなんだろうね。だけど、どう面白くするかが勝負の分かれ目なんだろう

世界は遊びで満ちている!一生退屈しない、人生の4種類の遊び方
人生は、ゲームの楽しいイベントが自動発生するみたいには出来ていません。なので、「人生はつまらない…」と退屈している人が多いよ...

経験値の差もあると思う。俺なんてもう20代のうちに楽しい事っていうか色んな事やりすぎてもう何やっても飽きたってなっちゃうな。唯一飽きなかったのが女の子絡みだったのに最近ではそれすらもういいやってなっちまう。
一応ゴルフにサッカー、ジムに行って体を鍛えたり自分なりに楽しみを見つけてるけどまぁつまらないんだよな↓やってる時もなんで俺こんな事してんだろ、明日から仕事なんに馬鹿みてーってなっちまう…逆にあんまり若いころ遊ばずに真面目に生きてきた人間ってそういう小さな事でも楽しく思えるんじゃないかな?彼女が人生で一度も出来た事ない人間は彼女がはじめて出来た初めて結婚したなんてなればそりゃ楽しいし嬉しいだろうよ。自分だって初めて彼女が出来た時の喜びは今でも強烈に覚えてる。
もうちょっと後の人生に楽しみをとっておくんだったなー。

新しいことがないから、って言うけど
いま既に持ってる物の美点や今の生活の面白さを発見しようとしないからだろ
今持ってる物に気付け
じゃないと10年後もまた今を振り返って良かった良かった言うだけのおっさんになるぞ

人によって言葉や物は違うけど、新しい何かがあるかないかだろうね
昔の人はすぐ剣道とか、「~道」って作ってたけど、生き方に迷わない様に進めば
進むほど面白くなるように、って意味だったのかと最近思う。
現代よりも娯楽のなかった時代の暇人からは学ぶ事たくさんあるわ。
ただただ目新しい物を喰い潰す様に生きてるような人たちは、能力や経済力の限界が来れば
そこから人生下降線。

J-POP黄金期に怪しいネット黎明期…90年代のわくわく感
今の10~15歳が、やる気がない・斜に構えて社会に対し達観している・将来に希望を持てないなどとよく評されるのは、彼らの人生に...

最近メイドカフェ巡り始めた
新しい趣味ができると少しだけ人生楽しくなる

青春少女少年画像イラスト

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。

つまらなくしてるのはお前だ
世の中や人のせいにするな
人生がつまらないのではなく、
お前がつまらない人間なだけだ

大人になって小金持ちになったが代わりに何かを失った話

金融業利益

大人になって俺は小金持ちになった。



スポンサーリンク



小金持ちと言っても、高級車が買えるほどではない。

しかし子供のころから好きだった麻婆豆腐やスナック菓子を
好きなだけ食べるには十分な金だった。

欲求を満たすには十分なお金があった。

500円1000円の差でゲームソフトとの安い店を探し買い求めることも無くなった。
そんな手間をかけるならば多少高くてもこの場で買えば良いと思うようになった。

大人になった俺には時間が無いのだ。
来る日も来る日も仕事。
仕事の合間に生活必需品の買い物。

そうして思うのだった。

金が無く何もかもが不自由だったが、あのころは時間があった。
何かに追われることも無く、下らないことに情熱を傾けられた。

あのころ俺が最も欲しかった金を手に入れた今、
俺が欲しいものはあのころの日常だった。

何に追われることも無く、ただひたすら金に飢え、怠惰にすごしていた日々。

どうして俺には時間が無いのか。

それは日本にワークシェアリングという概念が無いからだ。
一方では無職で死亡、一方では過労死で死亡という現実しかないからだ。

日本には古来から「職人」という職業観念が強く、業務も専門職だけ出来ればよいとなりがちだ。
これは企業の規模が大きくなるにつれて強くなる。
日本人ならではのこだわり、自尊心の高さが伺える。

俺も金を稼ぐために自分の特化した能力を売っている職人ともいえるものだ。
誰にでも出来る仕事ではない。もちろん俺は他の仕事は出来ない。当然だ。
しかしそれは誰にも出来ないから他の人より働き続けろという意味でもある。

どうしてこうなったか。

俺の能力は勉学で得たものではない。自分の趣味の延長で得たものだ。
なぜ俺が専門職にならねばならないのか、それは他のヤツが勉学していなかったからだ。

俺はもう仕事からは逃れられない。

思い込みの責任と金と保険によりがんじがらめになっているのだ。
俺に自由な時間が出来ることは無いのだ。

俺が自由時間を得る方法、それは有能な人材が多く社会に出ることだ。
有能な人材とは、勉強だけでなく経験に基づく技術を持っているものだ。

ワークシェアリングという概念が日本に受け入れられることは、
あったとしても相当先の話になるだろう。

期待は出来ない。

俺に時間は無いわけではない。

そう、業務でも散々に叫ばれている効率化を行えば良いのだ。

PCで複数作業を同時にするのは当然だ。

しかし弊害もある。

マルチタスク(笑)を会得して数年、俺は2倍の娯楽を消化した。
しかし体感的には満足度は1/3だ。

さらに弊害もある。

注意力が散漫になり、ひとつのことに集中できなくなってしまうのだ。

そして気づく。

俺の娯楽がPC内の出来事だけになっていたことに。

自由な時間を追い求め、効率化を進め、毎日今日は帰ってからあれとこれを同時にすると決め、俺が得たものは何もない。

自らの自由を効率化の名を元に自分で奪っていたのだ。

そして俺はバイクを買った。

生活に影響の少ない原付二種だ。
性能限界が決められた中で俺は選びに選んだビアクを買った。
ビジネルタイプだがもちろんマニュアル車だ。

原付二種で程度の良いものは250ccよりも高い。
俺の金はこのときのためにあったのだと、もちろん一括で支払った。
普段の業務スタイルでハキハキと受け答えした。

バイクといえば自由の象徴とも言える。

体感速度と死のスリルは何にも勝る。服を乱暴に巻き上げる風を感じながら走り回った。

そんな俺を襲ったのは疲労だ。

そう俺には自由を満喫する体力が失われていた。

そして疲労を楽しむという概念も失われていた。

俺はもう、何を楽しめば良いのか分からなくなった。

何をしても物足りなさを感じ、疲れることはしたくない。
ならば平均以上に面白くて疲れないPCでいいかと思うようになった。

俺の人生とは何だったんだろうか。

俺は金を稼ぐために生きているのだろうか。

他人からはバイクも車も持っていて楽しく過ごしているんだなと見えているんだろうか。

何が俺の邪魔をするのか。
時間か、金か。

最大の障害は記憶だ。

生きてきた経験に基づき、楽しさを予想し、そのとおりに感じる。

そして俺は酒に行き着く。

もともとの酒好きが祟り、毎日思考が停止するまで家で飲み、
座椅子で仮眠し、深夜2時ごろの肌寒さで目を覚ます。

量販店に売っている4L入りのウ/イスキーは俺のような人間のためにあるのだなと感じる。

目を覚まし、口の臭さに絶望し歯磨きをして布団に入り眠る。
効率化のため寝るまでPSPを行う。

朝に目覚めるとそこにはひたすらBGMを鳴らすPSPと朝日。
PSPの内容は覚えていない。

そんな生活を繰り返す。

俺はこんな生活でも、それなりに満足しているのだ。

子供のころの自由は失い、荒唐無稽な夢も失った。
大人になり知識、経験、責任を得た。

そんな中見つけた小さな満足。

それが今の俺の自由なのだ。




大人の人生をつまらないものから変化させるヒント

変化の有無

頭良い人特徴

大人の人生がつまらなくなりがちなのは、多くの大人が会社勤めをして毎日同じようなスケジュールで仕事をするから。家庭をもっても、子どもが10歳、15歳と成長してくるにつれ、日常がマンネリ化してくる。

意図的に良い変化を起こしていかないと、どうしても日々が平坦なつまらないものになってしまう。

挑戦をしているか

コミュニケーション能力

心理学の実験で、人のモチベーション(動機)が最も高くなるのは、成功確率が50%の物事に挑戦している場合だという結果が出た。人生が守りに入っているだけでは成功確率が高くなりすぎてモチベーションはずっと低迷したまま。つまり、人生がつまらなくなる。

ささいな事で良いから、「難しそうだけど、できなくはない…」という挑戦を日々重ねていくと人生のモチベーションが高く維持される。

能動的な生き方を強く推奨

名言格言イラスト画像

最後の本項目が、人生を面白くするかつまらなくするかを最も左右する。会社での上司の指示や、家庭での義務に黙々と従っているから、息が詰まって人生がつまらなくなってしまう。

自分の意志で「これをやろう!」とはっきり決めて実行すれば、おのずと前述した「変化」が生まれ、難しい課題に「挑戦」することとなり、人生が面白いものへと変わっていく。

人生がつまらない理由を解説した、本記事と関連が強い以下の記事↓も合わせてご覧下さい。

未婚だから?非正規だから?人生がつまらない4つの根本的原因
人生がつまらなくなっている理由は、日常に変化が無い、経済状況が良くない、やりたいことが実現できていないなど、多種多様です。人...



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ