人生で適度に手を抜くことは選択&力の集中であり成功に不可欠

人生で適度に手を抜くことは選択&力の集中であり成功に不可欠

人生で自分の目的を達成したり、楽に生きていくためには、毎日のあれこれで適度に手を抜くことが非常に重要です。

「適度に手を抜くこと」が人生の成功を大きく左右するということを調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

「適度に手を抜く」ことが成功のために不可欠である理由

適度に手を抜くことで、成功のための要点に力を注げる

勉強や仕事でも、現在自分が向き合っている分野で成功するためには、成功のために必要な行動に力を一点集中させる行為が不可欠です。

成功には寄与しないどうでも良い部分は手を抜いて適当に済ませることで、成功に必要な行動に集中することができるようになります。

適度に手を抜くことで、心身を休めることができる

大局にはほとんど影響しないどうでも良い場面・どうでも良い作業では手を抜くことでエネルギーの消耗を抑えることができ、心と体を休めることができます。

ここ一番、という重大な場面で成功するためには、体力が十分で体調が良く、心がリラックス状態にあることが必要です。



スポンサーリンク



ここ一番という場面に備えるために、その都度その都度休息を取っておかなければなりません。

適度に手を抜くことで、余計な仕事を背負い込まない

学校や会社のような組織では、「その作業や仕事をやってくれる人に、作業・仕事が集中してしまう」というルールがあります。

周囲から次々と作業・仕事を押しつけられてしまうと、それを処理するので手一杯になってしまって自分にとって肝心なことができなくなってしまいます。

「今忙しいから」「自分じゃ無理」「この後も予定が詰まっているから」と言って周囲からの依頼をスルーしたり、自分の実力をあえて低く見せかけることで、余計な作業・仕事を背負い込まないようにすることが大切です。

優しい人だけの人は悪意や搾取に対抗法が無い弱者という事実
利にさとく利益率のアップに執着する企業経営者や、悪意のある人間からすれば、真面目でただ優しいだけの無害な人間は「利用しやすい...
優しい良い人が損である5つの理由と現代の新しい優しさの提案
生まれつきの聖人的な性格ゆえだったり、弱さゆえに相手にゆずってばかりの「いい人」は、損ばかりしていて良くない……というのが近...

適度に手を抜くことで、重要な部分が判明する

成長しない環境

適度に手を抜くことを日常的に実践していくことで、成果に直結する重大な要素と、成果に影響しないどうでもいい要素がおのずと経験則的に判っていくようになります。

以後は成果に直結する重大な要素のみに注力できるようになり、他の「どうでもいいことにまで全力を出している人達」とは人生の成功度や作業の効率に大差がつくようになります。



スポンサーリンク






適度に手を抜けなかった人達はたいてい悲惨な事になる

何事にも全力でぶつかる人達がよく迎える結末
  • 周囲から仕事や作業を任され続けて、いずれ手に負えない量を背負うようになり、そのせいで潰れてしまう
  • エネルギーの枯渇でノイローゼやうつ病になり、社会から脱落する
  • 「中庸」という便利な考え方・立ち位置を手に入れられなかったせいで、考え方が過激なものになって他人や社会をバッシングし続けるだけの人生になってしまう
  • 結果に寄与しないどうでもいい部分にまで時間とエネルギーを費やすせいで、「要領が悪い人」「融通が利かない人」と周囲に白い目で見られ、しかもどうでもいい部分にばかりこだわっていたせいで良い結果が得られない

見下されて負担を押しつけられる要領の悪い人を直す2つのコツ
要領が悪い人は、勉強や仕事で結果を出せずに他人から小馬鹿にされたり、要領の良い人達からていよく負担を押しつけられて、パッとし...

一例を挙げると、「公務員」の世界は自身が仕事をサボっていようと解雇されないため、仕事をやる人とサボる人とに明確に分かれると言われています。



スポンサーリンク



率先して仕事をやるタイプの公務員に同僚達がどんどん仕事を任せ、とにかく仕事をこなさなければ職場が回らないので、率先して仕事をやるタイプの公務員が仕方なく仕事をやり続けるという構造になっています。

仕事と負担が集中した公務員は激務とストレスのせいでうつ病になり、休職したり退職します。公務員にうつ病で休職する人が非常に多い理由は、上記のように仕事が特定の人達に集中してしまう構造があることが大きな理由であると言われています。




「適度に手を抜く」べきポイント

成果に影響しなかったり、他人に注目されない部分

たとえば、演劇をする際にステージを飾る森や城といった背景道具で、観客に見える表側はきちんと絵を描いたりあれこれの構造物で装飾しても、観客には見えない裏側はまったく塗装しなかったり無地のまま、というのが当たり前です。

「どの部分が結果に直結するのか?」ということを正確に把握するのは相当に難しいのですが、その物事を達成するために必要な根幹要素・他人からの注目度が高い部分などを時間をかけてさぐっていけば、おおよそのことは把握できると思われます。

オフの時間

勉強や仕事で成功している人達に共通して挙げられる特徴の1つに「オンとオフをはっきりと切り替えていて、オフの時間は思いっきり遊んでいる」というものがあります。

オフの時間は心の緊張を解き、外へ出て買い物をしたり各種の娯楽姿勢を利用するなどして英気を養うようにしましょう。

面倒くさいこと

  • 他人から押しつけられそうになっている、不愉快だと感じる作業
  • 貧乏くじ的な役割
  • 面倒くさい性格の人と付き合うこと など

要領が良い人の特徴の1つに、「面倒くさいことからは上手く逃げている」というものが挙げられます。

面倒くさいことは労力と対価が全く釣り合っていないことであるのがほとんどなので、手を抜く(=逃げる)のが重要です。

要領が良い人の特徴は要点のみに力を注ぎさらに利益にめざとい
「要領が良い」…というと、まるで他人を出し抜き処世術に長けたずるい人…という印象を受けますが、結果を出すために必要な行動だけ...

考えなくても良いこと

  • 死んだ後に人間はどうなるのか
  • この世の正義とは何か
  • この世の悪とは何か
  • 正しい人間とは何なのか など

人によって解釈がバラバラなので統一解など存在しなかったり、確かめようが無かったりすることは、考えても無意味です。

考えるべきことと考えなくてもいいことの思考のオンオフを意識的に切り替えることができると、あれあれ悩んだり極端な思想へ走ることが無くなるので、日々の行動が効率化されます。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ