膨大な勉強量と体育会系部活を同時にこなす超人の医学部生!

スポンサーリンク

医学部生勉強内容

 

東大にも合格しうる最高レベルの学力をもつ知的エリートのみが入る事を許される「医学部医学科」。少数精鋭で講義と病院実習を行っているだけに、医学科の中で何が行われているのかは一般人には知り得ません。

「文武両道」といったとんでもない人達ばかりの医学部医学科の中身を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

医学科は憶える知識量と毎日の勉強量が異常

igakubutruth1

 

医学部医学科での勉強でよく言われること

  • とにかく、暗記する量が多すぎる。あまりにも多すぎる。
  • テストの回数が多すぎる
  • テスト前には1日10時間以上勉強する日々が続く
  • 「専門科目」の単位を1つでも落とすとそれだけで留年になってしまうので、「専門科目」に対するプレッシャーがキツすぎる
  • 講義用の教科書となるテキストは非常に分厚くてしかも分かりづらい
  • 講義のスケジュールが過密で、他の学部の大学生のように遊び回ることはとうていできない

 

 

 

年次とともに大変さが変化する医学科

1年次

ほとんどの医学科では「教養課程」なので、全然楽。教養課程では、他の学部と共通した内容(英語や経済や物理など)の講義を受ける。

スポンサーリンク

 

 

 

2年次

「基礎医学」を学ぶ。初見で聞き慣れない単語を大量に叩き込まれる時期なので、基礎医学を学ぶ期間が最も辛いと感じる医学生が多い。

また、「解剖実習」がスタートする。それぞれの実習内容についてレポートの作成課題がある。

 

 

 

3年次

「臨床科目」が始まる。だいたい2週間に1度のペースでテストがある。1つのテストにつきテスト範囲は100ページから200ページ程度となり、これを完全に暗記するのは不可能なので、過去問を入手して傾向対策をすることが肝要である。

スポンサーリンク

学科での勉強の忙しさがピークに達する。

医学部医学科の講義の特徴と医師になる過程のわかりやすい解説
理系の最高峰とされる「医学部医学科」。医学科に憧れたり、入って医師になりたい、と考えている人も多いはずです。 医学部医学科ではどのような講義が行われていて、医学生はどのように医師になるのかの流れを調査したので、できる限...


 

 

4年次

「CBT」と「OSCE」という2つの関門のテストがある。

スポンサーリンク

CBTで合格しないことには5年次へ進めない。CBTのテスト内容は「センター試験」の雰囲気と似ている。試験範囲は、これまでに学んだ基礎医学と臨床医学の全て。

 

CBT対策用の問題集「クエスチョンバンク」。この4冊を2~3周解いて覚えるのが通例

 

OSCEは「針の縫い方」「聴診器の当て方」といった実技試験。

 

 

 

5年次と6年次

大学での講義は無くなり、代わりに病院へ移っての実地研修となる。

実際に患者を1~2人担当し、診察をしたりカルテを書いたりして、医者としての活動を始める。

病院での実習は6年次の夏まで続き、6年次の最後には「医師国家試験」が待ち構えている。

 

医師国家試験対策で、CBT受験時よりもさらに増量されたクエスチョンバンク

 

合格率は90%程度と言われているが、それはここまで耐え抜いてきた優秀な医学生達が必死に国家試験対策をするからであって、決して簡単な試験ではない。

 

地獄逝き多発!人生逆転を狙う医学部再受験の闇が深くて怖すぎる
社会人がハマりがちな人生の落とし穴の1つである「医学部再受験」は、公務員試験浪人や司法試験浪人と並んで極めて危険な選択です。医師の高年収とブランドに魅せられて、地獄へ続く落とし穴にふらふらと誘い込まれる人は後を絶ちません。毎...
4浪5浪と国立医学部を受験して心が磨滅していく浪人生達
学費が安く世間での評価も良い国立大学へ入学するには、センター試験である程度以上の高得点をたたき出す必要があります。 国立大学の中でも国立大医学部医学科は、その見返りの大きさと引き替えに最高峰の難易度であり、多浪は当たり...

 




これだけの勉強量と並行して体育会系の部活も必須

igakubutruth2

 

医学部と部活の関係性

  • だいたい9割近くの医学生がなんらかの部活(サークルではない)に所属して、真剣に活動をしている
  • 医学部のキャンパスは他の学部のそれとは違っているため、医学部の部活はほぼ医学生のみで構成されている
  • 「医学生は志が高くて、何事も本気で取り組む」「部活に所属すると先輩から過去問や試験の傾向対策情報が得られやすい」といった事情から、みんな部活へ所属するようになる

 

 

医学部での部活は「サッカー」「テニス」「野球」といった運動系と、「写真部」「美術部」「軽音部」「管弦楽部」のような文化系に分かれていて、総数は30から40程度の数があり、他の学部の部活と種類はほぼ同じです。

「サークル」が軽いノリで楽しむ集団なのに対し、「部活」は週に3~5回程度行われ参加も義務であったりと、より真剣な取り組み方をします。

部活へ所属するかしないかは自由ですが、医学科の学生の9割近くが部活へ所属していることと、部活に入らないと過去問の入手が難しくなり講義の単位取得も困難になってしまうので、実質的には部活へ入るのは必須であるようです。

 







医学科での勉強についていけずに脱落したエリート達

igakubutruth3

 

医学科にいられなくなった人達の特徴

  • 講義の進行ペースについていけずに単位を落としまくって留年し、医学の道を諦めて退学
  • 医学科の中で孤立してしまって、過去問などの入手ができずに単位を落としまくって退学。(※医学部は2留年までしか許されず、同学年での3留目は強制退学)孤独という状況自体にメンタルをやられて退学する人も珍しくない
  • 解剖実習で、人体の生々しさに耐えきれずに退学
  • 「自分は勉強はできるが、人を救いたいという精神面での医師の才能は無かった」と感じて退学

 

医学部受験は高偏差値必須&東大京大卒の再受験組と大競争!
東大・京大・一橋・慶応・早稲田…大学受験時に憧れとされる有名国立大学・有名私立大学はいろいろありますが、それらとは異質な存在感と入試難易度を誇る「医学部医学科」。 医学部入試の難しさや特徴などを調査したので、分かったこ...

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント