既卒の無職&ニートが要実務経験の壁で本当に詰む悪夢の現象

スポンサーリンク

noexpwork2

 

高校・大学の卒業後に何年かぶらぶらして就活を始めると、ほとんどの企業が「要・実務経験」「経験者優遇」を応募の前提条件にしていることに気付き、実は自身がかなり追い詰められた事に遅まきながら気付く人が多いようです。

要実務経験の壁で就職できない人達の状況を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

要・実務経験の壁の前に泣き崩れる人達

syukatsutruth3

 

「未経験可」「第二新卒募集!」って表記してある企業へ応募しても
「経験者で即戦力になるライバル応募者」と比較されると、簡単に落とされるんだよな。

 

社会では、新卒でない者は、社会人とみなされるのが基本。
つまり、「君は社会人だから、当然仕事をしているんだよね。実務経験何年?」と面接で聞かれる。

 

新卒でなくなると、転職者と同列の扱いなんだよ。
転職者と同様に、実務経験・職歴・スキルが企業側から求められる。

 

どこの企業でも「まず実務経験を数年積んでから、それからまた応募して下さい」。
実務経験ゼロの者はどこでどうやって実務経験を積んだらいいんだよ…。

 

 

新卒で就職しなかった奴は、「新卒カード」のありがたみを理解してなかっただろ。
新卒カードを持っていると、未経験・資格無し・スキル無しでも一切不問。
転職者達からすれば、神のカード・魔法のカードと言っても過言ではない。
新卒カードを捨てて既卒になると、とたんに経験・資格・スキルを求められるようになる。

 

実務経験の無さをばん回するために「知識はあります!」と取得している資格でアピールしても
面接官の反応は「ふーん…」。
資格とかほとんど意味無いよ。

 

中小企業は、いちから人材を育てている余裕がないから、
経験者以外は採用しようとしない。
多少の余裕がある大企業でも経験者優遇だし、有能な応募者がいっぱい来るから、わざわざ無能・未経験者を雇う理由が無い。
高齢未経験者は詰んでる。

 

昨今の経営難から、企業群は、最も金がかかる「教育費用」をまっさきに削った。
つまり、新人を育てることを放棄して、即戦力となる経験者しか求めないようになった。
新卒一括採用の文化があるせいでもともと既卒者に厳しい国なのに、これはあんまりだよ。

新卒採用主義や世間体の悪さでレールから外れると危険な日本
レールの敷かれた人生はつまらない…という反発意見も根強いものの、レールによって平穏無事な生活や「次になにをすればいいのかの指示」がちゃんと与えられるのもまた事実。 自力で道を切り開くための特別な才覚が無い人達にとっては...

 

就職しようとしなかった自分の自業自得とはいえ、
いくらなんでも日本企業は既卒者に冷たすぎるだろ。

 

介護・飲食「私たちは君の力を必要としている!」

 

社会「働け!」ワイ「わかった」会社「実務経験3年」
ワイ「えぇ…じゃあ無理じゃん」
社会「甘えるな!働け!ク/ズ!」
ワイ「アルバイトでもええんか?」
社会「ダメに決まってんだろ!正社員になれク/ズ!」
ワイ「ええ…じゃあ働くわ」
会社「未経験はNG」
ワイ「もう死ぬしかないじゃん…(ク/ビツリー)」
社会「若者を追い詰める社会。いったい何が悪いのか」

夢追い?やむを得ず?なぜフリーターはフリーターを続けるのか
世の中にはずっとフリーターでい続ける人もたくさんいますが、正社員や派遣社員よりも年収や待遇面で劣るフリーターに、どうしてずっと留まり続けるのか? やはり、夢を追うために自由時間を重視してのことなのか? フリーター...

スポンサーリンク

 




実務経験無しの既卒がピンチになる2大理由

1.既卒が就職するには実務経験が必要なので門前払いされる

noexpwork1

 

就活が面倒だったり怖かったりで就職せずに卒業し、その後に実務経験の壁で詰む人が多い。待遇の良い企業に就職したくても、そのために必要な実務経験を積ませてくれる企業がほとんど無いと二重にダメージを食らうことも多く、大量採用大量離職が前提のブラック企業へ就職せざるを得ない。

 

 

 

2.資格取得の挑戦や公務員試験挑戦のようなドロ沼へ突っ込みやすくなる

無職ニート資格勉強

 

実務経験の壁のせいで就活が行き詰まったように感じてしまうため、資格勉強や公務員試験挑戦や医学部再受験のような、今よりもさらに状況を悪化させる道へと突っ込みやすくなる。これらの挑戦で成功する見込みは薄く(しかも資格はほとんど就活で効果が無い)、何の成果も得られないまま職歴無しのまま30代へ突入して本格的に詰む人が続出する。

 

受験勉強のレールが消えて途方に暮れる働けない高学歴無職達
ネット上では、驚くような高学歴を持ちながら無職・ニートに甘んじている人達が大勢います。 どうやら、高学歴というのはメリットのみだけでなく、気負いや、肥大化したプライドや、周囲に求められるハードルが上がったりで、それなり...

スポンサーリンク

もはや一種の現実逃避…無職ニートが資格勉強にハマる4大理由
難関資格合格のための勉強や公務員試験浪人は、現実的な就職や、自分の限界や本当の実力という現実と向き合うことから逃げる現実逃避の性質が強いのでやっかいです。しかも現実逃避だけにとどまらず、経歴の空白期間が拡張されてより就職しに...

 

今の採用基準は資格よりも「実務経験年数」を重視する

頭良い賢いタイプ

 

企業側が実務経験を重視する理由

  1. 「中途採用」の場合では、社員の抜けた穴を埋めるために、抜けた社員と同程度のスキル・経験が必要とされる
  2. 30歳以上のミドルクラスの人材に企業側が期待することは「いかに早く結果を出してくれるか」なので、実務経験アリを前提として即戦力性が期待される
  3. 資格を持っていても実務経験ゼロの人は「ペーパードライバー」のように見なされ、企業側から信頼されない
  4. 新卒採用以外の「中途採用」では、いちいち新人を育てることはしないので最初からそれなりの実力・スキルを求められる

 

 

既卒後に何年もフリーター・ニート・引きこもりをやっている人がよくやってしまうあやまちが、「資格を取って、資格の効果で正社員就職しよう!」という考えと行動です。


しかし、その資格が無いと仕事ができないような職(たとえば、ITでのシステム監査、など)に就く場合を除いて、ほとんどの場合では資格よりも実務経験が面接で重要視されます。

 

無職ニート資格勉強

 

就職効果がほとんど見込めない資格を取ることにのめりこんでいても、いたずらに年齢が上がっていくだけで、余計に状況が厳しくなっていきます。

スポンサーリンク

 







既卒者をレールに戻してくれる専門サービスを使おう

japanrail3

 

「若者正社員チャレンジ」は、無い内定のまま卒業した人や、ニート、第二新卒、派遣社員やフリーターを無償で正社員就職させてくれる、ブログ管理人推奨の公的支援サービスです。

実務経験が全く無いような、ちょっと職歴に問題がある人を専門的に支援する機関なので心強いです。普通の転職サイトが就業経験アリを前提としているのに対し、このサイトは珍しく就業経験無しの既卒を専門に支援するところなので、無い内定で卒業した既卒者はここが一番です。

「若者正社員チャレンジ」はカウンセリング、セミナー、企業紹介、実習、奨励金制度などで支援し、正社員として働く道を切り開くために生まれた、支援事業です。

◆特徴◆
・無料で利用者登録とサービス利用が可能
・プロの資格を持った担当が就職支援をサポート
・企業内実習に参加する事で就労のミスマッチを防ぐ
・実習期間中は最大10万円の支援金支給あり

若者正社員チャレンジ公式サイト↓

 

 

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント