恋愛感情の持続期限は4年!その後の関係は倦怠期や浮気や破局へ

スポンサーリンク

恋愛結婚賞味期限

 

恋の賞味期限」は、長くても4年程度だと言われています。

恋愛感情が永続しない理由は、「恋愛感情を引き起こしている脳内物質」の分泌がストップするからです。

恋愛感情が4年程度で終わってしまう原因を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「恋愛感情の賞味期限は4年」といわれている

 

恋愛開始から4年程度が経った後

  • 恋愛相手にときめかないようになる
  • 相手に飽きる
  • お互いに、相手との関係にマンネリ感を覚えるようになる
  • 「別れ話」「浮気」といった不穏なことが出始めてくる

 




4年を過ぎると恋愛感情の原因「脳内物質・PEA」が枯渇

 

恋愛感情を引き起こす脳内物質「PEA」

  • PEA(フェニルエチルアミン)は、相手に対するときめき感・ドキドキ感という恋愛感情を引き起こす快感物質
  • PEAは恋愛開始から3ヶ月目くらいから分泌が減り始め、4年程度で分泌されないようになってしまう
  • PEAの分泌が枯渇すると、交際相手・結婚相手に興味を失い、ときめきもドキドキも感じないようになってしまう
  • PEA分泌と同時にドキドキわくわく感をもたらす脳内物質「ドーパミン」も分泌されているが、ドーパミンの分泌も恋愛開始から18か月~3年程度で分泌が枯渇する

 

 

恋愛におけるときめき感・ドキドキ感をもたらすPEAが分泌されないようになると、恋人関係が「倦怠期」へと突入します。

スポンサーリンク

 

恋愛中に、幸福感ややる気の増大など脳内で起きている変化解説
誰かに恋をすると、世界がガラッと変わって見える…。やたらウキウキしてしまったり、四六時中ソワソワしてしまったり…。そんな経験は誰にでもありますよね。 実際、恋愛をしている時には私たちの脳内と体内で何が起こっているのか?...

 

PEA枯渇後は別のホルモンが分泌されるようになるが…

 

PEA枯渇後に分泌される脳内物質

  • オキシトシン(相手と手をつないだり、ハグをする際に分泌され、オキシトシンは幸せな気分をもたらしストレスを軽減させる効果がある)
  • セロトニン(心を落ち着ける効果がある脳内物質)
  • βエンドルフィン(恋愛相手に対して、うっとりとした陶酔感を覚える効果がある)

 

 

「オキシトシン」「セロトニン」「βエンドルフィン」といった脳内物質が、「PEA」「ドーパミン」の代わりに分泌されるようになります。

しかし、これらがもたらす感覚はあくまで「居心地の良さ」「安心感」であり、恋愛開始当初に感じていた強い恋愛感情・ドキドキ感よりもはるかに弱い感覚です。

相手が「そこに居て当たり前」「空気」のような対象になってしまうため、昔に味わっていた強い恋愛感情はもう感じられません。

なので、関係のマンネリ化で別れてしまうカップル・夫婦がどうしても多いようです。

スポンサーリンク

 

離婚の原因…性格の不一致や親族との不仲やDV等の離婚対策
結婚後、より身近になった関係で生活を続けていたら、恋人時代には見えていなかったパートナーの欠点が見え始めたり、そもそも恋愛感情が下火になってきたりで、離婚する夫婦は多いものです。現代の日本で、実に3割………。 離婚の主...
結婚継続の才能は忍耐と自己犠牲?恋愛賞味期限切れ後の対策
恋のときめきや愛情をつかさどる脳内ホルモンの「PEA」や「ドーパミン」は、恋愛開始時点から3~4年で分泌が枯渇し、脳が恋愛状態から通常状態に戻ってしまいます。 じゃあ結婚っていずれ必ず破綻するの?良い結婚をするにはどう...


 







脳科学的に、結婚は不合理な行為かもしれない…

 

恋愛開始後4年程度で恋愛感情が消える(=PEAやドーパミンの分泌が枯渇する)理由は、子どもができて子育てが一段落ついたのがちょうど4年目くらいで、そこからは男女共に新しいパートナーを見つけるために、2人をつなぎ止めていた恋愛感情が消える、といった身体の仕組みによるものという説が有力です。

PEAやドーパミンの恋愛系の脳内分泌が枯渇した後もパートナーと暮らさなければならない結婚生活は一種の苦痛を伴います。

スポンサーリンク

「どうしても子どもが欲しい」「夫の収入で安定した生活を手に入れたい」という強い理由以外の、一時の恋愛感情で結婚に踏み切るのはやめた方が良いのかも知れません。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント