社会についていけなくなりやすい人生の難関場面と脱落者の性格

社会ついていけない脱落

争いが嫌いなおだやかな性格だったり、努力するのが苦手でなまけるのが好きな性格だったりすると、どうしても競争社会についていけなくなり、脱落しがちです。

このような性格的特徴をもっていると社会についていけなくなりやすい、という脱落が大量発生するタイプの性格人生の局面がパターン化されています。

スポンサーリンク

脱落しやすい段階①「進学」

いじめや、学校の勉強が嫌になって、不登校になってそのまま学校を中退する人も多い。「勉強なんてして、何の意味があるの?」と、哲学的思考におちいってしまうと危険。たいてい、そのような未熟な哲学思考は勉強のメリット・デメリットの一面しか見えていない。

高校進学や大学進学の段階で、希望の学校に合格できなくて、心が折れて社会についていけなくなるパターンが多い。

多浪の末に、受験に対するモチベーションを失って、ひきこもり・ニート・フリーターとなって競争社会についていけなくなる。

この段階で社会についていけなくなる人の共通点

「自分の人生を安定的なものにしてくれるレール」を軽んじること

ここで脱落しなかった人達の人生のステージは、↓の「就職活動」へと進む。




脱落しやすい段階②「就職活動」

コミュ障には鬼門となる「就活」。人生の全段階の中でも屈指の難易度を誇る。

これまでペーパーテスト対策だけしていればそれで良かったのに、就職活動では、それとは全く異なる「コミュニケーション能力」や「清潔感のある身だしなみ」や「会社員適性」などを突然測られ、この急激な変化のせいで社会についていけなくなる人が続出。




スポンサーリンク





周りに流されるまま受験勉強をしていれば許されていた学生時代と違って、

  1. 「大量の選択肢の中から、やりたいことを自分の意思で選び取る」
  2. 「理想と、現実の妥協を知って、自分のできる事をやる」
  3. 「採用されるために、自分独自に各方面から情報をさぐる」

といった、不慣れな行為を上手くやり遂げなければならない。

それを先に言え!就活で先に知っておきたかった事を全公開します
就活の恐さの本質は、「勉強だけしていれば良かった学生時代とは求められるモノが全然違うのに、その事が大学側や教授や親からほとん...

新卒時の就活で脱落すると、実家に帰ってニート・フリーターとしての人生を強いられる確率が高くなる。派遣社員になっても、派遣の身から正社員へ昇格するのはかなり難しい。

この段階で社会についていけなくなる人の共通点

現実を見られずに、夢見がちな考え方や選択をしてしまった

ここで脱落しなかった人達の人生のステージは、↓の「会社員」へと進む。

脱落しやすい段階③「会社員」

仕事できない会社嫌われる特徴

この段階で、かつてないほど大量に人間が脱落していく。

その理由は、上司にノルマ未達成や仕事の不始末を詰められる、顧客からの理不尽な要求、社内での人間関係の不和・いじめなどなど、過度のストレスを受けるから。

特に上司から受けるストレスが凄まじく、黒を白だと言わされたり、口答えは一切不可、ご機嫌取りに奔走したりと、新卒入社した会社を1年ももたずに退職する新社会人も決して珍しくない。

家庭でも、学校でも、「お客様」の立場でいられたこれまでの環境とのあまりの落差に、どんどん人がついていけなくなって脱落する。

脱落した人は、負ったダメージが大きすぎるとずっと無職のままになることもある。会社員生活が3年間続かずに退職してしまった人は、その後フリーターや派遣社員へ逃げてしまって二度と正社員に戻れない、という情報も多いので注意。



スポンサーリンク



この段階で社会についていけなくなる人の共通点

会社組織の歯車の1つとなれる「会社員適性」が無い・低い、弱い(「強い」の定義は当ページの下部で解説)

以下の項目↓は、その人によって挑戦するかしないかが自由。

社会へ出てお金を稼いでやっていける人と即脱落する人の境界線
高校・大学を卒業後に、社会に出てしっかり稼いでやっていける人と、会社で働くのが嫌になったりストレスダメージで脱落する人の、2...

脱落しやすい段階④「結婚」

非正規派遣結婚できない

両親の手配によって結婚が決められる「お見合い」がすたれた現代では、自然体で恋愛できる人以外は、相当の労力とお金を割いて「婚活」をすることが必須となった。

受け身でも男性が寄って来やすい女性はともかくとして、男性は容姿がいまいちだったり年収が低かったりすると、結婚しにくい。婚活という行為に羞恥心を覚えていると、なおさら結婚は遠のいていく。

この段階で社会についていけなくなる人の共通点

恋愛と結婚と家庭をもつことに消極的な非モテ、年収や社会的地位がある程度以下




人間社会は「強者のみが繁栄する」自然へと還りつつある

社会についていけなくなったと嘆く人達の主な声が以下

  • 労働者が資本家に搾取され続ける、理不尽な社会に心が耐えられない
  • 企業は人材に即戦力を求めすぎ。時間をかけて育てようとしないから就職できない
  • 社会不適合者的な性格をしていたり、生活・就労の才能がなさ過ぎてニートになった
  • 競争相手を平気で蹴落とす人ばかりが得をする。優しい人はどこかで脱落する
  • 生まれつきの才能が無いと、ただの会社員になって退屈な一生を送るだけだ
  • 夢ややりたいことを追い求めていたら非正規の仕事にしか就けなくなった。社会が悪い
  • 労働を嫌うなまけたい性格の人は社会から淘汰される。仕事をひたすら続けられる、異常に強い人しか残らない
  • 発達障害を抱えているのに、社会の理解がなさ過ぎ。就職できない
  • 恋愛が上手い奴か、高年収の奴か、後先考えない奴しか結婚して子どもを作れないじゃないか
  • 社会が弱者に厳しすぎる。みんな平等に生きる事のできる世界にしろ

原則的に、自然界では、親元を巣立った生き物は自分の手で狩りをして糧を得ていかないと飢え死にします。自分以外の生き物を狩って、殺して食べて生きながらえるのが生物の原則で、人間社会もこの自然界の原則をごくごく薄めたようなものだと考えられます。

自分の手で狩り(仕事による収入獲得)を行えないニートは、上記の自然界の原則に照らし合わせればすぐさま飢え死にするのが必然なのですが、それは家族や社会の支援によって防がれています。

しかし、現代の人間社会は、「強い個体が繁栄して、弱い個体は衰退して消えていく」という自然界の法則が、競争社会化でより露骨になってきていると感じられます。

「金持ちに一夫多妻制を認めて、少子化問題を解決しよう」という案がどこでも挙げられるあたり、自然界で強いオスが複数のメスを囲うハーレムそのものです。

経済強者・恋愛強者ばかりが良い目を見て、良い暮らしの中で優れた子孫を残していく。格差社会が進行する現在、すでにそうなりつつあります。

これからの社会が、自然界のように「強い個体だけが繁栄する」の方向へ舵を切っていくのですから、「いざとなれば、みんなが、社会が助けてくれる」という甘い考え方ではダメみたいです。はっきり言うと、弱い個体は見捨てられる公算が大きいです。

生き残るために、ぜひとも強い個体になれるように力を尽くしていきましょう。

ちなみに、「強い」とは、

自分の意を通して希望を実現できること(例:たくさんの応募作の中から、自分の作品が選ばれる)

かつ

外部からの作用に自身が影響を受けない(例:いくら悪口を言われようと、まったく心が動揺しない)

の2つ要素を合わせもつことで、「強い」が成立します。映画・ゴジラシリーズのゴジラが、多くの建物を破壊しながらどんどん進行し、しかも防衛軍の兵器攻撃や足止め工作をまったく問題としない、というのが、「強い」を分かりやすく体現しているといえます。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ