企業側も就活生側も両方高望みで共倒れという採用現場の惨状

スポンサーリンク
若者「ホワイト企業がいい…」
企業「社畜が欲しい…」

 

「高望み」というのはだいたいが悲惨な結果を招きますが、企業への就職に際して、企業側も就活生側も双方が「高望み」状態で、会社員が確保できない・就職できないというどちらも不幸な状況に陥りがちです。

企業側と就活生側が、それぞれ相手に対して高望みしていることを調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

企業側が高望みをして、採用したいと思っている人材

企業就職高望み

 

 

「即戦力」であること

  • 入社直後から、ある程度スムーズに業務がこなせること
  • 業務を行ううえで必要になる資格を、入社前に取得していること
  • 実務経験○年希望

 

 

 

「新卒」であること

日本企業には「新卒」を偏重する新卒至上主義が根付いています。

スポンサーリンク

求職者が既卒であったり、経歴上で何年も空白期間があると、採用したがりません。

 

 

 

激務薄給という労働環境でも文句を言わずに働いてくれること

  • サービス残業は喜んでこなす
  • 有給は取得しない
  • 低賃金でも文句を言ったり、会社にたてついたりしない

 

 

 

その他、高望みだと思われる要求

  • 求職者が高学歴であること
  • 求職者が体育会系であること(体力があって、理不尽に対する耐性があり、上司に従順)

 

 

 

日本企業が高望みをしがちな原因

起業失敗倒産末路

 

高望みをしてしまう原因

  • 自社で社員をいちから育てることを放棄してきたため、即戦力となる人材しか欲しがらない
  • 日本企業には「人件費や労働者がもつ技術に、お金を出したがらない」という体質が染みついている(企業側がお金を出さなくても、労働者が愛社精神で働いてくれれば問題無いと考えがち)
  • 日本では法律により労働者の解雇が難しいため、無能な人材を抱え込むリスクをできるだけ小さくするために、入社時ですでにレベルの高い人材を求めがちになる

 




就活生側が高望みで、企業に求めている条件

企業就職高望み

 

 

「ホワイト企業」であること

  • 年間休日は最低でも120日で、完全週休2日制
  • 「異常な長時間労働」が強いられないこと
  • 福利厚生は一通り整っている
  • 離職率は3%未満

 

 

 

「有名企業」であること

スポンサーリンク

  • 東証一部上場企業であることが望ましい

 

 

 

「営業」はやりたくない

営業職につきもののノルマの存在や、絶えず他人と会話し続けたり屋外で移動し続けたりする営業に、拒絶反応を示す就活生が多いようです。


就職&転職時に必見!長期視点なら仕事は金よりやりがいが重要
就職・転職するにあたって、「お金」を取るか、それとも「好きなこと・やりがい」を取るか、どちらを取るか迷う方は非常に多いと思われます。 色々な観点から考察するに、仕事にはお金よりも、やりがいの有無の方が重要ということが分...

 

 

 

「心身に負担が大きい職種」は何としてでも避けたい

スポンサーリンク

  • 介護
  • 飲食
  • 運送
  • 小売
  • IT
  • 不動産
  • 工場

これらの職種を何としてでも避けたいと考える就活生が多いようです。

要即戦力企業や若者の努力不可精神で就職が難しい3つの原因
もはや人材育成の余力を失った企業群は、じっくりと育てる正社員を切り捨てて、即戦力になる派遣社員や非正規社員で会社を回そうとし、結果的に正社員就職が難しくなりました。また今話題の人工知能の開発が進み、将来的に国民の仕事が資本家...

 

 

 

就活生が高望みをしがちな原因

 

高望みをしてしまう原因

  • 平成生まれの若者達は生まれてからずっと日本の経済成長が停滞しているため、安定志向になりがちであり、ホワイト企業を望むようになっている
  • スマートフォンの大普及で誰でも手軽にインターネットを利用できるようになり、ネット上に公開されているブラック企業問題や過労問題に触れ続け、悪い労働条件の仕事を強く忌避するようになっている
  • ネット上で触れられる情報で「デスクワーク職の良さ」「肉体労働の辛さ」などを信じ切ってしまっているため、心身が楽でしかも高給の仕事以外はNG、というえり好みをするようになっている

 

就活経験者が就活で後悔した事と、こうすれば良かったという事
自己分析や企業分析も済み、いよいよエントリーや会社説明会や面接が本格化してくる時期。 就活を終えた先人達が語る「こうしておけば良かったという就活の後悔」を事前に知っておくことは、就活初挑戦の大学生達には大きなアドバンテ...

 







お互いの高望みの結果、企業側と就活生側に起きている事

企業就職高望み

 

 

企業側に起きていること

  • 待遇が良くない中小企業・零細企業は、深刻な人手不足状態になっている
  • 「介護」「飲食」「土木作業」「運送」のような働き手の負担の大きい業界が、特に深刻な人手不足状態
  • 少子化で若者の数が少ないので、企業同士で少ない若者の奪い合いの状況になっている
  • 大企業ばかりに求職者が集中し、大企業以下の中小企業・零細企業は人が集まらないので人手不足倒産も危惧される状況におちいっている
  • このような状況でも、まだ「即戦力」「新卒」などにこだわっていて、中途採用数を増やそうとする動きなどは見られない

 

 

就活生側に起きていること

  • 少子化の影響でかつてない売り手市場になったため、そのことを後ろ盾にして、大企業ばかりを狙っている
  • 大手企業にこだわりすぎる「大手病」にかかる就活生が増え、無い内定で大学を卒業してしまって悲惨なことになる人も多くなっている
  • 中小企業・零細企業は最初から無視したり、よほど就活で持ち駒が無くなってからでないと目を向けない
  • ホワイトカラー職ばかりをえり好みしているため、就職する業界の選択肢がいちじるしく狭まり、そのせいでニート状態から就職できないという人も増えている

 

 

みんなが行きたがらない業界ばかりが有効求人倍率が高い

 

 

企業側と就活生側がお互いに高望みをした結果、「一部の大企業・一部の人気職種にばかり求職者が集中し、中小企業や零細企業・不人気の職種に人が集まらない」という現象が起こっています。

大企業の数は少なく、定員も決まっているため、大企業に就職できる人達は求職者全体のほんの一握りです。

大企業や人気職種へ就職できなかった人達が、えり好みを止められないでいると、ニートやフリーターの数が増えたり、中小企業や零細企業の人手不足倒産があいついで国内の企業数が減っていってしまいます。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント