小説家になろうの特徴と、異世界転生やチートばかりである理由

スポンサーリンク

小説家になろう解説

 

サイトにユーザー登録すれば、自分用のブログやサイトを持っていなくてもお手軽に自作小説を投稿・公表できる「小説家になろう」。

人気作品は書籍化されたりもして、小説家になりたい人や小説執筆が趣味の人に注目されています。

しかし、その一方で過度にパターン化された作風や、ランキング上位に入るためには人気のパターンを模倣レベルで踏襲しなくてはならず、オリジナリティーが全然足りない!と各方面で酷評されることも…。

「小説家になろう」の特徴について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「小説家になろう」とはどのようなWebサイトなのか

 

「小説家になろう」とは、誰でも自作小説の投稿と公開ができるWebサイトです。小説の投稿サイトの中では国内最大の規模です。

スポンサーリンク

また、読者が「小説家になろう」で公開された小説を点数評価したり感想文を投稿することもできます。

人気ランキング上位の小説は出版社の目に留まり、ひんぱんに商業小説化されたりアニメ化されたりと、近年はプロ小説家デビューのための場としての役割も担うようになってきました。

 

→小説家になろう公式サイト

 




ネット上で叩かれがちな、小説家になろうの固定パターン

 

叩かれがちなパターン

  • 大した努力や苦労もせずに、偶然や幸運でチート能力を手にする。そして、チート能力で最強クラスの存在となる
  • 「ひどい状況の現実世界」から「理想的な状況の異世界」へ逃避したくて現実世界へ戻る気は一切無い、という作者や読者の願望が透けて見えるストーリー内容
  • 安易なハーレム展開や、主人公が周囲からひたすらちやほやされたり褒め称えられる展開
  • 「小説家になろう」内で人気が出る展開(たとえば「異世界」「現代知識を、中世ヨーロッパくらいの文明レベルの異世界で披露することで天才扱い」など)を作者達がこぞって模倣するため、小説家になろうの作品はテンプレ展開ばかりで画一化されすぎていること
  • 「レベル」「ステータス」「クラス」といったRPG的な概念が、小説世界に当たり前のように出てくる

 

テンプレ異世界ハーレムしかウケず小説家になろう作者が苦悩
創作者にとって「作りたいモノと世間ウケするものは違う」というのは生涯向き合わなければならない問題です。自由に小説をネットに投稿できる大手サイトの「小説家になろう」でも、書き手が読者に褒められたり、叩かれたりで、混沌とした雰囲...

 

「小説家になろう」が独特の創作文化を形成している理由

小説家になろう解説

 

なろうの小説のタイトルが長文化している理由

スポンサーリンク

「小説家になろう」では毎日大量の小説が投稿されているので、タイトルをキャッチーなものにしたり、内容がぱっと判るものでないと、そもそもユーザー達にクリックさえされません。

そのため、小説の投稿者はライバル達に勝つために、長文タイトルで小説の中身を紹介してクリックされやすいものにせざるを得ません。


 

 

 

「主人公の無双展開」「ハーレム」のような要素が多い理由

「小説家になろう」の読者の特徴の1つに、「ストーリー上でのストレス展開を極端に嫌う」というものがあると言われています。

スポンサーリンク

読者達は、読んでいて気持ちよくなれるタイプの物語を希望していて、主人公が艱難辛苦の末に少しずつ状況を改善していくという憂うつな展開は好きではありません。

読者のそのような嗜好に合わせ、小説の投稿者達は人気を得るために「主人公の無双」「ハーレム」「チート能力で最初から最強」「異世界へ転生して人生を良いものへと一変させる」といったストーリー展開を書く事が多くなります。

2014年前後から、小説家になろう出身のライトノベルを「なろう系」と呼ぶようになり、なろう系の小説の特徴は「オタクの満たされない欲望を、小説を読むことで安易に満たしてくれる作品」という定義になっています。

悪貨が良貨を駆逐中!近年のライトノベルが叩かれる4つの理由
アニメや漫画が一般的な娯楽として受け入れられてきたのに、同じオタク系文化のライトノベルはネット上で叩かれる事が多いようです。 なぜライトノベルは容易に叩かれてしまうのか?ライトノベル愛好家同士の世代間闘争までからんでく...

 

 

どの小説も似たり寄ったりの内容である理由

  • なろうの小説投稿者達が執筆するうえで参考にしているものは「小説家になろう内で人気がある小説」「人気で有名な大作RPGシリーズ」などが多いので、みんなが同じものを参考にすることで似たような小説が量産されてしまう
  • 独創的・個性的・既存の小説からはズレている、といった作品は「小説家になろう」では見向きもされないことが多いので、読まれやすいテンプレ的ストーリーの小説をみんな書くようになる
  • 小説の投稿者のほとんどがアマチュアであるので、模倣はできても、オリジナリティーがあって完成度の高い小説を書くことは難しい、という事情

 

ラノベ業界やばい…異世界FT物ばかりで進化の多様性が喪失
小説投稿サイト「小説家になろう」から書籍化される小説や、その書籍がアニメ化されるのは「異世界ファンタジー」という物語ジャンルが非常に多い状況です。 ライトノベル業界で異世界ファンタジー作品が増えすぎることによる悪影響の...

 







努力が嫌いな(?)現代の若者たち

小説家になろう努力

 

商業誌の漫画やライトノベルはメインの若い読者層のウケを取るために、若者の願望を反映し同時に触れたくない事実・現実には触れないように作品内容をその年その年ごとの世相に合わせて調整しています。

「小説家になろう」でウケるパターンを見るに、「小説家になろう」の読者たちは「めんどうくさい努力をせずにチート能力を得てニート・引きこもり・フリーターのような立場から一発逆転・一気に問題解決・その世界で無双したい」という願望を潜在的に抱いているようです。

近年、日本でも格差論が唱えられ始め、「才能>努力」の考え方が若者の間で主流になりつつあり、「努力をしないで圧倒的才能が欲しい!」と「小説家になろう」の読者のみならず多くの人が思うようになるのは自然な流れかもしれません。

 

努力要素が消えた漫画やラノベ!若者が努力や苦境に拒絶反応
近年の漫画・ライトノベル・アニメでは、「努力描写はNG、生まれ持った才能や神様に授けてもらったチート能力で苦戦せずに圧勝する」といった特徴がひんぱんに見られると、各方面から指摘されています。 漫画やラノベにおける、努力...

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント