ニートになるきっかけ…就活失敗や中退が原因でレールから脱線

スポンサーリンク

ニートきっかけ

 

ニートになったきっかけは、「就職活動が失敗した」事を筆頭にして、何通りかにパターン化されています。

ニートになりやすくなる危険なきっかけを知っておけば、そのきっかけを警戒することで、ニート化を防ぎやすくなります。

ニートになるきっかけを調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ネット上のニート達が明かす、ニート化のきっかけ

ニートになるきっかけ

 

「就活」をいっさいしないまま大学を卒業し、既卒になって、新卒資格を喪失した。

 

大学で、友達がいない「ぼっち」だったため、
就活の情報が共有できず、就活のやり方が分からずに卒業後ニートへ。

 

 

学校で、集団についていけない自分の無能さ・容姿の悪さを自覚し、
学校へ通えなくなりニート。
人生のどこかで、「劣等感」にさいなまれて、恥の意識からニート化した者は相当に多い。

 

単純に、
「働くという行為が嫌で嫌で仕方がなかった」。

 

 

「大学受験の浪人」
を何年も続けたせいで、気持ちがダレて勉強しなくなり、ニートになった。

 

 

若い頃に、
「フルタイムでアルバイトをする日々」
続けたせいで、年だけ食って正社員就職が無理になり、やる気を無くしてニート。
流されるままにフリーターを続けるのは本当に危険。

 

きちんと正社員就職をしても、
「対人恐怖症」とか「社会不適合者気質」のせいで、会社を辞めてニート。
こういうパターンも実は多い。

 

会社を辞めた後、
「面接で落とされ続ける」せいで、もう履歴書を書いたり面接へ行くのが嫌になってニート化。

 

 

貧困だったり片親だったりして「家庭環境が悪すぎる」と、
無気力に育ったり、うつ病みたいな精神疾患を発病してニートになりやすい。

 




県調査の結果、「就活の失敗でニート化」することが多い

 

  • ニートやひきこもり状態になったきっかけは「就職活動がうまくいかなかった」が最も多く(31.4%)、次に「人間関係がうまくいかなかった(17.1%)」、「病気やけが(14.3%)」
  • ひきこもりになりやすい時期は「中学を卒業した時点」と「20代前半~半ば」の2つの傾向が強いことが判明した
  • ひきこもり状態になったのは「15~19歳」が全体の40%、次に多かったのが「20~24歳」で全体の22.9%
  • 「幸せに暮らせるようになるには何が必要か」という質問には、ニートやひきこもり状態にある半数以上の人が「悩みや心配事を相談できる人が身近にいること」と回答した

県調査で、県内に住む15~39歳の男女2435人に意識調査

 







「就活失敗」と「集団からの脱落」がキーワード

ニートになるきっかけ

 

就職活動での失敗→自信とやる気喪失でニートというのが最多のパターン、

スポンサーリンク

次いで、大学や会社が何となく嫌になって、そのまま少しずつ所属している集団・社会からフェードアウトというパターンが多いようです。

こうしてニート化のきっかけを見ていると、「レールに乗った人生」というのは自分の身を守るための大切なコースであると感じさせられます。際だった能力の無い人がコースから脱線すると、そのまま再起不能になりがちです。


ニート化しそうな予感を抱いている方は、この2パターンに特に注意すると共に、子をもつ親御様も、就活に失敗しないか、不登校のまま中退してしまわないかに注意していただきたいと思います。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント