親自らが勉強しよう!高学歴親の学習塾や英会話で教育成功例

スポンサーリンク

高学歴親教育

 

高学歴の親による子どもの教育の成功パターンと、その反対の失敗パターンの両方を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

教育に成功する高学歴親の家庭環境と教育方針

高学歴親教育

 

教育に成功する「家庭環境」

  • 食事中にテレビ番組を観ない
  • 書籍(漫画や雑誌以外)がたくさん置いてある
  • スマートフォンではなく、パソコンを子どもに使わせ、パソコンでメールやインターネットをやらせる
  • 家庭の中では、夫婦喧嘩を極力起こさないようにする(夫婦喧嘩を目撃する子どもへの悪影響が大きいから)
  • 博物館や美術館のような知的好奇心を育む娯楽施設へ連れて行く

 

 

 

教育に成功する「教育方針」

  • 親がひんぱんに読書をしていて、子どもがそれをマネして読書をする
  • 子どもをしかる時は論理性を重視し、「子どもがやったことは、なぜ怒られるようなことなのか」を理路整然と説明する
  • 子どもの学力・学習状況・苦手な分野を親がしっかり把握して、親自身が苦手な部分・足りない部分を補ってあげる

 

そのほかにも、親自身が学校の学習内容を勉強し直して、子どもといっしょに勉強を進めてあげる、高品質な学習塾や英会話教室をしっかり下調べした上で子どもに通わせる、など、意欲的な教育態度をもっていることが特徴です。

 

安全で安心な質の高い中学校で子どもを学ばせる中学受験の魅力
まだ心身共に幼い小学生に受験競争を強いることや、私立中学校の学費の高さなど、たしかにリスクはあるものの、劣悪な学習環境の「公立中学」を回避して大事な子どもに高品質な学生生活を与えてあげられる、というのは魅力的です。 中...

スポンサーリンク

不良やいじめなど公立中学の4大問題点と私立中学のススメ
単刀直入に言って、公立中学の教育環境には大きな問題があります。入学の敷居の低さから低レベルの学力や品性が劣った子どもが大量に入学してくるので、不良学生がどうしても生まれてしまい、彼らの行動がいじめや学級崩壊を招き、真面目で将...

 




子どもの教育のために、高学歴の親ができること

 

良い学習教材やしっかりしている塾を調査して子どもに与える

教育に成功する高学歴の親は、子どもの勉強を学校任せにしたりはしません。

ネット上の評判・近所の口コミを調査し、本屋で参考書などを実際に手に取ってみて、質の高い教材や塾を子どもへ与えます。

 

 

 

親が勉強し直して、子どもにマンツーマンで教えてあげる

スポンサーリンク

高学歴の親は、子どもが使っている参考書や問題集を借りたり、自分用に新しく購入して、学生時代の勉強をやり直します。

親が勉強している姿を見て、子どもはマネして勉強を始めます。そして、親自身が勉強をやり直していることで子どもの学習内容を正確に把握しているので子どもに的確に学習指導ができます。どちらのメリットも、子どもの学力向上効果が非常に高いものです。


 

 

子どもの知的好奇心をくすぐる工夫をおこたらない

  • 「虹が発生する仕組み」「空が青く見える理由」などを子どもに平易に解説してあげることで、「理科の勉強をすると、この世の仕組みが科学面から分かって面白い」ということを実感させる
  • ITのスキルを伸ばすと、翻訳プログラムを利用して海外のサイトやブログを自国語で不自由なく読めるようになったり、海外へ簡単に情報発信ができるようになって、世界が一気に広がる、ということを教えてあげる
  • どういった歴史の流れや人々の思惑を経て、社会が今のような形におさまっているのかの順序を平易に解説してあげることで、過去の歴史を知れば現在と未来を理解することができると教えてあげる

通常、参考書とノートを相手にした勉強は、ただただ暗記を続けるだけの無味乾燥とした辛い作業になります。

スポンサーリンク

しかし、親が「今勉強している内容が、この世界とどのようにリンクしているか」を工夫して解説してあげることで、子どもが楽しみながら勉強をすることができます。

 

 

現実の社会状況に合わせて子供を強く育てる為の6つの重要な教育
結婚して子どもが生まれても、親となった人の誰もが子育ての素人で、毎日ぶっつけ本番で教育をするしか方法がないため、どうしても他の親達と同じような「当たり障りのない無難な教育」をする事が多くなってしまいます。例えば、嘘をつかない...
安全で安心な質の高い中学校で子どもを学ばせる中学受験の魅力
まだ心身共に幼い小学生に受験競争を強いることや、私立中学校の学費の高さなど、たしかにリスクはあるものの、劣悪な学習環境の「公立中学」を回避して大事な子どもに高品質な学生生活を与えてあげられる、というのは魅力的です。 中...

 







子どもが高学歴ニートになりやすい、ダメな教育パターン

ブラック人材特徴

 

子どもに勉強しかさせない

遊び全般を禁止し、交友関係にも口出しをし、勉強を強要する教育方法は、子どもを高確率で潰してしまうダメな教育方法です。

植物で、勉強用以外の葉を全部切り落とすような行為なので、葉が足りなくなった植物は生長が阻害されたり枯れてしまいます。

高学歴ニート…勉強はできても主体性の欠如や高プライドで脱落
驚くべきことに、あの「東京大学」でさえ、学部卒業後に就職も進学もしない進路不明者が全体の2割にもおよぶそうです。この2割は、おそらくニートに…。 名だたる名門大学を出たからと言ってその後の人生が順風満帆になると約束され...

 

 

「人生は、学歴が全て」といった間違った教え

「高学歴さえ手に入れれば成功の人生が待っている」といった感じの、学歴偏重主義の教育は子どもの自主性や自分で考えて動く力を育てません。

子どもが上手く有名大学に入学できたとしても、その先の就職や人生設計は学歴とは関係が少ないので、子どもはどうすれば良いのか分からなくなってしまいます。

 

 

 

「世の中を生きていく力」を身につけさせない

上記の『子どもに勉強しかさせない』『「人生は、学歴が全て」といった間違った教え』を補完する項目です。

「他者と上手くコミュニケーションを取ること」「人生に大きな目標をもつこと」「就職してお金を稼いで自立すること」といった、世の中へ出た後に生き抜く力や知識を与えてあげないと、子どもは大学卒業後に、何もできなくてニートになりやすくなります。

現実の社会状況に合わせて子供を強く育てる為の6つの重要な教育
結婚して子どもが生まれても、親となった人の誰もが子育ての素人で、毎日ぶっつけ本番で教育をするしか方法がないため、どうしても他の親達と同じような「当たり障りのない無難な教育」をする事が多くなってしまいます。例えば、嘘をつかない...

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント