ホワイト業界…非ブラックで低離職率&厚待遇の優良業種の解説

スポンサーリンク

ホワイト業界情報

 

低賃金・サービス残業・精神的ダメージが常態化しているブラック業界と対をなす、なるべく就職したい業界の「ホワイト業界」

ネット上にはブラック業界情報・ブラック企業情報はあふれかえっているけれど、ホワイト業界情報は案外少ないものです。

ホワイト業界の種類と特徴について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

代表的な4つのホワイト業界

ホワイト業界情報

 

1.インフラ系

インフラ系の業界とは、「電気」「水道」「ガス」「NTT(電話)」といった、国民の生活基盤となっているものを提供する業界のことです。

スポンサーリンク

インフラ系の業界では、今の体制の維持・管理がメインの仕事であり、競合他社もほぼいないことが多いので、各方面から「インフラはホワイト業界だ」と評判になっています。

 

 

 

2.化学メーカー業界

開発職は他のメーカー業界よりも大幅に楽、営業職もキツくなく、全体的にルーチンワークが多いのが化学メーカー業界の特徴です。

化学メーカー業界では離職率が低く、就労者達にとって非常に居心地の良いホワイト業界だということを示しています。

 

 

 

3.鉄道や郵便局のような元国営の業界

スポンサーリンク

もともとは国が運営していて、それが民営化されるようになったJRや郵便局は、業界に公務員的体質が今現在も残っています。

競合する企業がほぼ無いので、まったりと働くことができ、福利厚生も充実しています。


 

 

 

4.公務員

民間企業のように営業ノルマ・契約ノルマに追われることもないので、公務員はホワイトだと見なされることが多いようです。

スポンサーリンク

ただ、公務員といってもサービス残業や休日出勤はありますし、霞ヶ関で働く国家公務員は完全にブラック職なので、公務員が完全にホワイト業界とは言いにくいと考えられます。

 

 

 

その他、ホワイト業界だとよく評価される仕事

  • 私立大学職員
  • 独立行政法人
  • 社団・財団法人
  • 非営利法人
  • 石炭・石油のようなエネルギー系
  • 海運
  • 航空
  • 特定の種類のメーカー(輸送用機器メーカー・ガラス製品メーカー・石油・石炭製品メーカー)

 




社員の「定着率」と「残業時間」から見るホワイト業界

 

社員の定着率が特に高い業界

  • 電気・ガス業(97.7%)
  • 海運業(97.6%)
  • 化学(93.3%)
  • 電気機器(93.2%)
  • 医薬品(92.6%)
  • 精密機器(90.3%)
  • 輸送用機器(89.0%)

2013年版「CSR企業総覧」の新卒3年後定着率

 

 

 

社員の残業時間が特に短い業界

  • 日用品・化粧品
  • 化学・石油・ガラス・セラミック
  • 自動車・自動車部品・輸送機器
  • 電力・ガス・エネルギー

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が分析発表

 

 

メンタルが弱い人におすすめの人間関係がほぼ無い気楽なお仕事
肉体面でも壮健・病弱という個人差があるように、精神面でも打たれ強く苦境に屈しない人と、怒声や精神負荷に耐えられない人という個人差があります。 メンタルの弱い人にとっての適職とは何なのか?メンタルの弱い人でも勤まる、人間...

 

ホワイト企業の割合が高い、ホワイト業界の代表的条件

 

ホワイト業界に見られる特徴

  1. 離職率が低い
  2. 社員の勤続年数が長い
  3. 平均年収が、他の業界よりも高い
  4. きちんと残業代が支払われる
  5. 労働法に準拠した労働時間・労働環境
  6. きちんとスケジュール通りに休日を取れたり、有給休暇が取得できる
  7. 福利厚生が充実している

 

 

このような条件を複数満たしている業界・企業は、ホワイト業界・ホワイト企業である場合が非常に多いです。

本ページで解説しているホワイト業界以外で、「ホワイト業界に見られる特徴」に当てはまる業界や企業を発見できたら、ぜひともそこへ入社することを検討してみましょう。

 

ココは働く事が気持ちいい。優良ホワイト企業の特徴と見つけ方
スマホ片手に簡単にネット検索をして大量の情報が入手できるようになった現代だからこそ、なんとしても入りたいのがホワイト企業・ホワイト業種。そして絶対に避けたいのがブラック企業。 ホワイト企業・ホワイト業種の特徴と就職方法...

 

ブラック企業の巣窟とされる「ブラック業界」の種類

ホワイト企業情報

 

 

 

その業界がブラック業界かそうでないかは、「その業界の離職率の高さ」から判別することができます。

 

 

離職率が高い業界ランキング

  • 1位:宿泊・飲食(52.3%)
  • 2位:教育・学習支援(48.5%)
  • 3位:生活・娯楽関連(48.6%)
  • 4位:小売業(39.4%)
  • 5位:医療・福祉(38.8%)
  • 6位:不動産・リース(38.2%)
  • 7位:その他サービス(38.2%)
  • 8位:学術研究など(33.5%)
  • 9位:建設業(29.2%)
  • 10位:卸売業(28.9%)

平成26年11月に厚生労働省が発表した「平成23年3月卒業者の離職率」

 

 

ブラック人材…ブラック企業すら雇用を拒む、超低レベルの人材
ネット上で生まれた言葉「ブラック企業」が現実世界に浸透し、テレビ番組や雑誌でその言葉が使われるようになってかなりの年月が経ちますが、近年、新たに「ブラック人材」という新用語がネット上に流行し始めています。 ブラック企業...

 

日本に生きている以上ある程度のブラックは避けられない

日本ブラック企業

 

日本人の気質・国民性そのものがブラック企業を生むことが分かってきました。そのため、日本の会社は大なり小なりほぼ必ずブラック企業要素を含んでいます。それはホワイト業界も同じです。

 

「この業界はココがブラック!ダメだ次へ行こう!」

 

と少しの妥協も許さずにいつまでも転職を繰り返していても、完全無欠なホワイト業界は見つからないと思われます。また、転職を繰り返すほど、次に就職できる会社のグレード・年収は下がっていくと一般に言われています。

 

「年収・残業・福利厚生の3つはホワイトだな。人間関係がちょっとイヤなのは…まあしょうがないか…」

 

という感じで、「だいたいホワイトな業界」に就職するのが現実的で良いと思われます。

 







人気の転職サイトを使ってホワイト業界へ入ろう

無料で利用できる転職サイトの「CONNECT(コネクト)」を利用するのをおすすめします。

 

 

コネクトは普通の転職サイトと違っていて、求職者と企業側の採用決裁者(採用で、最終的な決定権をもつ者)をダイレクトに引き合わせてくれるので、圧倒的に早く転職活動を成功させることができます。

 

転職サイト「コネクト」のメリット

  • コネクトの転職コンサルタントが、「求職者」と「企業側の採用決裁者」の間を取り持ってくれるおかげでスピード転職が実現する
  • 求職者は完全無料でコネクトを利用することができる
  • 「名前」や「年齢」などのごく簡単な7つの項目を入力するだけでユーザー登録が完了するので、気軽にサイトを利用できる
  • コネクトの転職コンサルタントは経験豊富で各方面への人脈を持ち、求職者の要望に沿った転職先を示してくれる

 

転職サイト「コネクト」公式サイト↓

 

 

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント