復縁よりも忘れよう…失恋が脳科学的に辛い理由と立ち直る方法

スポンサーリンク

失恋立ち直る方法

 

好きだった人にフラれたり、恋を諦めることでおちいる「失恋」。そして失恋はとても心が苦しいものです。

なぜ失恋で心が苦しくなるのかの科学的理由と、失恋から立ち直る方法を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

脳科学から見て、失恋が苦しすぎる原因

ドーパミン効果働きやる気

 

 

失恋した人の脳内・体内で起きていること

  • 失恋した相手の写真を見ると、脳内に多量の「ドーパミン」という神経伝達物質が分泌されることが実験で確認されている
    • このドーパミンは人間に幸福感・高揚感をもたらし、恋愛中に多量に分泌されることで知られている
  • 失恋後も恋人に関する情報が引き金となってドーパミンが分泌され、「別れて異性と復縁して、もっとたくさんのドーパミンを分泌して、快感を味わいたい」と脳がかってに反応してしまうため、欲しくても得られない快感を求めて悶え苦しむ薬/物中毒患者と同じ状況になってしまう
  • ドーパミン以外にも、失恋時には「コルチゾール」「アドレナリン」といったストレスホルモンが多分に分泌され、その影響で息苦しくなったり吐き気を催す

 

失恋ショックや病気等で人生が狂っておかしくなったきっかけ集
人の人生、良い意味でも悪い意味でも何が起こるか分かりません。悪い意味で人生がおかしくなった、というきっかけを調べてパターン分類しました。 持病のような生まれ持った運命的なものはともかくとして、避けようと思えば避けられる...

 




男女はそれぞれ「失恋からの立ち直り方」が違っている

失恋立ち直る方法

 

女性用の立ち直り方

女性が失恋から立ち直るには、別れた男性・フラれた男性との思い出と決別するのが王道だと言われています。

スポンサーリンク

スマートフォンの男性に関係する履歴を全て削除したり、部屋から男性の痕跡を全て消したりすると、失恋から立ち直るのがスムーズに進むようになります。

 

 

男性用の立ち直り方

男性が失恋から立ち直るには、別の関心事に夢中になる・没頭するのが王道だと言われています。

男性の場合、いつまでも失恋を引きずってうじうじした態度を取っていても、失恋から立ち直ることは困難です。

終わった恋愛とは別の目的に前向きに取り組むことで、失恋から立ち直るのがスムーズに進むようになります。

スポンサーリンク

 

同棲は関係マンネリ化や生活費でもめるかも?同棲で起きること
恋人が、結婚一歩手前の関係まで深まった状態の「同棲(どうせい)」。 楽しそうな印象を受けますが、距離がぐっと縮まった分、これまで分からなかった相手の悪いところもくっきり見えてくるようになって、幻滅してしまうこともしばし...

 







復縁するべき場合と、復縁が無意味な場合

失恋立ち直る方法

 

失恋後に、復縁した方が良い場合

  • 相手がこちらのことを誤解しているせいで別れ話を持ち出されてしまった場合
  • ちょうどイライラしていた時のとげとげしい言動のせいで、相手に嫌われてしまった場合

 

 

 

復縁しようとしても無意味な場合

  • 交際開始から何年も経ち、関係に慣れすぎて恋愛感情が消失し、相手に飽きてしまっている
  • 浮気などが原因で、相手からの信頼・信用を根本的に失ってしまった
  • 相手が新しい恋人と交際を始め、新しい恋人に夢中になっており、もう自分のことをどうでも良いと思っている

 

結婚継続の才能は忍耐と自己犠牲?恋愛賞味期限切れ後の対策
恋のときめきや愛情をつかさどる脳内ホルモンの「PEA」や「ドーパミン」は、恋愛開始時点から3~4年で分泌が枯渇し、脳が恋愛状態から通常状態に戻ってしまいます。 じゃあ結婚っていずれ必ず破綻するの?良い結婚をするにはどう...


 

 

一時的な誤解・トラブルのせいで別れ話へと発展してしまったのなら、きちんと誤解を解いたり謝れば、また恋人関係へ戻ることができます。

しかし、恋愛感情の賞味期限が切れてしまっていたり、相手からの信用を決定的に失ってしまった場合などは、復縁は非常に困難です。この場合は、復縁は諦めて2人の関係を終わらせる方向へ持っていく方が自然な流れとなります。

スポンサーリンク

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント