恋愛格差…イケメン・美女の恋愛強者のみが恋愛を独占する社会

恋愛格差

 

一部の恋愛強者が多数の女性達ととっかえひっかえ恋愛を楽しむ…という「恋愛格差」が起こっており、格差社会ならぬ恋愛格差社会が到来しつつあります。

恋愛格差という状態について調査したので、分かったことを報告します。

 

現代に起こっている「恋愛格差」の状況

恋愛格差

 

「恋愛格差」とは、一部の容姿が優れていたり性格が恋愛に向いている男女ばかりが恋愛を楽しみ、彼・彼女たちが条件の良い異性を独占してしまうので、その他大勢が恋愛に消極的になったり、全然恋愛ができない、という格差を意味します。

 

「恋愛格差」における、恋愛強者と恋愛弱者の特徴

格差社会解説経済

 

恋愛格差における「恋愛強者」の特徴

  • 身だしなみに気を使うなど、それなりに外見が良い
  • 人間好きで、対人関係において積極性がある
  • 物事を仕切ったり、相手をリードするのが上手い
  • 恋愛経験が豊富

 

 

 

恋愛格差における「恋愛弱者」の特徴

  • 身だしなみに気を使わず、ファッションに対する意識が低い
  • 対人関係において消極的
  • 集団において、その他大勢という立ち位置が多く、他者をリードすることが下手
  • 恋愛経験が少ない・ほぼゼロのせいで、異性をどう扱えば良いのかが分からない

 

恋愛格差の影響で、今の社会に起きていること

恋愛格差

 

 

少数の恋愛強者が大多数の異性をかっさらう格差状況

 

恋愛格差の上位側にいる「恋愛に向いている性格・容姿で、恋愛することが好きな人達」が異性ととっかえひっかえ交際する、という状況になってきています。

自然界では同種の中で強い個体のオスが多数のメスを囲む「ハーレム」を形成することがライオンなどの動物に見られますが、「お見合い」という半強制的な結びつけが消失した現代では自然の原則に則したハーレム的な現象が起こるようになってきています。

 

 

 

恋愛経験ゼロの男女が急増

恋愛格差

 

  • これまでの交際人数が「ひとりもいない」と回答したのは、男性で52.8%、女性で39.0%、全体で45.9%
  • 「現在、交際相手がいる」と回答したのは、男性が17.7%、女性は31.7%、全体で24.7%

株式会社オーネットによる「2014年新成人800人の意識調査」

 

恋愛格差の格差上位側の人達が恋愛を楽しむ一方、格差下位側の人達は恋愛経験ゼロという状況の人達が多くなってきています。

 

 

 

「非婚化社会」の到来

恋愛格差

 

お見合いを通して結婚するのがなかば義務だった以前の時代から、自由恋愛を通して結婚するのが当たり前という時代へと移り変わりました。

スポンサーリンク

結婚するには「自由恋愛ができること」が前提となり、恋愛が得意な者がだんぜん有利となり恋愛が苦手な者は結婚することが困難という状況になっています。

恋愛が苦手な者は最初から恋愛と結婚を諦める風潮が強まり、恋愛格差の上位側の者はそもそも数がかなり少ないので、結果的に結婚する人間が大幅に減るという「非婚化社会」を迎えています。


 

恋愛格差のせいで恋愛できない人は恋愛SNSの利用を

競争率が低いので狙い目の恋愛SNS

ミントC!Jメール

netdelovelife1

 

女性からの返信率が高いことで有名なので簡単に恋愛でき、ブログ管理人推奨のSNSです。

シンプルで使いやすいサイト構成なので初心者も安心。

ミントC!Jメール公式サイト↓

ミントCJメール

 

 

 

メルパラ

netdelovelife4

 

同じく女性の返信率が高く、H目的で登録しているギャル系女性が多い、おすすめSNS。

上記のミントC!Jメールの姉妹サイトなので、2つ同時に登録するとスピード恋愛が実現。効率を重視するなら、多分、ここが一番良い。

メルパラ公式サイト↓

netdelovelife2

 

 

オタク系の男女が多い恋愛SNS

PCMAX

PCMAX

 

何かとオタク的雰囲気の漂うSNSです。サイトのマスコットキャラクターのラブちゃんが、オタに媚びたデザインなので可愛い。

オタク気質の人に向いていて、そういう女性利用者も多い。H目的で登録している女性が他のSNSよりも多いのが特徴。

PCMAX公式サイト↓

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

 

 

利用者の数が多いのでおすすめの恋愛SNS

ハッピーメール

ハッピーメール機能

 

知名度・人気ともに、恋愛用SNSの中では一番。

ライバルの少ない穴場などではなく、正統派の恋愛SNSを求めるならここが一番だと思われます。

ブログ管理人が調べた範囲では、若い年代から年配まで幅広く利用していて、どんな人にも合う万能サイトです。

ハッピーメール公式サイト↓

ハッピーメール

 

 




コメント