面白き事もなき仕事を面白く。仕事はやりたい事がやれない現実

仕事やりたいことできない

お金を貰ってする仕事とは、原則的に相手のニーズをきっちり満たすことで初めて仕事として成立します。ただ自分がやりたいことを好き勝手にやるだけでは、それはただの趣味になるので仕事にはなりません。

お金を貰うための仕事では基本的に自分の好きなこと・やりたいことはできないという事情を調べてまとめました。

スポンサーリンク

お金を得る仕事は、自分の為の娯楽ではない

金を稼ぐってことは能力を売ること
やりたいことってのはほとんどの場合他者と被るから競合しやすく価値が低くなる
特にやりたくもなく本人にとって出来て当然のことにこそ能力の価値が有ったりする

基本的に自分の好きなことやって稼ごうという考えが大間違い
報酬を払う側だって受け取る側と同じように金は惜しいのに、どうして払ってくれると思う?
払う側にとって期待通りの仕事をしてくれたからだよ

起業してやりたいことを仕事にしたけど、本当にやりたいことを仕事でやっても全然稼げなくてかなり苦悩したわ
仕方なく顧客の要望にただ応えるだけのシステムにしたら、金は入るようになったが好きな仕事なのに好きなことやってないというジレンマに苦しんでる
漫画を好きだから漫画家になったって人とかも編集者との軋轢や読者のニーズに沿った漫画を描かされるだけで、自分の描きたい漫画が描けないってよく聞くけど、俺もそれと同じだなと思ったわ

漢字の書き順を習ったり、明治維新というものが何年に起こったのかを知ったり、あるいは「個性的」になったりするのに、学校に行く必要はありません。ぜんぜん。
ではなぜ、教育とか、学校というものがあるのでしょうか。
それは、「一日六時間、みんなで同じ机に向かい、先生が黒板に書いていることを書き写す」というような無意味なことを、我慢できるような人間を作るためです。

22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/01/08(木) 22:59:48.56 ID:/p7Ca/md0.net
仕事がこんなにつまらんとは知らんかった
つまらんというかひたすらだるい
26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/01/08(木) 23:01:26.06 ID:xanj3trj0.net
>>22
他人の金儲けの手伝いが少しでも楽しいと思ってたのかよ

これといった特技のない人は
人の嫌がることや面倒臭がることを代行して金をもらう、てのは
介護に限らずかなりの職種に当てはまるわけで、
満足だとか何言ってんのかちょっとわかんない。

77: ジャンピングエルボーアタック(大阪府)@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 09:24:45.65 ID:clpC2IA00.net
あるラーメン屋はオープン前日にやっと「満足行くスープができました!」と書いていた
3ヶ月後潰れた
87: マスク剥ぎ(大阪府)@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 09:30:01.39 ID:b2VRZYUw0.net
>>77
ラーメン屋をオープンする動機は
「既存のラーメン屋に自分の好みの味がないから」
多くの人に受け入れられる”売れる味”というのはすでに世の中に出ている
つまり、満足いくスープというのは自分だけが満足するスープであって
世の中の多くの人は満足できない可能性が高い

コーヒーはあの世の薫り…潰れやすいカフェ経営に商売を学ぶ
会社を辞めて、自分のお店を出したい!と思っている人は多いと思います。雑貨店や、飲食店や、お店の種類は様々ですが、ロマン要素が...

商売ってのはこういうもんだよ
作り手が本当に売りたいものってのは売れないもんだ
こだわりや努力を伝えて理解してもらうのは大変だからな
そして大半の人はこだわりや努力を食いにきてるのではなく
店の看板を食いにきてるのも事実
お前らだって写真撮ってSNSで自慢するために料理食ってんだろ?

ひとりよがり厳禁!仕事でお金をもらう本質は人の需要を満たす事
「仕事」というと、学生からすればなにをどうしてお金を貰えばいいのか実態がイメージしづらくて、働く事に漠然とした恐怖感を抱きや...

みじめだな。
大体、サラリーマンになった時点で、夢なんかみちゃいけないんだ。
起業したとか、歌手デビューしたとか、そういう華々しい職業を選んだ人だけが
夢をみていいんだよ。
サラリーマンにはサラリーマンの生き方がある。
分相応に生きなきゃ。




スポンサーリンク




採用2年目の公務員やけど仕事はマジで楽
ぶっちゃけちょっと頭いい中学生でもできるレベル
ただ大学でてこんなつまらん仕事する人生って何なんやろって思う

やりたいことやって生きれるのは一部の才能がある人だけ
スポーツ選手とか芸術家とか

社会の構成員として、一つの歯車に徹することが、社会において信用を得る唯一の方法である。
やりたいことをやるというのは、社会では甘えなのだ。
新卒カードを捨て、自分勝手に浪人して歳を食うのは結構だが、夢を諦めた場合、新卒が有り余ってるこの世の中で、職歴無しの既卒など誰が使うか?
やりたいことなんて趣味でやれ。仕事は社会のニーズに合わせることが大事。
理想と現実の差に苦悩するのが人生というものだ。

これが温室育ちの弊害…新入社員が会社を即辞めする3つの原因
終身雇用制の崩壊で会社員が会社への忠誠心を持たなくなったことや、若者が打たれ弱すぎて会社でのストレスに耐えられないなど、近年...

頭も能力もない奴は肉体労働するしかない

何か一つでも武器を持ってるといいんだけどねー
容姿、頭脳、家柄、コミュ力…
何も持ってないと厳しい…

無能なら無能でもいいんだよ。問題は、自分が無能であると受け入れられ
その実力+ある程度の努力で得られそうな道をさっさと選ぶ決断と実行なんだよね。
これを見誤らせて「夢は叶う」だの「人類皆平等」だの「才能は誰にでも眠っている」だので、現代はニートであふれる。

ニートだけど最近ニート増えすぎてない?
なんか若者が夢を抱くことを肯定しすぎた結果なんじゃないの?学校教育からそういうの全否定したほうがいいよ
今また同じ夢を持つ同士とSNSで簡単に繋がれるから負の相互作用で既に夢破れてるのに気付きにくいのもあるんだよきっと

仕事にやりがいを求めてハードルが上がり非正規&ニートが増大
「まず夢を持ち、夢とやりがいが実現できる仕事に就け」と現代では教育を受けますが、良さそうに見えても、これは裏を返せば「自分に...

先進国はどこも子供が全員大卒ホワイトカラー志向で、大卒後も希望職業以外で働かないことが多く
それでブルーカラーが不足して移民に頼ってるという本末転倒っぷりやからな
んで大卒事務員が月給20万とかで工場労働者と大差なくなってたりする
方や倍率何十倍、方や中卒移民歓迎するほどの人手不足やからこのままいけば市場原理で逆転するかもしれん

もう時代が時代だし
小学校4年生くらいから、1人1芸を基本に、将来最低でも何か技能を持つよう
専門技能を1つ必修化するべき。ガキの頃身につけたことは
そうそう体から抜けないからな。
自由とか無限の可能性 とか言うのはニート量産ワード

やりたい事や夢にこだわりすぎて就職不能の夢見がちな現代人
就職にあたって、「やりたいこと」を見つけて、そのやりたいことと実在する職業とをすりあわせていくのが現代の就職活動の基本となっ...

ニート側も働くのはコスト的に割りに合わないと思ってるんだぜ。
本人的に割りに合う仕事、
事務職や軍師的な仕事で給料もたっぷりなら働こうって奴は多い。
問題はその本人の価値判断や計算が完全に間違ってて、世間と永遠に合わないってこと。
その辺を徹底的に矯正できるかが、自立できるかの鍵になる。

子供の頃、思い描いた夢を目指し続けると人生詰む
ある程度のところで妥協して、妥協したなりに努力してたら、それなりの人生は送れる
サッカー選手、野球選手、ピアニスト、バイオリニスト、指揮者、漫画家、小説家、ミュージシャン、歌手、アイドル、芸能人、俳優などなど。こういういわゆる趣味→仕事とか表舞台系の職業への憧れは、早いうちに捨てたほうがいい。
夢を負い続けた結果、高卒になったり、大学で単位とれずに留年とか、さらには中退でもしようものなら、本来それらの夢を諦めて妥協して企業へ就職してた場合よりも、酷い結果になる。
俺は漫画家になりたかったけど、結局、諦めた。夢を諦めるんだったら、せめて高収入で安定した職に就きたいと思って、妥協して、医師を目指すことにした。ただ、それ気付いたのが大学に入ってからだったので、京大を中退して再受験することになった。
たぶんあのまま漫画家目指してたら、人生詰んでた。

いや事実として叶う保証とか無いし…無理に夢を追う事は危険
一般に、夢を目指すのは良いことだとされています。大人も子どもに夢を持てと教育し、創作物内でも夢を賛美する描写ばかりです。 ...

ワイもドリーマーだったからわかるけど方法論のない、あるいは行動のない夢は夢じゃなくて妄想や



スポンサーリンク



夢を持つのは良いことだ。
ただし確実に実現できる範疇でなければ現実逃避。
デザインの勉強をしてどこでもいいからデザイン会社に勤めたい。これはOK。
絵を極めたいから美大に行って画家になりたい。これはNG。
画家とか作家はなまじ年齢制限がないせいで現実逃避の言い訳にできる。
今時目指してるとか言う奴の9割はこれだ。
現実的なビジョンを持たない夢は厳しく罰するべきだと思う。

夢を追う良い事&悪い事は調べてみると7つの性質に分類される
「夢を追うこと」は良い面と悪い面の両方があるので厄介です。とは言っても、ブログ管理人は夢を追う人が好きですけれど。 夢...

生きていく上で大事なのは保険だということ
人間関係、日頃の習慣、学歴、教養、技能、健康状態……もろもろ
瞬間瞬間では大切さを実感できなくても、スレでもチラホラ出てる
「レールから外れた(外れそうになる)」時に、これらの保険が活きてくる
これらを持っていれば、いざというとき、日本では何とかなる
保険もかけずに、ただ自分がやりたい事をやるだけの日常を過ごしていれば
レールから外れたとき、人間は当然の如く無力だ。それはどこ行っても一緒
面倒くさいから、人とは関わらない、勉強しない、自分を律しない……
そういう生き方してると本当にどん底見る、と就活をキッカケに感じた
俺の場合は学歴と、励ましてくれる周囲の人間がいたから何とか助かった

現実的な話27、8歳位が人生の最終分かれ目だろうね。
それまでに将来の見通しをある程度確定させておかないと
底辺から這い上がるのは限りなく不可能に近い。
最悪なのは、この歳で修正するのはいいのだけど
修正先がこれまた現実性を無視した一発逆転コースだったりした場合。
例えば難関資格を始めちゃうとか地方から上京するとか。
現実を直視できなくて地道にコツコツやっていく能力がないんだろうね
で傷口がますます広がって底辺から最底辺にまで転落しちゃうパターン
最近は多いよこういうのが
ド素人の一発逆転の大振りパンチなど当たるわけがない
同級生は10代のうちから必死にジャブを打ち続けている
一部の極端に上手くいった例を持ち出して夢を見させるのは残酷だ

想像してみろ
何も築いてこなかったおまえらにどこまで想像が届くかわからぬが想像してみろ
いわゆるレールの上を行く男たちの人生を
おまえらのようにボォーッとしちゃいないぞ・・・・!
小学中学と塾通いをし・・・・・・
常に成績はクラスのトップクラス
有名中学有名進学校と受験戦争のコマを進め一流大学に入る・・・・・・
入って3年もすれば今度は就職戦争・・・・
頭を下げ会社から会社を歩き回り足を棒にしてやっと取る内定・・・・・・
やっと入る一流企業・・・・
これが一つのゴールだが・・・・・・・・・・
ホッとするのも束の間すぐ気が付くレースがまだまだ終わってないことを・・・・
今度は出世競争・・・・
まだまだ自制していかねばならぬ・・・・!
ギャンブルにも酒にも女にも溺れず仕事を第一に考え
ゲスな上司にへつらい取り引き先にはおべっか遅れずサボらずミスもせず・・・・・・
毎日律儀に定時に会社に通い残業をし
ひどいスケジュールの出張もこなし・・・・
時機が来れば単身赴任・・・・
夏休みは数日・・・・・・
そんな生活を10年余続けて気が付けばもう若くない30台半ば・・・・40・・・・・・
そういう年になってやっと蓄えられる預金高が・・・・・・
1千・・・・2千万という金なんだ・・・・
わかるか…?
2千万は大金… 大金なんだ……!
世間一般の道…… つまり命を薄めて手に入れる場合は
これだけのことをしなければならない それに比べて おまえらはなんだ…!?
必死に勉強したわけでもなく…… 懸命に働いたわけでもない……
何も築かず…… 何も耐えず…… 何も乗り越えず……
ただダラダラと過ごし…
やったことと言えば ほんの十数分の余興…
なめるなっ…!
あんなもので2千万という大金が手に入るかっ…!
おまえらのように 継続した努力ができぬ輩は 本来大金なんて夢のまた夢…
それでも手に入れたい…… どうしても手に入れたい…となったら…
これはもう… 命を張る以外ないっ…!
当然さ… おまえらは10年15年いう歳月で薄めず……
たった1日で分不相応な 大金を手に入れようというのだからな……

勝たなきゃ悲惨がむしろ当たり前…!カイジの超名言まとめ
生命を賭けた極限のギャンブル勝負に挑むカイジの死闘を描いた「カイジシリーズ」。特徴的な語調で人生の教訓や社会の冷酷な本質を語...




最も自由であるはずの創造系の仕事でさえ不自由な現実

売れない消えた漫画家

漫画・イラスト・小説・音楽のような創造系の仕事は、一般に「個人の好きなようにやれる、クリエイティブな職」と思われています。

しかし、実態は「作品が商品として売れるなら、好きなようにやっていいよ」と、パートナーの出版社やレコード会社に言われているだけで、売れるという大前提で作品作りをしなければなりません。




スポンサーリンク




なにしろ売れなくては会社に相手にしてもらえないので、現在の流行の要素や売れ線をこれでもかと作品に込めていかなければならず、結果的に、自分のやりたいこと・作りたい作品とはほど遠い創作活動を余儀なくされます。

既存の作品には無い、オリジナリティーあふれる実験作は、一般消費者には「なんだこれ?」とほとんど理解されずさっぱり売れないので、商業作品では作れません。独創性と才能があふれる作り手ほど理想と現実のギャップに苦しむ、という皮肉な世界です。

比較的自由度の高いとされる創造系の仕事でさえこうなのだから、一般的なサラリーマンではさらにやりたいことはやれません。

会社の構造とは「儲けが出る方法・ルートを獲得したうえで、儲けを出すそのルーチン作業を会社員達にやらせる」というものです。会社員達がおのおの好き勝手に「やりたいこと」をやってバラバラに動いていては、会社組織が崩壊してしまいます。

以上のことから言える教訓は、「仕事とは、やりたいことができないのが当たり前」と言うことです。

「やりたいことが出来ない!だからニートでいる!」という贅沢思考の人が現代には多いようですが、「仕事はやりたいことができないのが当たり前なので、生きるための手段と割り切って仕事をする」という考え方が身に付けば、仕事に就きやすくなります。

一流の創作者は、面白くて売れるという絶対的前提条件を満たした上で、テーマ選びで自分の趣味を反映させたり、自分自身の主張を作品テーマに巧妙に織り交ぜたりしています。このやり方は会社員が仕事をこなす上で、やりたいことをやるために参考になるのではないでしょうか?

プロの証明である4つの特徴とアマの3つの欠点がわかつ決定的差
お金を受け取る仕事として事に当たるプロと、プロになりたいけれど趣味レベルにとどまってしまうアマチュアは、どのような差があるの...




やりたいことがしにくい仕事をいかに楽しむか

才能無い人生特徴

大学を卒業してから定年まで、45年前後を働かなければならないわけだ。 それ程の長期間を稼いで食べなきゃならない。 だとしたら、好きな仕事や、やりたいことで生活するのは難しいにしても、自分の力を発揮できる仕事で稼ぎ出すことが、精神衛生上、最も良いだろう。

成功者は大人になってからのほうがたのしいという。
夢も意欲もないやつは消化試合におわる

これが成功の本質!能力が低い人用&高い人用それぞれの成功方法
社会人の多くがもとめてやまない「成功」は、考え方を変えたり、成功者が語る裏舞台を知れば、意外と簡単に達成できるものです。能力...

年を取るのは本当にあっという間
やりたい事は、どんどんやっていかないとすぐ還暦とかだよ。

人の為、世のために動くのではなくて
自分のために動く。
見返りを求めた親切は、
最早自己満足でしかないと思う。
だから自分のやりたいようにした方が良い
その結果がみんなの為になってるかもしれないから。

あらゆる物事で上達する人の特徴 ・基礎なんかやらず最初からやりたい事をやる ・調べる前にまずやってみる ・試行錯誤する前に他の人がどうやってるか調べる ・有名な人の真似をする、ゲームならプレイ動画見て真似る ・努力が嫌いで効率的な方法を探す ・すぐに効果の出るものだけやる

三つ子の魂百までも、という諺通り、人の気質はいくつになってもあまり変わらない。
なので、自分の性格や気質をよく知って、ソレに合った方法で長所を伸ばさないと
伸び悩みやすい。
何かを成し遂げたいなら、まず自分を冷静に客観的に、自己憐憫も自己弁護も抜きに分析し、
等身大の自分を知ること。その後、裸のマネキンになった自分に、着たいと思う服、
似合うと思う服、を脳内で着せてみて、大体の方向を決めたら、やりたいこととやるべきことの
合流点で原型を形作る。
十代だと感情の起伏が激しく周囲の影響を受け過ぎて、この原型作りに誇張や萎縮が出やすいので、
ある程度「自分」が定まってきた20代から30代が一番やりやすいと思う。
どうせ成果が出るのは50~60代になってからなので、修正は常に可能だし、遅すぎると
言ってるひとは、自分を真正面から見据えるのがコワイだけ。
26なら第一次見直し最適齢期なので、頑張ってみるといいよ。

ガキから言わせてもらうと大人は
“大人になると人生はもっと素晴らしいぞ!”とたとえ嘘でも言ってもらいたいもんだよ。
昔と比べたら今は随分と夢を見れなくなったし、ネットなどの発展に伴い、色々な良いニュースを知ることができるようになったのと同時に腐った現実も知らされる。
紛争や国家間の小競り合いやその他諸々。
こんな世の中じゃあ、夢なんか持てなくなってきてる。
きっと昔より汚く見える現実を押しつけられるこの世の中で、生きることは素晴らしいと声高に叫ぶことはできなくなっていくだろうよ。
それでも、大人が子供にコーヒーの旨さはまだ分からんだろうよと嗜めるように“この世界は素晴らしい”と声高に叫んで欲しい。

やりたい事を仕事にしてないからだよ。
ワーク・ライフ・バランスなんて言うが、
週6で毎日12~14時間働かされるのが日本の現実。
趣味人なんて余程の勝ち組か、フリーターかニートにでもならない限り無理な話。
人生の半分近くは労働の時間である以上、
仕事が苦痛だとそりゃ人生はつまらないだろう。

毎日やる仕事が自分に合わないと人生そのものが地獄と化す現象
仕事といえば、辛い・つまらない・食っていくために仕方なくする、という感想を抱く会社員が大部分のようですが、嫌な上司や人間関係...

雇われの身なんだから会社の奴隷として働くしかねーだろ余計なこと考えんなや
俺はこれが嫌でサッサと独立して事業立てたよ
今社会人6年目だがとりあえず三菱商事全社員の平均年収は超えたとこだわ
自分が経営者になれば本当にストレスフリーだよ そりゃ思考停止して会社にしがみついてりゃ給料出るリーマンと違って明日から食ってけるのか不安で不安でしゃーない夜もたくさんあったけどな
1つ言えることは、会社で出世競争に打ち勝って上り詰めてこの額稼ぐよりもはるかに、独立してちゃちゃっと1人分の給料1000万2000万稼ぐほうが楽ってことだな これだけは断言できる
やるかやらないかの問題でしかない
働きたいときに働いて休みたいときは休日にする、こういう生き方もあるよってこと提案しときます

凡人には無理?脱サラして起業できる人とできない人の境界線
現在の会社勤め生活に、ストレスややりがいの無さでうんざりしていたり、やってみたい仕事の構想を抱えていて多くのサラリーマンが一...

夢をあきらめるとそこから老いが急速にスタートすること。

ぜんぶ方法がわかってて、こうすれば成功するってわかってたら人生楽しくないだろ。
答えのないことを自分なりに追求するのが人生の楽しさ
その楽しさがわかってる人が、努力ができる人のこと

稼げる仕事や楽しい仕事が出来る人間は
自分の人生をコントロール出来る

結局自分にできること、できないことを見極めるのが一番大事

したいこととできることは違う
まずそれに気付くことが大切



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ