年収1000万円は要注意!同窓会で雰囲気が悪化する年収自慢

スポンサーリンク

年収自慢

 

同窓会や飲み会の席で、近況報告に見せかけてさりげなくたずねられるのが「年収どのくらいなの?」。人並み以上に稼いでいる人は嫌みになりかねないし、人並み以下の場合は言うのが気後れする、どちらの場合でも場の空気が悪化しやすい嫌な話題です。

同窓会では、年収の話題や、お金の自慢話は、他人の嫉妬を招くので危険なようです。

 

スポンサーリンク

飲み会での嫌な話題の第3位が「お金の話」

年収自慢

 

1位「説教」(4858票)

飲み会で、説教好きな上司の隣に運悪く座ってしまうと、最悪の居心地を味わう

 

2位「人の悪口」(3469票)

スポンサーリンク

ネガティブな内容の言葉ばかりを聞かされて気が滅入る・うんざりする

 

3位「年収などのお金の話」(1380票)

自分の年収が、相手より高くても低くても、どちらの場合でも気まずくなります。自分の年収を自慢したいのでは?と話し相手に思われるなど、お金の話題はどんなものであれ、その場の雰囲気が高確率で悪化するので危険です。

 

(2013年7月、NTTドコモ「みんなの声」でアンケート調査を実施)

 




同窓会でイラッとくること

 

1位「自慢話をされること」(7364票)

スポンサーリンク

有名な企業に勤めている、結婚相手が良い人で幸せ、起業してぼちぼちやっている、子どもの成績が良いなどなど、同窓会で聞かされるとイラッとすることの第1位は「自慢話をされること」でした。

同窓会で最もイラッとする話題の「自慢話」が、デリケートでトラブルを招きやすい「お金の話」だったら、ますます危険!!


 

2位:昔の秘密を暴露される(5244票)

3位:自分のことを忘れられていた(4246票)

スポンサーリンク

4位:老けたと言われる(3416票)

5位:太ったと言われる(2166票)

 

(2013年9月、NTTドコモ「みんなの声」でアンケート調査を実施)

 

 

見下しと嫉妬が激突する同窓会にありがちな全現象が悲しすぎる
社会人になってからの同窓会は、元クラスメイト同士で互いに内心で現状を競い合う、一種の戦場。元は同じ場所にいたのに、時が流れて人生の明暗がくっきり分かれ、優越感と嫉妬が交錯する同窓会にありがちなことを総合的にまとめました。 ...
友情って人生って何だろう…同窓会で世の真理が伝わるコピペ
苦楽を共にした同級生達と語り合う同窓会は、思い出話や近況報告などが主な目的ですが、職業や収入で内心で勝ち負けを競ったり、同窓生が悲惨な道をたどっていて人生の明暗がくっきり分かれていたり、学生時代のクラス内階級がそのまま社会で...

 

同窓会で「自分は高年収だ」と伝えたら?

 

 

 

 

 

「公立中学」の場合、あらゆる社会階層の人間がごちゃまぜ状態なので、卒業生の年収のばらつきが非常に激しい、という傾向があります。

それに対し、「高校もしくは大学」は、社会階層と学力偏差値が似通った人同士の集団なので年収のばらつきは小さい傾向があります。

公立中学や、公立小学校で高額年収を明かすことは、思わぬ嫉妬・トラブルを招くこともあるので、注意しましょう。

 







「年収1000万円以上から」が自慢していい境界かも

年収1000万円仕事

 

Q.他人に自慢できる年収額はいくらからだと思いますか?

A

  1. 1000万円以上(1位、48.8%)
  2. 800万円以上(19.3%)
  3. 500万円以上(12.0%)

(2014年8月、「みんなの声」によるアンケート調査)

 

 

 

国税庁による、平成27年度の民間給与調査では、男女全体の平均所得は420万円、年収1000万円以上の所得者割合は、全体のわずか4.3%しかいないことがわかりました。

「自分が、私の年収はすごいと感じる金額」「みんなが、この年収はすごいと感じる金額」の2つが合致するのが、「1000万円」という境界線なのは納得できます。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント