夫婦の離婚が確定した壊滅家庭の殺伐とした空気がもう怖すぎる

離婚届家庭雰囲気

夫婦間の愛も冷え切ってお互いが結婚生活に耐えきれなくなり、離婚が確定的になった後も、離婚が実行されるまではしばらくの時間的猶予があります。相手への無関心と、嫌悪感と、結婚生活にかけたありとあらゆる労力への後悔がうずまき、これまで築いてきた家庭と思いが荒廃していくのを体験します。

離婚確定後の家庭の荒廃具合を調べてまとめました。

スポンサーリンク

離婚が始まる前兆

恋愛結婚趣味

笑わない、互いに

必要最低限の会話しかなくなる

夜自宅に帰るのが朝会社行くより辛い
なのでよそに帰る場所つくる

一緒に歩いていても常に下を向いて考え事をしている。

結婚指輪をする日としない日がある。徐々にしない日が増える。

妻がパート仲間と飲み屋に行く回数が増える、何処に、誰とも曖昧な答え!

旦那が口喧嘩に乗ってこなくなる。
黙りこくって嫌なものでも見たような眼をして居間からいなくなる。

毎日帰宅後にイライラされる。
その連鎖反応嫌悪感を互いで止められない
→いつか大爆発

今までは特に気にならなかった夫の体臭(加齢臭)がすごく臭くて嫌に感じる

匂いが嫌になる
見つめられると目をそむけたくなる
うっとうしいと思うようになる
近寄ってきたら遠ざかりたくなる
廊下などで鉢合わせになると、びっくりして逃げたくなる
相手と同じ部屋にいたくなくなる
休日にいっしょにいたくなくなる
ひとりになりたくなる
相手の癖が気になる
相手の実家から帰ってくると、疲れてうつになる
相手の実家に行く前はイライラしてくる

「好き。」という言葉がなくなる。




離婚が確定した後の荒廃した家庭

中二病作品設定

離婚した後に結婚式にかかった費用とか思い出したら死にたくなるレベル

結婚する→ローンで家を買う→3年で離婚する→ローンの家に1人で住む(今ここ)
もう何のために働いてるのかわかんね

離婚前の様子を見た時。
子供は嫁に洗脳されて「きもい!」と言い、嫁は次の男がすでにいて、慰謝料とられて、30年ローンの一件家を売って、財産分与で半分持って行かれて、ローン残だけフルで背負わされて
しかも裁判所に。これ、男側に大きな瑕疵等々があったわけじゃないのにだぜ?
裁判所が女に異常に甘いのさ。
「返そうと思えば返せるけど、ずるずる十数年ひっぱるより、自己破産して、やり直したほうが幸せだよな・・・」とか語り出した時、流石に同情したわ。
ローンで一軒家買ったりマンション買ったりってのは、絶対やっちゃダメだわ。トドメのように離婚の後に襲い掛かってくる。

友人が離婚したという話を聞くたびに
結婚しなくて正解だったと思う今日この頃
20代で結婚して子供二人つくったのに
旦那が鬱で働くなくなって離婚して、現在はボロアパートで生活保護受けてるとか
旦那が子供の世話も家事も手伝わずに大ゲンカの末殴られて女性センターに逃げ込んで
2年がかりで離婚した末、現在は自給900円にも満たないパートで働いてる話とか聞くと
やっぱり結婚って博打だよなぁと思う
30になってきっぱり結婚あきらめて
親からの生前贈与と自分の貯金で3000万のマンション買って
そこそこ自由な生活してると、
会うたびに旦那の愚痴とお金がないお金がないと文句を言う友達と会っても微妙な気がしてくる

離婚って彼女と別れるみたいに気軽には済まないんだぞ
まず財産分与で揉めて財産半分持っていかれる
子供がいたなら親権の奪い合いで揉めたあげく、親権取られても養育費を支払い
当然自分の親兄弟や相手の親族とは険悪な雰囲気
そして職場では周囲の白い目(大企業なら尚更)に晒され
以前までは当然の権利だった「自由」を手に入れるためにアレコレ犠牲にしなきゃならん




スポンサーリンク




子どもに怨まれる。

離婚秒読み段階!無視や喧嘩等離婚寸前の荒廃した家庭の特徴
いがみあいや無視しまくり、時には暴力も振るわれる、離婚寸前の荒廃しきった家庭はいったいどんな感じの修羅場なのか? 人間...

結婚7年妻から離婚の話が出た。
子供連れて実家に帰ってる。
俺、結構頑張ったよ。
ほとんど休み無く働き、夜中まで仕事して月90万近くの給料があった。
たまの休日も家族で遊園地行ったり、動物園行ったり、記念日にはプレゼントも渡してたよ。
別れたい理由が「家の事何も考えてない」「帰りが遅い」「私の事を全く考えてない」とか。。。
子供まで連れて行かれたら、働く意欲がなくなる。子供返してくれよ。
弁護士間に入れた話し合いか。。。はー。。。なんで結婚したんだろ。

厳選!人間の闇部分の象徴のような馬鹿げた離婚・婚約破棄話
因果応報…という展開は原因と結果の関係がはっきりしているので、あらゆる作品で取り入れられているストーリーパターンです。 ...

婚約指輪を質屋に売って、売れたお金で
焼肉レストランの食べ放題で、ヤケ食いする、離婚したばかりの女性。

社畜会社員名言

結婚時「幸せです!これから幸せな家庭を築いていきたいと思います!(マジキ/チスマイル)」
離婚時「二人で話し合った結果です(ゲッソリ)」
みんな一時の感情で結婚してんの?

お前ら何で結婚したんや…結婚後に猛烈に後悔中の言葉まとめ
運良く気立てが良く、家庭を上手く切り盛りできる女性と結婚できれば結婚は成功。運悪く性格に著しく問題を抱えていたり、ニート気質...
こんなはずは…結婚後の各種後悔の原因を指摘する激辛な言葉
ネット上には結婚を否定する意見があふれかえっています。その全てが正しい、などということはありませんが、現行の結婚制度が抱える...

結婚をメリットデメリットで考えるヤツは結婚出来ないと思うけど、婚活とかムリにしないほうがいいよ、どうせすぐ離婚になるから。



スポンサーリンク



誰人も幸せな生活を思い描いて結婚して
その1/3が止むに止まれず離婚するやで。
実際は離婚したくても出来ない、我慢して続けてる夫婦なんてそれ以上におるんよ。

周りに幸せそうな夫婦が知り合い全組中1組しかない
後は離婚間際かギスギスしてるか離婚したか。
物凄く割の悪いギャンブルにしか思えない

浮気に会話無し…荒廃した離婚寸前家庭は弁護士に清算要請を
「結婚生活にはまず恋愛感情ありき!」という恋愛至上主義が世の中に行き渡った結果、「そういうことなら、年月が経って恋愛感情が無...

私は旦那に事あるごとに離婚をちらつかせ要求を通していた。
まじめな彼のこと真剣に受け止めたのだろう。
私の親を呼んで同居したいと申し出たところ拒否されて
(家は旦那が独身時父親の遺産で購入したもの)
いつものように「認めてくれなきゃ離婚」と言ったところ、
ぽつりと「お前と住むことによって俺には何が残るんだろう」
と一言ともに例の書類(署名捺印済みのもの)出してきた。
「結婚に限らず、何がしかのメリットがないと他人同士暮らすのは難しい。
俺にはそれがないお前と暮らす意味が俺には無いんだ。」
等々冷たく厳しい言葉を投げかけられ取り付く島もないほどです。
女の影はないけど私とは離婚したいとの意志は固く、期間を区切ってまで着ました。
「この家は、100%俺の財産だから君が出て行くしかない。
申し訳ないが年内に出て行ってくれ」
とまで言われています。
私には本心は離婚などしたくありません。
経済的に言っても薬剤師の旦那の給料もいいし、
パート収入しかない私の給料では一人暮らしは厳しいし………
「離婚したいといったのは嘘。ごめんさい」と謝っても
「もう遅いよ」と取り合ってくれません。
いまさらながら言葉の重要性にきづいても遅いのでしょうね….

離婚の原因…性格の不一致や親族との不仲やDV等の離婚対策
結婚後、より身近になった関係で生活を続けていたら、恋人時代には見えていなかったパートナーの欠点が見え始めたり、そもそも恋愛感...
求めるばかりで自ら恋愛関係を壊すわがままダメ女の特徴と原因
女性はよほどの事がない限り、恋愛に不自由しない性別です。しかし、容姿や性格や生活態度にいちじるしい問題を抱えている「ダメ女」...

結婚経験者であり離婚経験でもある俺のアドバイスは
会話をすることだな
女は愚にも付かない会話をすることでストレスを発散する生き物だと理解すべき
男は意味の無い会話にストレスを感じる生き物だってことは頭の片隅に置いとけ

男と女は永遠にわかり合えない
だから結婚して必要なだけ子供を作ったら離婚するのが正解
それができなくても子供が巣立ったら離婚した方がいい

離婚にためらいが無くなった現代女性…もはや結婚はオワ婚?
「結婚は人生の墓場」という格言が昔から連綿と受け継がれてきましたが、現代ではさらにその先まで進化した「結婚は人生の地獄」とい...

3組に1組離婚。予備軍を合わせれば半分以上の夫婦は幸せになれていない。
こんな勝ち目の少ない博打に手を出す奴がアホ。

俺の友人指輪は売り飛ばしてアルバムは全て燃やしてたな
金と時間だけを無駄に失って何の為に結婚したのか馬鹿げてると嘆いてたわ

先人たちの後悔が集中する夫婦生活6つの食い違い

引きこもり脱出対策

先人たちが後悔するのは、結婚前には気づかなかったちょっとした生活習慣、育った環境の違いからくる考え方のギャップ、相手に言ってしまった暴言、相手の家族との付き合い方、はたまた浮気にいたるまで多岐に及びます。それは分類してみると、ざっくり以下の6つになります。

(1)家事・育児の分担
(2)相手の育ちや環境が与える人格不和
(3)コミュニケーションの取り方
(4)お金や時間に対する価値観の齟齬
(5)相手の両親との付き合い
(6)子育て哲学の違い

6つのカテゴリーのうち、代表的な後悔は以下のようなものです。

(1)家事・育児の分担をしておけばよかった
多くの夫婦にとって、ケンカのほとんどの原因は「家事の分担問題」です。「やるといったのにやらない」「どちらかに任せっきり」という状態が慢性的になると、お互いの信頼関係は次第に壊れていきます。上手に分担するには、ルール決めがポイントになります。

(2)相手のルーツや価値観をもっと理解すればよかった
お互いが十分な愛情を持って結婚したのに、どうしても習慣や考え方の違いを理解し合えないことがあります。日常生活においては、育った環境や親の影響が、知らぬところに色濃く反映されているものです。それを受け入れるには、パートナーのルーツを理解する必要があるのです。

(3)言い方をもっと考えればよかった
夫婦がぶつかる大きな原因の一つに「言い方」「伝え方」があります。本当は大した問題ではないのに、相手のちょっとした一言にカチンときてケンカとなり、最終的に離婚へと発展するケースも少なくありません。夫婦といえども、お互いを肯定し合う関係づくりと、「伝える技術」を学ぶ必要は大いにありそうです。

(4)何にお金と時間を使うかの価値観が違った
お金と時間の使い方は、個人の価値観がもっとも如実に表れるところです。大切にしていることや将来に対するビジョン、休息の取り方についても、夫婦の食い違いは火種になりやすいものです。感情的にお互いの意見を主張し合うのではなく、「話し合う技術」が求められます。

男性が結婚で後悔する理由をまとめると理想と現実の落差が酷い
結婚は、その制度上や法律面で、男性側に過度に負担がかかるような仕組みになっています。そして脳の仕組みから恋愛感情の賞味期限は...

(5)「相手の両親とうまく付き合えなかった」
結婚の難しいところに、「当人以外の問題」があります。古くからある嫁姑問題をはじめとして、義理の親とうまくいかずに離婚する夫婦は後を絶ちません。どれだけ本人たちがうまくいっていても、結婚には相性や愛情だけでは乗り越えられない壁があるのです。

(6)子どもの教育方針について意見が合わなかった
出産は結婚においても第2のターニングポイントとなります。育児においては、近年話題の「1歳危機」「産後クライシス」、子育てにおいても「叱り方」「お受験」などの考え方の違いからギスギスした関係になったり、離婚へといたる夫婦は激増しています。お互いが相手の価値観を受け入れ、変化・成長していくことが強く求められているのです。




離婚をすることで失う4つのモノ

ニート生活デメリット

自信
離婚はすんなり決断出来たとしても「離婚した自分」を承認することはなかなか難しいようです。
離婚には納得出来ても、頭のどこかで「失敗した自分」を抱えてしまっています。

社会的信用
「一つの家庭を守ることが出来る=信用出来る」
既婚者であるだけで、無言の信用が得られます。
離婚したことで、この信用が失われてしまうこともあるでしょう。

人生の目標
自分でした選択とはいえ、いきなり一人、もしくは子供との生活になるのです。
環境も何もかもが変わります。
離婚した直後の方は、環境の変化を「新たなスタートだ」と思いつつ、不安がいっぱいです。

伴侶
伴侶であった夫や妻を失うということは、共に見た将来の夢も失うということ。
「前向きな離婚」というのは、ドラマや映画のストーリーではあっても、現実となると中々難しいようです。
二人で夢みて結婚し、将来を語りあった時間がなんだったのだろう…と思うでしょう。
お子さんがいる場合は、子供も失う可能性もあります。

予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ