お金の為や家族の為…あなたの心を強く支える、4つの働く理由

スポンサーリンク

働く理由

 

自分が働く目的・理由も無く、ただばく然と働き続けていると、心の支えが無いので精神的に酷く疲れたり、ある日心がぽっきり折れてしまいます。

仕事をする上で心を強く支えてくれる、おすすめの「働く理由」を4種類解説します。

 

スポンサーリンク

働く理由1「お金のため」

働く理由金

 

「働く理由」をお金のために設定することのメリット

  • 仕事はお金を得るため=仕事は自分の欲望を満たすためのお金を得る手段、と割り切ると仕事での多少の困難も受け入れやすくなる
  • 「他者への奉仕」「やりがい」「社会貢献」といったあいまいなものを働く理由に設定しても目的達成が困難だが、お金のためなら目的達成が容易
  • お金のためと割り切ると、仕事のモチベーションを保ちやすくなる
  • お金のためと割り切ると、仕事に私情を挟まないようになり、危険な目に遭うことが少なくなる

 

 

仕事でたくさんお金を稼ぐようになると、生活水準が上がったり、趣味に使えるお金が増えたり、美味しい物を食べられるようになり、満足度の高い人生を送れるようになります。

 




働く理由2「家族を養うため」

働く理由家族を養うため

 

「働く理由」を家族のために設定することのメリット

  • 妻(もしくは夫)や子どもを支えている、という自負が誇らしく感じられる
  • 家族を築き、維持しているということのやりがいは非常に大きい

 

 

結婚して家庭を築き、子どもをもうけて、子どもを育てていくという行為は、仕事をして多額のお金を稼いでいないととうてい無理です。難易度が高く、やりがいと意義がある、大事な行為と言えます。

自分が働く目的を家族のためと設定することは、日々の仕事と自己の人生に張り合いが生まれてきます。

スポンサーリンク

 

 

働く理由3「自分自身のため」

働く理由自分自身のため

 

「働く理由」を自分自身のために設定することのメリット

  • 自分の夢・目標の実現のために働く、という行動は長続きしやすい
  • 自分を大事にした上での職業選択は、自分の才能・特技・願望を活かした仕事に就きやすくなる
  • 仕事では利己的な人ほどお金を稼げる傾向がある
  • 自分の目的のため、という働く理由なら、仕事で多少理不尽な目や嫌な目に遭っても耐えやすい

 

 

自分自身の夢・願望・性格的特徴に合わせて仕事をすることは、自分の望むとおりの人生を歩めることが多くなります。

自分の人生で何らかの大願を持っていたり、際だった才能や、とても好きなことがある人は、ぜひとも働く理由を自分自身のために設定しましょう。

 

就職&転職時に必見!長期視点なら仕事は金よりやりがいが重要
就職・転職するにあたって、「お金」を取るか、それとも「好きなこと・やりがい」を取るか、どちらを取るか迷う方は非常に多いと思われます。 色々な観点から考察するに、仕事にはお金よりも、やりがいの有無の方が重要ということが分...

 

働く理由4「社会とのつながりや社会貢献のため」

社会貢献働く理由

 

「働く理由」を社会のために設定することのメリット

  • 仕事がもたらしてくれるモノは、お金以外に、社会への帰属意識・社会とのつながりという恩恵が大きい
  • 子どもの頃から今まで自分を助け続けてくれた社会への、恩返し、という気持ちの良い動機が生まれる
  • 積極的に社会に貢献していると、その姿勢をみんなに評価されて、尊敬されたりしたわれて友人が増えることが多くなる

 

 

一生働かなくても良いだけのお金を持っていても、会社で会社員を続けたり、バイトのような軽い労働に従事する人が多い、というのは有名な話です。

スポンサーリンク

労働を通じて得られる人と人との繋がり、社会に貢献しているという事実と自覚も、仕事をする理由として非常に魅力的です。

 







働く理由についての、ネット上の重大ヒント

 

いくら自分が好きな趣味でも、毎日毎日それをやっているとすぐに飽きて嫌になる。
日々仕事をして適度に大変だからこそ、初めて趣味が趣味として価値を持つようになる。
娯楽を引き立てるための要素として、仕事は重要。

 

毎日が日曜日状態だと、1ヶ月程度で焦燥感にかられるようになり、
すぐに鬱屈した気分の毎日がやってくる。
働いていて、オンとオフがあるメリハリのある日々の方が、心がよっぽど楽だよ。

 

「労働が人生においてマイナスである」という常識を捨てろ。

 

「仕事は、お金を稼ぐために仕方無くするもの」
「楽な仕事、楽しい仕事なんか無い」
って思い込んでいると損するよ。
この世には星の数ほど仕事の種類があるし、自分の能力や立ち回り次第では、やりたい仕事に就ける。

仕事ってそんなに悪いものじゃないです。前向きな仕事の名言
世の中には星の数ほどの職種と会社がある どれかひとつぐらい、これやりたいな~って職業ないのか? 仕事は金を稼ぐために我慢してやるもの、楽な仕事なんてない っていう間違った考えだから、働きたくないんじゃないの? ネット上にはブラッ...


 

おっさんになるまでにやっておくべきことは
「自分は、何のために働いているか?」
という疑問の答えをはっきりさせておくこと。

これをやっておかないと、30代半ばくらいから「自分は、本当にこれで良いんだろうか…」と不安な日々が続くようになる。

みんなが会社を辞める理由は?仕事上の人間関係の問題が多い
大卒者が新卒で会社に就職したとしても、3年以内におよそ3割がその会社を辞める、という統計上のデータがあります。しかもこれからは終身雇用制の崩壊と非正規社員の増大で、日本の雇用システムはますますアメリカ式の「1つの会社に長期間...

 

20歳を越えた大人が、両親と同居していても、
あれこれ干渉されるのがうざったくて仕方がないようになる。
これを解決するには、仕事をしてお金を稼ぎ、独り暮らしをして自立するしかない。

 

突然立ち止まり、人生の意味を悶々と考え出したりすると、
その後の結果はほぼ100%が現状よりも悪いものになる。
それを防止する意味でも、日々忙しく働くことが必要。

 

幸福とは、その人間の希望と才能にかなった仕事のある状態をさす。
不幸とは、働くエネルギーがありながら、無為な状態にあることをさす。

 

やりたいことで稼いでいく生活は、一部の才能がある人以外には難しい。
だとしても、「自分の得意な能力を発揮できる種類の仕事を選択すること」は難しくない。
自分の力を発揮できる種類の仕事を見つけて働いた方が、成果が上がりやすいし、精神衛生にも良い。

 

働かないニート達が、働かない理由は、
労働したくないというものよりも、面接が恐いとか大勢に囲まれる職場が恐い、という理由の方が多いと思う。
なので、自宅で独りで働ける方法を模索してみてはどうだろうか?ネットが利用できれば色々と選択肢はある。

 

働かないニート達がどんな精神状態になるか知ってる?
社会が悪い!国が悪い!自民党が悪い!総理が悪い!中国韓国が悪い!
って毎日毎日ネット上でわめいているんだよ。
親に飼われるみじめな毎日のせいで、鬱憤が溜まって性格がゆがんで、エネルギーの使い方を完全に誤るようになる。
そんな風にならないためにも、人間は働いて自立しないといけない。

 

自分の力でお金を稼ぎ、自活する、というのは
自分の自尊心と人生を守る上で極めて重要。
親に養ってもらうしか生きるすべが無い人は、生殺与奪を全て親に握られている、極めて危うい状況。ペットとかと同じ状況。

 

海外の国民と違う、日本人の特性は、
「何のために生きるか、何のために働くか、という哲学」
がなさ過ぎること。

そのことをきちんと自覚し、「自分は何のために働くか」の問いの答えを意図的かつ早急に設定するべき。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント