接客業が相手にする4種類の敵がキツすぎて辛くて辞めたい問題

来店したお客をもてなす「接客業」は、立場上、決してお客に逆らえないので、それをいいことに非常識な客達からクレームや横柄な言葉をぶつけられる、精神的にキツい仕事です。

スポンサーリンク

接客業者が戦うべき、4種類の宿敵

クレーマー

商品やサービスの品質にケチをつけまくる人で、接客業者がまっさきにクレーム攻撃を受けることとなる。いくら商品について怒鳴られても一従業員にはどうにもできないし、立場上逆らえないし、恐い。

攻撃的態度の客

会計の時に「ほら、拾えよ」とばかりにお金を放る客は珍しくもないという。接客をする店員が決して逆らえないのをいいことに、ため口は当たり前、怒鳴り散らしたり、無茶な注文を付けてくる、攻撃的態度の客は、接客業者の心を痛めつける。

非常識な客

混雑している状況で小銭をごそごそといつまでもまさぐる客、大声を出して走り回る子どもを放置している親、禁煙なのに平然とタバコを吸う客、私生活でのストレス発散を目的にしているとしか思えない店員をいびり倒す客などなど。店員のストレス値をじわじわと確実に上昇させ続ける。

思い上がった老人

カイジ福本伸行名言

(※もちろん、全てのご老人が該当するわけではない)接客業者達が口をそろえて迷惑な客に挙げるのが、いわゆる「老害」。年齢が上というだけで、絶対的な敬老の精神と懇切丁寧な接客を要求してくる。耳が遠く、理解力が落ちていることが多いため、店員とのコミュニケーションが上手く取れずに、そのことでなおさらぶち切れる。




「お客様は神様」という日本特有の謎ルール

日本人による接客態度は世界一の品質と名高い。しかしそれは、接客をしている店員の多大な気苦労と過剰な努力によって実現されており、店員にかかる負荷は世界一ということを意味している。

日本へ旅行をしにやってきた外国人が驚くほど丁寧な接客でも、生まれついての日本人にとっては当たり前のサービスであり、世界最高レベルの接客はしてもらって当然。少しでも失敗が目につけば接客がなっていない!と怒りをかき立てる原因となってしまう。

以上の理由から、日本という国では特に、接客業に就くことは不利で悪い選択かもしれない。「お客様は神様です」とは、客相手に商売をする店側が言うべき事であって、客がそれを口にして至上のサービスを要求するのは間違ってはいても、なかなかその事は客側には分かってもらえない。

決して逆らえずサンドバッグ状態!接客業はクレーム客で大変
日本人のもつ謙虚さとていねいさがあいまって「日本の接客態度は世界一」といわれがちですが、それは裏を返せば、どんな横柄な態度の...



スポンサーリンク



特に危険な接客業種

コールセンターの受付

基本的に、客がトラブルに遭って困った時に電話を掛けてくるので、最初から客がかなり不機嫌になっている。ストレス発散のためだけに、わざわざクレームの電話を入れてくる人も珍しくない。

顔の見えない相手に電話で指示をして問題解決するというのは難しく、しかも相手がその製品分野の素人以下ということも多いので、意志の疎通が上手くいかずにぶち切れられる事多数。コールセンターのバイトは時給が高い事が多いが、あまりのストレスで精神をやられて早々に辞める人が多い。

とにかく避けて!激務でしかも心身に重傷を負うブラック職種集
ブラックな業界の情報はよく目にしますが、業界という大きなくくりではなく、もっと細分化された「ブラックな職種」の情報はなかなか...

格安店の店員

ブラック職種仕事

安価な牛丼チェーン店や、ファーストフードチェーン店や、激安系量販店など。場合によっては、コンビニなども含むことがある。

低所得者を主要なターゲットにしている店なので、必然的に、相手をするのはお金が無い人達だったり、底辺系の人だったりすることが多い。店員に対する態度が悪く、店員は心身の消耗が激しくなる。「底辺の相手をしなければならない仕事に就いた時点で、もう負けは決している。それが嫌なら、最初からそんな仕事を選ぶな」という考え方もある。

介護職

介護仕事年収待遇

一般的な接客業とはズレるが、広い意味でとらえれば介護職も接客業の1つといえる。接客したくない代表例の老人が相手の仕事であり、介護職側が受けるストレスや心労は本当に深刻なレベルである。老人が暴れて勝手に転んで骨折でもしたら、不可抗力なのに介護職側の責任となって老人の親族に訴えられたりもしたりして、色々な意味で危険な職業。

介護…人間関係最悪でブラック業種代表格 色々と危険な仕事
飲食業は3大超絶ブラック業だから スレを見かける度にレスし続けているけれども、3大超絶ブラック業の、飲食・介護・輸送(タクシー...
こんなに報われない仕事も珍しい、介護福祉士3大ブラック要素
もう先がない年老いた親の介護のために、働き盛りの子どもが仕事を辞めて介護をする、というのは事実をはっきり言うと共倒れの道なの...




いつ辞める?この世の闇の大半を味わえる接客業を

両親に大事に扱われ、学校でもきちんと相手をしてもらっていた状況と、接客業は根本的に世界が違っている。

日常生活の交友関係ではまず関係を持つことが無い、ありとあらゆる階層の人間の相手をするのが接客業なので、ある程度の期間、接客業を続けていれば、日本の労働環境のブラック具合や、人間の本性は思ったよりも醜い…というこの世の闇を実感することになる。

一般に、仕事で受けるストレスの大部分は職場の人間関係とされるし、みんなの働きたくない理由の上位が仕事上の人間関係の問題とされる。

まがりなりにも相手に配慮・遠慮し合う職場の人間関係よりも、接客業者が受ける精神ダメージは数段上のモノだといえる。なにしろ相手は「お客様は神様だ」を信じて、フルパワーでクレームを入れてくる客ばかりだから。

精神が限界に達して、「この症状が表れたら、もう辞職まで何日も持たない」というのは

  • 一人でいると、自然に涙が出てくる(誇張ではなく、勝手に涙があふれて止まらなくなる)
  • 腕や足や食いしばった歯に力を込めていないと、その場に耐えられなくなる
  • ストレスでじんましんや微熱が発生する(ストレス性の自律神経失調症の症状)
  • 朝、職場に行くのが嫌で嫌で仕方がない、トイレで嘔吐してから出勤するのが日課となる

上記の症状が表れたら、もう精神が限界に達している証拠。もはやこの先へ進むと、うつ病・パニック障害・統合失調症のような極めて危険な精神疾患を発症する領域となる。

精神疾患を発症すると、再就職はおろか日常生活さえもままならなくなるので、一刻も早く接客業を辞職すべきだ。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ