人生で一生の道しるべとなる、天の葬式編の赤木しげるの名言集

スポンサーリンク

赤木しげる名言

 

死を全く恐れない完全不動の精神、人外とでも評すべき規格外の才能、神に愛された天運をもつ、漫画のギャンブラーキャラ達の中で間違いなく最強の一角を占めるギャンブルの天才「赤木しげる」。

老年に差し掛かり、不治の病アルツハイマーにかかって、自分が自分で無くなる前に自らの意思で命を絶つこと決意した赤木は、死ぬ前に仲間達に大切な言葉を遺しました。

漫画「天」の葬式編で赤木しげるが遺した、人生で大切なモノを教えてくれる名言を解説します。

 

スポンサーリンク

いいじゃないか…!三流で…!熱い三流なら 上等よ…!

赤木しげる言葉

 

さあ… 漕ぎ出そう…!いわゆる「まとも」から放たれた人生に…!
無論… 気持ちは分かる…!誰だって成功したい…!分かりやすい意味での成功… 世間的な成功…!金や 地位や 名声… 権力 称賛……そういうものに憧れる… 欲する…!
けどよ…ちょっと顧みれば分かる…!
それは「人生そのもの」じゃない…!
そういうものは全部… 飾り…!人生の飾りに過ぎない…!
ただ… やる事…
その熱… 行為そのものが… 生きるって言うこと…!実ってヤツだ…!
分かるか…?成功を目指すな…と言ってるんじゃない…!その成否に囚われ… 思い煩い…止まってしまうこと… 熱を失ってしまうこと…これがまずい…! こっちの方が問題だ…!
いいじゃないか…! 三流で…!熱い三流なら 上等よ…!
まるで構わない…! 構わない話だ…!
だから… 恐れるなっ…!繰り返す…! 失敗を恐れるなっ…!

 

 




スポンサーリンク




 

 

 

 

 

 

 

赤木しげるや、この漫画の主人公の天のような超一流の麻雀打ちと較べ、二流である自分に悩み、麻雀打ちとして生きる夢を諦めて平凡なサラリーマンの道を歩みつつ、もやもやとした停滞した気持ちにさいなまれていたひろゆきに遺した言葉。

スポンサーリンク

一番大事なのは、行動する事にともなう熱い気持ちだという名言中の名言。

 

 

 

「赤木しげる」とは

赤木しげるとは

 

「100年に1人の天才」と称される、才能・知性・精神力・運気・博打好きな性格などギャンブルに必要な要素全てが超人的な領域にある天才。

「伊藤カイジ」「森田鉄雄」など名うてのギャンブラーが多数登場する福本伸行作品の中でも、赤木しげるは間違いなく最強の一角を占めている。

漫画「天」の作中終盤で、不治の病であるアルツハイマー病にかかり、病気の進行で脳が冒されて自分という人格が失われる前に、自分で自分の命を絶つことを決意する。

自身の葬式が行われることを新聞を使って告知し、葬式に集まってきた麻雀の戦友達に、本ページで解説する名言を残し、最後に命を絶った。

スポンサーリンク

 

当ページの名言が出てくる葬式編は16巻から18巻にかけて描かれます↓


スポンサーリンク

 




そんなものに合わせなくていい…!

 

 

 

 

やっぱりそこか…今ヒロは今の方がまともって言ったが…
そのまともって何…?
平均値、世間並みってことか…?そういう恥ずかしくない暮らしってことか…?
知ってる…?それだぜ…!お前を苦しめているものの正体って…
お前は、そのまとも、正常であろうっていう価値観と自分の本心、魂との板ばさみに苦しんでいたんだ…振り回されてきた…そのまとも、正しさに…
考えてみろ…正しい人間とか正しい人生とか、それっておかしな言葉だろ…?ちょっと深く考えると何言ってんだかわからないぞ…気持ち悪いじゃないか…正しい人間、正しい人生なんて…!
ありはしないんだって、そんなもの元々…
ありはしないが、それは時代時代で必ず表れ俺たちを惑わす…暗雲…!俺たちはその幻想をどうしても振り捨てられない…一種の集団催眠みたいなもん…まやかしさ…
そんなもんに振り回されちゃいけない…
とりあえずそれは捨てちまっていい…そんなものと勝負しなくていい…
そんなものに合わせなくていい…
そういう意味じゃ
駄目人間になっていい…!



スポンサーリンク




本当は麻雀打ちとして生きていきたいけれど、世間の目が気になってサラリーマンとして生きていたひろゆきに赤木が遺した言葉。

「まとも」という世間一般の基準と、自分の中の基準は違っていると常に意識させてくれる名言。

 

赤木しげるの名言はもちろん、福本伸行作品の各キャラの名言を収録した、おすすめ名言本↓

 

お前は「成功」という名の棺の中にいる…!

赤木しげる言葉

 

赤木「たぶんお前はこう考えていた・・・アルツハイマーなんかになっちまって
なんて赤木しげるはツイてない・・・かわいそうだと・・・!
だろ・・・?ところが・・・実はそうでもねぇ・・・!
そうかわいそうって訳でもねぇ・・・!
上から下を見下すようにあっさりそう決め付けられちゃちょっと不愉快だ・・・
俺からしたら・・・原田・・・お前のほうがかわいそうだ・・・!」
原田「はぁ・・・?かわいそう・・?どうして・・・?」
赤木「簡単だ・・・お前も気づいているだろう・・・薄々は・・・!
ろくに生きてねぇ・・・っ!
お前は 今 ろくに生きていないっ・・・!
苦しむぜ・・・それじゃあ・・・死の際・・・死の淵で・・・!

原田「あ・・・?どういうことだ・・・?かわいそうとか・・・
苦しむとか・・・ろくに生きてねぇとか・・・何いってんだ?
まるで分からねぇっ・・!」
赤木「だから・・・積み過ぎたって事さ・・・!
お前は成功を積み過ぎた・・・!

原田「おいっ おいっ 何を言い出すんだ・・・?
悪いってのか・・・?成功が・・・!
「失敗してろ」とででも言うのか・・・?
「勝つな」とでも・・・!」
赤木「ククク・・・そうは言わねぇ
勝つこと・・・成功は必要だ・・・!
生きていく以上・・・
どうしたって成功は目指さざるを得ないっ・・・!
それはいい加減に生きてきた・・・俺とて同様・・・!
何しろ死んじまうんだ・・・勝ってかないと・・・
だから目指す・・・!目指すさ・・・!それは仕方ない・・・
ただ・・・俺は成功を少し積んだらすぐ崩すことにしてきた・・・!
意図的に平らに戻すようにしてきた・・・
実は成功はなかなか曲者でよ・・・一筋縄じゃいかない・・・
最初の一つ二つはまぁいいんだが・・・10・20となると
もう余計・・・余分だ・・・!体を重くする贅肉のようなもの・・・
それを・・・お前はいいやいいやで無用心に積み過ぎた・・・!
動けねぇだろ・・・?
お前今・・・動けねぇだろ・・・?満足に・・・!

まぁ・・・最初は必要な意味ある「成功」だった・・・
勝つことによって人の命は輝き光を放つ
そういう「生」の輝きと成功は・・・
最初繋がっていた・・・!なのに・・・どういうわけか・・・
積み上げていくと・・・ある段階でスッとその性質が変わる
成功は生の「輝き」でなく枷になる
いつの間にか成功そのものが人間を支配・・・乗っ取りにくるんだ・・・!
「成功」が成功し続ける人生を要求してくる・・・!
本当は・・・あえてここは失敗する・・・
あるいはゆっくりする・・・そんな選択だって人にはあるはずなのに・・・
積み上げてきた成功がそれを許さない・・・!

縛られている・・・まるで自由じゃない・・・
それはなんでも出来そうに見える暴力.団組.長・・・
それも半端な組じゃない 関西で1・2を争う巨大組織の頂点・・・
原田克美でも変わらないっ・・・!
原田・・・正直に言ってみ・・・!お前今窮窮としているだろ・・・?
どんなに金や権力を手に入れたところで・・・
実は窮窮としている・・・!「成功」ってヤツは・・・
人を自由にしないんだ・・・ハダカを許さない・・・!
装うことを要求してくる・・・!
つまり・・・成功者・・・大物らしく振舞うことを要求してくる・・・!
となりゃあ・・・当然いちいちメソメソなんかしていられない
ましてお前は暴.力/団組.長・・・さぞや窮屈だろうぜ・・・!
悲しいときに泣けず・・・おかしくても笑えず・・・怒りがこみ上げても
安々と爆発なんか出来やしねぇ・・・!いちいち拳を振り上げてたら
命がいくつあっても足りない家業・・・
我慢をしているはずだ・・・!相当・・・!
そんなストレスのかたまりみたいな日々を
お前は堂々とこなしている・・・スケジュール通り・・・!
なんだそれ・・・?まるで分からねぇ・・・!
ありのままの自分がどこにもねぇじゃねぇか・・・

金や家来をいくら持ってようと・・・そんなもん俺は
毛ほども羨ましくねぇ・・・
みすぼらしい人生だ・・・!
生きていると言えるのか・・・?お前・・・それで・・・!」



スポンサーリンク




お前は「成功」という名の棺の中にいる・・・!
動けない・・・もう満足に・・・
お前は動けない・・・!
死に体みてえな人生さ・・・!

 

 

成功しすぎてスケジュールがびっしり、やりたくもない付き合いを繰り返し、本心がどこにも無い状態の毎日を送る原田へ赤木が遺した言葉。

築いてきた地位というものは、自分を本来の自分から少しずつ遠ざけてしまうものなのかもしれません。

 

勝たなきゃ悲惨がむしろ当たり前…!カイジの超名言まとめ
生命を賭けた極限のギャンブル勝負に挑むカイジの死闘を描いた「カイジシリーズ」。特徴的な語調で人生の教訓や社会の冷酷な本質を語る本作は大人気を博し、数々のカイジ本が発売されています。 カイジシリーズの作中でも特に破壊力が...

 

要するに動いてないのだ…!

赤木しげる言葉

 

命ってのはすなわち輝きなんだから、輝きを感じない人間は命を喜ばせてないんだなってすぐわかる。
どうして命が喜ばないかと言ったら、これまたひどく単純な話。
要するに動いてないのだ!
命の最も根源的な特徴は活動。動くってことだ。
動かなくなったら即 死なんだからよ。

 

そんなんじゃ何も始まらねえっ………!何でもいいから…話してみ………!
話せば動き出す…その動きの中で随時考えていけばいいんだ………
不完全でもやはり動く事が道を開くこと……… そうだろ………?

 

 

どうしてあなたの毎日がつまらないのかといえば答えは単純明白、あなたが止まっていて命を喜ばせていないから。人生の全般で常に思い起こしたい真理です。

賭博黙示録カイジの兵藤会長も、「命は丁寧に扱いすぎるとよどみ腐る」といった趣旨の名言を残しています。

賭博黙示録カイジ…焼き土下座や地下帝国や超名言を生んだ漫画
借金返済や大金獲得のために、命がけで特殊なギャンブルに挑戦する「賭博黙示録カイジ」。テレビ番組でもよく取り上げられるようになって、今や大勢の人が知っている漫画です。 「賭博黙示録カイジ」と、黙示録以降のカイジシリーズの...

 

女や酒、友人、家族…そんなものは、全部休憩だ…!

 

勝負が出来なきゃ・・・無意味だっ・・・!
勝負が・・・人生の全て!
女や酒、友人、家族・・・・
そんなものは、全部休憩だ・・・!
勝負と勝負の間の息継ぎに過ぎないっ・・・!

 

 

「ボケたって死ぬことはない、茶でも飲んで暮らせばいい」と説得する僧我に、

「勝負ができなきゃ無意味」と返す赤木。

たしかに、気を休めるだけの娯楽では、何かと戦っている時の高揚感や緊張感は味わえないと納得させてくれる言葉。

 

死んで、もし…全てが消えるのならそれまで…心配するにはあたらない…

赤木しげる言葉

 

死んで、もし・・・全てが消えるのならそれまで・・・
心配するにはあたらない・・・
もし・・・ある種の意識・・・「生」が残っているとしたら
生身の今より数段過ごし易そうだ・・・
どっちに転んでも・・・心配するにはあたらない・・・

 

大丈夫・・・おっかなくねえんだよ・・!
俺が・・・俺が先に死んでやるっ・・・!
綺麗に死んでやるから・・・!安心しろっ・・・!
だから・・受け入れてやれ死をっ・・・!
出来る限り・・・温かく・・・
迎え入れてやれ・・・!

 

俺が見てきた限りじゃ
あったかい人間はあったかく死んでいけるんだ

 

砂や石や水・・・通常 俺たちが生命などないと思ってるものも 永遠と言っていい 長い時間のサイクルの中で 変化し続けていて
それはイコール
俺達の計りを超えた・・・生命なんじゃないか・・・と・・・!
死ぬことは・・・
その命に戻ることだ・・・!



スポンサーリンク




手を離そう…生まれ落ち… 気が付いたら… 手にしていた…
この赤木しげるという幻想…意識…
手を離そう…もうそれから…!
今生の最後の別れは、他人に告げる事でなく…告げられる事でもなく…
俺が…俺自身に伝える…最後の言葉…!そうだ…!そう…!
完成だ…!
多分…人間は死んで完成する…!
俺はもう…俺自身ですらなくていいんだ…
離れる…!俺は…俺から…!
風っ…!
何だ…?この風は…
しかし…なんていい風なんだ…!
散っていく…俺もあの葉といっしょだ…!
あ…消える…消えるな…!
そうか…これが 死か…!
よし… 行けっ…!放たれろっ…!
飛散しろ…!赤木しげる…!

 

死ぬことは怖くない、いつでも死ねる
俺が恐れるのは俺が俺でなくなること
それだけはご免だ
そこだけは譲れない
たとえ勝つにしろ負けるにしろ
赤木しげるとして勝ち
負けたいのだ・・・

 

死ぬよ・・・俺は・・・!
命は二の次・・・
それより自分が大事だ・・・!

 

 

末期ガンに冒され、死の恐怖におびえる仲間・銀次に、これから自らの意思で死のうという赤木が遺した言葉。

人間は誰一人、死の運命からは逃れられず、死はとても恐ろしいものですが、これらの言葉を胸に一生を生きていけば、いずれ死の恐怖を克服できるかもしれません。

 

勝たなきゃ生き残れない!人生の全場面で使える勝負事で勝つ鉄則
受験で点数を競って合否が決まったり、好きな異性に告白して恋が成就したりフラれたり、会社の中で出世レースに挑んだり、人生の節目や日々のちょっとした事まで、私たちは「勝負」を繰り返して生きています。その事をはっきり自覚して生きて...
最強伝説黒沢 哀愁&感動!福本伸行の原点に返った人情物漫画
あの日…あの日… 分かってしまった……! 俺は唐突に…… 分かってしまった…! 感動などないっ…! 他人事じゃないか…! どんなに大がかりでも、あれ(※ワールドカップ)は他人事だ…! 他人の祭りだ…! 生...

スポンサーリンク

 

思うようにいかねぇことばかりじゃねぇか生きるって事は

赤木しげる言葉

 

そんなに悪いかな…?傷つくって…思うようにならず傷つくっていうかイラつくっていうか、そういうの悪くない…まるで悪くない…!
俺はいつもそう考えてきた…痛みを受ければ自分が生きてるってことを実感できるし、何より…傷つきは奇跡の素…最初の一歩になる…!
結局ハナっから勝つ人、負ける人なんていないんだ…
結果表れるだけ…勝ったり負けたりが…
決めるなよ…自分が勝てないなんて決めるなよ…

 

1どころか3はあるだろうよ…3%は生きたい…
未練がねえわけじゃねえさ…仕方のない3なんだ…
生きている以上、生きたいという気持ちは完全には消せない…
3くらいは混ざる…混ざらざるをえない…
まるっきりスッキリってわけにはいかねえ…
どう頑張っても混ざるものは混ざる…ならこれはもう…甘んじて受けるしか無い…
そう楽に死ねないと、諦めるしか無い…
これが死の味と、観念するしか無い…そう…これが死の味!

 

しかたないのさ… これも…!
無念であることが そのまま「生の証」だ…!
思うようにいかねぇことばかりじゃねぇか…生きるって事は… 不本意の連続…時には全く理不尽な… ひどい仕打ちだってある…!
けどよ… たぶん… それでいいんだな…
無念が「願い」を光らせる…!
嫌いじゃなかった… 何か「願い」を持つこと… そして… 同時に 今ある現実と合意すること…!不本意と仲良くすること…
そんな生き方が 好きだった…
たぶん… 愛していた… 無念を…!だから… いいんだこれで…!

 

 

上の言葉は自分の限界に傷つくひろゆきへの言葉、下の言葉はアルツハイマーで命を絶つことへの無念を表した赤木の言葉。現実というものは不本意の連続で、決して思い通りに運ぶものではないということ、そして、そういう現実の痛みに苦しむこともまた良し!と、この世を肯定的に捉えられる名言。

 

青年期の赤木しげるの活躍を描いた漫画「アカギ」

 

青年期のアカギの名言

そうたやすく…恐怖心は消えない……一度心が恐怖に侵食されると…
そうやすやすとその弱い意識 流れから抜けられない……!
…となれば……
狙い打ちさ そんな心は……!

 

見えてる人間は選べるんですよ・・・・!
見えていることをそのまま知らせること、見えていないときに見えている振りをすることそして、見えていても見えていないと装うこと・・・!
ある牌を一巡遅く切るかどうかで・・・・・自在っ・・・・・!敵の思考を・・・・・かなり自在に操作できる・・・・!

 

まるで白.痴だな……八木さん……
例え間違いでもオレがあの局面で牌を倒したりするもんかね…
信用するなよ……人を…

 

焼かれながらも・・・人は・・・そこに希望があればついてくる・・・・!

 

死ねば助かるのに・・・・・・ただ・・・・・・今・・・・・・気配が死んでいた・・・・・・
背中に勝とうという強さがない・・・・・・ただ助かろうとしている・・・・・・
博打で負けの込んだ人間が最後に陥る思考回路・・・・・・ただあんたは怯えている

 

なんでもいい 手段は選ばない
地獄を一度くぐっちまうことさ南郷さん
ツキの女神はいつだってその先にしゃがみこんでいる

 

いわばこの取り引きが成立すると勝手に決めて戦う手をおろしてきたって訳だ
つまり今 奴の手は戦う形になっていない
なら……進もう……!奴が退いた分 前へ
この四暗で刺す…!

 

 

赤木しげるの少年~青年期の活躍が描かれる「アカギ ~闇に降り立った天才~」。

生まれて始めて麻雀をやってからたった数時間で、プロの代打ちを撃破。

その数日後に、麻雀の裏プロの世界でも5本指に入る達人を倒すなど、若い頃から常軌を逸した才能を発揮していました。

中年の赤木しげるいわく、この若い頃の方が強かったとのこと。

若い赤木は、中年期の赤木とは麻雀の打ち方が異なり、「自身の打ち筋を調整することで、対戦相手の思考を操作」したり、「自身がリーチをかけた後、運悪く相手のロン牌を引いたら、そこで死ぬ、というハイリスクすぎる手段も平気で使う」といった感じです。

対戦相手からは、このような方法で戦う赤木は「悪魔」と評されています。

 

 

卓越した頭脳と才覚で戦後日本をのし上がり「闇の王」と称される富豪の老人・鷲巣巌と、非常に長い麻雀戦が描かれます。

鷲巣巌は、麻雀の技術は赤木には及ばないものの、人智を超えた剛運で次々と急所牌を引き当てる異常なスタイルの麻雀を打ち、総合力は赤木と同格と言われています。

 

 

漫画をスマホで無料で読める

 

スマートフォン用の無料漫画アプリ「マンガワン」で、たくさんのマンガを無料で読むことができます。

 

人気連載作品例
「MAJOR」
「闇金ウシジマくん」
「マギ シンドバッドの冒険」
「ケンガンアシュラ」
「ヒトクイ -orogin-」
「心が叫びたがってるんだ。」
など
(配信終了している場合もあるのでご了承ください)

 

その他の大量のマンガも無料で読むことができるので、とてもおすすめです。

無料の「マンガワン」アプリ公式サイト↓

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
無料








おまけ:その他、「天」での赤木しげるの名言

 

お前 この世で一番うまいもの何だか知ってるか?
たとえば麻雀だ…世の中には頓狂な奴がいてよ こんなラチのあかねえ遊戯に 自分の分こえた大金 人生さえ賭けちまう奴もいるのさ……
まあそんな奴だから…頭は悪いんだけど……勝ちたい気持ちはスゲェーもんだ…
終盤戦…勝負処での大事な一打にバカは バカなりに必死さ…
もてる全知全能をかけて考える 決断して そして躊躇してそれでもやっぱりこれしかない……て そりゃもうほとんど自分の魂を切るように打つパイがあるんだよ
その魂の乗ったパイ そういうパイで和了ること…
それはまるで人の心を喰らうようだ…
この世じゃ人の心が一番うまいんだ……

 

信じると捨てるは同じ事・・・
自分の本心に沿って執着を整理していくと
いつの間にか自分を信じ同時に捨てている
同時だ・・・
分かつことは出来ない・・・!

 

覚えておくんだ・・・ヤー.公・・・・。3人で囲めば圧勝できるだと・・・。バカじゃねえのか・・・・・?
そういうこざかしいことと無関係の所に・・・強者は存在する・・・!

 

考えるな・・・!
「負け」の可能性なんて・・・!
負けたときは・・・
反故にしちまえばいい・・・!
お前にはそういう・・・
ズルいというか・・・
いい加減なところがない・・・
臨機応変・・・
柔軟になればいい・・・もっと・・・!
真面目であることは
悪癖だ・・・!

 

これから試されるのは、今お前が持っているような勝とうとする意思じゃない・・・
そんなもの邪魔なだけだ
ただ・・・普通にいつもの打ち方をする
そういう事が試される
平常心!
見失うなよ・・・自分を

 

自分の身とひきかえならば・・・
どんな違法も通るという誤解・・・
それで責任をとったような気になるヒロイズム
とんだ勘違いだ・・・
責任をとる道は身投げのような行為の中にはない
責任をとる道は・・・
もっとずーっと地味で全うな道・・・

 

弱気に流れている人間は理に頼ろうとする、直感に頼ることが出来なくなる…

 

チキンランでアクセルを踏み込む時・・・
大穴に有り金を突っ込む時・・・
微かによぎる・・・破滅・・・それ自体を求める心・・・!
死んでしまうこと自体への希求・・・!そんな説明不能な危ない気持ちが・・・
まるでゼロと言い切れるだろうか・・・・?
とりあえず・・・俺にはあった・・・!

 

オレは…
偏っているっ…!
オレは… 唯一…
それを誇りにここまで生きてきた…!
僧我…
分けたら… 死なせろ…!
唯一…それだけが…
俺に残された道なんだ…!

 

「進む」ことが強いときもある。
しかし今この状況で強さとは踏みとどまることだ・・・

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント