就活経験者が就活で後悔した事と、こうすれば良かったという事

スポンサーリンク

syukatsuregret4

 

自己分析や企業分析も済み、いよいよエントリーや会社説明会や面接が本格化してくる時期。

就活を終えた先人達が語る「こうしておけば良かったという就活の後悔」を事前に知っておくことは、就活初挑戦の大学生達には大きなアドバンテージとなるはずです。

就活を振り返って後悔したことや、就活生へのアドバイスを調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

過去に戻りたい就活の後悔編

syukatsuregret1

 

バイトとかサークルをせずに、
孤独に勉強しかしてこなかったこと。

面接で話すことがほとんど無いし、面接官のウケも最悪に近い。

 

社会とか会社のやり方を批判するような事を面接で言っていて、
落とされまくった事。
会社が欲しい人材は、「協調性が合ってチームワークができる人間」。
我が強くて個人プレーに走る奴は要らない、
という単純な事実に気づけずにいた。

 

 

大学生の時にろくに面接を受けずに無い内定で卒業し、
既卒になってやって重い腰を上げて就活するものの、新卒でなくなったので就職できない、
というのは最低最悪のパターン。

 

落ちる人に共通している特徴が
「わざわざ自分から地雷を踏むこと」。
趣味はアイドルの追っかけです!とか、この仕事はやりたくありません!とか、
マイナス評価を受けるようなことを自分から言ってしまう。

 

文系へ進んだこと。
文系で低~中学歴じゃ、営業みたいなソルジャーにしかなれない。
苦労してでも、理系へ進んでおくべきだった。

 

「恋愛」をするべきだった。
恋愛をしてきた人は、身だしなみ・笑顔や伝達力などのコミュ力が洗練されまくるせいで、就活でも成功する。

 

「高望み」が全ての元凶。
高望みのせいで大手病にかかったり、民間は嫌だから公務員になろうとしたり。
高望みせずに分相応な企業を受ける人は成功する。
高望みが治らない人は就活でも人生でも破滅する。

 




就活はコレをしておけ編

syukatsuregret2

 

 

「笑顔」
「声を大きくして、はきはきと答える」

たったこれだけでも、大きくプラス評価される。

 

「この人といっしょに仕事がしたい、と思わせる清潔感のある身だしなみ」
「笑顔や口ぶりからにじみ出る、人なつっこさ」
「相手ときちんと意思疎通が可能であること」
これらを、計算によって演出しろ。

 

どうでも良い適当な企業を何社か受けて、
本命の企業や業界の前に面接慣れしておくのは本当に大事。

どうでも良い企業に内定がもらえれば、
「自分は、ちゃんと企業に通用する人間なんだ」
と自信も付いて、就活が上手く行く。

 

社員が大量離職するブラック企業では、
大量離職対策で、大量採用する。
なので、特に酷そうなブラック企業を受けてあっさり内定をもらい、
自信を付けたり、「良い企業に内定がもらえなかったら、このブラック企業行きだぞ」と自分を追い込むこと。

 

「企業に合わせて自分を変える」
ことこそ、就活の奥義。

企業側が新卒採用したいのは、ごく一部の幹部候補生と、それ以外の社畜。
新卒採用数では、社畜枠が8割以上。
なので、「愚直」「使い勝手が良さそう」「企業の歯車になれる」などの特徴を演出すると、あっさり社畜枠で内定を取れる

それを先に言え!就活で先に知っておきたかった事を全公開します
就活の恐さの本質は、「勉強だけしていれば良かった学生時代とは求められるモノが全然違うのに、その事が大学側や教授や親からほとんど伝えられていない」こと。人によっては、クリアに必要なアイテムを取り逃したまま就活ステージまで来てし...

 

 

内定が取れなくて、採用ピーク時期も過ぎて、
いよいよ手詰まりになってきたら、
大学の就職課に泣きつけ。

大学のコネで、ほどほどの企業へねじ込んでもらえるから。

 

就活って、「好きな異性に告白すること」に酷似している。
運や縁が無いと成功しない。
だから、落とされても、仕方がないと割り切ってくよくよしないこと。

 

就活の成否は「運」に依存する部分が大きい。
面接官が好む人柄に運良くマッチしていたら、明らかに低レベルな人でも採用される。
面接官が嫌う人柄に運悪く当てはまっていたら。明らかに高レベルな人でも落とされる。
なので、落とされたら「運が悪かった。縁が無かった」と割り切って、さっさとその企業の事は忘れること。

 







大手企業ばかりにこだわるのは危険編

syukatsuregret3

 

就職活動における「大手病」が非常に危険な理由

  1. 入社倍率が非常に高い大手企業ばかりを受けてしまうことで、不採用が続き、採用ピーク時期を過ぎてしまうことが極めて多くなる
  2. また、そのような大企業にこだわり続けた結果、内定が1つも無いまま大学を卒業して既卒になってしまうこともある
  3. 仮に大企業に入れても、企業側からの要求水準が高すぎて、能力の余裕・余力が一切無いぎりぎりの勤務状況へ追い込まれがちになる
  4. 大企業での激務や過酷な出世レースで潰れて、うつ病やパニック障害のような精神疾患を発症して人生が破壊される社員が後を絶たない
無い内定…就活を舐めたり優良企業以外お断りの大手病の末路
自身の適性や業界の将来性やブラック業界を知ることも大切ですが、何としてでも避けたい最悪的な状況が「無い内定」。 就活を始めるのが遅かったり、資格取得や面接研究を怠っていたり、優良企業をえり好みしていた人達がたどる末路の...

 

 

大学生の就職活動が失敗する主要な原因の1つに「大手病」が挙げられます。

志望企業を大企業1本に絞ることがそもそも危険なうえ、能力不足の者が大企業に入っても暗い未来しか無いので、大手病には気をつけましょう。

スポンサーリンク

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント