バカってどうして頭が悪いの?思考パターンや遺伝から見る原因

馬鹿頭悪い特徴

頭が悪い、馬鹿とされる人達にありがちな特徴を挙げ連ねてみると、言動が馬鹿的になっている原因の規則性や、遺伝的理由が見えてきます。頭が悪い人の原因パターンを調べてまとめました。

スポンサーリンク

理解力が低すぎる

頭が悪いとされる人の根本的特徴。理解力が低いせいで、学力が低かったり、実務能力が低かったり、コミュニケーション能力が低かったりと、頭を使う能力全般が低下している。

  • 何回同じ事を言っても理解出来ない奴
  • 頭悪いって事を理解してない奴
  • とりあえず「え?」って言ってから話す奴
    頭悪いから理解するのに時間かかるんだろな。
  • 頭良い人=だいたい何でも出来て、好奇心旺盛。
    何やっても、失敗が少ない。
    又は、自分の欠点を見つけるのが早い。
    頭悪い人=一つの事しか出来ない。又は、同じ事しか出来ない。
    何度も同じ失敗を繰り返す。
  • 頭がもう絶望的に悪いんだよ。
    細かい事に気がつけて頭が良過ぎるのが問題とは良く聞くけど逆だよ進んで自分から不幸の道を選んでるんだから大馬鹿。
    考え方が基本的外れ。まともな思考手順を踏めない。記憶力も学習能力もない。
  • 結果を出すために努力するのではなく、結果を出すためにどの努力を選択するのかが重要。そして馬鹿にはこれができない
  • 馬鹿は馬鹿なりの斜め上の努力してる奴も多いからな
    環境云々より、馬鹿の大半は自ら人生縛りプレイみたいな事やってるマイナス属性の人間だよ
  • 馬鹿は努力のしどころを間違えるから努力が無意味になる
    賢い奴は努力する所が的確だから成功する
  • 人間の7割位は馬鹿で、馬鹿がそこらじゅうにいるんだから
    親を含め馬鹿の話は一切聞かないことだな
    馬鹿の話や感情・感覚をマジメに受け取ると損するだけ
  • 物によって差はあるが、何事も才能の壁は結構高いこと
    日常生活レベルでさえ、人には明らかに向き不向きがあること
    努力や忍耐は重要だが、それはスタートラインにすぎないこと
    明らかに生まれつき頭の造りが違う人間が存在すること
    で、それらについては、考えても悩んでも仕方ないってこと
  • 仕事も人生も馬鹿との戦い。
    もうね、馬鹿ばっかなの。で、馬鹿が足を引っ張るのよ。意図的に足を引っ張る馬鹿もいれば、能力の低さから意図せず足を引っ張る馬鹿もいる。
    如何に馬鹿に関わらず仕事をするか。如何に馬鹿に関わらず生きるかが本当に大事なの。説明しても馬鹿は理解できないから。馬鹿に説明して理解してもらうのって本当にエネルギーのいる大変なことなんだ。こんなことをしょっちゅうやっていては肝心なことができなくなってしまう。
    「仕事も人生も馬鹿との戦い」
    大事なことだから二度言いました。




主観だけが世界の全て

物事に対する視野が狭いせいで、自分以外の人間の考え方や、別の可能性について思い至らない。思考の柔軟性に欠ける。

  • 自分の主観が全てだと思っている奴
  • すぐにつっかかったり批判的なこと言ったり上から目線で物事言い出す人は頭悪いなと思う
    そういう人の言うことって大抵が的外れだったりするし、視野の狭さを感じさせられる
    まぁ、だからって何にでも協調的に言う人が頭いいのかって言われたらそれはそれで微妙だけど
  • 短絡的なやつとかかな
    頭固くてステレオタイプがっちがちのやつとか
    一度そうだと思ったらそれ以外の事は考えもつかないいわば思考を放棄したやつら
  • 頭の悪い人は自分が間違っている可能性を考えない



  • スポンサーリンク




  • 自分の知ってることが全てで他を知ろうとはしないので「~かもしれない」という想像が出来ない
    その癖、新しい発見や知識を異常なほど拒むので人間として成長しない
    結果、予測だの推察だのが全く出来ずA=常にBである!という考えに固執し
    ~という方法をとればA=Cになるかもしれないという考えが出来ない奴
  • 謎の決め付け
    「***人だから」「文系だから」「男/女だから」「(血液)型だから」
  • 相手の気持ちを察しない。全て自分の世界で完結してる
  • 利口は、馬鹿を上手に誘導して、利益に変える。
    馬鹿は、自分より馬鹿だと思い込んだ相手を、馬鹿にして叩くだけ。

無知だから幸福度は高そう…バカの特徴解説と対処法まとめ
研究報告の結果、人間の知能や能力はこれまで信じられていたよりも遺伝の影響が大きいということが判明し、努力や環境が通用しない知...
頭の良さとは?理解力や遺伝性や大局観など、賢い人独特の特徴
頭が良いって、具体的にはどういうこと?頭の良さを理解するために有用な、ネット上の言葉を調査しました。 頭の良い人に...

分からないことを理解しようとしない

頭を働かせることに慣れていないせいで、思考による負荷を嫌悪していたり、考えようとしない思考停止状態におちいっている。

  • まず、理解しようとする気持ちが必要だよな
  • バカはすぐ考えることを諦める
  • 本気でバカだと思う奴は言われたことの半分も理解してない
    ていうか、分かってないことが分かってない
    理解力って大事
  • 自分の非をちゃんと認める事が出来て新しい知識を入れる事が出来るか否か
  • 本当に賢い奴は馬鹿にも分かるように話す

    こういう事をしたり顔で言うやつは「僕は難しい事は全部賢い人に説明してもらおうと思ってる馬鹿です」って言ってるようなもん。
    俺が思う賢い人は
    「自分が何がしたいのかを完璧に理解してて、それをするための行動がとれる奴」

中途半端に賢いせいで頭が良いふりをする原因と共通する特徴集
頭は悪くないのに、突き抜けた賢さをもてないせいで、知ったかぶりをしたり、批評家を気取って正解からズレた不快な言葉を周囲にまき...
人をしのぐのも楽じゃない!頭が良い人の人生特有の6つの傾向
魅力的な能力の1つである「賢さ」。頭の良い人は、どんな人生を送っているのかを調べてまとめました。 頭が良い人の人生...
知る事が好きで批判的思考…頭の良い人の一般人とは違う特徴
物事の理解が早くて、学んだ知識の応用も利く「頭の良い人」。常人とは言動がちょっと変わっていたり、独特の思考的特徴を持っていた...

自分を律することができない

自制心、克己心、少し先の未来を予測してサボらないように準備する、というのも知的能力に含まれる。知的能力が低いと、それらの自分を律する力も弱くなるため、感情的になったり怠惰な生活態度をとるようになる。

  • 口数の多い奴
  • 頭いいなぁって人は、みんな論理的思考で、
    頭悪いなぁって人は、感情論って印象。
    頭いい人って取り乱さないよね。不思議。
  • 頭が良い人は、自分を律する 自分に厳しく出来る。
    頭が弱い人は、自堕落    自分にくっそ甘い。
  • DQNはパチンコに使いキモオタはガチャに課金
    馬鹿はどのみち搾取される運命
  • >>賢い子は教えなくても理解するし頭悪い子はそう言ってもどうせ肉体労働者になるから
    ほんとこれ
    非常勤教師やってたからわかる。
    子供は全然聞かない。俺は違うからーwwでずっと通す。正規と非正規の給料の差を説いても、うぜーって言う。だから、なら好きに生きればいい。どうせこの子の人生だ。と思っていたなぁ。
  • 逆に頭が悪い奴の特徴は頭いい風に自分を見せようとする奴
    やたら難しい言葉を多用する、聞いてもないのに知識をひけらかすウンチク奴
    我が強くて自己顕示欲の塊だがどこか自信がないので
    会話の節々に「俺って凄い」アピールをしておかないと気がすまない
  • 劣等感が強いからインスタント的でも優越感を欲しがるの
    自分のことなんだけどね(´・ω・`)

頭が良い人は人生楽勝なのか?実はRPG終盤で強敵と死闘状態
東大・京大・その他旧帝国大学へ現役でストレート合格したり、誰でも知っている超大手企業にあっさり就職したり、はたまた起業で大成...
勉強方面もお金方面もある!頭が良い人には5つのタイプがある
「頭の良さといったらコレでしょ!」と、それぞれの人が考える頭の良さ・賢さは意見が割れますが、実際に社会で成功していたり、業界...
コレもまた賢さの1つ!頭が良い人の見え方が変わる賢さ新説集
頭の良さとはつまり何なのか?自分の賢さに自信のある部類の人にとっては、日々気になっていることです。 単純な問題処理能力...



スポンサーリンク



知能の7割から8割は親からの遺伝で決まる

努力脳科学

知能や学力が遺伝なのか、環境(子育て)なのかという論争は、科学的には行動遺伝学によって決着がつけられた。一卵性双生児や二卵性双生児を多数調べることで、知能や性格、精神疾患や犯罪傾向にどの程度、遺伝の影響があるのかが正確に計測できるようになったからだ。

詳しくは『言ってはいけない』をお読みいただきたいが、そのなかでも知能の遺伝率はきわだって高く、論理的推論能力は68%、一般知能(IQ)は77%とされている。知能の7割から8割は、遺伝によって説明できるのだ。

この科学的知見をもとにして、政治的にきわめて不穏な主張が現われた。彼らは次のようにいう。

知識社会における経済格差は知能の格差だ。知識社会とは、定義上、知能の高いひとが経済的に成功できる社会のことだ。だからこそ、「教育によってすべての国民の知能を高める」という理想論が唱えられるのだが、いまやその前提は崩壊しかけている。

先進国で社会が二極化するのは、知識社会が、知能の高いひととそうでないひとを分断するからだ。知能のちがいは、環境ではなく遺伝によってほぼ説明できる。だからこそ、どれほど教育にちからを注いでも経済格差は拡大するのだ。

親の教育能力が低いせいで知能が育ちにくくなる

「親の収入が少なくても、個人の意欲と努力さえあれば、高い学力を得られるはず」と考える人もいるかもしれない。実際、貧しい家庭で育ちながら社会で成功している人物も存在する。しかし、今井氏(子供の貧困問題や教育格差の解決を目指して、貧困家庭の子供たちに塾や習い事で利用できる学校外教育バウチャーを提供する事業を展開している公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」の代表理事を務める今井悠介氏)は「そういった子供たちばかりではありません」と語る。

「厳しい環境でも、ハングリー精神を持って学力を高めようと努力する子供がいるのは確かですが、それは一部の子供たちです。格差の底辺に置かれた子供の中には、学習や進学に対する意欲を失ってしまっているケースが多く存在します」(同)

その結果、引き起こされるのが「貧困の連鎖」だ。親の収入と子供の学力が比例する「教育格差」によって、貧困は解消されることなく連鎖する。それが、一番の問題だという。

貧困の連鎖は、子供の将来の選択肢を絶ってしまい、低学力や低学歴となります。その場合、例えば就職では非正規雇用になりやすいなどの弊害を生んでしまいます。こうした連鎖を断ち切るには、やはり教育しかありません。

教育格差の是正が、貧困解消の鍵になると思います。子供が持っているポテンシャルを埋没させないためには、環境が非常に大切です。家庭が経済的に恵まれなかったとしても、能力の開花につながる場や人に出会える仕組みが必要です」(同)

singlemotherkakusa2

子どもの貧困状態は、学力、健康、自己肯定感などと相関関係にあることがわかっています。全国の学力テストの点数と親の年収の比較を見ると、きれいな相関となっています。




努力する才能は、その人の脳の構造に由来する

モチベーション上げる高める方法

トーマス・エジソンは、「天才は1%のひらめきと99%の努力である」という名言を残した。また、「努力に勝る天才なし」という諺もある。だが実はその「努力」を継続して行うことができることこそが「脳」の違いによるものなのだという米テネシー州、ヴァンダービルト大学のマイケル・トレッドウェイが率いる研究チームの研究論文が、『Journal of Neuroscience』誌に発表された。

今回の研究結果により、「努力ができる人」というのは、「報酬が得られるかどうかわからない不確実な可能性」からも、ほんの少しだけど他の人より「快楽(左線条体と前頭前皮質腹内側部のドーパミン活性化)」を得ることができ、その一方で、自分の内なる「不満(島皮質のドーパミン活性化)」の声に鈍感でいられるという脳の働きをしているということが推測された。
要するに「努力できる人」は、努力を続けることで得られるかもしれないほんの少しの可能性の方からも「快楽」を引き出せ、なおかつ、「悪魔の誘惑」の声に惑わされない脳の働きをしているということだ。つまりは多大な努力をそれほど苦労と思わずにできる人なのだ。

「努力に勝る天才なし」とは言え、天才はその「多大なる努力」を続ける能力にも恵まれているということになる。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. やまだ より:

    面白かったです
    仕事で色々な人間と話すのですが口では「バカだから」と言いつつ自分を本当にバカだと思っている人間をみたことがないです
    頭のいい二割の人が書いた文章だなと感心しました