IT業界で下流の下請け会社に労働負担を押しつける構造がひどい

スポンサーリンク

IT業界下請け

 

企業内で運用する新システムや、銀行の新システムを実際にその手で構築するのは、零細企業のSEやPG達ですが、新システム設計の依頼を企業・銀行から最初に請け負った大手企業は、それらの泥くさいプログラミング作業を下位の零細企業に任せ、多くの場合に楽をしながら多額の報酬を得ている、という極めて不平等な構造がなされています。

IT業界において、下請け企業へ過度に負担が押しつけられている問題について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

下流工程の技術者達には負担の大部分が押しつけられる

IT土方プログラマブラック

IT土方プログラマブラック

 

 

IT業界全体の負担を押しつけられる「下流工程」の企業

  • IT業界の仕事で下流工程とされるのは、二次請け、三次請け、四次請けといった下請け企業を指すことが多い
    • 下流工程の企業へ仕事を回すのは、仕事の発注者から仕事を請けた「一次請け」の企業
  • 上流工程から下流工程にかけて次々と報酬が中抜きされてゆくので、末端の三次請けや四次請けの企業は非常に低い報酬額で仕事をしなければならなくなる
  • 下流工程の企業へ仕事が回ってくるまでにそれなりの時間が消費されているので、成果物の納品までの期限がぎりぎりになることが非常に多い。期限ぎりぎりのせいで「デスマーチ」が頻発してしまう。
  • 下流工程ではプログラマ達がプログラミングを行い、心身に過酷な作業をしなければならない
  • ソフトウェア開発の現場にいる下流工程企業の社員が、上流工程企業へ「請負」という形態で派遣される「偽装請負」が頻発してしまう

 

IT業界の危険な問題…偽装請負やデスマーチによる搾取やうつ病
IT業界というと、なんとなく時代の最先端を行っているかっこいいイメージがありますが、同時に良からぬ噂もよく聞く業界です。 会社員を過労やうつ病へと追いやってしまう、IT業界が抱えている危険な問題の数々を調査したので、分...
デスマーチ…無茶すぎる仕事環境でうつ病や病院送りの多発現象
ある程度以上、パソコン知識に通じていたり、エンジニア系の創作物やノンフィクションに触れていると、SEやプログラマーの世界で深刻な問題になる「デスマーチ」にも関心が向かうようになります。 デスマーチの過酷さはたびたび漫画...

スポンサーリンク

 




上流工程の企業の特徴、やっていること

専門学校口コミ評判闇

 

上流工程企業の特徴

  • 上流工程の企業は、大手企業のSIer(システムインテグレータ)であることが多い
  • SIerが仕事を請ける相手は、「省庁、県庁、市役所といった官公庁」「銀行」「大企業」であることが多い
  • 一般に、SIerには高学歴でないと入社は困難と言われている
  • 上流工程企業は「高給」「職場環境は比較的ホワイト」ということが多い

 

 

上流工程企業がやること

  • 顧客とのヒアリングを元にした、システム・ソフト開発のための要件定義
  • システム・ソフトの設計書の作成
  • プロジェクト全体の進捗状況の管理・調整
  • 中小企業へ、下流工程の業務を発注する

 

 

 

上流工程企業から下流工程にかけて報酬が中抜きされていく仕組み

IT土方プログラマブラック

 

中抜きされていく例

  1. 発注元から、大手SIerが「この内容の案件なら、120人月(10人作業して1年掛かる作業量のこと、この段階では人月単価=100万円)だから、1億2千万円で引き受けます」と、発注元から1億2千万円を受け取って仕事を請ける↓
  2. 仕事を請けた大手SIerが、中小企業へ人月単価70万円という条件で仕事を発注する↓
  3. 上記の条件で仕事を請けた中小企業が、零細企業へ人月単価50万円という条件で仕事を発注する↓
  4. 上記の条件で仕事を請けた零細企業が、人月単価50万円という条件でプログラミング業務をする

 

 

上記のように、IT業界の「ウォーターフォール・モデル」にのっとって、大企業が自己の利益のためにマージンを抜き、抜いた後の金額を報酬額として中小企業へ、零細企業へと次々と仕事を回していきます。

 

 

そのせいで、実際にプログラミング作業を行って最も辛い思いをする零細企業の社員が、非常に安い人月単価で仕事をしなければならない状況へ追い込まれます。

 

IT土方…IT業界の仕事の負担が最も集中する激務プログラマ
ITの世界はまさに日進月歩。新技術を吸収するための勉強が常に必要とされ、しかも頑張って覚えた知識が日々の技術更新によってあっと言う間に過去の物となり役に立たなくなる、極めて過酷な業界です。 複雑なプログラムを組み立てる...
これは転職不可避…IT業界の4つの構造的問題の絶望感がすごい
パソコンを使ってプログラムを組み立てる、先進的でかっこいいイメージがあるIT業界の仕事ですが、業界の構造そのものがあまりにも腐っており、好意的な先入観をもって安易に足を踏み入れると、ほどなくしてうつ病や身体の病気で使い潰され...

 







なぜ、IT業界では下請け企業へ負担を押しつけるのか?

IT業界下請け

 

IT業界でのシステム開発・ソフトウェア開発の手法は、「ウォーターフォール・モデル」と伝統的に決まっています。

スポンサーリンク

「ウォーターフォール・モデル」とは、システム開発・ソフトウェア開発を「要件定義」「開発」「テスト」などの段階へ分割し、上の工程から下の工程へ水が上から下へと流れ落ちるように(=ウォーターフォール)仕事を分担していくことを指します。

 

 

IT業界のウォーターフォール・モデル

  • 「要件定義」(上流工程。顧客と、どのようなシステム・ソフトを作るかの話し合い)↓
  • 「設計」(上流工程。システムの設計書を作成する)↓
  • 「開発」(下流工程。システムの設計書にしたがってプログラミングを行う)↓
  • 「テスト」(下流工程。いちおう出来上がったソフトが、正しく動くかの動作確認)↓
  • 「納品」(完成したシステム・ソフトを、顧客へ渡す)

 

 

「ウォーターフォール・モデル」の性質上、比較的楽な上流工程と、連日のプログラミング作業で非常に辛い下流工程へと、その2種類へ明確に区別されます。


「ウォーターフォール・モデル」を採用している以上、下流工程を担当する企業が「開発」や「テスト」などで負担が集中してしまうのは、モデルの構造上仕方がない部分とも言えます。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント