全員笑顔で嘘つき大会!就活生も人事も両方思う、就活=茶番劇

スポンサーリンク

就活茶番劇

 

就活がなぜキツいかといえば、書類審査や面接で落とされたり、会社から会社への移動の肉体疲労が重なることもそうですが、就活全般に関わってくる「こんなことして何になるの?」という茶番にウンザリ…というのも大きな要因です。

おたがい時間と労力をかけて面接官は笑顔でウソをつき、就活生も笑顔でウソをつく、得も言えないくだらなさとぐだぐだ感。

日本の就活の茶番化現象について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

日本の就活が「嘘つき大会」となっているという事実

就活茶番劇

 

企業側が嘘をついていること

  • 「我が社の労働基準は法律を遵守している」「風通しの良い社風」といった具合に事実に反したことを口にしている
  • 面接時に「これは採用には関係ありません」と事実に反したことを口にしている
  • どんな大学の大学生でも平等に企業エントリーできるはずなのに、「学歴フィルター」の存在のせいで大学のランクによってはエントリーができない
  • 企業の内情についてどんな質問でも受け付けているはずなのに「実際の有給の消化率」「離職率」「サービス残業はあるのかないのか」「やりがいは実際にはあるのか」といった都合の悪い質問に対しては、はぐらかしたり無回答

 

 

就活生側が嘘をついていること

スポンサーリンク

  • 「御社が第一志望です」とあらゆる企業へ向けて言っている
  • 面接でアピールする自身のエピソードの数々をねつ造していることが多い
  • その企業の志望動機も嘘を並べ立てている

 

それを先に言え!就活で先に知っておきたかった事を全公開します
就活の恐さの本質は、「勉強だけしていれば良かった学生時代とは求められるモノが全然違うのに、その事が大学側や教授や親からほとんど伝えられていない」こと。人によっては、クリアに必要なアイテムを取り逃したまま就活ステージまで来てし...
就活経験者が就活で後悔した事と、こうすれば良かったという事
自己分析や企業分析も済み、いよいよエントリーや会社説明会や面接が本格化してくる時期。 就活を終えた先人達が語る「こうしておけば良かったという就活の後悔」を事前に知っておくことは、就活初挑戦の大学生達には大きなアドバンテ...

 




日本の就活の茶番要素一覧

就活茶番劇

 

茶番:

(1)客のために茶を点(た)てて出す役。
(2)茶番狂言または口上茶番の略。通言総籬(つうげんそうまがき)「ゆふべはつまさんの―で」
(3)ばからしい、底の見えすいたふるまい。茶番劇。

 

 

日本の就活は様式化していて、形骸化している

「ドアをノックする回数」「おじぎの角度」「他の就活生達が話すことから逸脱しない、テンプレ的な回答」といった形式が重視されすぎている。

スポンサーリンク

そのせいで、「企業に貢献できる、能力がある人間を採用する」といった、人材採用の本来の意義が失われてしまっている。

 

 

 

日本の就活は、採用する企業側にとっては馬鹿らしいことが多すぎる


「アルバイトを頑張った」「サークルでリーダーを務めた」「ボランティアにたくさん参加した」「荒唐無稽なプロジェクトについて、就活生達に延々と議論させる」。

これらは、社会人として活動し続けている人事にとっては全く大したことがない。いくらこんなことをアピールされたところで、人事側には茶番としか映らない。

スポンサーリンク

体育会系がコミュ力や忍耐力のおかげで就活で超有利な理由解説
就職活動では「文化系の学生」よりも、「体育会系の学生」の方が断然有利…。そんな話をネット上でちらほらと目にします。 なぜ就活で体育会系が強いのか?実は日本企業は体育会系的な性質をもっているので、体育会系の人材と相性が良...

 

 

企業側も就活生側も嘘をつき放題なので入社後にトラブルが頻発する

企業側も、就活生側も、それぞれ自己の都合で嘘をついたり真実とはかけ離れたことをしゃべっているので、入社後に「そんなの、聞いてない!」と双方が失望することが非常に多い。

その結果、企業側は期待以下の人材をつかまされてしまったり、元就活生はすぐに会社を辞めてしまったりして、時間とお金をたっぷりかけて行った就職活動自体がそもそもほとんど意味が無い、という本末転倒の結果となってしまう。

 

 







就活の茶番要素を酷評したネット上の言葉

就活茶番劇

 

就活生側も、採用する企業側も、
誰も就活の意義を答えられない。
それでもなお何十年も同じ様式の就活が続いているという狂気。

 

就活にまつわるもの全てが形骸化している。

 

画一化された服装と受け答えを要求しておきながら、
それでいて就活生に個性とオリジナリティーを求める、という大きな矛盾。
誰がどう考えてもおかしいのに、それを誰一人として口に出さない。

 

 

就活の中でも特に、グループディスカッションの茶番感・お遊戯感・学芸会感・ぐだぐだ感がやばい。
内定が欲しくて必死にやっている就活生側はともかく、もしも観察している人事側だったら笑いをこらえられる自信が無い。

 

合説イベントがコミケ会場そっくり。

 

就活という、日常生活とはズレた奇妙な企業文化を一生懸命なぞっていくうちに、
だんだん「社畜」へ近づいていくんだろうな。

 

日本の就活
■説明会
企業「年休130日!残業なし!ワークライフバランス!(んなわけねーだろカス)」
学生「よっしゃ、ホワイト企業やんけ!」
■面接
学生「リーダーシップ!ボランティア!即戦力!(んなわけねーだろカス)」
企業「よっしゃ、有能やんけ!」
■入社後
学生「なんやこのブラック」
企業「なんやこの無能」

 

奴隷を選別するための儀式。
企業にしっぽを振れる者のみが採用され、ピエロを演じきれない者は採用候補から除外される。

 

仕事をする上で最も肝心な
スキルや、その業界についての予備知識は測ろうとせずに、
ちゃんと建前をしゃべるかどうかを見てるんだもんな。
ズレまくっている。
そりゃあアメリカや中国に差を広げられる一方だわ。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント