ノルマ&激務&ストレス…高給の代償に銀行業界は超ブラック

スポンサーリンク

銀行激務ブラック

 

就活生の間でも毎年人気の高い「銀行」。やはり、高給であることと、お金に囲まれた仕事であることからリッチで華やかで世間のイメージも良い、という理由からでしょうか?

しかし、よく調べてみると、銀行業界はかなりのブラック業界であることが分かりました。高偏差値の大学から「俺なら勝てる!」と意気揚々と入行した人でさえも、エリート同士の過酷すぎる出世レースに心を病んで退職する始末。

銀行のブラックな点を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ネット上の「銀行はブラック」情報

銀行激務ブラック

 

銀行が新卒を大量採用しているのは、
新入社員が激務に耐えられずに大量離職することを見越してのこと。
普通の人達には、銀行員の世界はとうてい耐えられない。

 

銀行の内情を知りもせず、
銀行員の高給・かっこいいイメージに釣られて面接をして、銀行の大量採用文化のおかげで内定ゲットし、
おおはしゃぎして周囲に自慢していた大学生が、
入行一年で爆死するのは、もはや例年の風物死。

 

銀行員が、ただ淡々とお金の管理をする事務仕事をしている人達だと思ったら大間違い。
投資信託のような金融商品の売上額・クレジットカードの契約数・口座開設の契約数・定期預金額など、
それらについて過酷なノルマ量を課せられている。
もともとノルマの存在で辛い営業職が、さらに超ハードになったバージョンの仕事が銀行員だと思って良い。



スポンサーリンク




お金をたくさん貯め込んでいて、寂しい思いをしていたりボケかけている老人達に上手く取り入って、
多額の投資信託を購入させるのが銀行員達のセオリーになっている世界だぞ。
ある程度の良心を持っている人間には耐えられない。

銀行や証券系のカネに直接関わる金融業界はメンタルを壊される
銀行や、生命保険や、証券会社のような金融業では、業務に「お金」が直接関わってきます。 そのせいで、少しの計算ミスや記録ミスも決して許されず、客が自身の大金を会社にたくしていることから損を出したらぶちキレてくるなど、金融...

スポンサーリンク

 

銀行員の世界では、評価が減点方式。
小さなミスでも、それを何回か重ねるだけで、出世コースから外される。
ミスをしないように心がけるための毎日のストレス・心労が大変なことになる。

 

自身が取り扱う金融商品の種類を増やすために、
資格取得が必要になってくる。
そのため、夜遅くに帰宅した後の時間や休日は、ひたすら資格のための勉強。
ろくに休めないし、転職活動も不可能に近い。

 

ドラマ「半沢直樹」が放送されて、
あれだけ赤裸々に銀行の暗部が描写されたのに、
銀行員に憧れて金融業界を志望する人がむしろ増えたという…。
この世には信じられない大馬鹿がたくさんいるよな。

 

銀行員の仕事のメインって、
企業にお金を融資して、金利を得る、ってものだろ。
金貸しなんかいつの時代も嫌われ者の代表格だし、
企業の経営が傾いてきたら融資金の引き上げを強行するから、
資金繰りに行き詰まって自殺する社長がどんどん出てくる。
融資を担当した銀行員が間接的に殺したようなもの。

 

銀行員の職業病
→うつ病

 

 

銀行員同士の過酷な出世レースに勝ち続け、各種ノルマを達成し続けてきた、
顧客を養分程度にしか認識していない人間が役職に就き、入行した新卒行員の上司となる。
そんな上司の非情な詰め詰め攻撃に耐えられる新人が、果たしてどれだけいることやら。

 

 

銀行でのノルマ量と激務に耐えきれず、
銀行員から公務員へ転職する人が後を絶たない。
銀行員は高学歴の人が多いし、営業行為でコミュニケーション能力も鍛え上げられているから、
筆記試験+面接の公務員試験と非常に相性が良い。

高給の銀行員が激務ノルマで潰れて公務員を目指すお約束ルート
高偏差値の有名大学を卒業して、高給取りと言われる銀行員に採用されたまでは良かったものの、ノルマ地獄や、「晴れの日に無理矢理傘を貸して、雨の日に無情に傘を取り上げる」という酷い融資スタイルに良心が耐えきれなくなって、銀行員→公...

 

銀行員の中で、生き残って上へと昇っていける者は、
高学歴・体力がある体育会系・メンタルも超頑丈・ミスをせず完璧に仕事ができる、
みたいな人のみ。
当然こんな超人的人材はほとんどいないから、ほとんどの銀行員が途中で脱落していく。

 




銀行業界がブラックたるゆえんはノルマと勉強とストレス

銀行激務ブラック

 

銀行員に課せられるノルマの例

スポンサーリンク

  • 投資信託や保険商品の販売額ノルマ
  • 定期預金の獲得額ノルマ
  • クレジットカードの契約数ノルマ
  • その銀行が発行しているカードローンの契約数ノルマ
  • NISA口座開設数のノルマ などなど

 

銀行員は上記のような数々のノルマに追われるため、とにかく精神的な負担が大きく、ノルマを達成するための長時間労働も当然のために必然的に激務となります。

 

 

 

資格取得のために勉強し続けなければならない


銀行員は、「銀行業務検定試験」を定期的に受験して、資格を獲得し、自分ができる仕事の種類を増やしていかなければなりません。

銀行業務検定試験は、法務、税務、財務、融資、外為と科目が多岐に渡り、勉強量も増えるために、銀行員の負担は大きくなります。

スポンサーリンク

 

 

 

銀行員が受けるストレスの種類

  • 投資信託のような金融商品を売った客から「株価が下がって元本割れした!どうしてくれる!」とクレームが入ってくる
  • ノルマ未達を理由に、上司から厳しく叱責される
  • 経営が傾いている企業から強引に融資金を引き上げたので、企業社長からひどく恨まれて罵倒される などなど

 

銀行員が扱う金額は何百万円・何千万円というレベルなので、その金額を銀行員に託している一般投資家や、融資先の企業から、激怒されることが非常に多くなり、ストレスがどんどん溜まっていきます。

 

とあるメガバンク支店の日常

銀行激務ブラック

 

課長:おいアホ!いつになったら稟議(※所定の重要事項について主管者が案を作って関係者にまわし、文書で決裁・承認を得ること)まわすんだ?この程度の社数で仕事回らねえなら担当外すか?
それとも仕事してる振りしてんのか?月曜日から客サ行くか?それともローンやりたいのか?

代理:だめですよ課長、コイツには客サすら任せられませんってw宝くじの呼び込み位しか出来ませんよw

課長:そうだな、じゃあ今日1日外立っとけ。声出さなかったらうちの課クビな。それが嫌なら辞めてくれ。
あととりあえずお前その机空けろ、一年生に使わせた方がまだましだからな。パソコンの中身も消せ。検査怖いし。

代理:おい、宝くじやってたから数字行きませんでしたは通用しないからな!てめえ、自分でやるって言ったんだから数字はやれよ!

先輩:呼び込みのあとコピーとファイル整理あるからダラダラしてんじゃねえぞ。課長も俺も昼飯食ってないからお前にも休憩なんて絶対とらせねえぞ。
あと忘れずにパソコン切れよ、お前には時間外つけさせねえからな。代理:おい…さっきから何だてめえそのふてくされたツラはよ?!自分が不遇だと思ってんのか?
今のてめえにはこれが相応の扱いなんだよ。認められたかったら這い上がれるよう努力しろよ?

課長:お前にはもうそういう気持ちもないんだろ?どうせ甘やかされて育ったんだろうな。
やる気ないんなら辞めてくれ。お前なんかと一緒に仕事したくないからよ。どうなんだ?あ?

 

超激務とメンタル破壊の極み…銀行や証券の金融業界コピペ集
金融業界…銀行・証券・保険のような業種は、一般に高給だと言われています。銀行を例に取ってみると、どの銀行も業務は似たり寄ったりで同業他社とサービスの差別化が難しい…少なくとも、ただ待っているだけで売れるような殿様商売では決してない…...

 

一般利用者と接点がある、銀行員の仕事内容の紹介

銀行激務ブラック

 

預金業務

銀行預金のお金や口座を管理する業務。

 

 

貸付業務

企業や個人にお金を融資し、その見返りとして年利○%の金利を取る。

融資後に企業が倒産したり個人が返済不能におちいると融資金が回収できなくなるので、経済状況を厳しく審査することが銀行員の重大な任務となる。

 

 

為替業務

電話料金・水道料金・電気料金・ガス料金など公共料金の口座振替をすることが、主な仕事内容となる。

 







人気転職サイトを使って銀行員からの転職を成功させよう

無料で利用できる転職サイトの「CONNECT(コネクト)」を利用するのをおすすめします。

 

 

コネクトは普通の転職サイトと違っていて、求職者と企業側の採用決裁者(採用で、最終的な決定権をもつ者)をダイレクトに引き合わせてくれるので、圧倒的に早く転職活動を成功させることができます。

 

転職サイト「コネクト」のメリット

  • コネクトの転職コンサルタントが、「求職者」と「企業側の採用決裁者」の間を取り持ってくれるおかげでスピード転職が実現する
  • 求職者は完全無料でコネクトを利用することができる
  • 「名前」や「年齢」などのごく簡単な7つの項目を入力するだけでユーザー登録が完了するので、気軽にサイトを利用できる
  • コネクトの転職コンサルタントは経験豊富で各方面への人脈を持ち、求職者の要望に沿った転職先を示してくれる

 

転職サイト「コネクト」公式サイト↓

 

 

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント