メンヘラとは?メンヘラの特徴&症状と、メンヘラの治し方解説

スポンサーリンク

メンヘラ治し方

 

メンヘラ……ネット上でのみ言い交わされる言葉かと思いきや、最近はアニメや漫画にまでその言葉が出てきたりして、すっかり市民権を得た感がある「メンヘラ」という言葉。

メンヘラとは何で、メンヘラになる原因は何なのか?どうすればメンヘラを治療できるのか?

メンヘラについて調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「メンヘラ」とは何なのか?

 

「メンヘラ」とは、「心の病気を抱えた人」という意味。

ネット上では、「メンヘラ」と言えば「病的なかまってちゃん」を指すことが一般的です。

スポンサーリンク

「メンヘラ」の語源は、「2ちゃんねるのメンタルヘルス板に常駐している人」がメンヘラーと呼ばれるようになり、メンヘラーが略されて「メンヘラ」という言葉がネット上に定着しました。

 

 




かまってちゃんタイプのメンヘラの、主な特徴と症状

メンヘラ治し方

 

かまってちゃんメンヘラの主な特徴

  • 「私を愛してくれないのなら、ここで死んでやるから!!」と自分自身を人質に取って、恋人や友人を脅迫する
  • 相手の気を引いてかまってもらうために、嘘をつく・自分の身体を刃物などで傷つける・泣きわめく・電話やメールをしまくるといった行為をとる
  • 悲劇のヒロイン・ヒーローを気取り、そんな自分を何よりもいとおしく感じているが、他人にどれだけ迷惑をかけても全く気にしない

 

恋愛というか拷問!警察ざたは当たり前のメンヘラ彼女との恋愛
メンヘラの女の子は容姿が可愛いことが多く、しかもオタク好みの黒髪ロングであることも珍しくありません。そのうえ、ごく簡単に恋人関係になってくれるので、女性に縁のないオタク男子やメンヘラの予備知識が無い男性はうっかりメンヘラと付...

 

 

かまってちゃんメンヘラの主な症状

  • 精神的に非常に不安定で、感情の波の上下が激しすぎる
  • 恋愛中の相手に極度に依存している
  • 「相手が自分を本当に愛しているか、必要としているか」を確認するために、相手を徹底的に振り回してそれでも見捨てないか、試す行為を何度も繰り返す
  • 相手を試すためや、イライラ感が爆発したなどの理由で、刃物などを使って手首を傷つける

 

 

かまってちゃんタイプのメンヘラになるのは女性が圧倒的に多いのですが、少数ながら男性のかまってちゃんメンヘラも存在しています。

当ブログでの、男性メンヘラの特集ページ↓

スポンサーリンク

男メンヘラの症状と、メンヘラ彼氏をもつ女性のための対策方法
他者に極度に依存し、さらに不安定極まりない性格状態のメンヘラは女性特有のものかと思っていましたが、調べてみると、女性より数は少ないものの男性のメンヘラもたしかに存在するようです。 男性メンヘラの特徴と症状 ...
ギャグなのか…?メンヘラ男のシュールな恋愛脳的な言動の特徴
「男のメンヘラ」は、メンヘラ女性の行動をなぞったような行為を繰り返すのが特徴ですが、性別が違うだけに、「ナルシスト」「中二病的な発言」「女性への暴力」といった女性メンヘラとは違った行動が新しく加わります。 男のメンヘラ...


 

「メンヘラ」の医学的定義は「境界性人格障害」

境界性人格障害メンヘラ

 

ネット上で「メンヘラ」を指す場合、「病的なかまってちゃん」を意味することがほとんどです。

この「病的なかまってちゃん」の病名は、精神医学では「境界性人格障害」と定義されています。

スポンサーリンク

 

「境界性人格障害」の症状

  • 相手を振り回して、自分を見捨てないかを試し続ける
  • わざと嫌われる行為をして相手が嫌悪感を示すと「ほら、やっぱり見捨てた!」などと言って相手を試す
  • 相手からの愛情を独占したい、という欲求が強い
  • 相手に見捨てられることへの恐怖・不安が非常に強い
  • だっこをねだるなど、3、4歳の幼児のような愛情表現を求める
  • 相手が自分を見捨てるかも・嫌っているかもという猜疑心から攻撃的言動をとる
  • 自己主張が強い
  • 自己主張が強い一方で、甘えの気持ちも強い
  • 他人との関係が「好き」か「嫌い」かの両極端なものにしかできず適切な距離をとることができない
  • 虚言が多い
  • 感情の起伏が激しく(キレたり沈んだりと、数時間から1日~2日で気分が入れ替わる)、自分で感情の上下をコントロールできない
  • 価値観や人生観が安定せずにころころ変わる
  • 他者を理想視していたかと思えば急にこきおろして攻撃性を向けるなど、他者への評価が不安定

 

メンヘラを精神医学から見ると境界性人格障害に当てはまる
自己を確立できずに、周囲の人間(特に恋人)を徹底的に振り回す「メンヘラ」は、変わった性格の一種と受け取られがちですが、精神医学の観点からは「境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害、とも表現される)」に分類されるようです。 ...

 

かまってちゃん型メンヘラ以外の、メンヘラの種類

うつ病

 

当ブログでのうつ病特集ページ

こうなる前に手を打て!うつ病の症状と心と体にありがちな危険
よく聞く退職の理由の1つに、「うつ病」に代表される精神疾患が珍しくなくなっている現代日本の労働環境は、もはや人間の動物としての耐久力の限界に近いか、それを超える負荷レベルになっているのではないでしょうか? うつ病になる...
うつ病発症後に寛解して60%の確率で再発するなどうつ病のその後
うつ病を発症した後、いったんは症状がおさまっても、その後にうつ病の再発を繰り返したり、仕事の継続や再就職が難しくなるなど、いろいろと厳しい状況へ追い込まれてしまうようです。 うつ病にかかったその後の状況について調査した...

 

 

パニック障害

うつ病症状

 

当ブログでのパニック障害特集ページ↓

パニック障害…強烈な不安と恐怖に襲われる症状の原因と治療法
「うつ病」と並んで誰でもかかりやすい、身近な精神的な病気が「パニック障害」です。 パニック障害の症状や原因や治療方法について調査したので、分かったことを報告します。 「パニック障害」の症状 ...

 

 

統合失調症

統合失調症症状

 

当ブログでの統合失調症特集ページ↓

統合失調症…妄想や思考が流出する錯覚等の症状とその原因
自分が国家や秘密組織やストーカー集団に監視されている…。そんな妄想を抱くことが特徴の精神病「統合失調症」。うつ病やパニック障害ほどの知名度はなくとも、ネット上ではわりとよく聞く病名です。 統合失調症とは何なのか?どうい...
映画の中へ迷い込んだような統合失調症の奇妙な世界観と症状
ありえないような妄想を真実と信じ切ってしまう「統合失調症」は100人に1人というなかなか高い割合で発症するとされ、また、うつ病のように仕事等で過度なストレスを受けることでも発症するとされているので、「俺は大丈夫」と無視できな...

 







メンヘラの原因と、メンヘラの治し方

メンヘラ治療

 

メンヘラ(ここでは、うつ病など精神疾患全般の意味)の原因

  • 性格的に、ストレスに弱い
  • 性格的に、内向的で悩みやすい
  • 「思い込みが激しい」「嫉妬深い」「プライドが高い」といった、性格にねじれた部分を抱えている
  • 受験勉強でのプレッシャーや、仕事の激務で、心身が追いつめられた
  • 親からの遺伝(精神疾患にかかりやすい性格型・脳の作りなどが遺伝した)

 

メンヘラやうつ病になりやすい人の性格や家庭の特徴解説
一般に、うつ病や統合失調症のような精神疾患は、過酷な労働環境に長期間いたことで心身に過度なストレスを受けたり、就職・転職の失敗や恋人と別れるなどの人生の大きな転機や、遺伝性などを理由に発症しやすいと言われています。 し...

 

 

メンヘラの具体的な治し方

ストレス源から距離を取る

自分を苦しめている人・仕事・その他問題から、距離を取って安全な場所まで逃げましょう。

ストレス源のそばにいたままでは、メンタルが病んでいる状況はいっこうに改善されません。

メンヘラ化したら人生終了級の4つの大損害を受けるので要注意!
うつ病やパニック障害のような精神疾患、ある種の人格障害を抱えていて、心療内科に通院している人を意味する「メンヘラ」は人間関係や自他の人生をぶち壊します。 メンヘラ化の損害と、メンヘラと化す代表的な原因をそれぞれ分かりや...

 

 

食事・運動・睡眠をちゃんとする

  • 肉・野菜・炭水化物がきちんと摂れる食事をして、ジャンクフード・ファーストフードへ依存しないようにする
  • 太陽光の下で運動することは、心を安定させる神経伝達物質「セロトニン」を分泌させる最適条件なので、太陽光の下でウォーキング・ジョギングなどの運動をする
  • 夜は早く眠り、朝は早く起きる、1日に8時間以上の睡眠をする生活を続ける

メンヘラになる理由は、不健康な食生活・生活態度が原因で起こるケースがかなり多いです。

不健康な食生活・生活態度は、「自律神経失調症」を引き起こしたり、セロトニンの分泌が上手くいかないようになって、心が乱れて、メンヘラ化します。

 

 

 

心療内科へ通院する

スポンサーリンク

精神科医によるカウンセリング治療や、うつ病などの精神疾患を治療するための投薬などの方法で、確実に病状が改善の方向へ進みます。

「なんだか恐い」「恥ずかしい」と思わず、心療内科を受診してみるのが回復への近道です。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント