工場勤務…単純作業の連続で辛いが簡単に採用され意外と高年収

スポンサーリンク

 

工場で延々と同じ作業をする反面、就職が容易で無職やニートの社会復帰にはうってつけだったり意外と年収が高い「工場勤務」。

工場で働く仕事のあれこれについて調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「工場で働くってどうなの?」へのネット民の回答

 

同じ作業・同じ動作を機械的に延々と繰り返すだけの仕事。
向上心が無かったり、学力がダメな人達にはうってつけの仕事だと思う。

 

社内での人間関係の複雑さや接客業で心を折られた人は、
工場勤務がおすすめ。
もちろん工場にも人間関係のあれこれはあるが、企業内や接客業のそれよりはだいぶ楽。

 

工場での作業は、創造性とも面白みとも他者からの賞賛からも無縁。
工場作業員のほとんどは、作業中は脳死状態のままその日の勤務が終わるまで耐えているのが実状。
だから、工場作業員には承認欲求に餓えていてソシャゲにハマっている人が多数。
ソシャゲはちょっと課金すればゲーム内で簡単に目立つことができるから。

 

みんなで同じ作業服を着て、
終業のチャイムが鳴るまでずっと同じ作業をし続ける。
刑務所の囚人がやらされている仕事環境とほぼ同一。

 

パチンコや競馬・タバコ・酒が趣味という工場勤務の人はたしかに多い。
そういう趣味をもつ人達が集まるのが工場だから、人材の質はお察し。

 

工場の仕事って、手は絶えず動かしているけれど、
頭は動かさないから脳が暇なんだよね。
暇で暇で、刺激と娯楽に飢えている。
だから工場勤務の人にはパチンコが好きな人が多いわけ。

 

将来的には、ほぼ確実に作業員は作業用ロボットに置き換えられる。
工場に勤めていた人達はスキルは無いは年齢はいっているはで行き場が無い。

 

 

工場の場所・種類によって、非常に差が大きい。
作業が楽で良い待遇の工場もある。
その一方で、
毒性の高い薬品を扱う工場なので超高確率でガンになる工場や、
暑い中で重量物を延々と手作業で運ぶ工場もある。

 

職歴真っ白の既卒ニートは、
「人手不足の3K」という条件の工場で働けよ。
そういう工場なら簡単に採用してくれるし、既卒ニートには身の丈にあった職場だよ。
えり好みを続けていたらいつまで経っても脱ニートできないよ。

社会不適合者やニートが効率よく就職するための方法&情報一覧
性格に難があったり、ニート、長期無職のような社会不適合者の方が、効率的に就職したりお金を稼いで自活するための方法解説です。 当ブログの各所に散らばっている、社会不適合者向けの記事へのリンクを項目別に一覧にしたので、本ペ...

スポンサーリンク

 

工場で最もやばい事は、
アホな人達でも働けるから、自身がいくら安全を心がけていても
自身が機械点検中に他のアホ達が機械をうっかり作動させてしまって
事故で自身が死んだり障害を負う危険性が高い、という点。

 

ワイ有能パン工場勤務。
毎日ラインで流れてくる袋詰めの食パンの袋に穴が空いてないかを軽くポンって叩いて確かめる仕事。
基本穴なんかないんやが数千に1つくらい穴が空いてるやつがあってそれは叩いたらプシューって空気が抜ける。
それがたまらなく嬉しいんや。
ああ、ワイの仕事にもやる意味はあったんやな、って。

 




工場勤務のメリットとデメリット

 

メリット

  1. 学歴不問で採用している場合が多いため、自身の学歴に不安のある人でも簡単に働くことができる
  2. 高校・大学を卒業後に年単位の空白期間があっても、工場ならば採用されやすい
  3. 有名なメーカーが経営する工場で働くことができるので、有名メーカーに所属していることで安心感があったり他人に自慢できる
  4. 同僚と話す機会が少ないので、コミュニケーション能力に不安を抱えている人には楽な環境
  5. 単純作業の繰り返しという業務が多いので、多くの場合で高度なスキルは必要ではない
  6. 接客業のように顧客からのクレームに直面するということが起きない
  7. 意外と年収が高い

 

 

 

デメリット

  1. 同一の内容の単純作業をひたすら続けるという場合が多いので、並々ならぬ忍耐力が必要になる
  2. 海外から出稼ぎにやってきた外国籍の従業員が多く、言葉が通じずにコミュニケーションで難儀する
  3. 空調の効きが悪く、暑すぎたり寒すぎたりする場所で作業をさせられる場合がある
  4. 転職をする場合、工場勤務という経歴は転職活動であまり評価されない
  5. 人体に深刻な悪影響を及ぼす劇薬を取り扱う工場など、危険な作業環境の工場がある
  6. 何時間も立ちっぱなしで作業することが必要だったりで、それなりの体力が必要
  7. 同じメンバーと顔合わせをして作業し続けるということが多いため、メンバーと関係をこじらせてしまうと苦痛の毎日になりやすくなる

 







工場勤務に向いている人

 

 

工場勤務のおおまかな年収

  • 「製造業(工場勤務がここに分類される)」の平均年収は492万円

国税庁発表の「平成28年分民間給与実態調査」より

 

 

製造業にはいろいろな業態があるので、工場勤務の平均年収が492万円というわけではありませんが(工場以外の製造業が平均年収を引き上げている可能性もあるため)、工場勤務はおおむね年収450万円~500万円と考えれば間違っていないと思われます。

デンソーの期間工の年収が約500万円と言われているので、思っていたよりもずっと高額の給金をもらうことができると言えるでしょう。

 

 

工場勤務におすすめのタイプの人

  • 仕事は生活をするための手段、と割り切っている
  • 自身の学歴・学力・経歴上の空白期間などに不安があるので、その状況でも働ける場所を探している
  • 職場で他者とあまり話したくない
  • やや退屈な内容の仕事をする代わりに、高年収を得たいと思っている

 

 

自動車組み立ての期間工は短期間で高額の収入を得ることができ、良い稼ぎの手段だと昔から言われています。

採用において学歴不問・経歴不問の工場が多くを占めているため、長期的な無職・ニートをしていた方が働き始めるには良い仕事であると言えます。

スポンサーリンク

 

 

 

働く工場を探すなら「工場ワークス」がおすすめ

 

工場ワークスの魅力

  • 全国各地の工場求人、工場に従事するいろいろな職種の求人が総合的に掲載されているので、自宅から近い職場を検索するのに非常に便利
  • 工場という職種に特化した求人サイトなので、他の求人サイトよりも工場の職場の掲載数がはるかに多い
  • その工場の月給・時給、各種の福利厚生なども細かく掲載されている
  • 「寮付き」「交通費支給」など待遇別に工場職場を検索できる
  • 工場ワークスのサイト上から「名前」「生年月日」などの簡単な項目を入力すれば、働きたい工場に即座に応募できる

 

工場ワークス公式サイト↓


 

 

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント