雰囲気の方向性をつかめ!日本では特に嫌われる空気が読めない人

スポンサーリンク

空気読めない特徴対策

 

場の空気が読めずに雰囲気を凍らせたり、ぶち壊す人は珍しくありません。

空気が読めない人の特徴と、空気を読むための方法を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

空気が読めない人の根本的特徴

noreadair3

 

特徴

  • 「他人に興味が薄い・全然無い」
  • 「視野が狭く、他人の個人的事情に配慮したり、価値観の多様性を認めることができない」
  • 「自分が大好きなので、自分語りばかりしてしまう」
  • 「他人が話した内容、今現在の会話の流れを、そもそも全く聞いたり把握していない」
  • 「話が一区切りつく前に、他の話題を振ってしまう」

 

 

他人への配慮が欠けていること・自分の意見を押し通そうとすることが、空気が読めない人に共通しています。

 




空気を読むことについての、ネット上の有用コメント

noreadair4

 

「空気を読む」
って、たいていの場合において、
「多数派に従え」
って意味。

 

「口は災いの元」
っていうのは昔から語り継がれているが、みんなが集まる場ではまさにこの言葉通り。
うかつなこと・余計な事・誤解を招きそうなことは、最初からしゃべらないこと。

 

「パーソナルスペース」
という概念をきっちり理解しておこう。
やたらなれなれしく話したり、個人の事情に踏み込んだりすると、
その人のパーソナルスペースに土足で踏み入ったことになり、怒らせてしまう。
パーソナルスペースを侵さないように、ほどほどの距離を保って会話すること。

 

 

陽気な場では、陽気な話題を。
真面目な場では、真面目な話題を。
その場の雰囲気の方向に合った話題を出すことが重要。
みんながはしゃいでる酒の席で真面目な議論を持ちだそうとしても、場を湿らせるだけで、周囲からの印象は最悪になる。

 

 

空気を読む、って、実は高度な技術。
その場の暗黙の了解・非言語的なルール・会話の流れなどを的確に読み取れないと、空気が読めない。
だから、空気が読める人と、読めない人が出てくる。
読める人と読めない人の違いは、多くの場合で「頭の良し悪し」。

 

空気が読めないって、想像力が欠如していることと同じ。
問題を改善するためにあえて空気を読まない発言をする人は別として、
ただ単に間抜けな部類の空気の読めなさはバカと思われても仕方がない。

 

「自分、今ニートなんです」
「うつ病で、心療内科に通院しているんです」
「この間、親族が亡くなったんです」
「妻と離婚調停中なんです」
このあたりの、ネガティブな話内容は、人が集まる場ではできる限り話さないことが無難。
十中八九、場が盛り下がるし、その後の会話で何らかの形で自分が嫌な目に遭うから。

 

空気が読めない人って、なんか頭のネジが飛んでいるみたいな人。
へらへらした感じだったり、自制が効かない人。

 

 

他人としてはいけない話題というものがある。
「お金(自分や相手の収入額)」
「政治」
「プロ野球」
「宗教」
これらの話題は、どこに相手にとっての地雷が埋まっているか分からないので、してはいけない。

 

その場の会話の流れに合わせて、
誰かの悪口を軽く言うくらいなら構わない。
しかし、悪口をコミュニケーションのメインにするやり方は絶対にやめておけ。
批判・皮肉・悪態は、基本的に聞き手を不快にさせるから、みんなだんだん離れていく。

 

空気を読むことは高度な非言語コミュニケーションだから、
それなりの頭の良さが必要になる。
「お前は空気が読めなくて困る」といつも周りに怒られている人は、自分の頭と考え方に問題があることを自覚して早急に対策をするべき。

 

 

意識的に空気を読むのを止めるべき時は、
自分が所属している集団がまずい方向へ進み出している時。
その時は毅然と、危機的現状にあることを述べろ。
それでも「こいつ空気読めないな」ってバッシングされたり、理解してもらえない時は、
さっさと沈みゆく泥船から自分だけ脱出しろ。

 







空気を読むために大切な4つのコツ

1.「日本では空気を読むことが特に重んじられる」という事実をちゃんと認識する

Digital Composite

 

自分が好む好まざるに関わらず、日本では「和をもってとうとしとなす」という周囲との調和が大切である慣習があることをきちんと受け入れなくてはならない。

スポンサーリンク

そのうえで、空気を読んで自分に得になるように生きるか、空気を読まずに周囲に反発されるか、自分の意思で好きな方を選べば良い。

 

 

 

2.その場の雰囲気の方向を正しく見極めること


noreadair5

 

楽しいお酒の席で水を差すような真面目な話題を振っても雰囲気を壊すし、お葬式のような悲痛な場で茶化したような事を言っても反感を買う。

その場の雰囲気がプラスかマイナスかを感じ取った上で、その雰囲気に沿う発言をすることが大切。

スポンサーリンク

また、公序良俗に反するような言動も「空気を読まない」と批判されがちなので、ある程度の常識は必要。

 

 

 

3.みんなが楽しむための場であって、あなた個人がでしゃばってはいけない

liferoad4

 

本項目を心得ているかどうかで、空気が読めるか否かが大きく変わってくる。

その人のパーソナルスペースに配慮して個人の事情に深入りはしない、話の腰を折らない、話題が一段落ついて次の話題を探している沈黙の時を狙って話のネタを振る、など、自分ではなく、その場のみんなが楽しめるような心がけが大切。

 

 

 

4.集団が悪い方向へ進みそうになったらあえて空気を読まない事も必要

noreadair2

 

誰がどう考えても悪い選択をしようとしているのに、集団がなれ合いの空気のせいで誰も反対できない、はっきりとした意見を言えない、ということはよく起こる。

そんな時、きっぱりと問題点と代替案を発言すると、多少の反感を買うかもしれないが、結果的にはあなたの評価は大きく上がる。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント