ADHD…集中力と注意力の欠如等の脳機能障害症状とその対策解説

スポンサーリンク

adhd症状

 

やたら落ち着きのない子どもが「ADHD」だと診断されることが近年増えてきました。ネット上でもADHDの方の報告をよく目にします。

ADHDとはどのような障害なのか?調査したので、ADHDについて解説します。

 

スポンサーリンク

ADHDの主要な3つの症状

ADHDの症状

 

「集中力」が低い

ADHDの主要な症状であり、興味の対象がめまぐるしく変化するため、1つの物事に長時間集中することが難しい。

こうした集中力の低さは「多動性」と表現され、多動性によって1カ所にじっと座っていることができなかったり、常に貧乏揺すりのようなことや指で机をリズミカルに叩き続けるようなことをしてしまう。

スポンサーリンク

 

 

「衝動性」が高い

衝動的に行動してしまうので、たとえば対人コミュニケーションでかんしゃくを起こしやすかったり、思った事をすぐに口に出しやすくなる。

衝動買いをしやすくなったり、計画立てた行動が難しい、といったデメリットも出てくる。

 

 

「注意力」が低い

ADHDの最もやっかいな症状で、「やるべき物事をすぐに忘れてしまう」「ケアレスミスが非常に多い」「物をすぐに無くす」「順序立てた行動が難しい」といったことを起こす。

スポンサーリンク

 

 

 

「ADHD」とは

ADHDとは症状

 

ADHDAttention Deficit / Hyperactivity Disorderの頭文字を取られた呼称で、日本語での正式名称は「注意欠陥・多動性障害」。


ADHDを抱えている人は、上記の解説のように、「集中力」「衝動性」「注意力」に問題を抱えている。

ADHDの症状の中の多動性(Hyperactivity)が無いバージョンの「ADD(注意欠如障害)」も存在する。

スポンサーリンク

平成24年の文部科学省の調査では、小学生の6.5%が発達障害を抱えている可能性があると示された。

「発達障害」とは、頭脳や精神のどこか一部が、発達が不可能もしくは年齢の割に発達が緩慢である状態を意味する。ADHDの他の発達障害として、「アスペルガー症候群」「学習障害」が挙げられる。

学習障害?アスペルガー?発達障害のわかりやすい症状解説
ネット上でよく目にする、「発達障害」という言葉。発達障害でない人達にとっては、いずれ治る病気なのか、生まれ持った障害なのか、具体的に何を指すのか、よく分からないと思われます。 発達障害の症状や、発達障害でいて困ることな...

 




ネット上で語られる、ADHDでいて困るポイント

 

ADHDで最も困るのは脳のワーキングメモリ容量が極端に少ないこと。
そのせいで、同時に複数のことをやるという行為が無理。

 

「短期記憶」が絶望的に機能してくれない。
10秒前に言われたこと・考えたことをもう忘れてしまっている。

 

自身がADHDであることを自覚すると、劣等感にさいなまれて自分が苦しい。
自身が無自覚だと、周りが振り回されて周りが苦しい。

 

周りに疎外されたり小馬鹿にされたりすると、うつ病みたいな二次障害が起こりやすくなる。

 

教えられたことを忘れないように「メモした事実」「メモを置いた場所」さえ忘れる。

 

 

どんどん色々頭に浮かぶから、いちいちそれらが気になってしまってそれらに手を出すことの繰り返し。
一貫した行動が不可能。
複数のアイデアが求められる仕事やシーンでは活躍できるかもしれない。

 

 

「注意できない」というのが完全に致命的。
「よし、注意するぞ!」というところで意識が止まってしまって、その先の具体的な注意行動が無理。

 

ADHDの原因は「脳が部分的に縮小」している可能性

ADHD原因脳

 

ADHDを抱えている人の脳で、機能不全が疑われている部位

  1. 「右前頭前皮質」:注意をそらさずに我慢し続けること・時間の感覚や自意識に関連する部位
  2. 「大脳基底核の尾状核と淡蒼球」:反射的反応をおさえることに関連する部位
  3. 「小脳虫部」:動機付けに関連する部位

 

 

ADHDを抱えている子ども達は、脳の「右前頭前皮質」「大脳基底核の尾状核と淡蒼球」「小脳虫部」が有意に縮小していることが確認されています。

一卵性双生児の間で極めて高い頻度でADHDが発症し、血縁者にもADHDを抱える人間が多い事実から、遺伝によってADHDを抱えるようになると推定されています。

 

発達障害と診断されたら障害者手帳の申請など支援を受けよう
「衝動性が強く、大事な事を憶えていられない、集中力がない」といった症状を呈する発達障害が、少しずつ社会で問題視されるようになってきました。 発達障害を抱えている方は、「障害者手帳」を申請して手帳を取得すると、大幅に減税...

 







ADHDは、専門の薬で症状緩和が可能

 

コンサータ

コンサータの薬効があるうちは、ADHDの「集中力の低さ」「多動性」「不注意」の症状が大きく緩和されます。

コンサータは、脳の神経細胞に作用し、神経伝達物質・ドーパミンの再取り込みを阻害するため、ドーパミンの効果が持続しやすくなって、その結果集中力が保たれやすくなります。

 

 

ストラテラ

ストラテラの薬効があるうちは、ADHDの「集中力の低さ」「多動性」「不注意」の症状が大きく緩和されます。

ストラテラは、神経伝達物質・ノルアドレナリンの再取り込みを行うトランスポーターの働きを阻害します。このトランスポーターはドーパミンの再取り込みも同時に行っているので、ドーパミンの再取り込みが阻害されることでドーパミンの効果が持続しやすくなって、その結果集中力が保たれやすくなります。

 

 

発達障害を取り扱うタイプの心療内科を受診し、発達障害を抱えていると認められれば、上記の「コンサータ」「ストラテラ」を処方してもらうことができます。

コンサータは中枢神経に直接作用する強い薬剤なので、すぐに効果が実感できますが、服用しすぎると依存を引き起こす危険があります。

ストラテラは神経を刺激せずにトランスポーターに働きかけるので、効果が出てくるのには数週間がかかります。そのぶん、神経への刺激や副作用の危険が少ない薬剤です。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント