社会不適合者達が社会のココがおかしいと不満を抱きやすい部分

社会不適合者達が社会のココがおかしいと不満を抱きやすい部分

社会不適合者の方達が「社会のココがおかしい!」と不満を抱きやすい部分と、社会の仕組み上彼らが社会から排除されてしまう理由を調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

「週に5日も働くのが普通、ってどう考えてもおかしい」

この項目についての社会不適合者達の不満例
  • 一週間のほとんどが仕事なんて、心身が耐えられない
  • 週に2日しか休みが無いことを不満だと感じると、周りに怠け者だと指摘される
  • 「もっと休みたい」「もっと楽したい」と思うことは当然のはずなのに、なぜか社会ではそう思うことが許されない
  • なんで他のみんなは週5勤務を当然のように続けられるのかが分からない
  • そもそも、全員働くのが当然、という考え方はおかしいと思う。親が進んで養ってくれるから働かなくて良い子どもだっている。

月曜日から金曜日まで働くという日本の労働慣習へ、違和感や拒絶感を抱く社会不適合者は多いです。




「誰とでも仲良くしなくちゃならないのが、おかしい」

この項目についての社会不適合者達の不満例
  • 別に他人と馴れ合いたいとは思わないのに、孤立していると周りから攻撃されやすくなる
  • 「独りでいるのが好き」という性格型もあるのに、なぜかそれはダメな性格型だと周囲に認定されやすい
  • 性格の相性が悪くて付き合うのが苦痛な人でも、無理に仲良くすることが大事と教えられるけれど、意味が分からない

社会不適合者ってなんで社会になじめないの?生きづらい原因
社会について行けずに脱落してしまう「社会不適合者」は性格や能力にちょっとした問題を抱えているから社会に適合できないのですが、...

「周りのみんなと仲良くするのが当然」という考え方に、反発してしまう社会不適合者は多いです。



スポンサーリンク



「個性的であることはダメ、という考え方はおかしい」

この項目についての社会不適合者達の不満例
  • どうして、みんなは私の性格を受け入れてくれないの?
  • 小中高では個性が大事だと教えられて育ったのに、社会へ出ると没個性的であることが求められる、って学校の教えと完全に矛盾している
  • 性格型なんて人によって千差万別なのに、ある特定の性格型以外はダメという社会風潮がある
  • とがっている性格型の方が向いている分野・仕事もあるはずなのに、没個性的な性格の人しか登用しようとしないのは、あまりにももったいない

集団や会社に溶け込めず働けない、社会不適合者達のなげきの声
性格が独特だったり、集団行動が嫌いなせいで、社会になじめない人を指す「社会不適合者」の方は、社会に対して不満や敵意を抱いてい...
絶対に働きたくない!会社も社会も無理な、社会不適合者の特徴
学生や無職の中には「どうしても働きたくない」と絶望で頭を抱えている人も少なからずいます。 会社や社会のルールになじむこ...

個性的であることが多い社会不適合者達が、画一化された人間達へ反発することは多いです。

「本音で語り合うのはダメ、という風潮はおかしい」

この項目についての社会不適合者達の不満例
  • 本音を言うと、周りの人達に嫌な顔をされたり避けられたりする
  • 何で本音を言っちゃいけないの?本音を隠して我慢して生きるべきっていう方が不自然で不健全じゃない?
  • みんなと議論をしようとすることですら、おかしいと見なされる場合の方が多い
  • 日本の過度に保守的な体質には、本当にうんざりする。積極的に話し合って進んで物事を変えていかないと、問題は解決しない。



スポンサーリンク



建前で話す人達に対し、不信感や違和感を覚える社会不適合者は多いです。

「社会的弱者へみんなで冷たく当たるのは、おかしい」

この項目についての社会不適合者達の不満例
  • 社会不適合者が就職できなかったり、フリーターやニートにならざるを得ないような今の社会はおかしい
  • 社会は、みんなでそれぞれ助け合うものでしょ?
  • 生活保護はなかなか下りないし、能力が低い者にはこの社会は生き辛すぎる
  • コミュ障や、低学力や、働く能力が無い者へ、風当たりが強すぎる

社会不適合者やADHDにおすすめの楽なアルバイトと仕事
コミュ障だったり、長く働いていないニートだったり、人と会うのを恐いと感じる引きこもりだったり、あるいは発達障害者だったりで、...

社会不適合者は社会で上手くやってけないことが多いため、無職やニートへと追いやられることが多いようです。

そんな彼らへの救済措置がほぼ無かったり、助けの手が差し伸べられないのは、おかしいと考える社会不適合者は多いです。

社会で求められる人物像と社会不適合者が拒絶される理由

社会で求められる人物像
  • コミュニケーション能力があり、周囲と上手に意思疎通をしてみんなで物事を円滑に進めることができる
  • ある程度の能力があり、仕事ができる
  • 働いて国の経済を回したり、納税をして国を運営するためのお金を支払ってくれる
  • お金を稼いで、稼いだお金を消費に回すことで、国の経済の発達とお金の循環に貢献してくれる
  • 子どもを作って人口を増やし、国力を増強することに貢献してくれる
  • 言葉や暴力で他人を攻撃したり犯罪をすることが無く、社会の秩序を乱さない
  • 心身が健康で健常であり、医療費などの社会保障費を増やす原因にならない

国家の視点から見た場合、社会で求められる人物像は以上のような「国全体の利益に貢献できる人間」というものになります。



スポンサーリンク



「国全体の利益に貢献できる人間」からはズレた特徴をもつ人間は、周囲から社会不適合者だと見なされて拒絶されることが多くなります。




現代ではホワイトカラー職に就ける人数が減っていく理由

理由
  • 前の時代よりも要求水準が大幅に上がったので、高度なスキルや知識をもつ人間が必要になっている
  • 精度の高いAIが導入され始めたことで、業務に必要な人間が大幅に減った
  • 将来的には、単純作業はロボットに置き換えられる可能性が高い
  • 資本主義社会のもとでは非常に効率的にお金を稼ぐことができる「投資」へ企業の主要業務がシフトした場合、投資先の企業や国の将来性を調査したり投資行為を実行する社員以外はまとめて不要になり解雇される

介護や運送のような負担が大きくて不人気の業界はひどい人手不足状態ですが、それとは対照的にホワイトカラーの業界は上記のように必要な人数が減っていく傾向があります。

社会の変化のスピードが早くなるにつれて、変化についていけずに脱落して行き場が無くなる人達が増えていきます。

能力の低い人、コミュ障の人、やる気や活力が低い人、人格障害を抱えているせいで周囲と上手く付き合えない人、ADHDやアスペルガー症候群などの発達障害を抱えている人は、ひと昔前なら十分にやっていけても変化の早い現代では社会不適合者へ分類されることが多くなります。

求められる能力水準やコミュニケーション能力が高すぎるせいで企業でやっていけず、うつ病やパニック障害や統合失調症を発症して脱落する人も多くなります。ちなみに、ただの気のせい・睡眠不足を精神疾患だと勘違いして心療内科にかかり、精神科医の誤診によって向精神薬が処方されるというパターンは珍しくありません。健康体の人が向精神薬を飲み続けると、うつ病のような精神疾患を抱えた状態と同じ状態になり社会から脱落することになるので、注意しましょう。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ