不動の精神力を手に…メンタルが強い人の特徴と心の鍛え方解説

スポンサーリンク

精神力強い

 

現代のストレス社会を生き抜くためには「強いメンタル」が非常に大事。頭が良くても、ただそれだけでメンタルが弱いと、賢さが災いしてあれこれ深く感じ入ってしまい病んだり死んだりしがち。

精神力の強さは勇気や行動力にも直結し、成功に大きく貢献します。

メンタルが強い人はどういう特徴をもっているのか?メンタルの強弱を知るうえで有効な言葉を、ネットで調査しました。

 

スポンサーリンク

メンタルが強い人によく見られる特徴

精神力強い

 

物事をシンプルに考える。
複雑に考えると、あれこれ不安になるし、行動方針がブレてしまう。

 

切り替えできたり、切り替えるのが早い。

 

スルーする力が優れている。
何かあっても、考えすぎないようにすることができる。

 

自分に自信があり、「自己肯定感」がある。
精神を安定的に保つには自己肯定感がカギ。自己肯定感の裏付けになる何かをどれだけ持てるかもカギ。

 

自分が優位にあったり、立場が強かったりすると、それが自信の裏付けとなる。
結果、自己肯定感が高まり、多少の事は笑ってスルーするようになり、メンタルが強くなる。

 

避けること・逃げることに躊躇が無い。
手に余る問題ややるべきでないと感じる問題に直面しそうになったら、迷わずさっさと逃げる。

 

 

「わがまま」な性格をしている。
自分良ければ全て良し。自分が正義、という思考。

 

「鈍感」。自分にとって嫌な感覚は、遮断している。

 
メンタル強い弱い人生
 

鈍感で「感受性が低い」。
感受性が高くて芸術家肌の人は、心が病みやすかったり、病むを通り越してぶっ壊れることもある。

 

「努力」できる人。

 

何年もコツコツ勉強したり努力したりして、積み上げ続けることができる。

 

メンタルが強い人=「孤独に耐えられる人」。

 

 

 

何かしらの「信念」を胸に持っている。

 

「自己完結している人」。
自分の世界観を強く持っていて、その世界の中にこもっていて、他人の言葉は聞く耳持たず。

 

自分の非を決して認めず、全て他者に「責任転嫁」する人。
行動原理上、罪悪感や失敗感に苦しむことが無いので、メンタルが強いように見える。

 

 

 

やや「攻撃的」な性格。
わざわざ自分から他人に噛みつくような不毛なことはしないが、誰かに何か不快なことをされたら、その場で必ず反撃すると心に誓っている。

 

「修羅場」を踏んできたかどうかも、心の強弱に大きく影響する。
波瀾万丈な人生を送ってきたり、戦争を体験している人は、心が強い人が多い。

 

一晩眠れば、精神状態がリセットされる。

 




メンタルの強弱についての意外な真実

精神力強い

 

メンタルが強いと精神疾患は紙一重。
たとえば「サイコパス」という精神疾患は、他人の気持ちが全く理解できずに、非道な事を嬉々として繰り返す。
サイコパスはメンタルが強いことが多い。

 

メンタルが弱い人が取りがちな行動に、
「自分はなんてダメなんだ」「失敗した。もうダメだ」と自分を責め続ける行為がある。
自分の中で生み出した毒(自分を否定する思考)に、自分でむしばまれて自滅する。
世界中のどこへ逃げても自分自身からは絶対に逃げられないので、24時間体制で毒にむしばまれ続けて、最後にはメンタルをやられて潰れてしまう。

豆腐メンタル…精神的に弱いせいで豆腐のように崩れやすい心
柔らかい食べ物の1つとして挙げられることの多い「豆腐」。その豆腐のように、ちょっとした圧力や衝撃ですぐに崩れたり割れたりしまう豆腐的な精心的弱さを抱えている人を「豆腐メンタル」の持ち主だと表現することがあります。 豆腐...

 

人に助けてもらってばっかりの人・苦労知らずの人は、
逆境におちいると簡単に潰れる。(=メンタルが弱い)

 

 

メンタルの強弱は、「生まれつき」によるところも大きいと思う。
メンタルが弱い人は、もともと心配性とかネガティブな性格をしている。

 

「自信過剰」「自分が大好きなナルシスト」。
このような特徴をもつ人は、不安や批判には耐性が高い。
ただし、リスクを含んだメンタルの強さだから、トラブルに遭って自滅することも多い。

 

「心技体」と言われて、心が重要な要素とされるように、
何事も、まず心が「よっしゃ!!」ってならないと、その先に肉体が連動しない。
心って、思っている以上に大きな機能を果たしている。

 







メンタルが強い人が心が強くなった理由

精神力強い

 

「人生で、困難を乗り越えた数」
が多い人ほどメンタルが強い。

 

「まず問題を直視し、次に問題を細かく解体して、最後に解決策を考えることだけに集中する」。
これができない人は、全然大したことのない問題でもその問題を直視ができないからパニックになる。
「問題の種類や問題の原因がばくぜんとしているほど、不安や焦りが強くなる」、という事実がある。
なので、まずは問題から逃げずに直視することが、メンタルが強くなるコツ。

 

「好きなこと・得意なことがある」と、それが心の中心軸となるから、心の一本の芯が通る。

 

「自分の人生なんだから、自分が世界の主人公であり、自分の生きたいように生きることができる」と考えよう。
周りの人間なんて、ただのモブキャラ。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント