才能無き普通の人達には安定した人生こそ最高の選択という事実

公務員職業人気

よくある、人生が失敗するきっかけが、分不相応な挑戦の道を選んでしまって結果的に挑戦は失敗し、しかも底辺人生を歩むはめになる、というものです。皮肉や嫌味ではなく、大多数の普通の人達には、安定した人生こそが最適な選択であるようです。

取り立てて才能や精神的強さが無い普通の人達は、リスクが高くて挑戦的な人生は避けるべき事実があります。

スポンサーリンク

大多数の普通の人には「安定」が最重要な3つの理由

与えられたレールの上をなぞって歩くだけで良い

学校や会社に所属すれば、その組織の中でどうやって過ごせばいいのかは、教師や上司や役員が指示を与えてくれる。

他人よりも抜きんでた能力や特徴が無い普通の人達には、自分の力で自分用のレールを創設することは、現実的にはほぼ無理といっても良い。レールを創り出す能力も、既存のレールから外れて何もない場所を歩き続けるための勇気も足りていない。

そのため、世間の大多数を占める凡人にとっては、安定した人生を提供してくれるレールの上を歩くのが好都合だ。

不安定な生活は、普通の人達には辛すぎて耐えられない

例えば、自営業を始めたり、人を雇って起業をすると、商売が軌道に乗らないうちは無収入期間が半年や一年やそれ以上続いたりする。無収入だけならまだしも、貯金や事業用資金がどんどん出て行ってしまう赤字状態に追い込まれることもザラだ。

こういった状況にも耐えられる人は、生まれつき精神が強靱、数々の修羅場をくぐってきているので精神的にタフ、逆境に追い込まれても何も感じないような頭のネジが何本かぶっ飛んでいる人、のような、稀少な人種のみ。

先が見えない、周りに自分以外に誰もいない、ゴールまでの距離感も不明な暗闇の中をひたすら歩き続けるのは、普通の人には無理といって良い。

凡人には無理?脱サラして起業できる人とできない人の境界線
現在の会社勤め生活に、ストレスややりがいの無さでうんざりしていたり、やってみたい仕事の構想を抱えていて多くのサラリーマンが一...

いちかばちかのハイリスクな挑戦をしなくて済む

電流鉄骨渡り賭博黙示録カイジ

普通の人=凡人と、非凡な人を分ける大きな違いが、「勇気が有るか、無いか」。能力の差なども大きな違いだが、精神的な差としては、勇気の有無の差が大きい。

凡人には勇気が無いことが多い。非凡な人は勇気があり、安定や成功が保証されていない事にチャレンジできる。

安定した道を選んで歩いていけば、勇気が必要なハイリスクな挑戦とは無縁でいられる。この事実は、勇気が無いことが多い普通の人達には魅力的ではないだろうか?




安定と引き替えにどうしても諦めなければならないモノ

冒険をする人生

世界樹の迷宮キャラクター



スポンサーリンク



リスクをとって上を目指したり、新分野を自力で開拓するような冒険的人生は、安定とは対極にあるモノ。安定を最優先にして生きるなら、安定の対極にある冒険は諦めざるを得ない。

ハデに成功をする人生

例えば、公務員などは「低空飛行で、安定した人生」などと言われがち。実際、官僚のような特殊な上級公務員を除き、ほとんどの公務員はそれほど年収も高くなく、ただ前例を丁寧になぞるだけのお役所仕事を続けるだけの人生をたどる運命にある。

企業の社長や芸能人があれほど高年収で華やかな人生を送れるのも、高いリスクをとった上で成功したからこそ。リスクを避けて安定を選んだなら、ハデな成功は諦めた方が良い。

楽しさもやりがいも皆無で公務員になって人生が灰色化した人達
バックが国だから潰れないし、ほとんど解雇もされない、という高い安定性に魅せられて、何かと未来が不安な今のご時世では公務員にな...
大人のつまらない人生をわくわくしたモノへ変える3つのヒント
大人になると、どうしても経験済みの事ばかりで初めてのどきどきわくわくが減ってしまったり、会社勤めのせいで毎日の変化がとぼしい...

夢のある人生

青春少女少年画像イラスト

この項目が最もキツいかもしれない。

ただし、漫画家デビューや声優デビューやプロスポーツ選手になるような、「華々しい職業」になるための高望みな夢は、才能の有る無しに関わらず、最初から目指さない方が得策。

なぜなら、デビューのために100倍以上の競争倍率を乗り越えなければならない、「人気」というあやふやな要素で大衆に審判が下されて成否が決まる、顔・声質・センス・筋肉の質・骨格のタイプなど生まれつきの要素がほとんど全て、などあまりに難易度が高すぎるから。近寄っても事実上、99%の確率で爆死するなら、最初から近寄らない方が賢明。

夢を追う良い事&悪い事は調べてみると7つの性質に分類される
「夢を追うこと」は良い面と悪い面の両方があるので厄介です。とは言っても、ブログ管理人は夢を追う人が好きですけれど。 夢...




安定を求める人達が集まると組織が衰退する事実

安定した人生を求める人達が目指す答えであり、最終的な到達点の1つが「大企業に就職」。

誰もが名前を知る大企業ならば、給与、福利厚生、将来性、世間体も、幾多の中小企業のそれとは段違い。安定した人生を送るために、勉強を頑張って有名大学に入学・卒業して大企業へ進むという選択は正解だ。

ただし、この世には「大企業病」という、大手企業を内部から腐敗させる不治の病気があることを知っておかなければならない。

  1. 世間に名前が知られた大企業には、「優秀ではあるが、安定志向で保守的な性格の人間」が集まる傾向が強い
  2. そういった社員達は、安定安全第一主義なので、革新的な商品開発やだいたんな経営戦略を避けるようになり、あらゆるモノの変化が早い現代では時代に取り残されがちになる
  3. 大企業ゆえに構造が肥大化しすぎていて、各社員が、自分の所属するセクションを安定的に回すことしか考えなくなる。大企業には多数のセクションが含まれ、そのせいで、社員1人当たりの責任感がどんどん薄くなっていき、全体としてはゆっくりと衰退してゆく
おごれる大手久しからず…大企業が腐敗し倒産する衰退の流れ
最近、日本が世界に誇る家電系大企業があいついで株価暴落、大赤字で経営破綻の危機など、耳を疑うようなマイナスのニュースが続いて...

以上の理由から、人間に寿命があるように、大企業にも寿命があって、衰退・倒産へとゆっくり近づいてゆくのは避けられない。近年、シャープ、東芝のような名だたる大企業が一気に衰退してしまったのは周知の事実だ。

安定を求めるために大企業を選ぶのは正解だが、それでも完全に安全なわけではない。もしもの時のための転職のスキルは磨いておくに越したことはない。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ