司法浪人…司法試験難易度や五振制の決まりから容易に浪人化

スポンサーリンク

司法浪人悲惨末路

 

弁護士といえば高収入・高ステータスといったイメージが強く、しかも法律の力で我が身を守れるために暴力や不当な行為もされないという社会の強者…。

弁護士に憧れて超難関の司法試験に挑戦しつづけて、司法浪人を続けて悲惨な末路をたどる人は多くいると聞きます。

司法浪人について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

新司法試験の受験資格を得るだけでも長い年月が必要

司法浪人悲惨末路

 

「新司法試験の受験資格」を得るための、2種類のルート

「法科大学院」を出るルート

  1. 四年制大学を卒業し、「学士」の学位を得る↓
  2. 法科大学院(別名、ロー・スクール)の入試に合格する↓
  3. 法科大学院で、原則3年間勉強をし、修了すると、「新司法試験の受験資格」と「法務博士の学位」を手にすることができる

 

まず、はじめの法科大学院の入試に合格する段階から、専門の予備校に通ったり、試験に不合格で浪人する人が続出します。

法科大学院に入った後でも、講義の難しさゆえに単位を落としたり、留年する人が後を絶ちません。

スポンサーリンク

3年間でストレートで修了できる人は全体の一握り、1割程度といった具合のようです。

 

 

「予備試験」に合格するルート

  1. 「短答式試験」を受験する。合格したら、次の「論文式試験」を受ける権利を得る↓
  2. 「論文式試験」を受験する。合格したら、「新司法試験の受験資格」を手にすることができる

 

「短答式試験」の合格率は例年で約20%程度であり、

「論文式試験」の合格率は、例年で受験者の約20%となっていて、

予備試験の合格率は4%前後とされています。(平成25年度の合格率が3.8%、平成26年度の合格率が3.4%、平成27年度の合格率が3.8%、平成28年度の合格率が3.8%)

スポンサーリンク

予備試験を通して「新司法試験の受験資格」を得るルートは、法科大学院に入る必要がありませんが、合格率が非常に低い超難関試験に合格しなくてはなりません。

 




極めて難しい、新司法試験

司法浪人悲惨末路

 

新司法試験の難しさの概要

  1. 「短答式試験」で7科目の試験がある(憲法・行政法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法の7科目)
  2. 「論文式試験」で8科目の試験がある(上記の7科目に加えて、倒産法・経済法・知的財産方などの中から1科目を選択する、8科目)
  3. 新司法試験はそれぞれの問題文章が非常に長いことが特徴的で、問題を解いていてイライラ・くらくらするのは必至
  4. 「短答式試験」で合格点を取れなかった場合、次の「論文式試験」の答案はそもそも採点されない
  5. 「論文式試験」では「足切り」の制度があり、仮に8科目のうちどれか1科目でも合格基準点(満点の25%)を下回ってしまうと、ただそれだけで「論文式試験」が不合格にされてしまう



スポンサーリンク





新司法試験の合格率は、おおむね23%程度です。(平成25年度の合格率が26%、平成26年度の合格率が23%、平成27年度の合格率が23%、平成28年度の合格率が23%)

法律の条文や条例を取り扱う試験だけに、膨大な暗記量が必要なので、もともと試験問題自体が非常に難しいといえます。

スポンサーリンク

そのうえ、科目数が多く、そのせいで得意不得意が生じやすいのがネックです。不得意科目からあると、その科目の得点が低くなるせいで総合得点が低くなり、危険です。

さらに、「論文式試験」で、8科目のうちただの1科目も足切りされるわけにはいかないので、相当のプレッシャーと戦うことになります。

 

弁護士…司法試験突破が極めて難しい、法律のプロの高年収仕事
「弁護士」という職業に就くためのステップや弁護士の年収、弁護士の仕事をとりまく状況について調査したので、分かったことを報告します。 「弁護士って仕事はどんな感じ?」へのネット民の意見 もちろん、無実の...

 

以上から判明する司法浪人が長期化&泥沼化しやすい理由

 

「新司法試験の受験資格」を得るまでに時間がかかる

法科大学院の入試に合格するまでに、長期的に予備校に通ったり、不合格になったらまた来年受け直しと、すでにこの段階で長い時間がかかります。

法科大学院も3年間でストレートで修了するのは困難で、ここでも3~5年程度がかかるようです。

 

 

新司法試験の受験にはとにかくお金がかかりまくる

国立大学の法科大学院でも、年間に80万円程度の学費が必要です。大学院の場所によっては年間200万円もかかるところもあります。

新司法試験に合格するには法科大学院の講義だけでは不十分なので(法科大学院では「論文式試験」の対策講義はなされないため)、予備校にも並行して通い、予備校の学費も別途にかかります。大手法曹予備校の学費は、年間で100万円程度です。

法科大学院で留年したり、予備試験に合格できずに予備校に通い続けると、多額のお金が飛んでいき、どんどん経済的に追いつめられていきます。

 

 

新司法試験の高難易度と、五振制という制度

上の項目で解説した通り、新司法試験の試験問題はすさまじい難易度です。合格率は23%程度で、法科大学院を修了したり予備試験に合格したエリートでさえ、3/4程度の割合は不合格となります。

さらに、新司法試験には「五振制」という制度があり、新司法試験を受けられる回数が5回まで、と制限されています。

このため、「今年は合格する自信が無いし、下手に受験して、不合格になって、無駄に受験限度回数を減らすのはまずい」という考えから、新司法試験の受験を見送る人がかなり多いそうです。(たとえば、2010年度では、司法試験出願者が11000人、試験当日に受験をしなかった人が3000人)

この、新司法試験の難易度の高さと、五振制という制度が組み合わさって、何年も合格できずに司法試験浪人を続ける人が続出する事態となります。

それって逃げじゃない?難関資格挑戦でどつぼにハマる無職達
勉強ができて有名大学を卒業したまでは良かったものの、コミュニケーション力の不足で就職できなかったり、会社の人間関係に耐えられずに退職した人達が陥りがちなのが「難関資格」への挑戦。 とりあえず得意な勉強をしているので安心...

 

 

以上のような事実から、各段階に必要な期間と学費をおおざっぱに見積もって、

22歳で4年制大学を卒業、↓

5年をかけて法科大学院を修了(この時点で27才)、↓

そこから3年連続で新司法試験に不合格となる(この時点で30才)、

という「30歳で無職かつ職歴なし&法科大学院や法曹予備校の学費で数百万円のお金を費やしてしまった」状況が容易に実現するのです。

新司法試験への挑戦から撤退しようにも、新卒資格も職歴も無い30歳が、まっとうな企業に就職するのはほぼ無理なので、司法試験へ挑戦すると、かなり高い確率で人生が詰みます。

スポンサーリンク

 

ネット上で語られる司法浪人の末路


 

司法試験へ挑戦するくらいだから、
かなり勉強はできるんだろうとは思う。
ただし、勉強ができることと、商才や世渡りの才能は無関係だから、
「司法試験浪人でも、頭が良いんだから、起業なりなんなりすれば良い」
というアドバイスは間違っている。

 

有名大学を出ている高学歴が司法試験に挑んでしまうことが多い。
もしもいつまでも合格できないでいると、以後は生涯フリーターみたいな、
有名大卒業→新卒で大企業入社、という本来の人生ルートよりもよほど悲惨なことになる。

受験勉強のレールが消えて途方に暮れる働けない高学歴無職達
ネット上では、驚くような高学歴を持ちながら無職・ニートに甘んじている人達が大勢います。 どうやら、高学歴というのはメリットのみだけでなく、気負いや、肥大化したプライドや、周囲に求められるハードルが上がったりで、それなり...

 

なまじ勉強ができたり、高学歴だったりするから、
高いプライドをこじらせて、低学歴の人でもできる仕事はお断り!状態になってしまうらしい。

 

警備員の仕事に就くと判るけれど、
警備の世界には、司法試験撤退組&公務員試験撤退組の職員がめちゃくちゃ多い。

 

司法試験に限らず、あらゆる試験について同じ事が言えるけれど、
2年続けてダメだったら、その道はすっぱり諦めた方が良い。
そうしないと、浪人5年・10年ということになりかねなくなるし、気持ちもダレて余計に合格できない。

もはや一種の現実逃避…無職ニートが資格勉強にハマる4大理由
難関資格合格のための勉強や公務員試験浪人は、現実的な就職や、自分の限界や本当の実力という現実と向き合うことから逃げる現実逃避の性質が強いのでやっかいです。しかも現実逃避だけにとどまらず、経歴の空白期間が拡張されてより就職しに...

 

現代は、弁護士の数が飽和しすぎていて、
司法試験に一発合格できなかった有能以外には、まともな就職先や仕事がない。

 

昔から、
「高学歴の人が、司法試験に突っ込んで、合格できずに人生が破壊される」
っていうのは、高学歴の一番ダメな失敗パターンって言われているんだよな。

 

 

司法試験浪人のその後の人生でありがちなのは
「塾講師」。

勉強の出来ない子ども達を、一段高い教壇の上から見下していく人生を送る。

 







もはや弁護士が左うちわでいられる時代は終わった!!

司法浪人悲惨末路

 

近年、弁護士の仕事ががくっと減ってしまっています。

 

新受件数(裁判所で受理された訴訟件数)

  • 2000年:約553万7千件↓
  • 2013年:約361万4千件

 

新受件数が大幅に減っているのに、新人弁護士の市場供給が過多になってしまっているので、新人弁護士の多くが仕事にありつけない無職同然の状況になっています。

弁護士事務所の打つ「消費者金融への過払い金の請求をします!」というCMが増え、依頼者にとっては救いのお金となる過払い金の半分程度を報酬としてふんだくるなど、えげつないと思われる弁護士の仕事も増えてきています。

さらに弁護士と活動分野が被っていて、仕事のパイを奪い合う「司法書士(※不動産や法人の登記の代理や、裁判所・法務局へ提出する書類を作成する国家資格職)」との戦いで互いに消耗してしまっています。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント