努力は嫌!結果だけ欲しい!最近の若者の、努力=ダサいの風潮

スポンサーリンク

若者努力ダサい風潮

 

近年、若者世代の間で「努力=ダサい」「努力はめんどうだからしたくない。努力を回避する」という風潮が広まりつつあるようです。

それはなぜなのか?若者世代の努力に対する意識を調べてまとめました。

 

スポンサーリンク

最近の若者の、3つの特徴的性格

若者努力ダサい風潮

 

  1. 努力はしたくないけれど、幸福はつかみたい
  2. ありのままの性格・髪型・服装の自分を他人に受け入れてもらいたい。他人や会社に合わせて自分を曲げることをしたくない
  3. 自信はもっていないが、自信の無さを「強い承認欲求」によって補おうとしている

 

 

「努力すること・頑張ることはめんどうなので回避する」「努力している姿を見られるのは恥ずかしい」「頑張ったところで、どうせ報われない」、といった考えが、現代の若者の間で多く見られます。

生まれてからずっと経済成長が停滞している日本社会の中で育ち、努力の有効性や、未来の可能性を信じることが、生まれの境遇からして無理になっていると考えられます。

 




若者の3割が「努力は報われない」という考えをもつ

若者の3割が「努力は報われない」という考え

  • 20代~30代の若者の回答で、「努力しても報われない」が約3割に上った
  • 日本の将来・経済には楽観的な考えをもっているが、その反面、自分自身の生活は変わらず努力も報われない、という若者心理が本調査で浮き彫りになった

 

2013年10月から12月にかけて回答調査し、情報・システム研究機構「統計数理研究所」が発表した「日本人の国民性調査」より

スポンサーリンク

 

 

最近の若者が格差と貧困化のせいで努力よりも才能を信じる現象
日本人はもともと努力を信仰する傾向が強いのですが、近年の非正規雇用枠の増大や経済格差の拡大で、若者の間で「努力よりも才能が大事。才能が無くちゃ意味がない」という日本的根性論から離れた現実的な考え方が浸透してきました。 ...
根性論を信奉する旧世代から努力は無意味とする若者への交代
「目標達成のために計画を立てて尽力すること」は大切です。しかし、無理なものは無理、というドライな事実を認められず、「努力が足りない!上手くいかないのはお前の努力が足りないからだ!」と無茶苦茶な根性論に走るのは日本人特有の悪癖...

 

若者ウケを狙った創作物のせいでますます努力嫌いが加速

若者努力ダサい風潮

 

努力描写を避ける、近年の創作物を危険視するネットの声

  • 努力も何も無しに、「覚醒」「異世界転生をする時に、神様にチート能力を授けてもらえる」「もともと持っている才能で無双する」ってラノベ・漫画が現代は多すぎる
  • 「無気力で、頑張っている人を見てやれやれって態度の主人公」はマジで子どもに悪影響が大きすぎる。そういう冷めていて頭でっかちのキャラに憧れてしまうと、子どもは難しそうな事には「できない」って最初から線引きして、自らの可能性を狭めてしまう
  • 努力描写一切無しで、「才能のみで活躍する」って展開が多すぎて、子どもが努力と才能の関係を勘違いしてしまいそう。才能なんて、ある程度努力して初めて開花するものなのに、「(まだ努力を始めていないので)才能が未発達な自分=才能が無いので成功する可能性は全く無い」って思い込んで、努力と挑戦をする前に勝手に潰れてしまう
  • 「普段はダメ人間だけれど、いざ本気を出せば最強」って設定は危険。能力が低いからこそ普段から頑張るべき人が、自分がそういう設定の人間だと願望から思い込んで、努力しなくなって人生がどんどん悪化してゆく

 

やれやれ系主人公…作者側は物語進行で好都合&無気力で不快
何事につけても無気力で消極的。悟ったように「やれやれ…」といった具合で呆れて肩をすくめるのがクセ。いわゆる「やれやれ系主人公」は漫画やアニメにもよく登場し、特にライトノベル分野での出現率が高い傾向があります。 ネット上...

 







若者が「努力=ダサい」と考えるに至った3つの原因仮説

若者努力ダサい風潮

 

1.ずっと日本経済が停滞しているせい仮説

生まれてからずっと、日本の経済成長が停滞し、陰気な時代の中で生きていれば、やる気も努力する気も必然的に失われてしまう。

スポンサーリンク

「努力して、賃金がアップした!」「努力して、正社員になれて、良い暮らしができるようになった!」などの「成功体験」が欠如しているので、努力の有効性を信じようがない。

 

 

2.「結果」ばかりを重視して、「過程」を軽視しているせい仮説


情報化社会のせいで、「羨ましい結果である、仕事・年収・生活」がいやおうなしに目に入ってくるようになった。

「結果」ばかりに注目して、「過程」の大事さには目が向かない。「最短ルート」「コストパフォーマンスが最も高い方法」といった「効率」ばかりを重視し、効率の良い方法をネットで検索し続けるが、良い結果を手に入れようとすれば、効率とは無縁なほどの圧倒的物量がどうしても必要なので、「効率が悪い!」と判断し、努力を放棄してしまう。

スポンサーリンク

「結果が得られるかどうか分からない努力を続けるなんて、それまで投入した労力が無駄になるリスクが高すぎてコスパが悪すぎ。そんな努力をやっている奴は頭が悪くてダサい」といった考え方が若者間で支配的になってしまっている。

つまずく事を許さない社会風潮で若者が失敗を恐れすぎている
2010年代に入ってから、「若者世代が過剰に失敗を恐れている」という傾向がテレビ番組や書籍でよく取り沙汰されるようになってきました。 失敗を恐れすぎるあまり、野心的な挑戦などもってのほか!という風潮さえも若者間で形成さ...

 

 

3.努力しなくてもそこそこの生活で満足するライフスタイルを定着させてしまったため仮説

低収入・低賃金でも満足するような、「清貧」を肯定する価値観とライフスタイルをすでに定着させてしまったため、そもそも努力は不要、努力してまで上へと昇ろうとする必要はない、と考えている若者が多い。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント

  1. 金星宏幸(きんせいひろゆき)より より:

    答えはネットですね。ネットを見れば動かずに外の情報、世界の情報が入って来るが大体が誰かの知識しか入って無いからね。人は知識とは本来自分自身が考えて経験、体験をして得るのです。その為には行動力が必要です。今の人々は行動力、経験、体験もしてないのに何かを得た感じになっているのです。だから夢も持てないし何も変われないし前進も出来ないのです。何かをしたら達成感も味わえます。人は機械では無い、感情もあるのだ。今の時代便利だが人々は考えなければならない。夢とは人生とは仕事とは本来好きな事を好きなだけやらないと意味も無いし成長も出来ない。今の人々は偉人や昔の人々から学ばないと行けない時代になったのだ。