これが温室育ちの弊害…新入社員が会社を即辞めする4つの原因

これが温室育ちの弊害…新入社員が会社を即辞めする4つの原因

新社会人すぐに辞める

終身雇用制の崩壊で会社員が会社への忠誠心を持たなくなったことや、若者が打たれ弱すぎて会社でのストレスに耐えられないなど、近年の若者があっと言う間に会社を辞めてしまう事が問題視されています。

若者が簡単に仕事を辞めてしまう原因を調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

近年の新入社員が簡単に会社を辞める4つの原因

新社会人すぐに辞める

1.ストレス耐性が低すぎる

少子化の影響で、子どもという存在は貴重なものになりました。そのことで、平成生まれ世代は親や教師から大事に大事に育てられてきました。




スポンサーリンク





そのせいで、ストレスや理不尽への耐性がほとんど培われていないので、新卒入社した会社で上司に怒鳴られることで、ひとたまりもなく心が折れて辞めてしまうことが多いようです。

2.思っていたのと違う!と理想と現実の差で潰れてしまう

新卒入社してみると、自分に割り当てられる仕事の内容や、給与額や、待遇が「思っていたのと違う!」とショックを受ける社員が近年多いようです。

3.社会人としての自覚が足りない



スポンサーリンク



即辞めする新入社員に対して「社会人の自覚が足りない」と結論づける年配社員が多いようです。

どこかお客様気分のまま、先輩社員達が手取り足取り面倒を見てくれるのが当たり前…そんな気分が抜けていないせいで、会社の中で理不尽に遭遇すると、あっさり会社を辞めてしまいます。

社会人になった以上、即辞めして無職になればもはや新卒とは見なされず、第二新卒として扱われて転職者達と同列で戦わなくてはならなくなります。

社会人になったという事実を重く受け止めて、それ相応の慎重な判断と行動が必要になります。

半年持たずに辞める新入社員の3タイプと彼らに待ち受ける現実
7月の現時点で、入社式の4月の頭から約3ヶ月が経過しましたが、耐久力の限界に達し、新卒の新入社員達がこぞって辞めるのがちょう...

4.プライドが高すぎる

その会社の社風・慣習に従おうとせず、自分の主張を押し通そうとする新入社員が近年多いようです。

高尚な発言や目的に実力が追いついていないという「意識高い系」の社員も多く、「この会社のやり方は時代遅れだ」と訴えて先輩達とのみぞを深めてゆき、最後には自分から辞めていってしまうようです。




入社後早々にやめたい新社会人の声や、やめたい様子

新社会人すぐに辞める

お客様扱いだった学生時代から、
いきなり奴隷側へと転落。
落差があまりにも大きすぎる。

パワハラ上司の存在がキツすぎる。
上司にしいたげられる毎日で、人生が地獄に変わる。

辞めたくなる気持ちが本格的に育ってくるのは、
新人研修が終わって浮かれ気分が消え始めた頃から。
4月で電撃退社!入社式や研修で心を折られて即辞めた新社会人達
新卒入社した会社を、入社後1週間ももたずに高速退社する新社会人が毎年一定数います。 そんな人達の声と、即辞めは正しいの...


スポンサーリンク



短期間で考え無しに辞めれば、再就職の際に面接官からの印象が最悪になって重大ハンデを負う。
それを恐れて今の職場に留まっていても苦しすぎる。
前門の虎後門の狼状態や。

いくら辞めたくても、
在職中に転職活動を行うとか無理すぎる。
帰ってきたらもうへとへと、休日は心身共に身動き取れず。

一刻も早く今の仕事を辞めたいが、
辞めたら辞めたで取り返しのつかないことになるんだよな…。
そういう前例をいくつも知ってしまっている。

明らかに、ストレス解消目的で新入社員をいじめる先輩社員がいる。
会社という空間内にストレスが渦巻いていて、社員同士でストレスの押し付け合いのババ抜きゲームを続けているような状況。

研修中に、
「先輩達は、いつもどのくらいの時刻まで残業されているんですか?」
と聞くと、
「23時」
と返ってきて、絶句。

「こんな会社で働いてられるか!独立して起業だ!」
と思い立つも、起業について調べれば調べるほど、死へ続く道だと理解する。
会社勤めさえ耐えられなかった自分が、会社の業務よりもはるかに難しい社長の仕事をこなせる道理があるわけない。
もう使い倒される身なんだ…新入社員が会社を辞めたい理由集
「もう大人達に守られている立場でなく、それどころか、年上の人間達に一方的に圧力をかけられる立場なんだ…」 入社式や新人...

管理職に就いている社員がそろって死にそうな顔と雰囲気。
管理職になると、みなし残業が適用されてかえって時給換算では収入が減るらしい。
この会社に居続けること・出世することに希望を見いだせない。



スポンサーリンク



職場の人間関係が労働の良し悪しを左右する。
人間関係が嫌すぎると、労働も会社へ行くこと自体も全てが腐る。

公務員を目指す決意が日々強化されていく。

日曜の夜頃から起こり始める、
発狂しそうな嫌な感情がやばい。

親から大事に大事に育てられた、ストレス耐性皆無の新人が近年多い。
そのせいで、入社後に上司にちょっと叱られると即死。即退職。
そして、即辞めの事実せいで面接官達から拒絶されて再就職不可となり、社会的にも死亡。
今の親の教育方針は、結果的にダメ人間を量産しているものだと言える。

在宅でYouTuberやブログで稼いでいる人が羨ましすぎる。
もう会社に行きたくない、というか、他人と面と向かって関わり合いたくない。

理不尽なことで怒られ続け、イライラしっぱなし。
会社員の生活って、懲役刑と何ら変わらん。

自分の頭で考えることができていた生き生きした自分から、
会社員的な思考・生活しかできなくなっていく自分へ徐々に変革されていく過程が嫌すぎる。
自分も、どこにでもいる社畜の1人にしかなれないことにある日気づいてしまう。

新入社員が即辞めする前に教えておいて欲しかった事実

いい人真面目損

即辞めすることで被る損害
  • 後先考えずに嫌な会社をとりあえず辞めて、その後、底辺から一生抜け出せないというパターンがかなり多い
  • ↑具体的には、非正規の派遣・契約社員、フリーター、無職のような道から抜け出せなくなる
  • 入社1年以内に辞めてしまうと、その事実を「うちの会社もどうせすぐに辞めてしまうだろう」と面接官が強く警戒するので、再就職がかなり困難になる
  • 「若ければいくらでも転職できる」という意見は一面では事実であっても、「若さというメリットを打ち消してマイナスが残るほどの、会社を即辞めする人という印象」のせいで再就職ができない人もまた多数存在する
  • 第二新卒での就職活動では、年単位での職歴・有力な資格・優れたスキルなどが企業側に求められ、さらに、社会経験を積んだ転職者達と戦って勝たなければならないので、新卒入社した会社を数日~数ヶ月で辞めた者は、はっきり言ってかなり厳しい状況になっている
  • 第二新卒の立場で転職活動をしていて、ずっと不採用が続いていると、自分があっさり捨ててしまった新卒資格を過去にさかのぼって取り戻したいと思うようになる。日本の就職文化でいかに新卒が優遇されていたかを思い知ることになる

すぐに会社を辞めた元新卒の体験談と次の第二新卒としての転職
「思っていた仕事内容と違う……」「怒鳴ってくる上司が嫌すぎる……」「毎日忙しすぎてもうやだ……」といった理由などで、新卒入社...




第二新卒・既卒の正社員就職をサポートする優良サービス

第二新卒・既卒・フリーターの方を正社員就職させてくれる専門的なサービスの「DYM就職」があります。

DYM就職は転職サイトの一種であり、無料で利用できます。第二新卒・既卒・フリーターが正社員就職するためのノウハウを蓄えているので、利用しない手はありません。

転職サイト「DYM就職」のメリット
  1. 無料でサイトとサービスの利用ができる
  2. 既卒・第二新卒・フリーターの正社員就職を専門にしているので、既卒や第二新卒の就職用に最適
  3. DYM就職を通すと、書類選考無しで直接企業面接ができるので、大幅に楽なうえに採用されやすい
  4. サイト利用後、最短1週間で正社員就職できる、DYM就職ならではのスピード重視の対応が魅力
  5. 就業経験が無くても、問題にせずに正社員就職させてくれる
  6. DYM就職のエージェントが、面接対策や企業選択を強力にサポートしてくれる
  7. DYM就職が斡旋する企業は厳選した優良企業ばかり
  8. DYM就職を通しての就職率は96%と極めて高い

DYM就職公式サイト↓





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ