資産と利殖という強力すぎる方法で金持ちは金持ちであり続ける

金持ち原因理由

世の多くの人がなりたいとあこがれる「お金持ち」。お金持ちは、どうしてお金持ちであり続けるのか?

お金持ちが豊かである原因を解剖していけば、彼らがあくせく働かずとも豊かに暮らしていける理由がおのずと見えてきます。

スポンサーリンク

お金持ちがお金持ちでいる根源の理由は「多額の資金」

「どうしてお金持ち達は、お金持ちでいられるのか…?」という疑問を突き詰めていくと、最後は必ず「多額の資金」という答えに行き着く。

「経済的戦略」や「運」や「人脈」は答えではない。それらは最終的なゴールの「多額の資金」へたどり着くためのただの手段であって、お金持ちになりたいのなら、目指すべきは「多額の資金」だ。「経済的戦略」や「運」や「人脈」などをゴールにして努力するのと、「多額の資金」をゴールにする努力は、行動ルートも結果も全く違ってくるので注意。

以下、お金持ちが「多額の資金」を使って、どうやってお金持ちでありつづけるのかを解説していく。




お金持ちは投資に次ぐ投資による「利殖」で裕福に

金持ち理由

まず手元に「多額の資金」があると、一度入手してしまえば以後は自動的・継続的に利益を生んでくれる「資産」を購入できるようになる。

資産の具体例は、企業の株式や「国そのものに投資できるETF」、土地、賃貸用ビル、マンション、金(きん)のように将来の値上がりが期待できるモノ、などなど。

企業勤めでの労働でしかお金を手にできない庶民にとって、この「資産」の効力は、はっきり言うと反則そのもの。

ただ購入するだけ、という簡単行為で、確実に定期収入を得られるので、多くの場合、資産を購入し続けることの「利殖(財産の増殖)」で総資金額がどんどん膨らんでいく。

株式を購入した企業が倒産したり、大地震や大津波のような天災で賃貸用ビルやマンションが倒壊することもあるし、世界的な恐慌のせいで保有しているETFや金の価格が暴落することもある。しかし、こういった「万が一のリスク」と「資産購入によって得られる利殖効果」を天秤にかければ、明らかに後者の方が重い。現実として、現代のお金持ち達の多くが資産の購入と保有によってお金持ちになりつづけている事実が、そのことを証明している。

1つ、夢のある話をすると、貯金を投資に回している人は、投資金額が増えるほどだんだん総資金額が減りにくくなっていき、だいたい2000万円という投資金額を境界線にして、生活費等の支出額を利殖額が上回り、どんどん総資金が殖えていく。

手持ちのお金が少ない→あっという間に消える
手持ちのお金がある程度多い→減ると増えるの平衡状態で総額はほぼ変化無し
手持ちのお金が2000万円の境界線を超える→「磁力」の性質を持ち始めて周りのお金を吸い寄せ始める

金は金を呼ぶ…!お金持ちが利用しているお金の6つの裏ルール
お金持ちと、そうでない人達を分ける大きな違いの一つが「お金に対する知識と感覚」です。お金持ちが熟知していて、一般人はあまり知...

豊富な資金がもたらす「余裕」の効力は大きい

オタクモテない理由原因

あくせく働かずとも、資産のおかげで時間経過で勝手に資産総額が増えていくという状況は、生活と精神に「余裕」をもたらしてくれる。そして、この「余裕」の存在感は想像以上に大きい。

普通のサラリーマンでは帰宅後にへとへとになっているので、食事をしたり風呂に入って寝るだけで精一杯だが、お金持ちは昼間からじっくりと投資を検討している企業・国・商材の安全性や将来性を、書籍やプリントアウトしたデータを片手に調べ尽くすことができる。そのおかげで、余裕のあるお金持ちの投資は成功しやすい。

異世界ファンタジーイラスト画像

それに加えて、資金の「余裕」は投資についての心理的障壁を押し下げる効果がある。今が確実に底値で後は上がるだけ…という株の銘柄を発見できたとしても、貯金額が200万円のサラリーマンが100万円分の株式を購入するのと、貯金額が1億円のお金持ちが100万円分の株式を購入するのとでは、心理的な苦しみが全く違う。ひらたく言えば、目の前のチャンスに対してよりだいたんに、思い切りよく踏み込んでいける。

このような時間的・精神的余裕の違いが、庶民の経済成長を停滞させ、お金持ちをよりお金持ちへと変える原因ということになる。



スポンサーリンク



貧乏人とは全然違う、お金持ちの行動

行動の根底理念が「投資」

金持ち理由

お金持ちは「それを買う、それをすることで、将来により大きな利益が返ってくる」ことを選んで実行する。先行投資として、得になるモノ・値上がりするモノを手に入れようとする。

それに対し、貧乏人は「一度手にしてしまうと、以後は継続的に懐からお金が出て行ってしまう金食い虫」や「その場限りの効果しかないモノ」ばかりを買い求める。

お金持ちがする不動産投資の資料を無料で一括請求できる便利サイト↓

ギャンブルはせずに「仕組み」で儲ける

金持ち理由

収入の少ない貧乏人が一発逆転しようとして競馬やパチンコのようなギャンブルに走ることはあっても、お金持ちはたしなむための趣味以外ではギャンブルを避ける。ギャンブルは、自身を金持ちたらしめている資産の基盤を失いかねない危険な行為だと冷静にわきまえているし、ギャンブルの開催者に巻き上げられるだけだと理解しているからだ。

ギャンブルの胴元は、参加料・手数料という形で、参加者から金銭を受け取って儲け、自身はいちかばちかのギャンブルはしない。つまり、客がばくちで勝とうが負けようが、胴元は常に得をするという「仕組み」を作って運用している。

利己的で余裕ある金持ちとゆがんだ対抗心をもつ貧乏人の性格差
物語やおとぎ話の中では、あくどい金持ちと、心清らかな貧乏人、という構図が繰り返し描かれますが、実際は貧乏人の方が単純に性格が...




金持ちの原因と結果をはきちがえないように注意

金持ち理由

「お金持ちはいつも笑顔でいる」「他人に食事をおごることを好む」「意外と地味な服装」など、「お金持ちの特徴をマネしてお金持ちになろう!」という本やセミナーがよくあるが、これは効果が無いと思って良い。

なぜなら真相は、

  • 原因:「多額の資金」があってあらゆる面で余裕がある
  • 結果:余裕があるので自然と笑顔になったり他人に進んでおごることができる

だから。

お金持ちになるために最優先で目指すべきは「多額の資金」であって、お金持ちになった結果に生じる性格的・行動的特徴ではない。

運良い悪い特徴原因

「お金持ちの特徴をマネしてお金持ちになろう!」系の本やセミナーは、いわば「トラのしましま模様を身体にペイントしたり、トラのうなり声をマネできれば、あなたはトラのように強くなれます!」のようなもの。トラの強さの理由はしましま模様やうなり声ではない。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ