友達や同級生ととんでもなく人生の差がつく5つのおすすめ習慣

人生差がつく習慣

友達と会ったり、同級生と同窓会をすると、収入面や心の満足度でいつの間にか大差ができていることがあります。

いったい、彼らはどのようにして人生の差を広げたのか?他人と差がつく、強力な習慣を持っているかどうかがカギとなります。

スポンサーリンク

友人や同級生と「いつの間にかついていた差」に驚く場面

きっちり、希望の進路へと進んでいた

人生差がつく習慣

自分と同じようなレベルの学生だったのに、友達がきっちり希望の進路へと進んでいた。見えないところで的確な努力を積んでいたり、倍率が低くて楽に入学できる入試ルートを調べて合格していたらしい。

年収に大差がついていた

格差社会問題点解説

高校・大学を卒業後に進む企業のレベルが自分のそれとは違っていたり、社内で出世したり、自宅で勉強して資格を取って、いつの間にか年収に大差がついている。

金儲けは賢さと勇気が問われる!お金を稼ぐ能力のヒントと特徴
「お金を稼ぐ能力」は、学校の勉強ができるとか、友達を作るのが上手いとかいった日常的能力とは一線を画す特殊な能力で、「狙った獲...

人生を心から楽しんでいた

自分は職場で嫌な思いの毎日だというのに、友達がやりたい仕事に就けていたり、自分に最適な趣味や生き方を見つけ出して人生を全力で謳歌していた。

結婚していた

結婚できそうにないと思っていた友人が、いつの間にか結婚して、子どもまでもうけていたりする。自分の知らないところで、婚活や、お見合いや、友人からの紹介で縁談を進めていたらしい。

  • 婚活市場で自分に見合う相手が自動表示される、無料の診断サイト↓がおすすめ


貯金額に大差がついていた

年収自慢

自分は毎月の給料を各種の娯楽で使い切っていて貯金なんて数十万円程度しかないのに、友人は数百万単位で貯蓄していた。しかも、貯蓄を使って投資をし、資産運用まで始めていた。

人脈に大差がついていた

友人親族借金問題



スポンサーリンク



一体どこでどうやって知り合ったのか、大企業の社員や医者・弁護士・企業社長との人脈を獲得していた。そこまで大層ではなくとも、社内外に友達が多くて、私生活の交友が充実している。




同年代と大きな差を生む強力な習慣・行動

読書

古本魅力まとめ

各所で言われ続けているので「またか」と思いがちだが、万人が推薦するということは確かな効力があることの証明だ。

大人になると仕事の後の読書は厳しいものがあるので、10代後半から20代前半までに可能な限り読んでいきたい。思考するための各種材料や、自分にとっての最適な生き方のお手本が、物語や何気ない言葉から見つかる。読書のみならず、映画や漫画やゲームやアニメでも得るところは大きい。

挑戦

人生差がつく習慣

年を取ると、どうしても保身に走ったり保守的な考え方におちいりやすくなる。そうなる前に色々な事に挑戦を続けて、心理的に挑戦の敷居を下げていくと、挑戦に臆病な人と挑戦に積極的な人は人生で大差がつく。

挑戦をすると、成功・失敗、その事柄が自分に向いている・向いていない、といった複数の結果が出てくる。挑戦から得られた結果を有効利用していった人は、リスクを負った分、他人よりも良い結果を出しやすい。

特技を見つけてそれをひたすら伸ばす

才能努力無駄

これまでの人生で、他人よりも抜きんでて上手くできること、才能だと感じることを見つけ出して、それをひたすら伸ばしていくと、熟練の特技は人生の主軸となって自信と満足とお金を与えてくれるようになる。

1年続けた人、3年続けた人、5年続けた人、10年続けた人…と、続けた年数が増えるだけ、どんどんライバルが脱落して勝手に減っていく。もともと才能があって、やっただけ能力が伸びる人の場合、長期間続けた人ほど強く、業界の第一線で活躍できるようになる。

隠れた才能を発見するための才能の見分け方を全部公開します
「自分の才能の種類が判れば、全部上手くいくのに!」と悔しい思いをしている人は多いはずです。そんな人達のために、その人が持って...

情報収集

人生差がつく習慣

PCやネットを使う技術に長けていたり、人脈が豊富でいろいろな方面の情報が入ってくると有利となる。世間一般では良いとされている「結婚」や「投資は危険なギャンブルだと考える」も、詳しく調べてみると自身の先入観と違っていたり、世間の常識の方が真実とズレている事が多々ある。情報収集を日常に組み込める人は強い。

自分という人間に合った幸福の形を知る

青春少女少年画像イラスト

「食べること」「知ること」「伝えること」「助けること」「身体を動かすこと」など、何をすれば自分が最も幸福なのかを、これまでの人生経験の中から割り出すと、自分を幸福にしてくれる行為を毎日実践したり、仕事にしたりで、人生が幸福なものとなる。そして、幸福の形を知ることで、幸せに生きられる人生方針を組み立てられるようになるのが大きい。

毎日が鬱屈としている人は、自分の幸福の形を知らないので不完全燃焼におちいっていることが多い。




虚栄心や見下す事を目的に生きるのはおすすめしない

人生役立つ能力

死んでいく重病人を看取る看護師達がもっともよく聞く言葉が「もっと自分に素直に生きれば良かった」というもの。

自分の心に素直になれず、見栄や世間体を気にしているだけで一生を終えてしまう人がそれほど多いと言うことを物語っている。

久しぶりに会った友達や同級生との差に驚いてしまうことがあるが、良い意味で感銘を受けて人生を変えていくのは素晴らしい。しかし、虚栄心や見下したいという動機で動き始めるのはおすすめしない。

年収や肩書きや結婚している・子どもがいる、といったモノを目指しても、それは自分にとっての最適な幸福とはズレている確率が高い。真の幸福とズレているモノを実現しても、結局は何かが足りない・心が満たされないという空虚感に支配されるだけだ。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ