お金がからむ話は要注意!近づくと危険な信じられない人とモノ

信じられる人やモノを見極めるのはとても難しいです。この世には、お金や利益がからむと情報や倫理観が大きくゆがむ分野があるので、それをあらかじめ知っておくと、騙されやすい分野に近づく事が無くなり、相手側が使う「だまし方のルール」を知ることで、信用できる人やモノを探し当てやすくなります。

スポンサーリンク

最も大事なのは、その話に、金がからんでいるかいないか

人間から発せられる情報が、最も意図的にゆがめられるのは「金がからむ時」。

その話が少しでもうさんくさい…と感じるようだったら、まずは「金がからんでいるか、いないか?」を考えてみると良い。本記事の事の中で、この項目だけでも覚えていれば、他は全て忘れてしまっても構わないほどに、金の影響力はだんとつで大きすぎる。

  • お金を得るために、ろくでもない商品を、まるで素晴らしい商品のように見せかける広告
  • お金を得るために、似合ってもいない服を絶賛して、どうにかして財布をこじ開けさせようとする服屋の店員
  • お金を得るために、友達を誘ってサービスに加入させて、紹介料を得ようとする人
  • お金を得るために、客は大損確実なのに、銀行側にとっては利益率が大きくてウマウマのタイプの金融商品を売りつけようとする銀行員
  • お金を得るために、一攫千金系セミナーを開催して、さっぱり効果が無いインチキ商品をセミナー参加者に売りつけようとする人
  • お金を得るために、コンプレックスまみれのオタク読者を徹底的に慰撫する内容の「現実離れしすぎた」ハーレム系ライトノベルを書いて売るラノベ作家

人の欲望を具現化したお金がからむのだから、当然、人は欲望むきだしになって汚い手段も平気で採るようになる。

お金がからんだ案件で、人が熱心に説得してきたり、勧誘してきたりするようなら、その人の話は真実からほど遠い可能性が極めて高い。これだけは覚えておこう。

逆に言うのなら、お金がからまない事での言葉は信憑性が高い。最初から利害関係が無い、通りすがりの人がポロッと漏らした本音など。




信じてはいけないモノ・人

会社や、自身が所属している営利団体

最も厚待遇とされる大企業でさえも、経営が傾けば、それまで会社に尽くしてきた社員達を万人単位でリストラするのは、ニュースで日常的に目にする。最高待遇の大企業でさえこうなのでたから、中小企業や零細企業はなおさら容赦がない。

魂を売り渡して忠犬のように会社に尽くしても会社側は温情など抱かない。会社上層部にとっては、末端の社員は事実上、利益を生むための道具でしかないから。いざとなれば無感情に切る。長年尽くした会社からある日突然リストラを食らって会社を恨む社員が多いが、元々信用ならないモノを頭から信じ切っていた事は、言葉は悪いが、はっきり言って馬鹿としか言いようがない。

言動が一致しない人

公務員後悔つまらない

「嘘つきは泥棒の始まり」ということわざにもあるとおり、嘘は堕落のきっかけとなる。「やるよ」と口先で言っているのに、結局いつもやらない人は、信用ならないので早々に縁切りした方が身のためだろう。

「人は平気で嘘をつく。行動で示す奴しか俺は信用しねぇ」というのはウシジマ社長の言葉。

読むべし!闇金ウシジマくんの名言に学ぶお金と社会の真実
ルールを決めるのは、強者だ。金と権力のある奴らだ。強者は自分に都合のいいルールを作る。だから、いつも弱者がわりを食う。 ...

女性



スポンサーリンク



もちろん、全ての女性が該当するわけではない。しかし、古今東西で残される言葉に「女性は信用ならない」といった趣旨のモノがあまりにも多すぎる。真相は、あなた自身の目で見極めてほしい。

ネット上に女叩きの記事が多い理由を調べてみると闇が深かった
ネット上では「女叩き」に関する記事やコメントが多々見受けられます。その事が良いか悪いかはここでは置いておいて、なぜネット上で...

第一印象が「何か変だ…」と直感的に感じる人

ブラック企業研修洗脳

笑顔や、言葉の節々や、身振り手振りに、何か受け付けないモノを感じる人。どこがどうと具体的には言えないが、「なんとなく気持ち悪いと感じる人」。それはあなたの精神の根深い部分が発している拒絶反応であり、危険信号だ。素直に、自分の感覚を信じよう。

たとえ感覚に逆らって友達付き合いを始めたとしても、こっちが忙しい時に事情を考えずにからんできたり、嫌われ者としての本性が徐々に露呈してきたりと、後悔することが多い。

俺も苦労したんだからお前も苦しめよ。日本人の5つの問題点
「こうすればもっと良くなるのにな……」という、外国と比較して日本人の問題点を調べてまとめました。 「これを全部守れば地...

教師

聖職者のように見られる事の多い教職だが、大人になって教職を振り返ると、彼らはあくまで公務員の1人でしかないことに気付かされる。誰が見ても明らかにいじめなのに、教育委員会が保身目的で「いじめは無かった」とかたくなに否定した事件がたびたび起こる事からも、彼らが公正ではないのは分かるだろう。

「やられたら、黙ってないでやり返せ!」などといじめに対抗するための正当防衛を教えたりしたら、その教師は保護者達から叩かれまくる。目立ちすぎる行動は、下手をすると、左遷されたり失職しかねない。結局、教師は当たり障りのない、毒にも薬にもならない事しか教えられない。

見た目についついだまされてしまう「ハロー効果」に注意

ハロー効果心理学テクニック

「ハロー効果」とは、その人の容姿が優れていると、中身などまだ知りもしていないのに、人格や学力も優れているに違いない、と勝手に思い込んでしまう心理効果。

犯罪者である詐欺師は、このハロー効果を利用して、清潔感があって有能そうな外見を演出して、相手に「この人は信用できる、優れた人だ」と思い込ませて取り入る。

容姿に限らず、優れた学力や、職業や、肩書きなどでもハロー効果は発動する。ハロー効果のせいで、信じてはいけない人物に好印象を抱いていないか、よく顧みた方が良い。

その他の、対人関係で影響を及ぼす心理効果は↓をご覧下さい。

あなたの交渉が超有利に運ぶ心理学8選!これで相手は思い通り
対人関係を有利に運ぶための、話相手に好感を与える便利な心理学的知識が存在します。これらがマスターできれば、人気者になり、女の...




信じるに値するモノ

  1. 言葉ではなく、「正しい行動」をもって成果を上げている人
  2. 自分自身の「好き」という気持ち
  3. 自分自身が、見て、触れて、実感した事
  4. 尊敬する偉人や、好きなキャラクターの名言から学んだ物事

他にもいくつもあるが、代表的なところを挙げると以上の4つとなる。

自分の将来の進路や、これから採るべき行動を決める時に、「正解か、それとも間違っているか?」という理屈とは別に、当人の美意識がその選択肢を受け入れられるかどうか、という部分が意志決定に与える影響は大きい。

自分の心が素直に受け入れられる、自分の美意識が美しいと判断する選択ならば、その道を信じて進んでいけるだろう。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ