ギャグなのか…?メンヘラ男のシュールな恋愛脳的な言動の特徴

スポンサーリンク

メンヘラ男ありがち

 

「男のメンヘラ」は、メンヘラ女性の行動をなぞったような行為を繰り返すのが特徴ですが、性別が違うだけに、「ナルシスト」「中二病的な発言」「女性への暴力」といった女性メンヘラとは違った行動が新しく加わります。

男のメンヘラにありがちな行動を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

嘘つき系メンヘラ男によくある行動

メンヘラ男ありがち

 

初対面の時だけは、明るく、愛想良く振る舞うからたちが悪い。
親密になると、だんだん正体を現す。

 

「虚言癖」があり、息をするように嘘をつく。
あまりに大げさでバレバレの嘘だから、矛盾点に突っ込みを入れると
さらに嘘をついたり、ごまかすために泣き落としにかかろうとする。

 

男メンヘラは「極度のかまってちゃん」。
見捨てられる事への不安が大きいから、あの手この手で注目を集めて、女に構ってもらおうとする。

 

「ガンになった、医者に余命一年だと宣告された」
「病気で、失明するかもしれない」
と嘘ばかり。

 

「嘘をついたり、自分の身体をわざと傷つけて、ちゃんと心配してくれるか」という
こちらを試す行動を何度も繰り返す。

 

 




ポエマー系メンヘラ男によくある行動

メンヘラ男ありがち

 

極度のナルシスト。
常に、悲劇のヒーローを気取って、自分に酔っている。

 

異様にプライドが高くて、自分を、世界に認められない悲運の天才、と思っている。

 

twitterみたいなSNSに、
自虐的な発言、自己陶酔気味のポエムみたいな発言を繰り返して投稿する。

 

 

病的恋愛脳系メンヘラ男によくある行動

メンヘラ男ありがち

 

とにかく、女性を束縛しようとする。
女性が、自分以外の男とちょっと話しただけで怒濤の追及をしてくる。

 

 

LINEに、20連投、50連投みたいに、
どんどんメッセージを送りつけてくる。
内容は自虐・自己愛・何でお前は俺を愛してくれない!とこちらを非難する言葉のオンパレード。

 

 

「中二病」をこじらせたような言動を地で行く。

 

犯罪者系メンヘラ男によくある行動

メンヘラ男ありがち

 

自宅の出入り口の前で待ち伏せ・窓ガラスのそばでずっと待機。

 

電話に出なかったり、メールに返信せずに放置していたりすると、
夜中に自宅までやってきてドアチャイムを連打する。

 

 

別れ話を切り出したりすると、
激高して、当然のように女性に暴力をふるう。
しかも、「こんな事をさせる、お前が悪い!」と責任転嫁。

 







メンヘラ男を理解しやすくなる、「メンヘラ男の特徴」

メンヘラ男ありがち

 

  1. 「強い劣等感」を抱いていて、自虐的な言動を繰り返す
  2. 「ナルシスト」で、自己愛が強く、自分は特別な存在で自分は報われない天才のように考えている
  3. 「自己中心的」で、自分の思い通りに物事が運ばないと、泣きわめいたり、「死んでやる」と自分自身を人質に取ったりする
  4. 「責任転嫁」をするのが平常運転で、悪いのは自分ではなく、他人や世の中の方だと思っている
  5. 「虚言癖」があり、平気で嘘をついたり、周りの人間がちゃんと自分を支えてくれるかを嘘の言動によって試すことを繰り返す
  6. 「情緒不安定」で、陽気になったり陰気になったりと気持ちが落ち着かず、すぐに泣いたり激怒したりする

メンヘラ男ありがち行動

 

メンヘラを精神医学から見ると境界性人格障害に当てはまる
自己を確立できずに、周囲の人間(特に恋人)を徹底的に振り回す「メンヘラ」は、変わった性格の一種と受け取られがちですが、精神医学の観点からは「境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害、とも表現される)」に分類されるようです。 ...

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント