フィギュア…好きな二次元キャラを三次元で!仲間を呼ぶので注意

スポンサーリンク

フィギュア収集趣味

 

アニメや漫画や特撮の世界からそのまま飛び出してきたかのような高い再現性とリアリティーと可愛さ・かっこよさ…それが日本の「フィギュア」です。

深夜アニメが年々クオリティーアップしているように、フィギュアも目覚ましい進化を遂げています。

フィギュア趣味や日本のフィギュア事情について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

フィギュア趣味に対する、ネット上の意見

フィギュア収集趣味

 

フィギュアの存在意義って、
「使う」とか「役に立つ」とか、そういう種類じゃない。
フィギュアを机に飾っておいて、作業の合間にちらっと見ると、
何だか少し幸せな気分になれる。
そういう存在。

 

2010年以降に発売されたフィギュアは、
マジで出来が良いよね。
細部の造形・顔の原作再現度・身体全体の造形美のレベルがどんどん上がっている。
心奪われてつい購入してしまっても不思議じゃない。

 

 

フィギュアは好きなんだけど、
机とか棚のスペースを占領するから、けっこう邪魔なんだよな。
部屋の掃除をする際に、その邪魔さが顕著になる。
好きなんだけど、邪魔。邪魔なんだけど、好き。



スポンサーリンク




スポンサーリンク

ねんどろいどは、本当にフィギュアの初心者向けって感じ。
食玩みたいな出来の物体だから、ディープなフィギュアマニアには全く物足りない。

 

「買ったフィギュアが、トイ・ストーリーみたいに、夜とか留守時に動いてるんじゃないか?」
「好きなキャラのフィギュアを買った=好きなキャラが家に遊びに来てそのまま住んでくれた」
こういう想像をあれこれ楽しめるのも、フィギュアの趣味の醍醐味のひとつ。

 

 

大正義・アルター。
価格は高めだが、アルタークオリティーに慣れると、他のメーカーのフィギュアはもう買えん。

 

フィギュアにハマると、
次は、フィギュアを綺麗に撮影するためのカメラ趣味(一眼レフやレンズ)、ドール趣味に移行しやすくなる。
どちらもお金がかかりすぎるので危険。

 

ドール趣味は満足度は大きいが、
厄介さもフィギュア趣味とは段違い。
よく言われる金食い虫の性質はもちろん、
そのドールにずっと愛着・執着を込めてきたから、のちのち不要になっても、呪われそうで捨てることができない、など。
人型の物体には、いろいろと宿りやすい。

ドール趣味…娘を手に入れるような楽しさ&非常にお金がかかる
ドールを購入して、眺めたり、写真撮影したり、ドールの服をもっとおしゃれなものへと交換して楽しむという「ドール趣味」のあれこれについて調査したので、分かったことを報告します。 「ドール趣味」についてのあれこれのネット...

 

ドールは貴族の趣味。
金がどんどん飛ぶから、貧乏人は手出し無用の世界。
しかも、人気のドールは、
予約スタート→一瞬で全て予約されてしまって、価格が高い安い以前に買う権利すら得られない、
という世界。
ドールは、色々と難しい世界。

 




すごいフィギュアの写真例

 

 

 

 

 

 

 

大型フィギュアを買い集める際に心がけたい4つのこと

フィギュア収集趣味

 

 

1.最初の数体は「試し買い」を推奨

1/8スケールクラスの大型フィギュアは、3体~5体程度買って、ようやく自分が本当に求めているタイプのフィギュアを理解することができます。

自分好みの「フィギュアのメーカー」「造形の方向性」「デフォルメ志向かリアル志向か」などが数体買うことでだいたいしぼれてきます。

スポンサーリンク

なので、最初に購入した数体は、のちのち無駄になることが多いです。最初は中古の安物フィギュアを3体~5体、実験的に買って、損害を最小限に抑えることを推奨します。

中古商品好きはココに集え!超安くて商品買取も便利な駿河屋
とにかく異常に中古商品が安いことで知られる総合ネットショップ「駿河屋(するがや)」。 ブログ管理人も、以前は古本購入用にブックオフオンラインなどを活用していましたが、最近は安さと、商品状態のそれなりの品質の良さに惹かれ...


 

 

 

2.飾るフィギュアは少数精鋭を推奨

 

考え無しに数十体購入すると、とんでもない費用がかかり、また、飾るスペースが無くなってしまいます。

スポンサーリンク

1体あたりを鑑賞する時間・意識する時間も短くなり、フィギュアを購入しても購入しても満足度は小さくなっていきます。

あまりにもフィギュアの数が多すぎると、恋人・結婚相手・家族の反感を買って勝手に捨てられるという事態が起きることも各所で報告されています。

飾るフィギュアは、少数精鋭の5体~10体までが無難です。上記の「最初の数体は「試し買い」を推奨」を守ると、自分が本当に欲しいフィギュアだけで部屋を彩ることができます。

 

 

 

3.ごてごてとした造形の装飾過剰なフィギュアは要注意

「大きな武器や道具を持ったキャラクターのフィギュア」「大きな翼が付いているなど、体積が大きすぎるフィギュア」「ヴィネット(キャラフィギュアの周りにある、本や椅子や木のような造形物のこと)が過剰なフィギュア」は、あまりおすすめできません。

その理由は、

  • 大きすぎるせいで、フィギュアを飾るスペースを圧迫しまくり、他のフィギュアを飾りにくくなる
  • 大きな武器・道具・ヴィネットの造形にばかり力が注がれていて、かんじんのキャラフィギュアの作りやポーズがいまいちというパターンがかなり多い

 

 

 

4.露出度が高すぎる造形のフィギュアはちょっと…

水着姿のキャラフィギュアだったり、エロな造形のフィギュアは、あまりおすすめできません。

その理由は、

  • 飾っている部屋に他人を招くのが困難になり、生活が不便になりやすい
  • 服を着ていないと、どのキャラフィギュアもほぼ同じ体つき・顔以外はほぼ同じ見た目なので、フィギュア同士での差別化ができなくなり、すぐにそのフィギュアに飽きてしまう
  • 服を着ていない造形だと、そのフィギュアに込められた情報量がかなり少なくなり、そのフィギュアを見飽きるペースが早まってしまう

 

偏見やフィギュア沼が辛い…フィギュア趣味にありがちな苦労集
フィギュア集めの趣味って、色々な意味で大変です。 かなりディープなオタク趣味なのは否定しようが無いので偏見を持たれたり、部屋に人が来たときに恥ずかしかったり、けっこう値段が高かったり。ブログ管理人もたまにアルター製1/...

 

人気のフィギュアシリーズ

ねんどろいどシリーズ

フィギュア収集趣味

 

アニメや漫画やゲームのキャラクターを、2.5頭身くらいにデフォルメしたフィギュアのシリーズが「ねんどろいど」。

小さく、あまりオタクくさくなく、価格も手ごろなので、気軽に買う人が多いフィギュア道入門者向けフィギュア。同一のアニメ・漫画で大量の種類のねんどろいどが発売されるのが恒例なので、ついつい同シリーズの他のねんどろいども欲しくなり、気をつけないとあっと言う間に所持ねんどろいどが増えてしまう。

 

 

 

figma(フィグマ)シリーズ

 

「よくうごく、キレイ。」のキャッチコピーで生産されている商品シリーズ。

可動式のフィギュアで、アニメや漫画のキャラクターに好きなポーズを取らせて遊ぶことができる。

比較的安価なわりには、フィギュアの造形や塗装が良くできているので、フィギュア趣味の初心者達に人気がある。

 

 

 

ダンボーフィギュア

フィギュア収集趣味ダンボー

 

人気日常系漫画「よつばと!」の作中で出てきた段ボールでできたロボットをフィギュアにしたもの。

 

よつばと!…ダンボーフィギュアを生んだ日常系漫画の最高傑作
日常系漫画のトップに君臨し、他の日常系漫画からすれば「超えられない壁」として何年間も立ちはだかる「よつばと!」。 特に何もない日常なのに、何度読んでも面白い、何度でも読みたくなる、解析不能の面白さを誇る「よつばと!」を...

スポンサーリンク

 

ライトなオタクの方々や、ファッションオタク、漫画は知らないけどダンボーだけが好き!という人々に人気。独特の哀愁を漂わせる雰囲気から、味のある存在として写真の被写体になることも多々。

 

 

 

その時々で流行中アニメの1/8スケールフィギュア

フィギュア収集趣味

 

アニメのブームに便乗して、クオリティーの高い1/8スケールフィギュアが多数発売される。そのため、その人気アニメのファンが好きなキャラのフィギュアに魅了されて購入するパターンが多い。

「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん!」「魔法少女まどか☆マギカ」のような社会現象に近いほどのブームになったアニメ流行時には、フィギュアにはまる人が特に多い。

 







おまけ:ブログ管理人が持っているフィギュア「百姫」

フィギュア収集趣味

 

ゲーム「朧村正」に登場する女性主人公「百姫(ももひめ)」。

可愛さ・凛々しさ・躍動感あふれる造形・日本美的な味わいが高い次元で融合したまれに見る傑作です。PCのディスプレイ横に飾っています。

百姫の他にも小さめのフィギュアを多数所持。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント

  1. 道草 より:

    嫁と共有してるこ趣味の部屋にはフィギュアが50体以上飾ってある。
    2割くらいは嫁の所有物、男性フィギュアと可愛いのが主。

    以前は自分がマイセンやオールドバカラ集めていたが辞めて、9年ほど前からアニメ作品やア関係フィギュアに嵌り出した。
    深夜アニメやフィギュアに嵌り出してマイセンとバカラ集めを辞めたら酷い散財もなくなり、
    今日みたいな休日に嫁と一緒にBD観て楽しんだり映画化されたら昔みたいに一緒に映画館に行ったりするようになった。
    フィギュアや関連作品もお互い尊重して話し合って買ったり、それぞれ飾り棚に配置して楽しんでる。
    フィギュアはバカラやマイセン同様に飾るスペースが必要なくらいで大して問題ない趣味だ。
    なのになぜか伴侶と険悪になる話ばかり浮上して不思議に思う、うちはぶっ飛んだ散財がなくなったのでむしろ平穏になった。
    趣味がパチンコだのギャンブルならば論外だけれど、フィギュア集めやその鑑賞は悪い趣味では無いよ。

    嫁は嫁で服と靴など専用の納戸がいっぱいになるほど買いこんでるが、それを咎めたり無断で捨てようと思ったことなど一度もない、それは嫁の趣味だから伴侶として尊重するべきだと思ってる。
    好物の小さなプラチナジュエリー選びも付き合って一緒に選んで買ってる、正直自分にとって嫁がどんなピアスつけようがリング付けようが本音としてはどうでもよいことなのだけれど、相手にとっては店で眺めて楽しく選ぶところから大切な過程なのだろうから、嫌な顔はせずに尊重して付き合ってる。
    自分にとって価値が無くても相手にとって重要な意義や意味があることは多々ある。
    そうして互い尊重しあうのが仲良く楽しく過ごす秘訣だよ。
    相手が大事にしているものを勝手に捨てる関係というのはもう理解できない、どういう夫婦関係なのか知らないけれどもちょっと信じられない。
    多分、嫁の靴や服を捨てたら嫁は相当へこむだろうし怒るだろうし
    それは故意に信頼関係を破壊することに等しいし、考えるだけでも嫌な気分になるだろう。
    少なくともまともなまともな人間がやる事ではない。